現代に続く日本を築いた偉大な女性・持統天皇



20191123 万葉集表紙1200
◆ニュース◆
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

「ねずラジ」シーズン2が始まりました。
ねずブロの音声版です。単にブログを読むのではなく、ブログに書ききれなかったことや、その記事についての思いをお話させていただいています。ご登録はコチラから。


歴代天皇は、それぞれ偉大な功績をお持ちですが、なかでも持統天皇の功績は、群を抜いて大きなものであったといえると思います。持統天皇の御在位は、690年から697年という短い期間でしたが、その功績は時代を越えて、燦然と輝くものです。


20200202 持統天皇
画像出所=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8C%81%E7%B5%B1%E5%A4%A9%E7%9A%87
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


昨日の記事で「一番尊敬している人は誰?」と聞かれたら、迷わず親父と答えますと書きました。
では「歴史上の人物で」と聞かれた、迷わず「持統天皇です」と答えます。
持統天皇は、いまに続く平和を愛し、教育と文化をたいせつにする日本を築いた偉大な天皇だからです。
ちなみに天皇は、どの時代にあっても、すべての天皇が偉大です。
これは我々臣民にとって、とてもありがたく、大切なことです。
ただ、日本を築いたという点においては、やはり初代神武天皇、10代崇神天皇、そして41代持統天皇の功績は、なかでも特筆すべき素晴らしい天皇であられたと思っています。

さて、「しらす」は、古事記では「知(しらす)」と書かれ、日本書紀では「治(しらす)」と書かれます。
つまり日本では、1300年前の記紀の時代から「しらす」は国是であったということです。
異なる漢字が用いられているから、違うのではないか?と思われる方もおいでになるかもしれませんが、そうではなくて、先に大和言葉があり、その大和言葉に合致する漢字をあとから当てはめているから、同音同義で違う漢字が用いられているのです。

この「知・治」などが用いられている古事記も日本書紀も、日本を文化で統一するために書かれたものです。
もちろん編纂事業を開始しようという天武天皇の詔(みことのり)(680年)の前に、皇居が火災となり、そのためにそれ以前の史書が灰燼(かいじん)となってしまったという事情も背景にあったことでしょう。
けれど、それが不要なものであるならば、そもそも史書を編纂する必要自体がないのです。

逆に、史書ができたということは、それが我が国において、たいへんに重要な意味を持っていたからだということになります。
では、なぜ史書がここで必要になったのでしょうか。

これについて考えるとき、ひとつの参考になるのが、記紀編纂(へんさん)の時代と、万葉集の編纂の時代が重なっているという事実です。
歌集と史書が、同じ時代に編纂されているのです。
その中心にあったのが、鸕野讚良皇女(うののさらのひめみこ)、つまり持統天皇(じとうてんのう)です。
持統天皇は、第41代天皇を務められた女性です。
そして記紀編纂を命じられた天武天皇の皇后(おほきさき)です。



20191006 ねずラジ
《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

ちなみに近年の歴史学会では、過去の天皇について、神武とか持統、後醍醐といったように、天皇という敬称を付けずに呼ぶのが慣習化しつつあると聞きます。
とんでもないことだと思います。
なるほど一般人については、歴史上の人物に敬称を付けないのがならわしです。
ですから信長とか秀吉、家康のように呼び、いまどき右府殿(うふどの)とか、関白様(かんぱくさま)、東照大権現様などと読んだり書いたりすることはありません。
しかし我が国において、天皇だけは特別な御存在なのです。
そこを臣民が履き違えてはいけないと思います。

さて、古来我が国では、天皇は国家最高権威であり、政治的権力者ではありません。
もちろん古代における一時期、天皇親政が行われた時代もあったし、天皇自らが軍をひきいたり、政治的意思決定をされたことも何度もあります。
けれどその結果、我が国において、最高権力者としての皇位をめぐって、血なまぐさい数々の争いが起こったことも事実なのです。

天武天皇ご自身、壬申の乱(じんしんのらん)において、兄の天智天皇の後継者であった大友皇子を討ち果たしたという経緯を持ちます。
このことを、持統天皇のお立場からみると、父と夫が互いに内戦したようなものです。
個人的には、実際にはこの壬申の乱は、国内を統一するための天智天皇と天武天皇の談合による壮大な「やらせ」であったと観ています。
しかし、たとえそうであったとしても、持統天皇のお立場からすれば、そういうことをしなければならないということ自体が、とても残念なことであったことと思います。

そこで持統天皇が決められた仕組みが、「皇位継承権は、母親の地位と生まれた順番によって機械的に決まる」という仕組みです。
また、天皇と政治権力を切り離し、天皇は国家最高権威として祭祀を司(つかさど)り、政治権力はその下の臣下が行うという仕組みを定着させることで、常に権力と責任が一体となるという仕組みを定着させたのもまた、持統天皇です。

これによって、それまでの時代にあった皇位継承をめぐるご皇族同士の戦いは、その後、南北朝の時代まで、まさにピタリとなくなっています。

それだけでもすごいことですが、さらに持統天皇は、記紀の編纂や万葉集の編纂にもふかく関わっています。

もちろん記紀は、天武天皇の680年の詔(みことのり)によって編纂が開始されたものだし、古事記の完成が712年で元明天皇の時代です。
日本書紀も同じ詔(みことのり)からスタートして、720年に元正天皇に献上されたものです。
万葉集の完成は、780年頃で光仁天皇の時代とみられています。

けれど万葉集は、全20巻のうち、巻一と二は柿本人麻呂によって編纂されたことはよく知られたことです。
その柿本人麻呂を起用し、編纂された歌集に意味を持たせたのが持統天皇です。

また、天武天皇が680年に詔されたとき、持統天皇は天武天皇の皇后でした。
そして天武天皇の時代における文化事業を事実上担っていたのが、当時は皇后であられた持統天皇です。

この時代における最大の課題は、唐の日本侵攻の危険を抱える情況の中にあって、いかに日本をまもりぬき、また日本全体をいかにして統一国家にしていくかです。
世界中、歴史上のどの国においても、王朝の支配は、征圧と粛清によります。
つまり国内の反対勢力や抵抗勢力を、常に武力で制圧し、あるいは討滅し、皆殺しにすることで権力を確立する、というものです。

けれどそれはとってもかなしいことです。
だからこそ持統天皇は、教育と文化によって、日本を統一していこうとなされたのです。
そのために、我が国を神話の時代から歴代天皇のご事績をあらためて書にし、また大和言葉で詠まれる和歌を、意図して漢字で記(しる)すという文化を、中央となる朝廷で行うという事業を開始されました。

大和言葉を漢字で記すという事業そのものは、父親の天智天皇の時代の「庚午年籍(こうごねんじゃく)」(670年)によって、はじめて全国的な戸籍が漢字で記されるという制度がスタートしています。
戸籍そのものは、すでに6世紀の中頃に欽明天皇が最初、渡来系の人たちの掌握のために開始されたことが明らかになっていますが、これを日本人の全戸にまで拡大したのは、天智天皇の時代です。

すでに「いかるがのさと」と呼ばれていた地域を「斑鳩」と表記するようなことは、それ以前から事例があったわけで、天智天皇のこの制度の開始は、決して当時として画期的なものであったわけではありません。
すでにある程度定着しているものを、さらに固めた、というのが正し見方であると思います。

こうした過去の事例に基づき、持統天皇はそれを歴史や文学の分野にも拡大し、我が国の史書や歌を漢字で記載し、そうすることで、大和言葉だけではわかりにくいこと、あるいはそこに重ねるべき思いを、大和言葉に漢字を重ねることで表現されようとしたわけです。

そしてこうした中央発の文化が全国に波及すれば、中央は常に文化の発信源となり、全国の求心力が高まることになります。
もっというなら、神と歴史と文化を、中央で統御することによって、中央の指揮下にあるすべての臣民が、同じ大和民族として《大和と書いて「やまと」と読み、日本という表記もまた「やまと」と読みました》、ひとつの集団を形成していく。
そしてその際に、天皇が民衆を「おほみたから」とする、という「しらす」の概念も共に普及していかれたわけです。

これが何を意味しているかというと、現代まで続く日本文化を、日本文化とよべるほどにまで高め、日本人を形成する原点となった偉大な天皇が、持統天皇であられたということです。

歴代天皇は、それぞれ偉大な功績をお持ちですが、なかでも持統天皇の功績は、群を抜いて大きなものであったといえると思います。
持統天皇の御在位は、690年から697年という短い期間でしたが、その功績は時代を越えて、燦然と輝くものなのです。

その持統天皇の御製が、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』に掲載されています。
素晴らしいです。


お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

  ◆最新刊◆


◆◆◆◆◆ねずさんの代表作となる動画◆◆◆◆◆


《塾の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2020/1/26(日)第44回 百人一首塾 江東区文化センター 第3研修室 13:30〜16:30
https://www.facebook.com/events/801123523660268/
2020/2/8(土)関西IK歴史勉強会「万葉集に学ぶ日本の形」
https://xn--eckaubhp5c.com/seminar/4971/
2020/2/22(土)第69回 倭塾 富岡八幡宮 婚儀殿二階大広間 13:30~16:30
https://www.facebook.com/events/2179999205630540/
2020/3/20(金)第70回 倭塾  江東区文化センター 第1/2研修室
https://www.facebook.com/events/437079950576050/


◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。





20200111 もりやさんバナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

takechiyo1949

心に響きます
持統天皇と万葉集のお話。
全二十巻四千五百首は、色々な階層の方々が詠んだ歌で、その半分近くが「詠人知らず」と言いますから驚きですね。
どの歌も私達の心に響きます。
新元号「令和」の出典は、ご存知の通り万葉集の一文です。
その令和を生きる私達。
どっちを向いて歩いて行けば良いのか?
日本とは?
権威とは?
権力とは?
ねずさんの「…万葉集」を読みながら、改めて深い想いに耽っています。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク