朝鮮日報のこのくだらない記事と絵は、いったい何?!



今日の記事を何にしようかと、ニュースサイトを見ていたら、

“過激な対立 日韓戦はもはや戦争”

というタイトルが飛び込んできました。

いったい何事かと思って記事を見ると、朝鮮日報のれっきとした論説委員の金泰翼(キム・テイク)という人が、記名で書いた記事。

記事のタイトルは、【萬物相】韓日野球戦争

まぁとりあえず記事を転載しますので、ご一読あれ。


<記事引用>----------------------------------

2009年03月11日11時45分 / 朝鮮日報
http://news.livedoor.com/article/detail/4055987/

第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)第1ラウンド。韓国は日本に14-2のコールド負けを喫した二日後、1-0の完封勝ちで雪辱を果たし、A組を1位で通過した。

このため、韓国のネット上では、韓日戦の先発投手・奉重根が「烈士」と呼ばれている。
前大会で「(韓国が)30年間(日本に)勝てる気がしないようにしてやる」と豪語した日本の先頭打者イチローとこの日、3度の対決をし、すべてゴロに打ち取ったという「胸のすく思い」を表現したものだ。

100年前、安重根(アン・ジュングン)義士が日本帝国主義における韓国侵略の元凶である伊藤博文・韓国統監を成敗した場面を思い起こしたはずだ。

一方、日本のネットユーザーは「誇らしい“アジア2位”おめでとう」と自国代表に皮肉を飛ばし、「戦犯○○、○○○を処断せよ」と激怒している。

本来、野球は体をぶつけ合うこともなく、高度で頭脳的な戦いを伴う紳士的なスポーツだといわれているが、試合用語を見てみると、「これほど戦闘的なスポーツもないのでは」と感じる。
まず、どんな方法であれ相手チームの選手27人を「殺す」のが野球だ。
塁に出て、死なずに返ってくれば、「生還」を喜ぶ。
「ホームで惜しくも死んだ」とも言うし、ボールを打ち損ない、ランナーまでつかまる羽目になれば「二人とも死んだ」(併殺打)と言う。

韓・中・日でこうした野球用語が使われるようになったのは、野球の本場アメリカで「アウト」と言う言葉を、日本が明治時代に「死」と翻訳したことに端を発する。

当初、「アウト」は「失敗」と訳されたが、日清戦争を経て、選手や観衆の戦闘意欲を鼓舞するため「死」になったといわれている。

野球は東アジアの歴史の中で、生死を賭けた戦争のイメージを加味され、生まれ変わったのだ。

韓国は、野球の歴史・観客数・選手層・選手の年俸・社会的な関心という面で見れば、到底、日本のライバルとはいえなかった。

韓国野球を「ニンニク・パワー」と呼び、「イノシシが野球をしているよう」と表現した日本球界の人物もいた。
しかし、2006年の第1回WBCと昨年の北京五輪で、韓国に2度ずつ敗れたのに続き、今回また韓国に抑えられたことから、日本では「恐韓症」という言葉も聞かれ始めた。

「韓国と日本はたこ揚げ大会をしても血が騒ぐ何かがある」という話もある。
こうした状況に、今や「野球戦争」まで加わることになり、両国のスポーツ対決はさらに見応えを増した。

実際の戦争には血なまぐさい殺りくや財産の被害が伴うが、野球にはそのようなことがないため、いたずらに過熱することさえなければ、それなりに楽しめるのではないだろうか。

<↑引用ここまで↑>-----------------

いやはや、いったいいつから野球が戦争になったのか??

WBCで、日本人が「戦犯を処断せよ??」と言っているってなに??

恐韓症?? (゜Д゜) ハア??

行ってることが、わけわからんしっ!@@;

イチローの見事なセーフティバンドが、なんで≪ゴロに打ち取ったという「胸のすく思い」≫になるの?? 

もっとも気になるのは、朝鮮日報という韓国を代表する大手新聞社の論説委員ともなれば、それなりに知性も教養もある人物だと思うのだけれど、その論説委員からして、このレベルの低さ、次元の低さっ!!

記事の末尾に

≪実際の戦争には血なまぐさい殺りくや財産の被害が伴うが、野球にはそのようなことがないため、いたずらに過熱することさえなければ、それなりに楽しめるのではないだろうか≫

とあって、これは正論だけど、(*o☆) ォィォィ!!、一方的に過熱して記事を書いているのは、論説委員のあなたですよ(笑) 

しかも、さんざん熱さをあおっておいて、最後に
≪いたずらに過熱することさえなければ、それなりに楽しめるのではないだろうか≫
と、きれいごと。。。
主客転倒も甚だしいです。
まるで漫才のボケと突っ込みを、自作自演して悦に入っているように読めます。

しかも、この記事には、ご丁寧に下の挿絵までついている。

韓国の一般大衆の感覚ってのは、こういうものなんでしょうかね。

tyousennippounoahomannga



なんだかね、日本はもうほんとに、腰ぬけチキンというか、カツアゲのネタ先というか、いじめの対象というか、とにかく「相手が日本なら、何を言っても許される」という無節操な風潮が、韓国国内に蔓延しているように見受けられます。

さらにWBCに関してもうひとつ。

こんどは日本のスポニチの記事です。

<記事引用>------------------------------

えっ日本が妨害!?韓国ネットで大論争
2009年03月11日06時00分 / 提供:スポニチ
http://news.livedoor.com/article/detail/4055476/

【WBC】韓国国内で、9日のWBC東京ラウンド最終戦で日本の女性ファンが韓国先発の奉重根の邪魔をしようと、鏡で光を当てた――といった疑惑が持ち上がった。

インターネット上の掲示板で論議されていると中央日報(電子版)が伝えた。

テレビ中継のVTRで鏡のようなものが映っており

「国際試合では許されない非紳士的な行為」
と非難が渦巻いているという。

奉重根は初回のプレーボール直後、イチローの打席でスタンドの観客からのカメラフラッシュなどについて審判に抗議していた。

---------------------------------------

ここまでくると、もう異常な世界。。。

昨日のこのブログの記事で、在日コリアンたちが、

≪テレビ局に新聞雑誌など主要なメディアのほうは本部のほうで抑え≫て、情報操作を大々的に開始しているという対話をしている記事をご紹介しましたが、

ようするにスポニチも、その在日コリアンに骨の髄までしゃぶられているんでしょうねぇ。。。

そういえばこの新聞、民主党ひいきの急先鋒でしたよね。。。。


要するに、祖国に対する誇りと自信を失い、自らを律することをせず、憲法9条がどうのとか空理空論を振りかざして怠惰な惰眠をむさぼる国というのは、どこまでも舐められ、しゃぶりつくされるということです。

わたしたち現代日本人は、1億2700万人もいながら、この凋落を、ただ指をくわえて見ていることしかできないのでしょうか。 

ねずきちは、このまま放置したら、日本は、舐められ、バカにされ、骨の髄までしゃぶられて、その挙句、日本古来の日本人の高邁な精神性まで破壊されつくしちゃうのではないかと心配なのです。

日本人よ、日本人の魂を取り戻せ!!

売国愚民化に加担する者を許すな!! 

WBC 日本圧勝!イチロー復活!猛打賞


人気ブログランキング ←日本は凛とした誇りを取りもどすべきと思う方は、ここをクリック
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

surnivers

野球は戦争!
ある意味。
これ程ナショナリズムが高まる場合も無いでしょう。
まぁ殺し合いとかはおきませんけれどもね。
サッカーのW杯やオリンピックだって、やっぱりナショナリズムがかき立てられますからね。
そう言う意味ではある種の戦争と言えるかもしれませんが。

まぁ、しかし大体においてあちらの場合は報道が過熱と言うか無駄に大げさと言うか、なんと言えば良いんでしょうかね?
取り合えずほっとけば良いんじゃないんですか?
と思います。

bb

>ナポレオン・ソロ様

ご丁寧なコメント有難うございます。昨日何故か書き込めなくて、お返事遅くなりました。ねずきちさん、ちょっとお借りします。

>西洋と東洋の自然や土地の恵みの豊かさの差では 無いか、と私は思います。

私もそう思います。自然環境がその民族の神話を作り、アイデンティティを見出すと考えています。神話による信仰は(信仰と呼べるかも議論の分かれるところですね)普通は余り意識されず、日常の習慣や礼儀などにおのずと表れると思います。だから日本民族の持つさまざまな美徳を大切にしたいと考えています。ただ国際大会に参加する時はそんな原初的な事を持ち出すまでもなく、戦う以上は勝って欲しいです。その勝敗に対する心持が韓国とは大いに違いますね。

ところで、「ナポレオン・ソロ」さん、HNになつかしい響きを感じ、同年代かと思います。友人はイリア・クリアキンのファンでした。毎週楽しみでした。

ありがとうございました。


人間的だったことってあるわけ?

1000万歩譲って、日本が非紳士的だったとしましょう、
ですが、朝鮮・韓国が「紳士的?」だったことが一度でもあるわけ?

笑っちゃいます!
紳士的どころか、人間だったこともないんじゃないんですか?

yuki

ねずきちさんこんにちは。
昔、父が韓国や中国を嫌っていた理由がようやく分かりました。
とにかく他人のせいにするのが上手ですね、韓国人は。
日本で利益を上げてるくせに、日本を恨み、たかる事しかしないんだから、ほんとに嫌いになります。

lark

ねずきちさん、ちなみにあの「妨害記事」も捏造臭いです。

動画:http://bull.s11.x-beat.com/src/bull87939.avi
画像:http://blog-imgs-30.fc2.com/n/i/d/nidasoku/20090311223638.jpg

入場パスかペットボトルであると見られます。

お願いします

偏向報道にはスポンサー問合せまとめ@wiki
http://www23.atwiki.jp/inquiry_003/
バナー保管庫
http://www23.atwiki.jp/inquiry_003/pages/42.html

マスコミの反日偏向報道でいまや日本国はマスコミ独裁国家
になり果てました。
もはや一刻の猶予もありません。
上記のサイトはマスコミに対してスポンサー問合せをするという
趣旨のサイトです。
ブログ主様、人員不足ですので何とぞバナーを張って
相互リンクしてくださいm(_ _)m

ナポレオン・ソロ

朝鮮族社会のスポーツ観
>bbさん
 オリンピックって、農業の出来不出来で起こって居た戦争を止めさせる為に始まった競技大会だと云うことですから、貴方の仰有るように、日本の神前奉納相撲大会なんて神事の延長形としての意識は薄かったのではと思います。

 但し、表面的なモノは、宗教的な体裁で装飾して居たかも知れませんが、西洋は祭りでも、日本の春の祭りのように、何かを奪い合って、勝った方の豊作を祈願するなんて話は余り聞かれません、是は、西洋と東洋の自然や土地の恵みの豊かさの差では無いか、と私は思います。

 前スレで朝鮮族の催す社会は、差別肯定社会だと書きましたが、そう言う社会の一面として、上下関係・優勝劣敗の価値観が強く、過程を剰り重視せず勝敗だけしか楽しめない部分が多い様です、随って、興行としては成功が長続きしなくなる傾向がある様です。

 事実、韓国のプロ野球は閑古鳥が鳴いているから、給料が安くなって、結果、有力選手はドンドン米国や日本に流出してしまう悪循環に陥って終っている、負けても負けても、応援する阪神タイガースファンは韓国には居ないのでしょうかね(嗤)。

 是は野球に限らず、他のプロスポーツでも同じ傾向のようですね、ダカラ、ヨナには手を叩けても、真央ちゃんの演技に手を叩けない、彼らは、スポーツそのものを楽しむのではなく、「日本をやっつける」、若しくは「韓国が称揚される」事にしか興味がないようだ、嘗て、敗戦コンプレックス一杯だった戦後日本にも、そう言う時代がありましたが、こんな価値観の社会に生まれたら不幸でしょうね。

bb

ねずきちさん、おはようございます。
日ごろ思っていいるのですが、日本におけるスポーツの成り立ちと、西欧におけるそれとは、根本的に違うと思います。例えば運動会の種目(40年位前の)綱引き、玉入れ、徒競争等々。ごく簡単に言ってしまえば、神に奉納し作柄などを占うものだったと思います。だから東西だったり紅白だったり2チームです。その中には優しさもあり、負けても救われる装置もあったと思います。片や西欧発のものは戦って勝つだけが目標で、ハンマー、ヤリ、砲丸、皆武器ですね。擬似戦争?国際試合では当然自国応援しますが、日本人は勝っても負けてもそこに余裕がある気がします。尤も度が過ぎることがありますが。朝青龍にたいする違和感もその辺にあるのかとも。
彼の国の場合は論外です。すぐ熱くなり、人を見下すことで優越感にしたる、吐き気さえしてきます。特に日本人がおとなしいから何を言ってもいいと思っているのかもしれませんが、心に沈殿していく感情は今にはち切れるのではないでしょうか。日本以外の国にも同じメンタルで接するでしょうから、しっぺ返しあると思います。すみません、長くなりました。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク