日本人はバカではないよ!



ねずきちは、最近の野党の参院予算委員会での質問や、メディアの報道を見て、どうも腑におちません。

なにがって、民主党小沢一郎代表の公設第一秘書大久保氏逮捕に関する事件と、二階経済産業相への西松建設の献金問題が、等価で扱われているように見える。これはおかしい。

事案の内容をみれば、大久保秘書の事案が献金額でも2100万円、二階氏が800万円。金額が断然違う。
加えてその手口は、二階氏が単に「献金を受けた」というものなのに対し、大久保秘書の事案では、政治資金規正法逃れのための巧妙な隠ぺい工作がされていた。

それに、そもそも小沢氏の資金源に関しては、前前からアヤシイという風評がたっていた。とりわけ細君名義で6億円もするマンションを購入したり、本人名義でも時価数十億の都内不動産が購入されたり、もとよりそれだけ大きな支出は、議員給与では賄いきれるものではないし、西松建設からの2100万円だけで購入できるようなものでもない。

そうした巨額の個人資金はどこから出ているのか。
小沢氏が調達し、負担しているといわれる巨額の民主党選挙準備資金は、いったいどこから出ているのか。
メディアが社会の公器というなら、社会正義をかざして「疑惑」を追求しなければならないのは、どう考えても小沢氏であり、二階氏ではないように思います。

にもかかわらず、メディアの反応は、小沢事件報道のあとには、必ず続けて二階氏事案が登場する。
国難ともいえる不況下での景気対策予算審議を行うべき国会予算委員会も、二階氏への疑惑追及で空転している。

この場合、疑惑の渦中となった西松建設から献金を受けていたということは、二階氏は言ってみれば被害者の立場に近いものがあり、隠ぺい工作までして多額の献金を受け取っていた小沢秘書の事案とは、その性格がまるで違うように思うのです。

そして毎回、報道の都度繰り返される言葉が、
「なぜこの時期に・・・」

この言葉は“選挙で民主党が大勝利を飾るべく、自民党を追い込み、まさに総選挙が目前となっているこの時期”という意味だろうと思います。

しかし、選挙選挙と煽っていたのは民主党であり、メディアです。
衆議院の解散権は、内閣総理大臣の専管事項であり、その総理は、いつ解散するかなんてこと言ってない。むしろ選挙よりなにより、まず日本国政府として何にもましてやらなければならないのは、景気対策であると主張している。この件に関する麻生総理の姿勢は一貫している。なんらブレてなどいない。

解散権を持つ総理が、解散すると言っていないのだから、そもそも論として「なぜこの時期に」という言葉自体が、あたらない。

そう考えると、解散総選挙、民主党政権という期待を裏切られたという思いは、勝手に解散をでっちあげていた、いわばメディアや野党の自作自演のひとり相撲でしかない、と断じざるを得ないです。

多くの国民は、選挙よりも今日の飯の種をどうするか。多くのサラリーマンは、リストラの恐怖におびえ、雇用主は、今月末の支払いをどうしのぐか、支払給与の財源をどう確保するかで頭を抱えている。

政治に対する国民の期待は、景気対策そのものであり、選挙ではない。「なぜこの時期に」という言葉が、そうした世情を反映して、景気対策を急がなきゃいけないときに、なぜこの時期に野党や見当違いな二階氏への献金問題を予算委員会で持ち出すのか?という意味でなら、納得できます。しかし現実はそうではない。

こうなると、もはやメディアは、社会の公器たることを忘れ、発狂したとしか思えない。

ちなみに、逮捕された大久保秘書は、このブログのコメントからの情報によれば、実家は、釜石市にある朝鮮総連系のパチンコ店(国際会館)とのこと。
http://antikimchi.seesaa.net/article/115120957.html

朝鮮総連といえば、北朝鮮の手先機関で、国の非合法活動(拉致、スパイ、不正送金、麻薬・拳銃売買等)にも、数多くの朝鮮総聯関係者が深く関与していたといわれている組織です。日本共産党が北朝鮮と断交した後、80年代から日本社会党に接近し、現在は社民党と密接な友好関係にある。

その他、山口組三代目山健組五代目奥州松前屋、西村宗家三代目の大久保さんの婿さんかな、なんていう話もある、そうとうキナクサイ人物。

加えて、小沢代表の国際担当秘書は、金淑賢という韓国籍の美人秘書。駐日韓国大使館と随時政局の流れなどについての情報のやりとりをしているとか。
別に優秀な人物であれば、国籍がどこであろうが秘書として採用することは、まるで構わないけれど、公設第一秘書が北朝鮮系の金融ルート(朝鮮総連は在日韓国人に対する資金提供を目的の一つにしている)とのつながりがあり、国際担当秘書が韓国とのつながりの黒い噂・・・

加えて、議員給与や国内政治献金だけでは、まかないきれないくらいの大金を動かしている野党第一党党首がいて、昨年秋ごろから、西松建設献金疑惑も含めて、そのあたりのキナクササが一部でポツポツ報道されていたことからすれば、普通に考えても、マスコミから厳しく追及されなければならないのは小沢氏であり、二階氏ではないと思います。

コメントいただいたなかで勉強になったのですが、民主党某議員のお話によると マスメディアは赤字続きで6月の決算時期にM社が破綻することがほぼ確定するとか。A社も100億からの経常赤字。

それに引き続いて、業界全体が打撃を受ける可能性が高いためu氏とw氏が各政党に政権交代後、各メディア社に公的資金(千億円規模)を投入するように打診した。

もちろん自民党は拒否。

しかし民主党はその条件を飲み、代わりに政党の宣伝と、現内閣のネガティブキャンペーンを締結した。との黒い噂。

加えて、新聞の折り込み広告は、いまやパチンコ店の広告ばかり。
かつては、スーパーと電気店、あとカーディラーのちらしがめだったものだけど、ここまで不況が深刻になると国内の普通の企業は、とにもかくにも広告費の圧縮をせざるを得ない。新聞社の本体にとっても、末端の新聞販売店にとっても、広告費は貴重な財源です。
ますます、パチンコ店のチラシ広告に依存しなければならないという現実の中で、半島人の影響力がますます増してくる。半島のえぐいことを記事にできなくなる。むしろ広告主のために、ご機嫌を取らなきゃならなくなる。

政府は、今回の景気対策の一環として、資金繰りが悪化している大手企業を支援ために日本政策投資銀行(DBJ)などがCPを買い取る「危機対応業務」費用として、2兆円の公的資金を用意した。(2009年2月23日から施行)

さらに大手企業に対して一定条件を課したうえで公的資金を「融資」しようというのが、産業活力再生特別措置法(改正産業再生法)の施行も準備している。
大手企業の経営が破たんすれば、日本経済や地域経済に与える打撃はあまりに大きく、CPの買い取りといった「間接的」な支援では間に合わないため、「融資」による直接的な資金調達の方法で救済していこうというわけだ。

公的資金注入には、すでに半導体のエルピーダメモリや、JALやANAの名前があがっている。過去に「産業再生法」の適用事例があるホテル・旅館や百貨店・小売り、繊維、運輸、家電製品関連、鉄鋼や石油製品、不動産といった業界だけでなく、東芝やソニー、パナソニック、日産自動車といった「世界企業」も名前が取沙汰され、印刷や出版、テレビ局も浮上するという見方もあるという。
http://www.j-cast.com/2009/03/04036962.html

そうした中で、すでに経営破たんが目前に迫っている大手新聞のM社などが、こうした資金の受け取りのために水面下で必死に動いている姿は、容易に想像がつく。

他方、日本が景気をますます悪化させ、大手企業が軒並み万歳状態になれば、メディアに対する広告主として大きく浮上するのは、パチンコ、サラ金等の在日系業界。
スポンサー会社として、これら企業からの日本のメディアに対する圧力がますます高まると、日本のメディアの報道は、ますます日本に住む日本人のためのものでなく、他国を利する目的のものになり、報道はますます偏向する。

ねずきちは、べつに半島人が嫌いとか、パチンコに対して偏見があるとかいうものではないです。みんな同じ人間だ。他国籍の友人もたくさんいる。

ただ、ひとついいたいのは、ここは日本だということです。
そして日本の政治は、日本人のためにあり、日本の報道は、日本人にとっての目であり、耳であると思うのです。
日本に住む多くの庶民に必要なのは、正確な情報であり、そのための正確な報道です。

あまりの偏向に、国民の怒りが舞い上がり、どこかの国の古い歴史にあったような在日半島人に対する弾圧や、リンチなどが頻発するような世の中になったら、それこそ一大事だし、そこまでいかなくとも、特定の人たちの要求で、運転免許証の本籍欄が空欄になった。なぜかと聞いたら、在日外国人の場合、本籍欄に「韓国」とか、国籍が書かれるので、そうすると、氏名欄の日本人名が、芸名や源氏名程度にしか扱われなくなり、差別されることがあるのだとか。

それなら、自分たちの国に誇りをもって、金なんとかとか、朴なんとかとか、ちゃんと本名を記載すればよさそうなものを、なんで国籍を書かれちゃまずいのか、その意味がねずきちにはわからない。

ねずきちは、たとえばアメリカやドイツに住むようになったとしても、国籍:日本、氏名も、日本で親がつけてくれた名前を名乗ります。それで不都合に感じることはなにもない。

話が脱線しましたが、内閣支持率にしても、わずか100人に聞きました、500人に聞きました、1000人に聞きましたといういい加減なアンケートで、麻生内閣の支持率はあいかわらず16%と低迷などと報道されています。麻生氏、小沢氏のどちらが総理にふさわしいかというアンケートでも小沢氏が13%で、麻生氏の10%を上回っているだのと報道されている。加えて民主党と自民党の支持率は同じだとも。
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090308ddm002010113000c.html

ところが、ニコニコ動画が3月4日に180秒間で実施した7万7006人からのアンケート調査では、

麻生内閣支持率は32%。

支持政党では自民党が35%で、民主党はわずか14%

麻生総理と小沢代表では、どちらが首相にふさわしいかとの質問では、麻生氏37%、小沢氏13%

ついでにいうと、民主党の幹部の「国策捜査だ・陰謀だ」については、理解できないが52%

ねずきちには、こちらのアンケート結果の方が、はるかに世相を反映していると思えます。


これだけメディアをあげての麻生・自民党パッシングの中、いまだ麻生内閣の支持率が3割を超え、陰謀説に「理解できない」とする人が過半数というこの現実は、それだけ日本人はバカではないということのなによりの証拠です。

日本の教育を崩壊させ、子どもたちから学力と競争意識を奪い、報道では偏向報道をことさらに煽りたて、テレビではお笑い番組に視聴者の目をくぎ付けにする。
それでもなお、多くの日本人の良識は、ことの正邪をきちんと見極め、正しい判断をしている。

そこに、この国の唯一の望みが託されている、そんな気がします。

そういえば「中韓を知り過ぎた男」にも、こんな言葉がありました。

“真正保守が日本を救う!”

名言だと思います。

疑惑まみれの小沢一郎(民主党)


【民主党】在日に選挙権を与えるべき【小沢一郎】


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

>かかどぅさん
コメントありがとうございます。

(⌒▽⌒)アハハ!
ヒヨリませんよ(笑)


>ナポレオン・ソロさん
いつも貴重なコメントありがとうございます。

≪麻生支持はするべきだが、麻生批判もあって善い筈だと思う、中川さんの件だって失態は失態だろう、もし、一服盛られたとしたら油断があった事になる≫

このあたり、おっしゃる通りですね。
そしてこうした考え方が、何よりも自分に厳しくという日本人の精神性の高さを象徴していると思います。

事情はどうあれ、隙があったことは事実。だからこそ中川氏は、自ら大臣の職を辞した。
どっかの野党代表や代表代行なら、あの朦朧会見事件は、誰かに一服盛られたせいであり、国家的陰謀であると騒ぎ立てたかもしれない。

≪新聞やTVの信用低下は、安倍降ろしに加担した天罰。毒餃子の一件にしたって、大半は口コミで広がったモノ、つまりマスコミは、庶民の視線さえ持ち合わせていない事を実証した≫

これも実にスルドイですね。
とりわけ≪マスコミは、庶民の視線さえ持ち合わせていない≫ということは、実に大問題です。ではいったいマスコミは、誰の視線でモノを言っているのか。
このあたり、しっかりと追及していきたいですね。

≪エロ拓や下等、二階に紅乃傭兵なんて、日本の信用や国益を毀損し捲っている連中≫

いやはや、ナポレオンさん、すごい表現(笑)、これ拍手です^^

≪差別は朝鮮族の社会では、歴史的に恒常的に存在するモノでしょう、地域間差別、氏族間差別、男女間差別、職業間差別と、あらゆる差別が存在する≫

というご指摘も、非常に大切な点だと思います。
この差別意識というのは、我々日本人にとっては、想像もできないほど厳しい。

そうした差別社会の住人が、差別のない日本という国にきて、自民族中心思想に凝り固まってありとあらゆる権益を主張する。
そして我々は被害者だと、涙ながらに訴える。これに日本人はコロッと騙される。


>おれんじさん
コメントありがとうございます。

≪在日コリアンたちの本音≫

拝見しました!!

って、これ、酷い><

ものすごいショックです。

HPは、コピペしてくださいってあったので、遠慮なくコピペで記事にさせていただきます!!

日本人よ、眼を覚ませ!!
(#`皿´) ムキーーーー!


>北の熊さん
コメントありがとうございます。

学生運度については、60年安保と、70年安保では、ずいぶん学生たちの思いが異なるようですね。
60年安保の世代は、本気で社会共産主義革命を理想ととらえ、米国による支配からの脱却を図ろうとした。
これに対し、70年安保以降になると、多くの運動家だった学生たちの本音は、むしろ教授陣とか身近な大学に対する組織的抵抗がホンネというふうに変わってくる。
そして、70年代後半になると、これにも飽きて三無主義の学生が主流になります。
ただ、こうした戦後の歴史を俯瞰してみたときに思うのは、80年頃までは、時代の主役は日本人だった。
どうも90年代以降、とりわけバブルが崩壊してからの日本は、主役の座を、在日に明け渡しているような気がしています。


>かぐやひめさん
コメントありがとうございます。

今回の検察による小沢秘書逮捕は、もしかしたら、時効寸前というたまたまのタイミングだったかもしれないけれど、もしかしたらこれは、実は、まさに日本の「カミカゼ」だったのかもしれません。

マスコミに扇動されて、民主党が日本を救うのでは?と漠然と考えていた多くの日本人が、まさに目を覚ますチャンスなのかもしれないです。


>2PACさん
コメントありがとうございます。

ペヨンジュンが、盛岡に陶芸の勉強に極秘で来日。。。。

このニュースは、ボクも観ました。

≪陶芸だったらもっと盛んな所一杯あるのに… 大久保=国際会館パチンコ≫
≪岩手=日本における冷麺発祥地?≫

なにかあるんでしょうね。。。。


>ハタラキアリさん
コメントありがとうございます。

なにかあったら他人のせいにする。
そういう考え方って、私たち普通の日本人の庶民感情と、あきらかにずれているような気がします。

なにかあったら、他人ではなく、まずは自分のいたらなさを反省する。それが普通の日本人がもつあたりまえの感覚だと思うのです。

どうも日本人とは異なった価値観が、最近、蔓延してきてますね。。。。


>一言言いたいさん
コメントありがとうございます。

中国人は本名を名乗る。
韓国人は日本人名を隠す。

この違いは大きいですね。

そして差別差別というけれど、いまや在日韓国人は大金持ちだというご指摘も、ごもっともだと思います。


>surniversさん
コメントありがとうございます。

麻生さんを支持しようがしまいが、麻生内閣が危機管理内閣になるほかなく、これに対して民主党が、とにかく景気対策の足をひっぱるだけひっぱっり、対策を故意に遅らせている。
日一日と深刻化する日本経済において、景気対策の一日の遅れは、それだけ倒産や破産を増やすことになる。

民主党も、責任政党というなら、参院は過半数なのだから、さっさと否決して、衆院可決。政府が実行。そのうえで、民主党が反対したのはこういう理由があるからだ。もっと他にこういう方法があるんだ、と主張をすればよい。
議論は議論。対策は対策です。目の前で火事が起こっていたら、まずは火を消すのが先決で、火の合理的な消し方や、防火対策の強化充実に関する議論は、あとでやればよい。

にもかかわらず民主党がやったことは、ただの引き延ばし策。
定額給付金がどうだの、麻生総理の漢字の読み間違えがどうだのと、いろいろ口先では言うけれど、いまになって振り返ってみれば、民主党がやってきたことは、ただただ日本の景気対策を遅らせ、日本経済をより深刻に追い込むことを意図的に仕掛けていただけだったということが、これはもう猿でもわかる事実です。

日本経済が弱化し、深刻化することを、日本人は誰も喜ばない。
とするなら、喜ぶのはいったい誰なのか。民主党は、誰を利するためにああした行動に出ていたのか。。。そう考えると、おのずと世相の本質が見えてくる。
そんな気がします。

surnivers

取り合えず公務を行って欲しいですね
ワシは麻生は全く支持してません。
しかし、内閣総理大臣である事は確かであり、日本が今未曾有の金融危機に晒されていることも確か。
と成ると麻生内閣が自動的に危機管理内閣に成るしかないんです。
それなのに国会では全然議事が進まないようではありませんか。
民主党とは一体国会をなんだと思っているのか!
国民を馬鹿にするにも程があります。
国民は一刻も早い景気対策を行って欲しいと願っております。
麻生の政策はまるで駄目駄目だけど取り合えずやらないよりは前進出来る。
しかし民主党の妨害に有ってやっと予算が先日成立した有様。
国民の敵ですね、民主党は。
マスコミは小沢と二階は検察に任せておいて、民主党をさっさと叩いて欲しいです。
国政をなおざりにするんじゃない!
と思います。

ナポレオン・ソロ

公私の区別を付けるべきでは?
>一言云いたいさん
>>差別なんて嘘っ八だ
 ソノ通りです。 両国の状態を比べて看れば、寧ろ、差別されているのは日本人の方だと云って善いでしょう。

 日本国内で、「朝鮮族は日本人の敵だ、皆殺しにしろ」と云う映画も無ければ、「朝鮮族の子供が襲われて瀕死の重傷? 朝鮮族でしょう、仕方ないのでは?」と言った反応をする人も有り得ません。

 差別は朝鮮族の社会では、歴史的に恒常的に存在するモノでしょう、地域間差別、氏族間差別、男女間差別、職業間差別と、あらゆる差別が存在します。

 社会に差別が存在するのは、差別を肯定する人が沢山居るからと、その社会に侵入した異民族が、差別されても仕方がない様な異質で危険な振る舞いをする、詰まりは、順化しないからでしょう。

 別線で考えるに、朝鮮族とシナ人が、移民先で自民族だけのコロニーやゲットーを造るのは、自民族中心思想が強すぎて順化できない事を原因としていると思います。

 彼らの言動には定番があります、それは「我々は、差別されている」です、確かに、異なる習俗を持つ移民は、在来の既住民にとって、エイリアンそのものですから、区別をするのは必然で、順化せず、自分達の流儀を押し通せば、異民族の扱いをされるのは仕方が無い、しかし、其れを称して差別とは片腹痛い。

 差別とは「正当な理由もなく貶められたり、待遇に差を付けられる」事を云いますが、順化と言う妥協も無しに自らの流儀を押し通せば、認識でしかない「区別」に、嫌悪感を伴った排除に繋がる、妥協の拒絶に繋がります。

 国を立ち上げるのも、滅ぼすのも「民の力」以外の何物でもない、と確信しています。

ハタラキアリ

民主党には呆れ返ります。

民主党の支持率が下がったのは検察のせい。だって。

三権分律を理解しない、国会議員達です。

小沢独裁党ですから、理解しないのは当たり前か。

2PAC

ペヨンジュン


芸能ニュースからですが…

最近ヨン様、盛岡方面へ頻繁にいってるそうな

なんでも陶芸を勉強しにてか…

陶芸だったらもっと盛んな所一杯あるのに…
大久保=国際会館パチンコ

これ他のブログで見たことあります

岩手…結構やばそう

日本における冷麺発祥地?

かぐやひめ

はじめておたよりします
ねずきちさんのブログはお気に入りのひとつにいれて、楽しみに読ませていただいています。ここへきて、一番共感できる!ほっとします。私は9・11選挙からマスコミを疑うようになりました。安倍さんの時のマスコミの暴力は、背後にうごめくものを感じさせました。誰がなんのために?そう考えて本もたくさん読みました。ユーチューブもたくさん見ました。そして、世界の歴史の流れ、最近500年の欧米の残虐行為・・・何千年たっても民を幸せにしない中国の権力、半島の気概の無さ・・・いろんなことが見えてきました。真相が見えてくると、いまだにマスコミを鵜吞みにする同世代=「団塊世代」が、非常に危険に見えます。しかし、マスコミの異常行為はすでに3年ほど続いています。麻生総理が漢字が読めないあたりまでは、面白がっていた連中も、さすがに、最近は腹の底に「変だ」と感じだした様子です。ある時、突然一斉にめざめるのではないかと思います。日本人は警戒心が乏しく、だまされやすいですが、「時機」に救われ破綻をまぬがれてきたことがたくさんあったのではないでしょうか?まさに「なぜ、この時期に!」的確に急所がつけたのか?これなら手遅れにならずにすむかもしれません。私は、正直、もう少しで日本をあきらめるところでした。次の総選挙ではマスコミに踊らされ「横並びに苗を植え」隣に合わせることばかり気にする大衆が大挙して民主党に投票し、9・11が再来する!!!もう、終わりだ・・・と。でも、今は少しだけ希望が持てます。日本はカミカゼの吹く国かもしれない。だって、いくら海に囲まれているからと言って、2000年間も消え去らないでこれたのですから。

北の熊

こんばんは。
今の時代背景を見ると、学生運動が盛んだった年代が企業にしてもマスゴミにしても日本の中枢に多く入り込んでいるものと考えられます。
故に、国内世論誘導もかなり左よりになるのはいたしかたない部分もあるのではないかと思います。
わたしは50代前半の人間ですが、我々の世代は、中学までは戦前の高等師範を出た筋金入りの教師に教えていただいているので日教組の左翼教育には毒されてはいません。
時間との戦いになるでしょうがあと数年すると再び保守の台頭が約束されていると思います。
日本人はまだまだ捨てたもんではありませんよ。
今の状況をしっかり分析すべきだと思います。

おれんじ

ねずきちさんこんばんわ。もう他の方が紹介されているかもしれませんが、あまりに赤裸々でショックを受けたのでコピペ紹介させて頂きます。是非皆さんご覧になってください。

在日コリアンたちの本音(民主の話も出てきます)

http://xianxian8181.blog73.fc2.com/blog-entry-122.html

やっぱり在日って民主支持なんだなあ…と納得。西松建設は北朝鮮利権が絡んでいるようですし、マスコミにしても政治にしても半島が関係すると日本の国益が損なわれて行きますね。

お邪魔しました。

ナポレオン・ソロ

何を仰有るウサギさん♪
>かかどぅさん
 他人の信条や表現方に、アンタの主観でケチ着けて居るだけでしょ、主観は良いが、他人のブログで云い過ぎだとは思わないかね?

 私は、麻生支持はするべきだが、麻生批判もあって善い筈だと思う、中川さんの件だって失態は失態だろう、もし、一服盛られたとしたら油断があった事になる、毒殺が心配される情況だったらドゥするのか、そう言う意味でも、あの映像が流れた時、健康を真っ先に心配すべきだった、そう言う意味でねず吉さんの、マスコミ批判は当を得ている。

 麻生さんだって、叩かれるネタをワザワザ提供しなくても、と言う気がする発言が、2,3あった、彼の場合、剰りに他人の悪意を想定し無さ過ぎ、それで、聴いて居て歯痒くなったり、悔しかったりするからつい苦言を呈するってのは、ドゥなんでしょうね。

 よくマスコミが麻生政権交代の理由にする、「剰りに低い支持率」ナンテのも、最初は聞き流しで深く考えていなかったが、20%を切ったと報じられる様になった頃から、現実との乖離感が大きくなった。

 ABCやTBSなんかの数字は、端から信じていなかったが、YTV迄同じ事をやり始めたからTV局に通底する何かが始まっていると感じた、それが、何故「麻生降ろし」に成るのかを考えてみた、是もねず吉さんのご紹介があった、2ちゃん出の情報を看て納得した。

 新聞やTVの信用低下は、安倍降ろしに加担した天罰でしょう、所謂、自業自得でしかない、加えて、福田の時の偏向報道の酷さ、北京オリンピックへの協力はしても、チベットやウィグルの人権問題は徹底無視、是では、マスコミが幾ら正義の味方を気取っても、共感を得るのは無理でしょう、それに毒餃子の一件にしたって、大半は口コミで広がったモノ、つまり、庶民の視線さえ持ち合わせていない事を実証した、マスコミは、是等に庶民が気が着いていないと、信じ込んでいる様に見える。

 逆に、こんなマスメディアを、一体誰が信用するのかと疑ったが、未だにマスコミの言いなりで、民主と支持の奴は幾らでもいる、尤も、彼らも、マスコミには疑問を持っているんですが、その大半は反自民なダケと言う場合がある。

 そんな連中に言わせれば、一番自民党に不安を持つのが、エロ拓や下等、二階に紅乃傭兵なんて、日本の信用や国益を毀損し捲っている連中を切れない事、更には、反日公明党と縁が切れないことでしょう。

 貴方はコレら点をドゥ考えますか、まぁ、反自民だが、麻生ファンと言う人も結構居ますがね。

 現在の日本大衆の情勢が、一番混沌としていると云えるのじゃないだろうか、マスコミも含めて。

かかどぅ

とにかく断固として「麻生首相支持」だよ。
徹底的に応援するのみ。

そういや「ねずきち」氏も少し前までは、どっちつかずみたいなこと書いてたよな。

今後は、しっかり応援してくれよ。ヒヨルなよ!

かかどぅ

もう一人、「依存症」さんも麻生首相を馬鹿にしたような発言を繰り返して化けの皮がはがれて最近更新やめたよね。

ああいう偽者は復活して欲しくないと思う

かかどぅ

ま、でも「中韓を知りすぎた男」は真正保守ではないけどね。

麻生首相を馬鹿にしたような発言をしたので、「あんた一昨年の選挙でちゃんと安倍さんを支持したのか?」など色々問い詰めたらブログ更新やめちゃったヤツだから。

ビジネスの現場を見たから中韓嫌いになったんだろうし、とにかく中韓を批判させたら凄く説得力ある人だったが、歴史認識とか半可通でダメなヤツでしたよ。

ねずきち

基準点さん、コメントありがとうございます。

いやぁ、ボクの本文よりも、基準点さんのコメントのほうが、よほど核心をついているし、立派です。
素直に、脱帽!!^^

おっしゃる通り、民主党のいまの景気対策の足をひっぱる行為は、日本国庶民に対する敵対行為とみなされても仕方のないこととボクも思います。

さらに民主党は、先の選挙の際のマニフェストで、企業献金の廃止などを唄っていた。野党だからマニフェストを実現できなくても当然だとひらきなおっている議員もいるけれど、そんなこたぁない。
それなら野党にはなんら政治に対する責任はないことになってしまう。選ばれた以上、マニフェストに掲げた公約は果たす! それがないなら選挙民はいったい何を根拠に投票すればいいのかわからなくなってしまいます。

こういういい加減な政党に、メディアに踊らされ、投票し、結果、いまの深刻な経済難を招いた。ツケは結局は国民である私たち一人ひとりが背負うことになってしまうのです。

さらに≪経済的損失に留まらず、外国人への参政権、外国人の移住問題など一度許してしまえば、日本の国を根底からひっくり返し、日本人が住めない日本にされてしまいます。 多くの日本人はこの日本に居てこそ穏やかな生活ができることに思いを致して、賢明な選択をしていただきたいものです≫

まさに、おっしゃる通り!!

加えて、ご指摘の中川元大臣の記者会見の件ですが、あれだけ様子がおかしかったら、日本人ならだれもが、まずは大臣の健康を案じるのが普通なのではないでしょうか。

いくら記者会見の席とはいえ、あれだけ様子がおかしかったら、すくなくともひとりくらいは、日本人の記者団から、
「大臣!、おからだは大丈夫ですかっ?!」と声がかかってもおかしくない。それが普通の日本人の感覚だと思うのです。
それが、 誰一人・・・だれひとりとして、大臣の健康を気遣う者がいなかった・・・
これはおかしい。これは変です。
ボクはそのことに、いまのマスコミ従事者の異常さを感じるのです。

≪民主党として予算案に反対であるなら、速やかに否決し差し戻すことで、衆議院での再可決に委ねればよい。その上で民主党ならこうすると国民に問えば良い≫

これも、そっくりそのまま同感です。
なぜに、今年度の補正予算の議事に、来年度の予算の使い方について長々と述べたりするのか。参議院で野党が絶対多数というなら、さっさと否決すれば済むことです。いまにしてみれば、どうみても、あれは議案の採決の引き延ばしです。

つまり民主党の目的は、定額給付に反対とか、政府の補正予算案に疑義があるとかいうことではなく、とにもかくにも政府の景気対策を「遅らせる」ことに目的があったと考えると、すべてのつじつまが合う。

世界的不況の中、日本国内の景気対策を遅らせることで、いったい誰がどう得をするのか。
それをよくよく突き詰めて行ったら、おのずと答えが見えてくるように思います。

基準点

民主党とマスコミの癒着は日本を破滅させる
ねずきちさん こんにちは

現在の不況の責任は誰にあるかと問われれば、通常は政府与党にあるということになりますが、今の日本の不況は民主党にあると言わざるを得ないでしょう。

政権を取りたいばかりに、国会審議を停止させ、第2次補正予算案の成立を遅らせた。これは国会議員として日本国に対しての敵対行為と言わざるを得ません。

民主党として予算案に反対であるなら、速やかに否決し差し戻すことで、衆議院での再可決に委ねればよい。その上で民主党ならこうすると国民に問えば良い。

マスコミも、名古屋におけるドラゴンズ、大阪におけるタイガース、広島におけるカープびいきの野球中継と変わらぬ、民主党ヨイショの偏向振りにあきれ果ててしまいます。

中川大臣の件にしても、会議での成果等を考慮すれば、9回の裏2点リードされている状況で満塁、中川選手が3塁打を放って走者一掃の3打点を上げ、試合をひっくり返した後に3塁でアウトになったような話だ。
既に試合は決着したのに、意味の無い3塁アウトだけを報じて、3塁打によって勝ったことを言わない。

マスコミは、民主党の政治姿勢について可笑しいと思わないのか? 今の報道が正当なものと思うのか? 
今や、国民が情報を入手する手段は今やマスコミだけではない、インターネットのHPやブログ、メール等も加わり、またそれなりの立場にある方が直接情報発信をされることもある中で、偏向した報道をすることは自らの首を絞める行為です。

情報は情報として、批判は批判として大いにやられるが良いと思うが、ことの重要性、緊急性、公正性、妥当性などの本来の業務運営において求められる基本姿勢を堅持してもらいたいものです。

国民もまた現在の不況を招いた一因として自民党の不手際もあるでしょうが、民主党の選挙公約につられて投票してしまったことで、難局を招いたとも言えるでしょう。
何と言っても日本は国民主権の国ですので、国会議員の選出は国民の選択に委ねられているのですから、その責任は逃れられません。

このようなことが次の衆議院選挙でも続くようであれば、いよいよ日本は「回復不能の損害」を蒙ることになるでしょう。

経済的損失に留まらず、外国人への参政権、外国人の移住問題など一度許してしまえば、日本の国を根底からひっくり返し、日本人が住めない日本にされてしまいます。

多くの日本人はこの日本に居てこそ穏やかな生活ができることに思いを致して、賢明な選択をしていただきたいものです。





非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク