いくつかの遺書

20191123 万葉集表紙1200
◆ニュース◆
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

「ねずラジ」シーズン2が始まりました。
ねずブロの音声版です。単にブログを読むのではなく、ブログに書ききれなかったことや、その記事についての思いをお話させていただいています。ご登録はコチラから。


いくつかの遺書を紹介します。
日本人なら、何かを感じるはずです。
ご一読されてみてください。
できれば、最後までお読みいただければと思います。


出水「特攻神社」
20200202 特攻神社
画像出所=http://blog.livedoor.jp/hiromispecial2/archives/52246585.html
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


二人で力を合わせて努めて来たが終に実を結ばずに終わった。
希望を持ちながらも心の一隅であんなにも畏れていた“時期を失する”ということが実現してしまったのである。
去る10日、楽しみの日を胸に描きながら池袋の駅で別れたが、帰隊直後、我が隊を直接取り巻く状況は急転した。発信は当分禁止された。点々と処を変えつつ多忙の毎日を送った。
そしていま、晴れの出撃の日を迎えたのである。

便りを書きたい、書くことはうんとある。
然しそのどれもが今までのあなたの厚情に御礼を言う言葉以外の何ものでもないことを知る。
あなたのご両親様、兄様、姉様、妹様、弟様、みんないい人でした。
至らぬ自分にかけて下さったご親切、全く月並みの御礼の言葉では済みきれぬけれど、「ありがとうございました」と最後の純一なる心底から言っておきます。

今は、徒に過去における長い交際のあとをたどりたくない。問題は今後にあるのだから。
常に正しい判断をあなたの頭脳は与えて進ませてくれることと信ずる。
しかしそれとは別個に、婚約をしてあった男性として、散ってゆく男子として、女性であるあなたに少し言って征きたい。

あなたの幸せを希う以外に何物もない。
徒に過去の小義に拘ること勿れ。あなたは過去に生きるのではない。
勇気をもって過去を忘れ、将来に新活面を見出すこと。
あなたは今後の一時一時の現実の中に生きるのだ。

穴沢は現実の世界にはもう存在しない。
極めて抽象的に流れたかも知れぬが、将来生起する具体的な場面場面に活かしてくれるよう、自軍勝手な一方的な言葉ではないつもりである。
純客観的な立場に立って言うのである。

当地は既に桜も散り果てた。
大好きな○葉の候が此処へは直きに訪れることだろう。
いまさら何を言うかと自分でも考えるが、ちょっぴり欲を言ってみたい。

1 読みたい本
  万葉、句集、道程、一点鐘、故郷
2 観たい画
  ラアフェル「聖母子像」、芳崖「悲母観音」
3 智恵子、会ひたい、話したい、無性に。

今後は明るく朗らかに。
自分も負けずに朗らかに笑って征く。

昭和20年4月12日
智恵子様

穴沢利夫少尉 福島県出身 中央大学卒
陸軍特別操縦見習士官1期
陸軍特別攻撃隊 第20振武隊
昭和20年4月12日沖縄周辺洋上にて戦死 23歳



20191006 ねずラジ
《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

ーーーーーーーーーーー
なつかしい静ちゃん
お別れのときがきました。
兄ちゃんはいよいよ出撃します。
この手紙が届くころは、沖縄の海に散っています。
思いがけない父、母の死で、幼い静ちゃんを一人残していくのは、とても悲しいですが、ゆるしてください。
兄ちゃんのかたみとして、静ちゃんの名であずけていた郵便通帳とハンコ、これは静ちゃんが女学校に上がるとき位使ってください。

時計と軍刀も送ります。
これも木下のおじさんに頼んで、売ってお金に変えなさい。
兄ちゃんのかたみなどより、これからの静ちゃんの人生のほうが大事なのです。

もうプロペラがまわっています。
さあ、出撃です。

では兄ちゃんは征きます。
泣くなよ静ちゃん。
がんばれ。

大石清伍長 大阪府出身 飛行学校卒 戦死
※大石伍長は大阪大空襲で父を失い、つづいて重病だった母親も亡くした。小学生の妹(静恵)一人が残され、伯父の元に引き取られていった。

ーーーーーーーーーーー
我が一生、ここに定まる
お父さんへ、いふことなし。
お母さんへ、ご安心ください。
決して卑怯な死に方をしないです。
お母さんの子ですもの。
それだけで僕は幸福なのです。

日本万歳、万歳、かう叫びつつ死んでいった幾多の先輩達のことを考へます。
お母さん、お母さん、お母さん、お母さん! かう叫びたい気持ちで一杯です。
何か言ってください。
一言でも十分です。
いかに冷静になって考へても、何時も何時も浮かんでくるのはご両親様の顔です。

父ちゃん! 母ちゃん! 僕は何度でも呼びます。
お母さん、決して泣かないでください。
修が日本の飛行軍人であったことに就いて、大きな誇りを持ってください。
勇ましい爆音を立てて先輩が飛んでいきます。
ではまた。

富田 修中尉 長野県出身 日本大学卒
海軍第十三期飛行予備学生
昭和19年9月3日台湾にて殉職 23歳

ーーーーーーーーーーー
西条の母上には幼時より御苦労ばかりおかけし、不孝の段、お許し下さいませ。
今回帝国勝敗の岐路に立ち、身を以って君恩に報ずる覚悟です。
武人の本懐此れにすぐることはありません。
鎌倉の御両親に於かれましては、本当に心から可愛がっていただき、その御恩に報いる事も出来ず征く事を御許し下さいませ。
本日、帝国の為、身を以って母艦に体当たりを行い、君恩に報ずる覚悟です。
皆様御体大切に。
父上様、母上様

教え子へ(第四十二期飛行学生へ)
教え子は 散れ 山桜 かくの如くに

里子殿
何もしてやる事も出来ず散り行くことは、お前に対して誠に済まぬと思って居る。
何も云わずとも、武人の妻の覚悟は十分出来て居る事と思う。
御両親に孝養を専一と心掛け生活して行く様、色々思出をたどりながら出発前に記す。
恵美ちゃん坊主も元気でやれ 行男

関 行男大尉 愛媛県出身 海軍兵学校卒
神風特別攻撃隊敷島隊
昭和19年10月25日
比島レイテ湾にて特攻戦死 23歳

ーーーーーーーーーーー
戦いは日一日と激しさを加えて参りました。
父母上様、長い間お世話になりました。私も未だ十九才の若輩で、この大空の決戦に参加できることを、深く喜んでおります。
私は潔く死んでいきます。

今日の海の色、見事なものです。
決してなげいて下さいますな。
抑々海軍航空に志した時、真っ先に許されそして激励して下さったのは、父母上様ではなかったでしょうか。
既に今日あるは覚悟の上でしょう。
私も魂のみたてとして、ただただ大空に身を捧げんとして予科練に入り、今日まで猛特訓に毎日を送ってきたのです。
今それが報いられ、日本男子として本当に男に花を咲かせるときが来たのです。
この十九年間、人生五十年に比べれば短いですが、私は実に長く感じました。
数々の思出は走馬燈の如く胸中をかけめぐります。
故郷の兎追いしあの山、小鮒釣りしあの川、皆懐かしい思出ばかりです。

しかし父母様にお別れするに当たり、もっと孝行がしたかった。
そればかりが残念です。
随分暴れ者で迷惑をおかけし、今になって後悔しております。
お身体を大切に、そればかりがお願いです。
親に甘えた事、叱られた事、皆懐かしいです。
育子、昌子の二人は私の様に母に甘えたり叱られたり出来ないかと思うとかわいそうです。
いつまでも仲良くお暮らし下さい。
私も喜んで大空に散っていきます。
平常あちこちにご無沙汰ばかりしておりますから、何卒よろしくお知らせ下さい。
お願いします。
御身大切にごきげんよう。

神風特別攻撃隊 大和隊員
一飛曹 塩田 寛 18才
昭和19年10月26日 レイテ沖にて特攻戦死

ーーーーーーーーーーー
謹啓 御両親様には、相変わらず御壮健にて御暮しのことと拝察致します。
小生もいらい至極元気にて軍務に精励いたしております。
今までの御無沙汰致したことをお詫び致します。
本日をもって私もふたたび特攻隊員に編成され出撃致します。
出撃の寸前の暇をみて一筆走らせています。

この世に生をうけていらい十有余年の間の御礼を申し上げます。
沖縄の敵空母にみごと体当りし、君恩に報ずる覚悟であります。
男子の本懐これにすぎるものが他にありましょうか。
護国の花と立派に散華致します。
私は二十歳をもって君子身命をささげます。

お父さん、お母さん泣かないで、決して泣いてはいやです。
ほめてやって下さい。
家内そろって何時までもいつまでも御幸福に暮して下さい。
生前の御礼を申上げます。

私の小使いが少しありますから他人に頼んで御送り致します。
何かの足しにでもして下さい。
近所の人々、親族、知人に、小学校時代の先生によろしく、妹にも......。
後はお願い致します。
では靖国へまいります。

四月六日午前十一時記す
神風特別攻撃隊第二御盾隊銀河隊
昭和20年4月7日

海軍一等飛行兵曹 松尾巧 享年20才
佐賀県出身 乙飛17期

============

いろいろな遺書を調べているときに、あるサイトに「特攻隊員は自らの死を飾りたかったのだ」と書いているサイトがありました。
どのサイトか、あまりにも悲しくてすぐに閉じてしまったので、もうわかりません。知りたいとも思いません。
戦後の浅薄な反日左翼的思考に染まりきり、血のにじむ魂の叫びを読んでさえ、そんな程度にしか思えない、そんなバカ者が日本人顔をして、いまこの世にいる事自体が私にはとても残念に思えます。

日本国憲法の第一条には、何と書いてあるでしょうか。
このブログをお読みのような方なら諳んじることができるかもしれませんが、お近くにいる何人かの人に聞いてみてください。
おそらく10人中9〜10人が答えられないと思います。
「憲法を護れ」とか、「憲法9条を世界遺産に」とか、やかましく宣伝する割には、誰もその憲法を知らない。
おかしくないでしょうか。

これが戦後教育、戦後社会や戦後教育の実態なのです。
都合の良い点だけを声高に主張し、あとは口にチャックで黙っている。
そしてそのことを、より掘り下げて見てみれば、日本国内の、日本人のような顔をして日本語をしゃべる日本人でないごく一部の特定利権者たちにとってのみ都合の良い点だけが、美化されて声高に主張されているだけであることがわかります。
それに易易と乗せられてしまった日教組の日本人の先生や、特定政党、特定宗教団体に、「自分の幸せ、家族の幸せのために」と洗脳されてしまった日本人こそ、あわれなものなのではないでしょうか。

大日本帝国憲法の時代、大日本帝国憲法の第一条が「大日本帝国は万世一系の天皇これを統治す」は、誰もが知る日本の常識でした。
戦後生まれの我々でさえ、暗唱出来る人が多いくらいです。
戦前戦中は、100人に聞けば100人とも諳んじることができました。

そしてそこにある「統治す」を私達は「とうちす」と音読みするだけで、読めた気になっていますけれど、昔の人はその訓読みがわかりました。
そう教えられていたからです。

「統治す」の訓読みは「スメラヒ、シラス」です。
「スメラヒ」は、スメラミコトの「スメラヒ」です。そしてもともとは「シメラフ」です。
「シメラフ」は動詞で、これが名詞になると「シラス」です。
ですから「統治す」は、「シラス、シラス」です。
つまり、日本は天皇の「シラス」国であるということが、日本人の憲法の一番初めにくる考え方です。

そして「シラス」とは、天皇がすべての臣民を「おおみたから」とするという意です。
このことは、わたしたち日本人が、ごく一部の特権階級者によって隷属させられない、私有民にされない、支配されないことを表しています。
世界の有色人種が、みんな欧米列強によって、モノとして私的に支配されていた奴隷制の時代に、日本は、民衆こそ宝であるという憲法を高らかに掲げたわけです。
すごいことだと思います。

そして権力からの自由を得た日本人は、誰もがその日本を護ることは、すなわち家族や身近な人たちを護ることであると、ごく自然に考えました。
自分のことより、周囲の人を助けたい。守りたい。
たとえそれによって自分の命が失われることになってでも、です。

ところが戦前戦中においてさえも、そうやって自分たちが「おおみたから」としての幸せを与えられていることを理解できない人というのは、ごく一部ですが、いました。
自分たちがいま幸せであること、「おおみたから」であることに感謝の心をもつどころか、自分が幸せであることが「あたりまえ」であって、国が戦争をしているのが良くないと主張する人たちです。

天皇のシラス国、国民が「おおみたから」とされているからこそ、わたしたちが権力からの自由があり、だからこそ互いを思いやることができる人にやさしい社会が営まれ、みんなが貧しいかもしれないけれど、みんなが食えて幸せな社会を築いていたのです。

ところがそのことが理解できない。
理解できないどころか、まったく逆に考える。
自分がちょっぴり不幸なのは社会のせいだというのです。

戦時中にそんなことを言い出されたら、みんなが辛くても必死になって戦っているときなのです。
それこそ人心を乱すことになる。
だから当時の政府は、そういう人たちを逮捕投獄しました。

戦後、そういう人たちが刑務所から出てきて、彼らの思い通りの政治や宗教をはじめました。
それから70年経ちました。
70年という歳月は、その「はじめの一歩」の歪みが徐々に拡大され、誰の目にもあきらかになってくる歳月です。

これはたいへんおもしろいことなのですが、会社でも組織でも団体でも個人でも、はじめのうちは平和のためとか、人々のため、民衆のためとか「おためごかし」を言って人々を幻惑していても、あれから70年、いまどうなっているかといえば、彼らは年収数百億円から、なかには兆の位の個人収入を取り、その一方で社会への貢献はなにもしない。ただ批判するだけです。
そして反対するものを徹底的に粛清する。

戦時内閣は東條英機首相でしたが、日本の陸軍の総帥であり、日本の最高権力者であった東條英機は、きっと個人で相当な蓄財をしていたに違いないとばかり、戦後GHQが徹底的に調べあげましたが、まったく何も出てこなかったというのは有名な話です。
臣として本当に民のために尽くし、丸裸になって生き、戦後処刑された人と、
ウシハク存在となって、個人の蓄財をし、自分だけが良い思いができる組織をこしらえた人。
その心の違いが、上にご紹介した遺書にも明確に現れているといえるのではないでしょうか。

遺書を読んだらわかります。
愛があるから戦えたのだと。
なぜ日本が強かったのか。
日本人が、愛し愛され愛を知る国であり兵であったからです。
愛されていない、愛を知らない兵士は弱い。
日本人は愛を大切にする民族だから強かったのです。
愛があるから、自分の意思で戦えるのです。
「どーせむり」では、強制されて戦うことしかできません。

英霊に深く深く追悼の意を表します。


※この記事は2009年8月の記事をリニューアルしたものです。
お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

  ◆最新刊◆


◆◆◆◆◆ねずさんの代表作となる動画◆◆◆◆◆


《塾の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2020/1/26(日)第44回 百人一首塾 江東区文化センター 第3研修室 13:30〜16:30
https://www.facebook.com/events/801123523660268/
2020/2/8(土)関西IK歴史勉強会「万葉集に学ぶ日本の形」
https://xn--eckaubhp5c.com/seminar/4971/
2020/2/22(土)第69回 倭塾 富岡八幡宮 婚儀殿二階大広間 13:30~16:30
https://www.facebook.com/events/2179999205630540/
2020/3/20(金)第70回 倭塾  江東区文化センター 第1/2研修室
https://www.facebook.com/events/437079950576050/


◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。





20200111 もりやさんバナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

いつもありがとうございます
読んでる途中で涙が出てきました。

声高に男尊女卑を叫ぶ団体がありますが、日本ほど女性を大事にする国はないと思っております。
そして、遺書の多くは母、妻、妹に宛てたものではないでしょうか。
アチラの国の母ですら奴隷みたいな考えとは根本から違いますね。

takechiyo1949

体が固まってしまいました
靖國神社には非道な罪人がお祀りされている?
私もそう思っていました。
初めて参拝して軽い気持ちで入った遊就館。
体が固まってしまいました。
死んでしまいたい!
そんなふうに思ったことは何度もありましたが、英霊の遺書を読み、その浅はかさを思い知らされました。
天啓そのものだと思います。

日本を愛する日本人より一言。

いつもありがとうございます。
 会社に入社してから政治にはかなり関心を持ち35年間社会党他に投票してきました。一度も棄権したことはありません。
 覚醒したのは57歳で、リタイヤーしてからねずさん他のネットに出会ってからです。当然ながら私の子供は3人とも左翼思想でこり固まっています。今何とか覚醒させようと今子供たちにねずさん他の本を送付したりしていますが孫が高校生になったのを機に時々Burogu記事を子供経由で孫にメールして読んでもらうようにしています。
 今日も涙なしでは読めない文章でしたが我々日本や日本人の命を守ってくださった英霊の墓参りもできない日本の政治家なんて税金で養う必要があるのかとあほらしくなってきますね。

名無し

No title
先月1/20以降私の携帯からねず先生のブログに接続出来なくなりました。
毎日楽しみにしていたのに本当に残念です。
今日は仕事が早番だったのでネットカフェに立寄り
久しぶりにブログを拝見しました。
感動と感謝の気持ちと同時に何故かほっと致しました。
時間を見てまた拝見させて頂きます。
まだまだ寒さ厳しき折どうかご自愛下さいませ。

ねず先生、ありがとう。

桝屋 誠

ねずさんの奇跡の国日本が分かる万葉集を読み
昨日から、タイトルの本を読み始めております。
もう、すでに訂正なされているかもしれませんが、103ページの原文が81ページの原文になっています。
いつも、楽しくブログや「ねずさんの日本の心で読み解く百人一首」を読んだりさせていただいてます。ありがとうございます。

-

No title
英霊の皆様
ありがとう御座いました。
ただただ感謝です。
日本を守ってくださり
国民を守ってくださり
有り難う御座いました。





非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク