飛蝗(ひこう)、イナゴの大群

飛蝗(ひこう)と新型コロナウイルスがチャイナに与える影響は、世界の人口と経済、物流に多大な、というより壊滅的な影響をもたらすことでしょう。
そしてこの二つがおさまったとき、世界の形はいまとはまったく別な形になることでしょう。


20200220 飛蝗
画像出所=https://www.jiji.com/jc/d4?p=bbl999&d=d4_sce
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。


日本では「イナゴの大群」の名前で知られるトノサマバッタの「飛蝗(ひこう)」。
トノサマバッタは、普段はなんてことのない昆虫なのだけれど、一定の条件のもとに置かれると、身体が大きくなり、黒く変色して、まさに仮面ライダーみたいにダイミョウバッタに変身します。
これを相転移(そうてんい)と言いますが、仮面ライダーと違うのは、その数で、いまアフリカで発生してインド西部に猛烈な被害をもたらしている飛蝗(ひこう)は、その数、なんと4000億匹に達します。

飛蝗(ひこう)は1870年代に米国のネブラスカ州で観測された事例によると、その群れの大きさは、幅160km、長さ500kmで、日本の本州面積の3分の1ほどの面積で、その群れの高さは場所によっては1600メートルにのぼったと記録されています。

飛蝗(ひこう)がやってくると、あたりいったいの穀類をすべて食べつくします。
つまり人は、食べ物がなくなってしまう。
またその死骸が、道路を埋め尽くし、車はスリップするため走行できない。
飛行機も、エンジンがバッタにまみれて墜落してしまう。
そして、飛蝗(ひこう)が去ったあとには、食料難が襲います。

飛蝗(ひこう)は『旧約聖書』の「出エジプト記」にも「十の災い」のひとつとして登場します。
これは古代エジプトで奴隷状態にあったイスラエル人を救出するため、神がエジプトにもたらしたとさ災害で、ナイル川の水を血に変え、カエルやブヨや蚊を大量発生させ、家畜に疫病を流行らせ、人に腫れ物を生じさせ、雹を降らせ、暗闇にし、長子を皆殺しにし、そして飛蝗(ひこう)を放つ、というものです。
つまり飛蝗(ひこう)は、神が与える人間への災いであるともいわれています。



20191123 万葉集表紙1200
◆ニュース◆
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


20191006 ねずラジ
《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

トノサマバッタの産卵期は、年2回の春と秋です。
春に産卵した卵は、夏に孵化して、秋に成虫となり、秋に産卵した卵は、卵のまま冬越えをして春に孵化しして夏に成虫になります。
数が増えるのは、春の産卵による孵化ですから、いまインド西部で被害をもたらしている飛蝗(ひこう)は、これからの季節にさらに数を倍増させながら、東へと向かうことになります。
現時点での飛蝗(ひこう)は、およそ4000億匹ですが、これがさらに倍増する危険がいま生じているわけです。
ちなみにこれだけ大きな規模の飛蝗(ひこう)は、過去の歴史においても、まれなできごとです。

ただし飛蝗(ひこう)は、熱帯などの高温多湿の場所では、カビが繁殖するために、早期に終息していきます。
日本でも飛蝗(ひこう)は度々観測され、明治13年に発生した北海道の飛蝗(ひこう)では、陸軍がバッタの大群に大砲を撃ち込んだりして駆除に勤めたのだけれど間に合わず、障子まで食い尽くしました。
ただ日本では、飛蝗(ひこう)による被害は、一部の村落には壊滅的被害をもたらしながら、それ以上には飛蝗(ひこう)が発達しなかったのは、日本が高温多湿の国であること、およびバッタの生育に適した草原が少ないことが大きな理由です。

一方大陸の場合、広大な草原地帯が、まさに牧草地として遊牧民達の生活の拠点となっており、このためそもそもバッタの繁殖に適した環境が整っています。

こうしたことから、いまインド北部にいる飛蝗(ひこう)が、今後どのようなルートをたどるかというと、ヒマラヤ山脈の南部の熱帯雨林方向には進まず、そのままインダス川を北上して中央アジアに至り、そこから新疆ウイグル地区を経由して北京方面に進むと考えられています。

チャイナは、いま南部が武漢のコロナウイルスで壊滅的打撃を被っていますが、これから秋にかけて、今度は西安などの奥地から北京に至る北部が、飛蝗(ひこう)被害によって壊滅的な打撃を被っていく可能性があります。
さらに飛蝗(ひこう)は、そのままのルートで進めば、北朝鮮、韓国にまで達する危険もあるといえます。

その被害は、日本にまで達する危険もあります。
ただし、日本は湿気が多すぎるため、バッタの天敵のカビの影響で早期に終息するものと思われます。
もっとも被災地では、道路などがバッタの死骸で脂まみれになるため、トラックなどの通行が不能となるため、一時的に物流が停止してしまう危険があります。

それ以上に、飛蝗(ひこう)と新型コロナウイルスがチャイナに与える影響は、世界の人口と経済、物流に多大な、というより壊滅的な影響をもたらすことでしょう。
そしてこの二つがおさまったとき、世界の形はいまとはまったく別な形になることでしょう。

お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

  ◆最新刊◆


◆◆◆◆◆ねずさんの代表作となる動画◆◆◆◆◆


《塾の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2020/1/26(日)第44回 百人一首塾 江東区文化センター 第3研修室 13:30〜16:30
https://www.facebook.com/events/801123523660268/
2020/2/8(土)関西IK歴史勉強会「万葉集に学ぶ日本の形」
https://xn--eckaubhp5c.com/seminar/4971/
2020/2/22(土)第69回 倭塾 富岡八幡宮 婚儀殿二階大広間 13:30~16:30
https://www.facebook.com/events/2179999205630540/
2020/3/20(金)第70回 倭塾  江東区文化センター 第1/2研修室
https://www.facebook.com/events/437079950576050/


◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。





20200111 もりやさんバナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

teru

最悪の蝗害(こうがい)。サバクトビバッタの大群
漢語の「蝗」(こう)は、日本で呼ばれるイナゴを指すのではなく、ワタリバッタが相変異を起こして群生相となったものを指し、これが大群をなして集団移動する現象を飛蝗、これによる害を蝗害と呼ぶ。
日本ではトノサマバッタが「蝗」
日本人にとってほとんど実体験のない「蝗」が漢籍により日本に紹介されたときに、誤解により「いなご」の和訓が与えられ、またウンカやいもち病による稲の大害に対して「蝗害」の語が当てられた。

---
今週のサバクトビバッタさん、ペルシャ湾を再渡海でイランへ。
だが目の前に立ちはだかる鉄壁のイラン高原を越えられない! 
行ける先はクウェートから北しかないが、果たしてメソポタミアは腐海に沈んでしまうのか…。
サウジのワジ沿いも食い荒らされとる
2020年2月25日
https://twitter.com/Aki_Okazawa/status/1232241332518707200
FAOのレポートからして、イエメンが全く増殖に対応出来て無くて増殖するバッタをどんどん近隣に押し出してる感じ。人間の疫病の集団免疫と同じで、繋がってる国が連動して対応しないと止められないんだな…。
FAOのレポート
http://www.fao.org/ag/locusts/en/info/info/index.html

中国政府はパキスタン国境に10万羽の「アヒル部隊」を派遣してバッタを食い止める作戦に出ました。

インドと中国の間にはヒマラヤ山脈という天然の要害があり、サバクトビバッタは飛び越えてはこれません。
しかし中国では昔から蝗害というものがあり、元々生息している種類が大発生するかもしれませんね

サバクトビバッタ、食用には難しいのね。
サバクトビバッタの胃や腸には毒がたまっていることが多いので食用には適さない。
繁殖地の植物の影響
農業・食品産業技術総合研究機構より




サバクトビバッタの最新情報は外務省の案内が最適

miku

「飛蝗(ひこう)は、神が与える人間への災い」

コロナウィルスもその1つではないでしょうか?

天皇陛下の即位の礼での雨天→晴天→虹がかかった件といい、
最近神様は、人間にとてもわかりやすい形でメッセージを送ってきますね。

そう考えると、コロナも恐るるにあらずという気がします。
むしろ、シナ大陸から日本人を帰国させる大チャンスなのでは?

-

中国共産党の終わりの始まり。
いつもありがとう御座います。
武漢ウイルスは生物兵器と言われています。管理が杜撰な武漢の研究所の動物実験にさせられた動物を市場に売り渡した
せいでコロナウィルスに中国人が汚染されたと識者が言っていますが、それが本当だと想います。生物兵器のウイルスを植え付けられた動物に対する労りもなく、金儲けしようとウイルスに汚染された動物を業者に売り渡す。何処まで、倫理感が欠落しているのか呆れ果てる所存です。これが中国共産党であり末路です。 北朝鮮はアメリカよりも早く国境封鎖しました。何処から情報を入手しているのか? 旧日本軍が統治した旧満州国のある県だと言われる方がいました。

にっぽんじん

甘ったれるな
政府が不要不急の外出は控えるようにというと、「不要不急の判断基準が曖昧」だから分からないという人がいる。不要不急を決めるのは各個人であって政府ではない。批判ばかりの人任せの人に言いたい。「甘ったれるな」と。

ウイルスの運搬者は感染した人ではあるが、保菌者から距離さえとっていれば直接感染することは少ない。
それより、手からの間接感染の方が多いと思われる。

人は無意識に手で顔に触れる。その際に口や目の粘膜からウイルスが入ることが多いようだ。

マスクでは小さなウイルスを防ぐことは出来ないが、手で直接口に触れることを防ぐことが出来る。それと他人への感染を防ぐことにも有効だ。

ウイルスの手からの感染で見過ごせないのが「現金」だ。
現金は不特定多数の人が触れて市中を飛び回る。
現金に触れる人は特に手洗いに気を付けて欲しい。

kinshisho

これは本当に大グレンだ
 こんにちは。
 コロナウイルスが話題に上らない日はありませんが、まさか飛蝗までもが迫っていることに私は本当に大グレンが進んでいるように感じました。にしても、最悪の時には本当に最悪の事態が重なると申しましょうか、私は中国に襲い掛かる事態はこれだけではないだろうと思っています。この政治ブログランキングでも有名な中杉氏は三峡ダムが崩壊すると言っており、私もそれは思ってました。
 もしもコロナウイルス、飛蝗、そして三峡ダム崩壊となればその先の下流は武漢を始めとした主要都市ばかりですから、更に現在主要都市は封鎖状態ですので人民は逃げることもできずに濁流に呑みこまれることになるでしょう。その上人材が大勢失われることだけでも大惨事なのに、更に濁流によって中国の貴重な資本蓄積までもが失われることになります。
 そうなれば人類史上未曽有の大災厄を目の当たりにすることになる訳で、しかも三峡ダムは中国が登竜の勢いの如くだった時代に完成した、言わば強い中国の象徴でしたから、それの崩壊はまさに中国の崩壊だろうと思います。
 で、現在日本は未だこんな状態でガバガバですけど、それ故各国が日本への渡航規制を掛けているのですが、以前2ちゃんねるに登場した2062年から来た未来人の話では、2024年に大事件が起こって日本への移民が停止すると言ってましたけど、もしかしたらこれのことかもしれません。でも、発動が3年早くね?と思うのですが。
 皮肉を言えばそれが日本に対する移民阻止になっているような気がします。もしも日本が強硬に移民阻止を掲げていたら、不本意ですが日本は世界から総スカンを食らっていた可能性もあるのですけど、このような事態ではガバガバなのはあくまで日本だけの問題ですから禍根も残らないですし。
 多分今、日月神示の預言であるグレンの始まりと見て間違いないと思いますが、私は2024年頃に一気呵成に起こるイベントなのではと思っており、発生時期については個人的な見解で±5年前後の誤差はあるだろうと思っていたら、予想よりも早かったというか、或いは、以前にも話しましたように、一気呵成に行うと世界が耐え切れずにツブれる可能性もありますから、それだと元も子もないのでこれから3年前後を掛けて進んでいくのでしょう。それはコロナウイルスが暴れるであろう期間とされる3年とも一致してますし。
 ただ、これは個人的見解なのですが、グレンの内災厄とも呼べるイベントが今年から1年前後に掛けて、残る2年が日本を含む世界が後始末に追われるのではと思っているのですけどね。
 そして、この大災厄を境に中国というバックボーンを失った親中派は失脚することになるでしょう。で、統一国家中華人民共和国崩壊後の中国はいくつかの国に分裂することが予想され、もしかしたら我々は三国志時代の再来を目の当たりにする可能性もあります。そうなればヘタをすると一国二制度の根拠を失った香港はイギリスに保護を求める可能性もないとは言えないかもしれませんね。
 中国という大きな供給源を失った世界は一時的に混乱状態に陥りますが、同時に不当に安い値段で供給して世界にデフレを引き起こしていたことを考えれば、長い目で見れば日本にとってはチャンスだろうと思います。何しろアテにしていた移民が来ないですし、その結果人手不足が発生しますから。実は人手不足こそが繁栄への第一歩であり、嘗てアメリカが急成長して超大国になったのも人手不足であり、開拓農業の段階を脱して工業国へと転換し始めた時、大半は農民でしたから工場が人を雇おうとすればより好条件を提示せざるをえないですし、好条件を提示できるだけ儲けようとすれば生産性向上は必須ですから一気に機械化が進み、かといって農業も人手が足りないですからアメリカは早くからトラクターの導入など農業も機械化されて生産性が大幅に向上、後の農業メジャーの原型です。
 こうした諸条件が上手く嵌った結果、アメリカは好条件の波に乗って超大国への道を歩んだ訳で。
 日本の高度成長期もかのアメリカと似たような状況にあり、何しろ冷戦の最中だった上に周辺国は事実上全て敵でしたから人材も全て日本国内で賄わざるをえず、それが幸いしたと言えます。そして更に幸運なことに、戦前からの技術投資などがようやく実を結び始めた頃で、実はこれは日本軍の遺産もかなり含まれていたのですけど、それまで軍需に回っていた最先端技術が民需に回るようになったのも大きかったと私は考えています。
 今まさに日本にとっては繁栄に向かう条件が揃いつつあるのですけど、その前に溜まった膿を全て輩出し、そして今もう一度精神の浄化が必要ということなのかもしれません。そうしないと好景気になればこうした問題は地下に潜ってしまいますからね。
 日月神示の言う、地獄は天国への一番の近道とはこのことなのだろうと思います。

宮崎マンゴー

ねず様、おはようございます。
ありがとうございます。

今回のイナゴ大量発生は、チベット、東トルキスタン、内モンゴルの怨念による祟りかと存じます。神を神とも、人を人とも思わない残忍非道なる国への戒めなのでありましょう。
チャイナは、年々砂漠化になっております。
イナゴの大群にしても…13億の民(1億の富裕層含まず)をおざなりにした報いでもありましょう。あらゆる分野に手を伸ばし、自然冴え壊しの発展が、自らの首をしめることになろうとはを未だ知る事もないようでございます。動物のみではなく、人間へも実験の対象として尊い生命を簡単に奪うという冷酷さには背筋が凍る想いでございます。
アフリカへの進出で、アフリカの子供達へ中国思想を行なっているようです。札束で、両頬をはたき、お金で貧困なる国へものを言わすというやり方は卑劣な国の手法でありましょう。何が何だか分からないままのアフリカの子供達は、その洗脳の凄まじさに怯えておりました。
いずれ我が日本へ、砂漠化としたチャイナのツケが廻ってまいりましょう。既に、狙われ入り込んでおりますが…島国日本の隅々までに。これは、イナゴの大群の如く、日本が喰い散らかせられる危機と思わずにはおれません。孔子学院などの増加も案じております。
ねず様、全てがザルなるスパイ防止法なき我が日本は、いつ目覚めるのでありましょうか?我々国民の目は、しっかり政府の動向を見ております。気づいて気づかぬふりをしている様に伝わり来ます。
多くの命が人柱、犠牲に、被害に遭わなければ、国を護る!へ動かない様では、国民はついてゆきません。民に寄り添い民の目線に立ち、国を再生していただきたく存じます。
ねず様、季節がらくれぐれもお身体にお気をつけ下さいます様お願い申し上げます。祈
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク