今日は建国記念日




人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

20200201 神武天皇


今日は建国記念日です。
年に一度、建国記念日くらいは、建国の詔(みことのり)を読んでみたいと思います。
世界中どの国においても自国の建国宣言は非常に大切なものとされ、必ず学校で教えられることです。
ところが不思議なことに世界でもっとも古い歴史を持つ我が国だけがこれをしていない。
たいへんに残念なことだと思います。
是非、環境がある方は、声に出して読んでみていただければと思います。

*********
《建国の詔(みことのり)》

自我東征       われひむかしを うちてより
於茲六年矣      ここにむとせに なりにたり
頼以皇天之威     すめらきあめの いをたのみ
凶徒就戮       あたうつために おもむかむ
雖辺土未清      ほとりのくには きよまらず
余妖尚梗       のこるわざわひ ふさげども
而中洲之地無復風塵  うちつくにには さわぎなし
誠宜恢廓皇都     まごころこめて おほいなる
規摹大壮       ひらきひろめる みやこをつくる

而今運屬屯蒙     いまはこびたる わかきくら
民心朴素       たみのこころは すなほにて
巣棲穴住習俗惟常   あなをすとして すむあるも
夫大人立制      ひじりののりを そこにたて
義必隨時       つねにことわり したがへば
苟有利民       いみじきたみに りのあるに
何妨聖造       ひじりのわざに さまたげもなし

且當披拂山林     やまやはやしを はらひては
経営宮室       みややむろやを をさめつつ
而恭臨宝位      たからのくらひ つつしみて
以鎮元元       おほきもとひを もってしずまん

上則答乾霊      かみはすなはち そらのかみ
授国之徳       さずけたまひし とくのくに
下則弘皇孫      しもにやしなふ すめみまの
養正之心       ただしきこころ やしなはむ
然後         しかるのちには むつあわせ
兼六合以開都     みやこひらきて はちこうを
掩八紘而為宇     おほひていへと なしゆかむ
不亦可乎観夫     またよからずや それみるは
畝傍山東南      うねひのやまの たつみかた 
橿原地者蓋国之墺区乎 かしはらのちは くにのなか
可治之        このちにおひて くにしらしまむ
*********



お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

服部 充良

日本・ポーランド国交100周年
昨年は日本・ポーランド国交100周年の記念すべき年でした。これを記念して「ポーランド広報文化センター(在日ポーランド大使館)」を中心に各種行事が開催されました。その一環として「日本ポーランド青少年協会」主催によるエッセイコンテストが開催され、先日作品集が日本語とポーランド語のPDF書籍として公開されました。
https://jpya.or.jp/ja/essaybook100yearanniversary/
「日本ポーランド青少年協会」のfacebookからもご覧いただけます。
ブログ主様にもお読み頂ければ幸いです。

にっぽんじん

怖い武漢肺炎
中国で武漢肺炎が猛威を振るっています。
日本では香港発のクルーズ船の対応で苦慮しています。
かって、中国でサーズが発生したときに、サーズ取材していたアメリカの女性科学ジャーナリストが自分が行った予防対策を話していました。

取材中にマスクは殆どしなかったそうです。
マスクの代わりにやったことは徹底した「手の防御」だそうです。
外出する際は手袋をし、顔には触れないことを徹底したそうです。

手袋は毎日取り換え、洗った手袋を使用しました。
手袋を外した時には手を洗って消毒し、ウイルスが手から侵入しないことに気を付けたようです。

人と話す際には50cm以上離し、人込みには入らないことです。
乗り物など他人から離れられないときにはマスクを使用したが、そうでないときにはマスクは使わなかったと言っています。

クルーズ船の感染の原因は手からの感染が考えられます。
乗船員全員に手袋の徹底を要請することを検討してはどうでしょうか。

-

皇紀2680年
法律上は「建国記念の日」です。実際の建国日が確定的にいえないので、「の」が入るそうです。「紀元節」の方がいいと思います。宮中での臨時御拝も紀元祭とした方がいいと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク