ウイルス戦争


新作動画です。『みんな裕福だった!?江戸の経済を学ぼう【CGS ねずさん 江戸時代 第1回】


新型コロナウイルス問題の沈静化は、当分の間「ない」と考えて行動された方がよろしいかと思われます。現在の症例が沈静化したとしても、おそらく形を変えて感染の拡大が宣伝されていく。
なぜならこれは新たな形の戦争だからです。


20200320 新型コロナウイルス
画像出所=http://www.kirishin.com/2020/02/01/40728/
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。


3月も中旬になれば気温も暖かくなり、基本、インフルエンザの延長としてのウイルス問題なら、事態は沈静化していくはずです。
ところが相変わらず新型コロナウイルスの問題が連日メディアを賑わせています。
ではどのくらいの感染被害となっているかといえば、我が国の中では死亡者が1日ひとり、あるかないかです。

一方、ガンによる死亡者は1日1000人です。
社会問題として、あるいは政治課題として取り組まなければならないのは、むしろどちらなのか。
花粉症に至っては国民の半数が罹患です。
さらにいうなら、自殺者がおよそ250人/日、交通事故死が100人/日です。

ところが世間は新型コロナウイルスのために、さまざまな行事も自粛一辺倒となり、いまや所得保障の問題にまで発展しています。
国内だけではありません。
世界中が震撼させられる大きな問題になってきています。

おそらくこれは、第三次世界大戦です。
あるいは「第一次世界ウイルス戦争」と呼んでも良いかもしれません。
すでに世界は、戦時下と言って良いほどの緊張関係にあるからです。


20191123 万葉集表紙1200
◆ニュース◆
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


20191006 ねずラジ
《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

第三次世界大戦というと、イメージとして核爆弾やミサイルが行き交う戦争を誰もが想像したものですが、戦争の形は変わってきています。
第一次世界大戦以前の戦争は、あくまで制服を来た軍人同士の戦いでした。
ところが第一次世界では、民間人の殺傷のために武器が持ちられるようになりました。
第二次世界大戦では、東京大空襲や、広島長崎の原爆などに見られるように、最初から民間人の殺戮が行われるようになりました。
戦争の形は、変わるのです。

そして第二次世界大戦以降は、大国が核を装備するようになりました。
その核も、ごく少数の国が寡占している状況ならいざしらず、ある程度の大国がどこも核武装するようになると、もはや大国同士のドンパチを前提とした戦争は行い得なくなります。
けれども戦争を行わなければならない状況というのはあるわけです。

戦争というのは、国家の目的を達成するための究極の手段です。
ということは、国家間で国家目標が衝突したとき、戦争は必然的に起こるものです。
戦争は起こるのに、核が邪魔してドンパチが使えないなら、ドンパチ以外の方法で、しかも民間人を対象とした戦争が起こるのは、これは歴史の必然です。
それが細菌戦争、ウイルス戦争です。

この戦争は、いわば中共政府の自爆から、世界中が巻き込まれる形で始まりました。
そしてこの戦争の終結地点は、中共政府がこの世から消えてなくなること。
つまり、中共の経済が完全崩壊し、中共という国が消えてなくなり、中共の通貨である元がすべての値打ちを失うまで、この戦争は続くということです。
中共が崩壊すれば、中共に近い存在であった南北コリアも崩壊します。
そこまで、このウイルス戦争は続くということです。

新型コロナウイルスによる感染リスクは、ほとんど気にするほどのことはないというのが事実です。
けれど、だからといって、自分が感染源となって、人に迷惑を掛けるようにはなりたくない。
ですから、極力感染を防ぐ努力はしなければならないし、マスクもできるだけ着用すべきだし、人混みは避けるべきです。
そしてこの状況は、向こう三年は続くことになる可能性があるくらいに考えた方が良いかと思われます。
なぜなら戦争は、国家目的達成まで続けられるからです。

中共政府の国家目的は、中共政府による世界支配です。
一方、中共以外の多くの国々の国家目的は、正常な取引関係による国民経済の繁栄です。
両者の姿勢は、実は180度違います。
そしてこの問題の解決方法は、残念ながら戦争しかなかったのです。

けれど、だからといって、艦隊を集結させ、空爆を行ってドンパチの戦争をするわけにはいかない。
なぜなら、中共が核保有国だからです。
そういう緊張関係のところに、中共は武漢でウイルスを撒き散らすという、いわばヘタを踏んだのです。
そして結果として世界は、自衛のために中共への門戸を閉ざすしかなくなりました。

かつてソ連や東ドイツが崩壊したのは、社会主義による経済運営の失敗による自滅でした。
中共の場合、経済運営という意味においては、逆にたいへんな繁栄をしているわけです。
その中共が自滅する道は、ただひとつ。
内部崩壊しかありません。

その内部崩壊は、中共が世界の経済から締め出されることによって誘発されます。
まさに、新型コロナウイルスは、その締め出しのきっかけとなっているわけです。
これによって、中共国内の大規模な経済崩壊が誘発されます。

おそらく次に起こるのは、バッタの大群の中共への飛来です。

歴史を振り返れば、チャイナの王朝が崩壊するときには、必ず疫病とバッタの大群(飛蝗(ひこう))がセットになって起こっています。
同じことが、いままさに起ころうとしています。

物事は、はじめに開発をした人たちは、たいへんに慎重に(というより慎重すぎるほどに)物事を進めるものです。
けれども人の技術を盗用する者は、やり方がズサンになります。
これはいつの世も、何事においても同じです。

その典型が宇宙ロケットの開発です。
最初に開発する技術者たちは、あらゆる事態を想定しながら、慎重に開発を進めます。
だから乏しい装備でも、打ち上げに成功します。
けれどそれが二代目、三代目となると、就業する技術者たちは、より優秀なスタッフが投入されていながら、ロケットの打ち上げに失敗するようになります。
最先端技術というのはそれほど微妙なものです。
まして、他国の技術を盗んだだけのものであれば、そのズサンさは、なお一層顕著になります。

武漢におけるウイルスの流出(もういまはそのように断言して良いと思いますが)は、まさにそうした技術盗用によって招かれたものであったといえます。
そもそもズサンな国において、盗用というズサンな技術であれば、措置がいい加減になってウイルスの流出がむしろないほうが不思議なくらいです。

そしてこれだけ世界にウイルスが広がると、そのウイルス問題は、別な要素を持つようになります。
つまり、そういうズサンさをもち、技術盗用によって巨利を得るようなシステムを持つ国や企業を、もはや世界はゆるすことができないという課題に世界の国々が直面するのです。

そして国家目的達成のための究極の手段が戦争であるとするならば、新型コロナウイルス問題は、いまや完全に「第一次ウイルス戦争」です。
そして戦争であるならば、ズサンな国が崩壊し、完膚なきまでにその国が打ちのめされるまで、この戦争が継続することになります。

つまり新型コロナウイルス問題は、中共政府が無くなり、中共が技術基盤を失ない、世界経済の中におけるチャイナの競争力が完全に失なわれて、再び立ち上がることが困難な状態に至るまで、戦争が継続することになります。

このことは、一時的には世界の経済を混乱させますが、もともと経済取引というのは、相互の信頼関係があってはじめて成立するものです。
最先端技術を国家ぐるみで盗用し、他所の国の工場を誘致して、その会社が最先端ロボットで製造した部品等を不良品として表向き廃棄処分とし、その廃棄処分された部品を用いて、安価に製品を製造して世界中に販売するというのでは、まるでマフィアです。

アル・カポネではありませんが、「人々がのどから手が出るほど欲しがっている商品を安価に提供できれば巨利を得ることができる」のは当然のことで、そうして得た利益をもとに、今度は最先端技術国内でスパイ活動を展開して、より技術盗用が簡易にできるように政治工作を図っていく。
そうしたある意味「マフィア国家」は、消滅してもらうほかないのです。
しかもそのマフィアは、チベットやウイグルなどの周辺諸国の人々の人権までも蹂躙し続けています。

市場からマフィアがいなくなったらどうなるのでしょう。
一時的には、株式相場は下落します。
さまざまな噂が飛び交うことでしょう。
けれど、マフィアが一掃されたとき、間違いなく起こるのは、社会の安定と安心で安全な商取引です。
そして経済は、いつの時代においても、安全と安心のもとに発達します。
つまり一時的な市場の混乱があっても、そのあと世界の経済は未曾有の好況に至ることになります。

たとえば、100円均一の商品を、我が国は毎年10兆円、チャイナから輸入しています。
チャイナ経済は、それだけ潤っているわけです。
これが全品、たとえば国内産に切り替えられると、100円均一の製品の価格は300円均一になるかもしれませんが、国内のGDPを30兆円押し上げる結果になります。
つまり国内景気が良くなるのです。

このことは米国経済も同様で、国内の中小零細の企業活動が活発になることで内需が拡大し、未曾有の好景気を得ることができるようになります。
当然、株価も跳ね上がります。
アップル社のように、製造拠点をチャイナに置いているような会社では、その製造拠点の切替に、手間がかかることがありますが、Appleの場合であれば、中共ではなく、台湾への切り替えで問題が解決するともいわれています。
むしろ、チャイナ製造によって、製品に盗聴器を仕掛けられる心配がなくなる分、製造製品の安心度が増し、より大きな需要を創造することさえも可能になります。

最先端技術を国家ぐるみで盗用し、他所の国の工場を誘致して、その会社が最先端ロボットで製造した部品等を、不良品として表向き廃棄処分とし、その廃棄処分された部品を用いて、安価に製品を製造して世界中に販売する。
アル・カポネではありませんが、「人々がのどから手が出るほど欲しがっている商品を安価に提供できれば巨利を得ることができる」のは当然のことで、そうして得た利益をもとに、今度は最先端技術国内でスパイ活動を展開して、より技術盗用が簡易にできるように政治工作を図っていく。

まさにある意味、国そのものがマフィアのような状態になっているわけで、そのマフィアによって、チベットやウイグルなどの周辺諸国の人々の人権までもが蹂躙されているわけです。

そうしたものを人類社会から排除するために、ではいま何ができるのかといえば、人にできることは何もありません。
法による裁きがない状況下で、まじめな人と、ズルい人が競争すれば、ズルいほうが勝つのが当たり前だからです。
けれど、悪は裁かれます。
それは地球の意思、もしくは神の意思と呼ぶべきかもしれません。
まさにいま、中共はウイルスによって、自滅をはじめたわけです。

そしてこの機会に、世界は経済面に於いても、道徳面においても浄化されることになります。
この浄化は、中共が地上から消滅し、チャイナが世界の経済から完全に排除されるまで、この戦争は継続することになります。

幸か不幸か、ウイルスは変異します。
従って、いま流行っている新型コロナウイルスが仮に終息したとしても、その変異体による病状が再発することになります。
イタリアは、かつて14世紀と17世紀のチャイナ発のウイルス(このときはペストでした)によって、国家が壊滅するほどの被災をした経験を持ちます。
ヨーロッパ諸国もまた、同じときにヨーロッパ全体の人口の6割を失った記憶を持ちます。

これに対する対策ということになれば、誰も反対はできなくなります。
このスキに中共と良好な関係を築いて、安価な製品製造をしてひと儲けしようと企んでも、チャイナ産だというだけで、世界の港から輸入禁止措置が採られれば、結果として、チャイナとの取引は、企業にとって自殺行為となります。

新型コロナウイルス問題は、仮に新型コロナウイルスとしては今後いったんは沈静化したとしても、また形を変えて、感染が拡大していくことになるでしょう。
なにせ新型ですし、ウイルスは変異していくものであるからです。

いま世界の形が変わろうとしています。
これは戦争です。
ですから日本国内においても、この問題は長引くとみるべきです。

企業も団体も、あるいは個人生活においても、これまでの行動を180度変えて戦時体制でのサバイバル、生き残りを前提とした発想の転換が必要です。

お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

  ◆最新刊◆


◆◆◆◆◆ねずさんの代表作となる動画◆◆◆◆◆


《塾の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2020/3/20(金)13:30〜第70回 倭塾 江東区文化センター 第1/2研修室
https://www.facebook.com/events/437079950576050/
2020/4/11(土)12:00〜第71回倭塾&万葉集・日本書紀出版記念会(於:靖国神社靖国会館)
https://www.facebook.com/events/180171983272645/
2020/5/2(土)13:30〜第72回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
https://www.facebook.com/events/199953101362592/
2020/6/20(土)13:30〜第73回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
https://www.facebook.com/events/1279660025559485/


◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。





20200111 もりやさんバナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

おばさん

交通事故死者の数、間違ってませんか?
去年の死者数は3215人です。

にっぽんじん

経済対策
武漢コロナ肺炎に伴う世界の経済縮小対策で政府は補正予算を検討している。
規模は未定だがアメリカやイギリスの支援策を見て欲しい。

アメリカはGDPの10%に相当する規模の2兆ドルを議会で検討している。
聞くところによれば財政の均衡を憲法で規定しているドイツでさえGDPの10%を検討しているという。

イギリスは過去にない革新的な政策を打ち出している。金額は不明だが企業が「雇用」を維持すれば、そのための賃金の80%を政府が支援するという。

アメリカもイギリスも「雇用の維持」を最大の目的にしている。
更にアメリカは企業の自社株買いの禁止も入っているようだ。
トランプ大統領も賛成している。

企業は株主を優遇するのではなく従業員を優遇せよと言っている。
日本の議会は海外の動向を見て欲しい。

宮崎マンゴー

ねず先生様、いつもお疲れ様でございます。ありがとうございます。

*今、世界の形が変わろうとしています。これは戦争です。ですから国内においても、この問題は長引くと見るべきです。企業も団体も、あるいは個人生活においても、これまでの行動を180度かえて戦時体制でのサバイバル、生き残りを前提とした発想の転換が必要です。

…末文のねず先生様のこの御言葉が、現在の日本に、国民へ必要であると強く存じました。国民への危機なる現状への覚醒になると切に受けとめました。
この尊き言霊なる御言葉を、日本を担われ、日本を背負われ、世界的にもご活躍されておられる安倍総理の口から御発信されてもいただきたく存じました。
報道では、イタリアの被害があの國をも上回るとの事でございますが、世界の統計なる数字も情報操作で全くの捏造であるということも、ウィルス発生源も、見極められる人々には把握でき、真実隠しは通らないと存じます。
日本の滅亡を願う民は、この島国日本には存在しないと存じますが…哀しいかな
既に其処に居るということを我々は知らなけれならないのです。日本崩壊を目論む存在をも。
日本で我々の生まれ来る子供達の未来の為にも、先人の方々が護り来られ、其れを引き継いでいる我々の責任、役割の意味もいだき、ねず先生様の御発信の
[発想の転換]が、日本存続、日本を取り戻す、日本再生に於いて重要だと深く感じました。人々の心へ切に届きます事を願ってなりません。祈
(先日は、不都合なる部分に触れたかと恐縮申し上げます。申し訳ございませんでした。)

kinshisho

中国でスマホ解約2ヶ月で1450万!?
 こんにちは。
 確かに、これは見方を変えれば形を変えた戦争であり、その規模からして第三次世界大戦かもしれませんね。それ以前、トランプがアメリカ大統領となってから中国との貿易不均衡が問題視され、その結果中国寄りのはずの民主党までもが敵対的になりましたけど、見方を変えれば言わば世界大戦前夜と解釈することもできます。
 恐らくアメリカはトランプ政権の間に中国を経済崩壊に追い込み再起不能の状態にするというのが究極目標だった可能性があります。それが突然降って沸いたようなパンデミック。残酷な話ですが、中国を完膚なきまでに潰すまたとないチャンスな訳で、陽気な顔の裏で冷酷な程冷徹に物事を考えるアメリカがこれを利用しな筈がない。
 或いは、トランプにしてもこの先もアメリカの衰退傾向は止められないだろうと思い、そして最早世界に構っていられなくなる。そう考えたからこそ中国による世界支配のディストピアを予想し、中国に覇権を握らせる訳にはいかない、自分が大統領の内にツブすと考えた可能性もあります。
 でもって、アメリカでも国家非常事態宣言以降、感染は拡大傾向にあり、事態がより深刻化すればそれが国内か国外如何に関わらず形を変えた戦時体制に本格移行することになるため今年行われるはずだった大統領選も中止となる可能性があり、トランプ政権はそのまま二期目に突入することになるでしょう。というか、私はその可能性は高いだろうと思います。
 
 で、中国では今年の1月から2月までの間にスマホ解約が1450万台に上っているという情報があります。
 人民管理が徹底している中国ではスマホ購入にあたっても個人情報に基く厳しい審査がある筈で、この数値が事実なら、それだけの数の人民が武漢肺炎で命を落としたということではないのか?と考えられるのです。
 スマホを解約するとすればそれ以外に考えられないですし。中国は主力のファーウェイスマホに監視装置を組み込んでいるのは間違いなく、個人を監視するツールとして用いているであろうことを考えると、解約=監視の必要が無くなった=犠牲者数と考えた方が合理的でしょう。
 しかも1月~2月と言えば(中国共産党の発表に基くなら)武漢肺炎が中国内に於いて最も深刻だった時期の第一波に当たります。
 信じるだに恐ろしい推測ですが、中国なら有り得ると考えられるのですよねえ。
 不潔不衛生な環境、毒入り食品の蔓延、有害物質漂う空、貧困も重なった栄養状態の悪さ……そこへ今回のパンデミックが襲い掛かれば中国人民は一溜りもないでしょう。
 それにしても、僅か2ヶ月で1450万人……因みに大東亜戦争の約4年間に於ける日本の犠牲者が約300万人余りです。人口比で日本に合わせると僅か2ヶ月で145万人が命を落としていると考えると想像を絶しています。
 で、これを事実とするなら、中国は僅か2ヶ月で全人口のおよそ1%を失った計算であり、この状況が3年続くと仮定した場合、仮にその他の災厄がなかったとしても全人口のおよそ18~20%を失う計算となり、これだけでも中国人民内に大混乱が拡がるのは確実で、国のあまりの無力さ加減に習近平政権どころか中国共産党が倒れるのは間違いなく、統一国家中華人民共和国滅亡につながるのは間違いないでしょう。
 それどころか、今後中国には更に蝗害による飢饉、更に三峡ダム崩壊による大水害が迫っている可能性もあるのです。それによって更なる犠牲者が発生すれば死体処理も追いつかず更に衛生状態を悪化させることになり、これまで中国は統一王朝滅亡の度に全人口の3割~6割もの命が失われていることを考えると最悪の場合10億人以上の命が失われる可能性もあり、しかも被害は都市部に集中するのは間違いなく、農村は女性が極端に少ない上に都市部では若者も大勢巻添えとなりますからその後の中国には次世代の担い手が極端にいなくなり、人的資源の観点からも中国は再起不能に陥ることになるでしょう。
 その間中国国内に想像を絶する地獄絵図が発生することになります。
 第三次世界大戦の犠牲者は最悪10億人とか、想像もつかないですね。パンデミックの前には核を含めた如何なる兵器も無力としか言いようがありません。
 そして、しつこく言って申し訳ないですが、その後中国に二度と統一国家が誕生することはないだろうと思います。ユーゴが最終的に民族ごとに7ヶ国に分裂したように、現代は民族ごと、或いは共通文化圏ごとに国が作られるのがトレンドのようになっていることを考えると、中華人民共和国は異なる文化圏を統一していた最後の多民族国家となる訳です。
 
 翻って、日本ではその頃には紙幣が新たに替わる訳ですけど、そうなった場合記念すべき新たな歴史の始まる時に発行された新紙幣となるでしょうねえ。まあデザインが中国っぽいとかダサいとか言われてますけど、それも最初の内だけでその内慣れてそういう声も消えるでしょうけど。
 新一万円札が経済に道徳を説いた渋沢栄一というのももしかしたら神々の見えざる采配なのかもしれませんね。
 でもって、そんな混乱の中で日本では未だに経済対策への声が聞こえないですけど、一説には今好況に転じるのはまずいという意見があるという噂があります。
 不況というのはある意味悪を潰すまたとないチャンスでもあり、今好況に転じれば日本も中国とそれなりの関係にある以上、中国がまたも息を吹き返す可能性があるのです。
 今回のパンデミックによる中国経済崩壊で最もダメージを受けるのは慢性的な貧困にある農民よりも、生活水準の高い都市住民でしょう。一度上げた生活水準を下げることはそれが錯覚幻想に過ぎないとしても絶望には違いないですから。そうなれば絶望感から自殺も相次ぐ可能性が高い。
 また、わざと不況に落とし込むことで日本の病巣の一つであるSBをツブそうとしているのではとの噂もありますし。ただ、SBの現状が相当にマズいのは確かなようです。
 好況に転じればどのみち悪もまた一緒に栄えるのは間違いなく、悪を完膚なきまでに潰すまで好況はならんと神々の見えざる御意志が働いている可能性も否定はできません。
 中国滅亡による日本国内への影響としては、最大の反日バックボーンを失ったことによる親中派、及び在日系組織の失脚であり、ディープステートの影響力も地に堕ちることとなります。現在、パンデミックによる株価暴落から逃げきれず機関投資家が大苦戦しているとも言われてますし。
 第三次世界大戦は、それまでのグローバリズムとカネカネカネという風潮の崩壊でもあると思います。
 そうなれば、戦後はねずさんの言うように世界的な好景気が訪れることになるでしょう。
 まさに日月神示による大グレンに他ならない訳で、何故この予言、というか神々の行動予定表が日本にだけ知らされたのか、世界には知らされなかったかと思うと残念至極ですけど、恐らくはそこに神々の何らかの御意志が関わっているのかもしれません。
 或いは、バチカンにはあまりにも恐ろしすぎて非公開とされている第三の預言があるそうなのですけど、その正体こそが今回の大グレンである可能性はあります。しかし、それは同時にキリスト教社会の影響力の激減であり、白人特権階級の栄光の日々の終焉をも意味していると考えられるのです。
 でも、何でもいいことばかりではなく、物事はコインの表と裏のようなもので、表だけを受け取ることはできません。
 懇意にしている住職の話では、戦後に好景気に入れば逆に魂にとっては不況の時代に入るだろうと言うのですよね。魂は不幸の内は放っておいても成長するけど、幸せな時代に入ると意図的に成長させられる機会は激減することになる。けど、あまり不幸な時代が続き過ぎると逆に魂が潰れかねませんから、そのさじ加減は上手くやらなければならないのだろうと仰っておりました。

 最後に、それでもやはり中国は世界にとって有害であり、亡びるべくして滅んでもらわねばならないのでしょうね。中国は調子に乗り過ぎました。

昆布

私がチャイナでやっていた仕事
私は、チャイナで電化製品のサポート業務をしていました。電器商品の修理のためのドキュメントを書いたりしていました。電化製品は売りっぱなしではありません。初期不良もありますし、途中で故障も発生します。
故障したものは、サービスマンがお宅に伺ったりして、修理します。しかし、サービスマンもすべての商品知識を憶えているわけではありません。サービスマニュアルや商品の回路図、分解図が必要です。
チャイナの大手企業では、故障修理の体制は全くと言ってよいほどありませんでした。故障したら故障品は山に放置しにいきます。
チャイナの企業はあとあとのことは全く考えていません。先々の事など全く考えていません。
彼らは死んだら終わりと思っているので、現世を楽しく豊に生きたいと考えています。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク