いろいろな考え方はあっていいと思うが、この時期の離党は国家国民に対する反逆だ



自民党の武部勤元幹事長が、離党を示唆したといいます。
■関連記事:『麻生退陣なければ重大決意』
http://news.livedoor.com/article/detail/4062891/

13日午前、都内で開かれた自民党衆院議員のパーティーで、武部勤元幹事長は、衆院選前に麻生首相が退陣しない場合、

「重大な決意をせざるを得ない」と語り、
「自民党や民主党のために国家があるわけではない」と、新たな議員連盟発足の準備を進めているかのごとき発言をしたといいます。

しかし、いま日本は、100年に一度という未曾有の大不況の真っただ中にいます。

そしてその不況対策にあたり、衆参両院のねじれ現象があり、さらに野党第一党である民主党は左傾化し、いたずらに国の行う景気対策の足をひっぱり、本来迅速を旨とすべき景気対策をただただ一日遅れに引き延ばしている。

資源のない日本は、教育を根本に技術を磨き、高付加価値の製品を輸出して加工貿易を推進しなければ、日本人の食を賄うことができないのに、

教育は左傾化教育志向で崩壊し、学生の知的レベルは後退。
技術振興の各種特許・知的財産権は中国に侵害され、
輸出産業の根幹である自動車・家電は壊滅的ともいえる大打撃を受けている。
雇用は縮小し、全国の職業安定所はまさに長蛇の列。
海外から食料を輸入するためには、世界各国と歩調を合わせ貿易の安全を守るための活動をしなければならないのに、国内でしか通用しない憲法9条論をふりかざしてソマリアの海賊対策派兵に抵抗するアホもいる。
マスコミは日本人を愚民化させようと躍起になり、日本人を刹那的なお笑い漫才漬けにし、漫才芸人を政治を同一次元のたわごと扱いし、日々反日扇動を繰り広げている。

そうした中で、いま、日本と世界の景気対策のために、逆風の中で躍起になって各種対処を施そうとしているのが、まさに政府与党であり、麻生内閣です。

考えてみてください。
いまの日本の政界で、いちにちも早く国内の景気対策を実現しようとしている政党は、どこですか?

民主党ですか?
考えてみてください。定額給付金にしても、中小企業への支援策としての金融緩和にしても、能書きは別として、政府予算を修正して、いちにちも早くこれを実現しようとしていたのは、自公連立の政府与党です。

マスコミも、野党民主党も社民党も、共産党も、予算委員会で、その政府の実施しようとする各種政策に、ただただいちゃもんをつけ、文句を言い、今年度予算編成の修正を議論する場なのに、来年度の予算の遣い方を長々と質問と称して語ってみたり、思いかえせば、彼らのやってきたことは、ただ単に政府の景気対策を「先延ばし」させただけです。
そこには何の生産性もない。
無意味な「引き延ばし」にすぎない。

そしてその引き延ばしによって、多くの中小企業が金融を受けれずに倒産し、失業者が街にあふれている。

この現実を前に、いまこそ自民党は、日本のため、国民のため、そして世界の平和と共存のために、一枚岩となって、この難局を乗り切らなければならない。
それが、国家国民のためだからです。

悪いけど、そうした中での武部勤元幹事長の行動と発言は、不況にあえぐ国家国民の期待に対する反逆に他ならない。

メディアがあまりに麻生批判をするから、ここでちょいと世論におもねり、身の安泰を図ろうとしたのかもしれないけれど、武部勤元幹事長の見た世論は、売国マスコミの創作世論であり、国民・庶民のほんとうの世論(民の声)ではないのではないかと思うのです。

ねずきちはね、もしメディアや民主党が、たとえば高速道路の1000円化について、

「緊急対策として1000円にすることには賛成する。しかしわが党は、これを無料化したいと考えている。来年度のマニフェストに、無料化を掲げるから、是非政府与党と前向きに議論したい」と述べ、早々にこの修正予算に賛同したのなら、次期政権としてふさわしい有能な政党であるとも認めたかもしれません。

しかし実際に彼らが行ったのは、いまに至ってなお「1000円は怪しからん」。

ソマリアへの派兵に関し、メディアや野党が「政府の法案は手ぬるい。これでは自衛官の安全が確保できない。出す以上、圧倒的な軍事力を展開し、世界に我が国軍の優秀性をアピールせよ」と主張しているなら、そういう政党に是非、政権を!とも思うかもしれない。

しかし、実際に彼らが行っているのは、ただただ反対、反対。。。

これでは、昔からあるどっかのなんでも反対政党となんら変わることがない。

ボクが住んでいる市の議会にも、その「昔からある何でも反対党」の議員さんがいます。

そこの議員さんたち、市議会の開催中は、いつも寝てる。まるで昼寝のために議会に来ているようにしか見えない。

そして採決になると、反対!反対!!

そのくせ選挙が近づくと、与党がようやく取り決めた病院建設や、道路整備、信号機設置、歩道橋設置等について、「これらはすべて私たちがやりましたぁ!!」

嘘ばっかりついている。

日本人はバカではないから、さすがにそういう政党の応援者は、数の上からもごくわずかしかいないけれど、いま、景気対策という重大な議案を前に、国政で野党第一党がしていることは、居眠りこそないけれど、その中身は「なんでも反対党」のしていることとなんら変わらない。

どんな裏取引があったかしらないけれど、民主党が政権を取ったらメディアに政府支援金を流してくれるという甘言につられて政府与党を攻撃するメディア各社。

もし、そのメディアが世論と勘違いしているなら、武部さん、あなたは政治家としていちばん大切なことを忘れている。

政治家としていちばん大切なこと。それは、「国民を守る」という強い意識です。
そしてそこでいう「国民」は、庶民なのです。

次回の選挙で、もしあなたが「俺は自民にいたら危ない」と思うのなら、いたずらに離党云々を示唆するのではなく、いまこそ、庶民の生活を守るために、決死の覚悟で自民を支え、内閣を支えていかなければならないことを、あなたの選挙民に真剣に訴えるべきです。

なぜなら、それが真実だからです。
そして、真実は必ず人々の心を撃ちます。小ずるさは、必ずメッキがはがれます。
それでこそ、誇りをもって応援できる国民の代表である国会議員であると、ボクは思います。

衆議院議員 武部勤氏「離党し自民党に一石を」・・・言っていることが逆です。


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

基準点

マスコミに騙されない知識を身に付けよう
武部氏にはさっさと離党して頂きましょう。

今日久しぶりに渋谷に出た機会に読みたいと思っていた本を購入して半分ほど読みました。
書名「崩壊する世界繁栄する日本(副題:「国家モデル論」から解き明かす」)」著者:三橋貴明、発行:株式会社 扶桑社、定価:1470円(税込み)です。
過去数年間のデータに基づき、アイスランド、韓国、ロシア、イギリス、ドイツ、スペイン、中国、アメリカの経済崩壊に至る原因が分析されています。その対極にある日本経済の分析も提示されています。
民主党野党連合とマスコミの結託による、補正予算の成立を遅延させる活動(私は日本に対する敵対行為と認識しています。)によって、日本の経済活動が毀損され中中小企業の倒産等の被害が発生していますが日本経済には、優れた部分があり今回の世界的不況化でもその強さを発揮しています。
私は多くの方が本書を知り、読んで頂くことでことで、国家経済をデータに基づき分析する習慣を身に付けることで、マスコミの薄っぺらい解説に騙されない知識を身に付けられる良い機会になると思いますので紹介させて頂きます。







愛信

【「バンキシャ!」誤報で日テレ社長が引責辞任】
http://www.asahi.com/national/update/0316/TKY200903160318.html

「真相報道バンキシャ!」は02年から、毎週日曜午後6時に放送さ
れている報道番組。いくつかのトピックを特集的に取り上げて番組を
進めるのが特徴だ。元日本テレビアナウンサーの福沢朗さんとタレン
トの菊川怜さんが司会を務める

【マスコミ隠蔽の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj4.cgi

bb

ねずきちさん、こんばんは。
武部さん、まだ小泉さんの時の幹事長役のときのままの感覚なのでしょう。小泉さんのオーラも無いのに勘違いしてるのでしょう。でもこんな信念の無い人には去って頂きましょう。

にっぽんじん

離党に大賛成
大事な時に波紋を投げかけ、自分のことしか頭にない方には離党していただくことが国益です。重大な決意があるなら今離党するのが男ではないでしょうか。拍手喝采いたします。

surnivers

別に良いんじゃないですか?
何の価値もない存在だし。
だれも付いていかないでしょうし。
ついて行っても先が知れていますし。
勝手に潰れて下さいと思います。
さようなら。

愛信

ブログ市長に配布中止要請 選管、支持派紹介カードで
公選法により、同市議選の期間中に各候補者が配布できる文書は通常はがき2000枚に制限されており、
市選管はカードがこの規定に反する可能性があるとしている。

選挙で有権者が候補者について知る権利を著しく制限する公職選挙法のこの規制は市民国民を愚弄する悪法、
有権者の知る権利を最優先すべきである、この規制は日本人社会の破戒者創価学会公明党を利する騙しの手口。

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi

小沢駆除

武部ってなんら価値もない男です。
離党?冗談でしょう?議員の資格すらない軽薄なおじんですよ。議員を辞めるべきでしょう
やめても就職があるじゃないですか。
ホリエモンの秘書でもいいんじゃないですか。
広島ではお互いに手を握り合っていたでしょう。

sano

お邪魔いたします。
武部さんって、また変なことを言っているのですね。西松建設の事件で、自分も献金を受けた政治家リストに入っているのに、事件発覚直後に「朝ズバッ!」に生出演して、麻生降ろし&解散総選挙を熱弁していて、呆れました。
こういう人は、渡辺善美さんのように、勝手に離党してもらってスルーではだめでしょうか?
与党内の足引っ張り派が減る方が、政策実現など速やかになるのでは、と期待するのは浅はかでしょうか。

かぼちゃ

武部も小泉と心中する気かね…
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク