テレビに出演する自民党議員にもの申す!



「驚愕!在日コリアンの本音」の記事は、今日の記事のすぐ下にあります。)
URL→http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-440.html
---------------------------------------

16日21時から放映された「たけしのテレビタックル」を観て思ったのですが、テレビに出演する自民党議員に、ひとこと言いたいです。

もうすこし、しっかりしろっ!(笑)

あなた方、腰が入ってないよっ!(怒)

あいかわらず、テレビで流れる導入部のVTRは、麻生総理の「さもしい」発言やらなにやら、言いがかりともつきかねない、ショーモナイ演出を繰り出しています。

出演する野党議員は、口をそろえて「自民党はなってない」、「国民の信頼はもう自民党にはないのだから早く政権交代すべきだ」と吠えまくる。

対する与党議員の発言も、なにやらどっちつかず。

どっちつかずでいればいるほど、なんだか与党がアホに見えてくる><;;

ねずきちには、そうしたどっちつかずの与党議員の発言が、メディアにおもねった弱腰としか見えないのです。

メディアが何を言おうが、野党が何を言おうが、経験の浅い自民党の若手議員が何を言おうが、「断固としていまは景気対策が必要なんだ!」

それをなぜ言えない?!

選挙選挙と言うけれど、国民の多くが不況にあえぐご時世の中で、政治がしかければならないのは、議員の内輪の政局か? 選挙か? 違うでしょう!!

いま、なにをさておいても、国政を担う者が真剣に前に進めなければならないのは、景気対策です!

目の前で日本という家が、火事になっているんです。

国会議員は、いわば消防隊員だ。
目の前で火災が起きていれば、何よりもまず消火しなきゃならない。
消火しなきゃなきゃ、延焼が広がり、被害はますます大きくなる。死傷者も増える。

なにをさておいても、消防隊員は率先して、消火活動(=景気対策)にあたらなくちゃならない。あたりまえです。

その大事なときに、消防隊員(議員)同士で、やれ、火の消し方はどうするの、はしご車にすべきか、放水にすべきか、はては、消防隊の班編成を変えた方がいいんじゃないか? 隊長の首を挿げ替えた方がいいんじゃないか?? などと、わけのわからない議論にうつつをぬかす。

とんでもない話です。

100年に一度という未曾有の大不況という大火災の最中に、国会は一丸となって景気対策を即時実行していかなければならない。スピードが第一なんです。

その内容がやや拙速であったとしても、内容に不足があったとしても、まずは景気対策。
そのために国会がいちがんとなって必要な法案を整え、庶民の生活を守り抜く。

そのための国会でしょう?

総理がさもしいと言ったとか言わないとか、何をくだらないことをごちゃごちゃ言ってるんですか。

国会が、やるべきときに何もしない。
野党が能書き議論に終始して、いたずらに政府の景気対策を遅らせる。
そのことで、日、一日と、日本経済は深刻なダメージを深めている。
庶民の生活をひっ迫させる。

仮に野党に代案があったにせよ、政府案か野党案かで揉めることで、結果として景気対策が遅れたら、それがどんなに良い案であったとしても、国民の多くが犠牲になる。

素晴らしい代案があるとしても、その議論は、まず政府案を一日も早く実現させたうえで、しかる後に、今後、どうやって鎮火するのか、消防隊の編成はどうするのか、隊長の首をどうするのかを議論すればいい。
景気対策は、遅滞することが一番、よくないのです。

「国民の生活が圧迫されているこの現実の前で、あなたがたメディアや、野党は、いったい何を言ってるんだ!
景気対策というのは、時期を逃さず、すみやかに実行されなければならない。
違いますか?
小沢代表が辞任するかとか、選挙はいつするのかとか、国政は芸能ネタのお笑いの世界ではない。
そこに国民の生活がかかっている。
まずは、景気対策の早期実現を図る。そのことが、与野党ともに、政治に責任あるものとして必要不可欠なことではないのですか?
選挙選挙というけれど、この未曾有の不況の最中に、国政に空白を作って良いのか?
選挙が先か景気対策が先か。
まずは景気対策を迅速に行うのが、国政に責任を持つ政府自民党の役割です。
あなたがた(野党)は、選挙選挙といいながら、結果として、政府の景気対策の実施時期を引き延ばし、選挙そのものの実施も遅らせている。

いま、この不況下において、選挙を口実に景気対策の足をひっぱる行為は、それが野党第一党であれ、メディアであれ、国民に対する重大な背信行為です! 国家国民に対する反逆ですっ!

与党議員には、せっかくテレビに出たのなら、それくらい、断固として語ってもらいたい。

だってそうじゃないですか??

派遣切りだの雇用不安だの、自分の生命保険を解約して従業員の給料を払っている経営者だの、世の中は、まさに日一日とたいへんな状況になっているんです。

そのことが国民の中にも、生活実感として浸透してきている。

そのご時世の中で、考えてください。昨年夏のリーマン・ショック以降、景気対策をまずは実行しようとひたすら邁進してきたのは、メディアですか?? 野党民主党ですか? 社民党ですか? 共産党ですか?

メディアも野党も、みんな口をそろえて、麻生おろし、解散総選挙を主張してきた。
そして、政府の行おうとする景気対策のための予算審議の足をひっぱり続けてきた。

そんなすさまじい逆風の中で、ひたすら景気対策が大事、まずは景気対策です、と主張してきたのは、麻生内閣であり、政府自民党だ。

おおいに自信と誇りを持って良い。

この事実を、テレビに出演する自民党議員は、下っ腹に力を入れて、はっきりと主張すべきだと思うのです。

だって、それが事実なのですから。

これを言ったら、出演者の野党議員や評論家から、そうとうな抵抗があるでしょう。
「ちがいますよ。政府案よりももっといい代案を我々は出して、議論を重ねてきた。それに乗らなかったのは、むしろ自民党でしょう」等々。

そんなものは、簡単に潰せませす。
「代案とおっしゃるが、その代案に固執することで、結果として政府の景気対策を遅らせたのは事実でしょう?! そのことによる責任を、あなたはどうお取りになるのですか?」

「実際、おたくの党首が、総理との公開討論でも、まずは選挙をせよ」と言ったじゃないですか。

「選挙が大事なんですか? それとも国民生活が大事なんですか?」

それくらい、巷の庶民だって切り返せる。

どんな謀略よりも、事実がいちばん強い。


繰り返しますが、テレビに出演する自民党議員は、下っ腹に力を込めて、野党やメディアを、事実をもとに論破すべきときです。

もうね、テレビの画面でまで、与党議員はふらふらするなっ!と言いたいのです。

もっと教えて景気ハカセ!_アニメで学ぶ世界最大級の景気対策「2/75」


人気ブログランキング ←メディアや、野党の日本国民に対する敵対行為を許すな!!と思う人は、ここをクリック^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

共通一次世代

自民党議員、情けないです。
いつも勉強させて頂いてます。

さて、私の住む関西の選挙区の自民党候補者のポスターの話です。

昨年秋の麻生内閣発足後、駅前の飲食店前に貼られていたポスターは、候補者と麻生総理の2ショットでした。下には「12月13日、麻生総理、駅前ロータリーにて街頭演説」と出ていて、私も楽しみにしていました。

やがて麻生バッシングが酷くなる中、ポスターはボロボロに破られ、暫く風になびいていました。

年末には候補者だけのポスターとなり、結局駅前の演説もなくなりました。(丁度、その日は福岡での日中韓首脳会談が行われた日でした。スケジュールが大幅に変わったのでしょう)

そしてついこの間から、ポスターには候補者の他に麻生さんではない、2人の自民党議員が・・。
なんと、よりによって古賀氏と谷垣氏が繕った笑顔で候補者の上部左右を飾っているのです。

麻生総理の側近の鴻池さんはこのことを知っているのでしょうか?

マスコミの煽動に負けて、自分たちのリーダーの顔も掲げられないなんて、本当にアホとしか言いようがありません。

う~ん

新たな「票田」の確保はどうでもよいから、目先の事を解決してくれ。
【日韓】民主党・小沢代表は地方参政権積極派。済州島発言を責めないで … 在日同胞が韓国紙で訴え [03/13](原文韓国語)
http://gimpo.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1237152388/

小沢民主党が「戦略」として「引き伸ばし」を行っていた事も明らかになりましたね。
国民が餓死寸前で保険も解約している次期に、「政権交代」だけを目的に国会をかき回していたという事です。
私は今だかつて、まともに政策を論じている民主党を見た事がありません。
いや、論じているのかも知れませんが、それより多くの時間を「漢字テスト」や、「失言追及」に費やし中身の全く無い議論が殆どだったように思います。
「票田」の確保や「政権交代」が目的となってしまい、肝心の国民を蔑ろにしています。
ちゃんとした政策政権だと認識されれば、政権交代する日も来ますよ。
その日を夢見て、真面目に政策を論じ、電波を控え、外交や安全保障の問題からも目を逸らさずに立ち向かっていただきたい。
(あ、これは社民党とくっついているから不可能か。)

ミツ

第二の”椿事件”か?
宮崎哲弥氏に問う偏向報道”大先輩からの圧力”
http://www.youtube.com/watch?v=jskglnf1xU0
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6450658

宮崎 哲弥
「私はもっと批判するべきだったと今、後悔しています。小沢さんの政治と金について・・・」
「ところが、そういうことを言うとね、上の世代の人達が、この、小沢は野党で、政権交代っいたら・・日本は政権交代必用あるだろうって言うわけ。それは政権交代の必用はあると思う。だったら悪口とか批判とか言うな! いうふうに仰る大先輩が複数いらっしたと言うこと。」

愛信

【民主・小沢代表、週明けにも進退判断…検察の対応見て】
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20090317-OYT1T00979.htm?from=navr

東京地検が逮捕した小沢氏の公設第1秘書の拘置期限が24日に切れ
ることを踏まえ、検察の対応などを見て、進退を判断する考えを示し
たものだ。

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi

田舎人

与党議員には首相を批判することより、自分らが政治の王道なんだと言う確固たる信念を持っていかなる場面においても対応して欲しいものです。

bb

ねずきちさん、こんにちは。
同感です。思うに、支持率とか言う魔法にかかっているのではないでしょうか。大嫌いな言葉ですが、大衆迎合そのもの。所謂大衆の意見だって自分たちの捏造に近い方法で導き出したものでしょう。野党与党問わずTVにほいほい出てくる政治家をそもそも信用していません。昨日の石原さんなど皆に持ち上げられて目が嬉しそうでした。みっともない。気分悪くて途中で見るの止めました。TVの政治関係の番組は最近質が落ちましたね。ブラックユーモアでは済まされないレベルになってきました。社会の害です。
いまだに中川さんのことを映像とともに持ち出す下品な番組ありますね。博物館でのこと、最近ご本人が身に覚えがないと釈明されましたが、一向に報道されないですね。困ったものです。

OOIDOYA

視線が国民を向いていない
 TVに出演するようなタレント議員は完全にTV脳ですね。まんまとマスコミの言葉に洗脳されてTV受けするような台詞しか話せません。それとも言論を規制されているのでしょうか?
 麻生閣下がしっかりと前を見据えて頑張っておられるのに、各議員の足元がふらついているのはなんとも情けないものがあります。
 与党議員はもう少し自分の頭で考えて欲しいものです。≪生活第一》とは今の日本の為にある言葉じゃないんですか。どこかの党のフレーズじゃあないですけれど。

翡翠(ひすい)

初めまして。仰ること、同感です。その通りだと思います。まるで、敵を有利にしてやるかのような腰の座らなさ。見ているほうはどちらが
印象がいいか。
毅然として欲しいですね。
そういう筋の通った発言を皆、聞きたいのだと
思います。今、国民は不安なのですから
安心感を与える信頼感の持てる
発言をすべきです。

kazu4502

どこの世の中で自分が所属するチームにおいて恥ずかしげもなく人様の前で自分たちが選んだリーダーの皮肉を言ったりかる人間がいますか。
私は議員と言うより人間性を疑いますよ。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク