日本は北朝鮮のミサイルに断固備えよ!



北朝鮮が「人工衛星」打ち上げを名目に長距離弾道ミサイルの発射準備を進めています。

政府は導入済みのミサイル防衛(MD)による迎撃を強く示唆するとともに、ミサイルが発射あれた場合には、断固として国連安保理で北朝鮮制裁決議の採択を目指すとしています。

しかし、本土防衛を念頭に整備された現行システムで日本上空をはるかに飛び越えていく長距離弾道ミサイルを撃ち落とすことができるのか?・・・

衛星・AWACその他すべての迎撃システムが完璧に制御できて、落とせる確率は60%。

わずか数分のうちに飛来するミサイルに対し、日本の防衛は自衛隊法第82条の2項に基づき、防衛大臣が内閣総理大臣の承認を得て、指揮官に対処権限を委任する仕組みです。
まず、総理の承認がなければミサイル防衛は機能しない。

「有事」法制として、総理が迎撃を承認するためには、閣議決定が必要だけれど、北朝鮮から発射されてわずか10分で日本に着弾するミサイルに対し、発射後、閣僚を集めて閣議を開いて、対策を決定するなんてが、そんな時間的余裕はありません。

そこで政府は「有事」ではなく「日本領土への危険除去」として法制上は、警察権の範囲内で対処することを想定しているといいます。
そうなると、警察権の範囲で行われるため日本の領土、領海に落下しなければ撃墜できないという制約が課せられることになる。

つまり、日本の領空を飛び越えて、太平洋上に落下するミサイルに対しては、日本は迎撃できない。

発射されたミサイルが太平洋上に落下するのか、日本に落下するのか、それをわずか数十秒の間に見極めて、迎撃するか、放置するかを見定める。
しかし、太平洋上に落下が予測されたミサイルが、日本国内に着弾しないという保証はどこにもない。

日本着弾として政府が迎撃を決断した場合は、日本海に展開させたイージス艦の海上配備型迎撃ミサイル(SM3)が大気圏外で撃墜を行い、失敗すれば地対空誘導弾パトリオット(PAC3)が着弾前に迎撃することになるけれど・・・・

SM3で日本全土をカバーするためには海上自衛隊が保有する2隻のSM3搭載イージス艦が必要なのに、1隻は3月中旬までドック入りしていて、現時点で必要な配備はできていないし、配備の指示もまだです。。

さらに防衛手順を有効にするためには空域をクリアにする必要もあるし、パトリオットミサイルの運用に必要な電波管制も必要となる。

本来、ミサイルの経路予測にかかわらず、日本周辺での落下を想定して危機管理体制をとることは国の安全保障上、当然のことです。

日本を目指して発射された北朝鮮のミサイルに対し、日本のサヨクの誇るHANASHIAUZOは、日本を守ることについて、はっきり言ってなんの役にもたたない。

さらにわけのわからないのが、北朝鮮が主張する衛星発射を真に受けて、弾道ミサイル計画に関するすべての活動の阻止に対し、宇宙の平和利用はどの国も保有する権利だから、弾道ミサイル実験を否定することは、日本の宇宙開発ロケットも否定することになると、おおまじめで議論するアホ(わるいけど、あえて“アホ”と言わせていただきます。言葉が悪くてすみません)もいること。平和ボケもここまでくると、もはや精神病、異常者の範疇です。
http://cgi.2chan.net/n/src/1236688324215.jpg
というよりも、ここまでくると、もはやある種の政治的謀略性まで感じざるを得ない。

またこの件に関し、政権与党を目指すという民主党から、何の声も聞こえてこない。

国家と国民の安全を守ることは、国事の最優先課題です。

そして現実に、北朝鮮がミサイルを発射しようとしている今、これについて何のステートメントも発表できないというのでは、その政党に政権を摂る資格はない。

麻生総理はこの件について、13日、内閣記者会のインタビューに答えて、「他国の上を通過して弾道ミサイルの実験をした国なんかない。あいさつもなく日本の上を通過するような話は、とてもじゃないけど認めることはない」と述べています。
けだし、当然です。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090313-00000187-jij-pol

述べるだけではなく、現実の障害となっている、長年の左翼の圧力によって構築された自衛隊への様々な縛り法制を凌駕し、わが国の安全をしっかりと守ってもらいたいと思います。

本来であれば、ミサイル防衛というのは、当該国がミサイルの発射準備を進めている段階で、外交的にこれを牽制するだけじゃなく、万一それ以上ミサイルを発射準備を進めるならば、相応の先制攻撃を行うという国家としての強い姿勢が求められるものです。
必要があれば、事前に発射施設を破壊する工作活動も厭わない。
そうでなくては、国土防衛なんてできないのです。

なにせ、発射されるミサイルには、核が搭載されている可能性もある。
冒頭記したように、迎撃できる確率はわずか60%です。

もし、その核を搭載したミサイルが、日本の大都市に撃ち込まれたら、いったいどれだけの被害がでるか。

それを考えれば、ミサイルを飛ばしたら、HANASHIAUZOでは、話にならない。

北朝鮮のミサイルに対し、発射後の対策が防衛出動にあたるか、警察行動にあたるかなどと、どこかの国の昔の貴族階級(ヤンバン)のような、空理空論はどうでもいいのです。

麻生内閣には、国家の役割として、断固としてこの危機に対処し、必要な対策を講じてもらいたいと強く希望します。

また、これにあわせて将来への布石として、日本の防衛問題について、国家として当然持つべき必要な軍事力とその軍事力行使について、きちんとした体制を築いていってもらいたいと思います。

日本のミサイル防衛


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

う〜ん

上のつけたしですが、、、
ねずきちさん>

ちなみに上の動画ですが、ニコ動では直に消されてしまったようです。
YouTubeでも、関西の番組の録画動画は直に消される傾向にあるようです。
理由はよくわかりませんが、著作権とかでしょうか。(編集してあるようなので問題ないと思うのですがね…)

う~ん

パチンコ利権何とか汁(死語?)
民主党と社民党(それから自民の一部)は、パチンコ利権から完全に手を引いて欲しいものですね。
あれは、体にも心にも悪いでしょう。
今一部の店舗でATM設置!とかやっていますが、貸金業も同時進出したり、恐ろしい限りです。
依存症患者や経済破綻者を大量に生み出しながらも、総連系パチンコ屋などに金を集め、それを不正送金、さらにはその金がテポドンに化けたり…。

この国は狂っています。

政治家の先生方も、「国のあり方」をもう少し論じて欲しいですね。テレビで熱い討論の一つも繰り広げて欲しいです。
それが一番大事な事ではないでしょうか。

小沢一郎 ~ 闇の系譜 :秘書逮捕の真相/北朝鮮との黒い関係
http://www.youtube.com/watch?v=awIz1h1AoII

bb

ねずきちさん、こんにちは。
ソマリアといい、北朝鮮といい今そこに危機があるのに、国会では議論もされず、どうなっているのでしょう。折角安倍元総理が憲法改正の道筋を就けてくれたのに、のんびりしていますね、わが国の国会議員様は。もし万が一、核を搭載していて、海上に或いは陸地に着弾し、被害が出たらどうするつもりなのでしょうか。審議にも応じないこの国の野党は、どう責任取るのか聞いてみたい。私には戦力のことは良くわかりませんが、国の防衛には憲法改正と核武装が大切だと思っています。一日も早くまじめな議論を始めて、私たちを安心させて欲しいです。年金も介護も国が破壊されたら、お仕舞いですから。

ttttt

反日ブログリスト
日々雑感、狂国で暮らす毎日、何を書けば・・・・
http://blogs.yahoo.co.jp/lamerfontene
嫌ネット右翼blog
http://ameblo.jp/paxromana4ever/
胡桃の中の世界
http://d.hatena.ne.jp/lil-green/
戦争を語るブログ
http://blog.livedoor.jp/manfor/

surnivers

ワシは空爆の方が効果的だと思います
ただ日本にはそれをする為の情報がありませんし、爆撃機もありません。
本来であれば情報省を立ち上げて、北朝鮮の情報を精密に分析して、然る後に爆撃機で発射前に叩いておく。
SM3はそもそも250kmまでしか上昇しないので、大気圏外で400kmを飛行するテポドンには通用しません。
ブースト段階と呼ばれる時に打ち落とせば別ですが、この時はまだ何処に打つのかも分らない上昇段階なので。
なのでMDは基本ネガティブ・ウォッチなのですよね。
多分無理だろうなぁ、と思っています。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク