偉大な神武天皇の物語に学ぶ

20191123 万葉集表紙1200
◆ニュース◆
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

「ねずラジ」シーズン2が始まりました。
ねずブロの音声版です。単にブログを読むのではなく、ブログに書ききれなかったことや、その記事についての思いをお話させていただいています。ご登録はコチラから。


神武天皇によって、日本の人口は8万人から、短期間のうちに67万人にまで増加しました。人口が増加し、子供たちの遊ぶ声が村々にこだまして、人々が食糧不足に苦しむことがないことは、国民にとってとても幸せなことです。だからその幸せをもたらした神武天皇は、崩御の後、
「やまとの神と呼ばれた男」と呼ばれるようになりました。それが「神倭伊波礼毘古命」という贈り名の意味です。


橿原神宮
20200109 橿原神宮
画像出所=http://yamatoji.nara-kankou.or.jp/01shaji/01jinja/03east_area/kashiharajingu/
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


記紀にある神武東征に、八咫烏(やたがらす)が登場します。
八咫烏といえば、日本サッカー協会のシンボルマークにもなっていますし、9世紀に書かれた聖武天皇の肖像画には、日輪の中に三本足のカラスが描かれてもいます。

その三本足のカラスは、中国神話に登場するカラスで、大昔の神話の時代、広々とした東海のほとりに扶桑(ふそう)の神樹があり、そこに十羽の三足烏が住んでいて、この三本足のカラスが順番に空に上がって口から火を吐き出したものが、太陽となっていた。
ところがそのカラスが十羽もいるから(太陽が十個で)日差しが暑くて地上がカラカラに乾燥してしまう。

そこで堯帝(ぎょうてい)が羿(すい)という弓の名手に命じて、このうちの九羽を射落とさせたために、めでたく太陽がひとつになったという神話が、前漢の時代に書かれた『淮南子(えなんじ)』に書かれています。
また、春秋戦国時代の詩人の屈原が書いた『楚辞・天問篇』にも注釈として、「太陽のなかに十羽のカラスがいて、そのうち九羽が射落とされた」との記述が見えます。
なぜ三本足なのかは、中国神話ではまったくわかりません。

ということは、そのカラスのもとになった物語が、どこかにあった、ということになります。
その物語が、実は日本にあります。
そもそも中国から見て「東海のほとりにある国」というのは日本のこと。
そして8世紀に書かれた『契丹古伝』には、中国神話に登場する素晴らしい皇帝である神農(炎帝)や黄帝、堯舜といった王は、「皆、倭種なり」と書かれています。
つまり倭人であったと書かれているわけです。



20191006 ねずラジ
《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

日本では、神武天皇以前が神話の時代、神武天皇以降が伝承の時代で、つまりある程度の根拠性が認められる実際にあった逸話として、神武天皇のご事績が語られています。
つまり神武天皇の物語は、神話ではなく、語り継がれたご事績(事実)であるということです。
その神武天皇の東征の逸話の中に、八咫烏(やたがらす)が登場します。

古事記では単に「八咫烏」と記述していますが、日本書紀では「頭八咫烏」と書いて、これで「やたがらす」と読むとされています。
「八」は霊数で、たくさんの。
「咫」は尺の旧字で、長さの単位(一尺はおよそ30cm)
「頭」は、棟梁(親分)のことです。
つまり「頭八咫烏」は、諸説ありますけれど、おそらく身の丈8尺(2メートル近い大男)で、カラスのように真っ黒な肌を持つ集団の頭(親分)だと書いているわけです。
ちなみに、記紀ともに、どこにも三本足とは書いていません。

神武天皇の物語を日本書紀を通じて読んでみますと、九州の宮崎を出発して瀬戸内で農業指導を行い、3期分のお米を蓄えて畿内に入った神武天皇の一行は、長髄彦(ながすねひこ)の一団に突然襲撃されます。
神武天皇は、日に向かって戦ってはいけない(日の神の子孫である民と戦ってはいけない)と、軍を引くのですが、長男の五瀬命(いつせのみこと)が、長髄彦の襲撃の際の矢傷がもとで死去、さらに船が途中で嵐に遭って、次男の稲飯命(いないのみこと)、三男の三毛入野命(みけいりのみこと)までも、相次いで亡くなってしまいます。
ちなみに、稲飯は、稲のご飯、ミケは食料のことですから、どちらも食料を意味していて、要するに兄を失っただけでなく、シケ(海の嵐)によって、船に積んでいた食料さえも失(な)くなってしまうわけです。
飢えは病を生み、熊野の荒坂津(あらさかのつ)に着いたときには、兵たちも病んで元気を失ってしまう。

ところがここで熊野の高倉下(たかくらじ)に救われます。
高倉というのは、高床式の蔵(くら=倉)のことで、お米を備蓄する施設のことですから、その下(もと)にあるということは稲作をする人という意味です。
つまり、熊野にも稲作をする人たちがいたわけで、その人たちによって、食料を与えられ、元気を回復するわけです。

そして神々は、高倉下を通じて、神武天皇に韴霊(ふつみたま)の剣(つるぎ)を授(さず)けます。
「韴」というのは悪を断ち切るという意味で、これを神々が授けたということは、悪には断固として戦え!と神々が意思表示されたことを意味します。

こうして元気を回復し、神力を持った剣とご神意を得た一行ですが、どうしても大和盆地への山越えができない。
困っていると、天照大御神が夢に現れて、
「これから頭八咫烏をつかわすから、それに付いていきなさい」と申されます。

それで付いていくと、山道の中から、長髄彦を始めとする盗賊団に食料を奪われて困っている人たちが次々と現れてくる。
その人達とともに、悪い奴らと戦って勝利していくわけです。
霊剣は、超強力な武器を象徴します。
いまでいうなら、超強力核弾頭付ミサイルを得たようなものです。
戦うためには、圧倒的な武力が必要になる。
けれど神々の御意思は、
「超強力な武器を得たからといって、
 単独で(ひとり)で戦ってはいけない。
 戦う時は、
 その戦いによって受益者となる
 みんなとともに戦え」
ということです。
だから八咫烏が派遣されています。

こうしていよいよ戦いが始まります。
神武天皇が岡山から持ってきたお米は、すでに嵐に遭ってありません。
高倉下の備蓄米も、大軍を養うのに十分なものではありません。
だから戦いのさなかに、食料が失くなって、みんなお腹を空かせます。
そこで神武天皇は、以前に稲作の指導をして、備蓄米をたくさん持つようになった瀬戸内の人々に、お米を運んできてもらうのです。

そしてこのことが、
1 狩猟採集生活のその日暮らし
2 村々での稲作による災害時の食料備蓄
3 村々の備蓄食料の融通による全国的な相互扶助
と発展し、新しい国つくりの基礎となります。

こうして勝利した神武天皇は、橿原宮で初代天皇として即位する。
神武天皇の時代というのは、全国で26万人あった日本の人口が、8万人にまで減少した時代です。
原因は、食糧不足です。
人は食べ物の分しか人口を維持することができないからです。
これを心配された神武天皇は、あらためて稲作を中心として食料備蓄のできる国作りを目指されたわけです。
そして地域を越えて相互に助け合うシステムに目覚め、これを公正に行うために、橿原の地に都を定めて、全国的なお米の管理と流通を実現されます。
これが「四方八方をおおうひとつ屋根の下で暮らす家族のように、日本全国互いに助け合って、災害の多い日本で、誰もが安心して暮らせるようにしていこう」という八紘一宇(はっこういちう)の日本の建国精神です。

神武天皇によって、日本の人口は8万人から、短期間のうちに67万人にまで増加しました。
人口が増加し、子供たちの遊ぶ声が村々にこだまして、人々が食糧不足に苦しむことがないことは、国民にとってとても幸せなことです。
だからその幸せをもたらした神武天皇は、崩御の後、
「やまとの神と呼ばれた男」と呼ばれるようになりました。
それが「神倭伊波礼毘古命」という贈り名の意味です。

我が国は国家の黎明期において相互扶助を基幹とする国作りをしていこうとされた神武天皇という偉大な指導者を得ました。
それは我が国の国民にとって、まことに幸せなことであったというだけでなく、おそらく人類史においても、偉大で貴重なな出来事であったといえることです。


お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

  ◆最新刊◆


◆◆◆◆◆ねずさんの代表作となる動画◆◆◆◆◆


《塾の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2019/12/22(日) 第43回 百人一首塾 江東区文化センター 第三研修室 18:30〜20:30
https://www.facebook.com/events/887694471605173/
2020/1/5(日)第68回 倭塾 江東区文化センター 第1・2研修室 13:00〜16:30
https://www.facebook.com/events/701032520386379/
2020/1/26(日)第44回 百人一首塾 江東区文化センター 第3研修室 13:30〜16:30
https://www.facebook.com/events/801123523660268/
2010/2/8(土)関西IK歴史勉強会「万葉集に学ぶ日本の形」
https://xn--eckaubhp5c.com/seminar/4971/
2020/2/22(土)第69回 倭塾 富岡八幡宮 婚儀殿二階大広間 13:30~16:30
https://www.facebook.com/events/2179999205630540/
2020/3/20(金)第70回 倭塾  江東区文化センター 第1/2研修室
https://www.facebook.com/events/437079950576050/


◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。





20191226 バナー
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ケイシ

いつもありがとうございます。
橿原神宮は私が大阪に移住して
初めて訪れた神宮で、とても好きな場所です。奈良~生駒山を背景にする土地には神武天皇様の行幸された場所や建立された神社が数多くあります。祭事、政治(まつりごと)の神を祭る枚岡神社もその一つです。混迷を深める現代ですが、神々様のお導きを頂く謙虚な姿勢が日本の政治家には必須です。
与党自民党議員も野党も儲かれば良いと、シナ中国共産党に肩入れしている場合じゃないですよ。

カラスの行水は勝手でしょ。

ゴールデンレイブンズ
> 広々とした東海のほとりに扶桑(ふそう)の神樹があり、

扶桑の記述は種々の古典にあり、『淮南子』にも一度ならず登場しますが、大抵は「ほとり」ではなく、「はるか東海上」のイメージです。「世界の東端」の意味で語れることもあります。東海上にある島・国のほとり、その島・国にある泉・湯谷(暘谷)のほとりというような表現がされることはあります。

> 口から火を吐き出したものが、太陽となっていた。

太陽はカラスを載せている(逆に太陽は鳥に載せられていると訳している例もある)、太陽の中の(鳥)という記述が通例。ここから太陽そのものを日烏、火烏、金烏などと表現することがあります。Wikipediaにもあるけど、「口から吐き出す」の出典ってどこなんですかね。

> 羿(すい)という弓の名手に命じて

日本の音読みでは普通は「ゲイ」です。

> 屈原が書いた『楚辞・天問篇』にも注釈として

この注釈というのは王逸の『楚辞章句』(漢代に書かれた注釈)だと思いますが、原文は

「堯命羿仰射十日、中其九日、日中九烏皆死、墮其羽翼、故留其一日也。」、すなわち「堯は羿に命じて十の太陽を射させ、そのうちの九の太陽に命中した。太陽の中の九羽のカラスは皆死んでその翼は堕ちた。ゆえに太陽は一つだけになった」ぐらいの意味で、「太陽のなかに十羽のカラスがいて」とはちょっとニュアンスが違います。

このカラスを「太陽黒点」だとする説があり、これだと「太陽の中に10羽の黒いカラスがいる」の部分は説明できますが、全体としては「9個の黒点が射落とされたので太陽は1つになった」となってしまい、如何に神話といえども不合理です。

なお、『楚辞章句』のこの部分は「淮南言」で始まっており、『淮南子』からの引用だと思われます。もっとも、現在『淮南子』として残されている史料に同じ文章はないそうです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク