麻生内閣75兆円総合景気対策の凄い中身!



このところ、ほんと、私生活が忙しくなり、なかかなコメントへのお返事を書けなくてすみません><;;

いただいたコメントは、いつもちゃんと読ませていただき、勉強させていただいています。

ほんとうにいつもありがとうございます。

さて、今朝の報道番組を見て、あきれたのです。

政府のETC助成 5,250円のおかげで、ETCがどこも売り切れ。3月11日から31日までの期間限定といいながら、商品在庫がまったく足らない。

これについて、「これは十分な準備期間を設けようとしなかった政府が脳なしのせいである」というメディアの反応。

めずきちは「よく言うよ」と思うのです。

政府の75兆円の総合景気対策について、なんらその中身を報道することなく、ただ単に定額給付金が世紀の悪法であるとか、麻生総理が漢字を読み間違えたとか、100年に一度という経済危機に際して、部分を攻め立てたり、どうでもいい中傷ばかりを報道し、肝心の75兆円規模の経済対策の中身を、メディアはこれまでなんら報道してこなかった。

だから、

ETCひとつをとってみても、メーカーも、問屋も、小売店も、ETC助成金について何の知識もなく、みんながみんな、「ああそうなのか。麻生総理はアホなのか」と、ただそれだけを刷り込まれてきた。

結果、いざ、補正予算が成立し、各種政策が現実のものとなったとき、多くの国民が、(゜ロ゜;)エェッ!?となってしまっている。

国民をそう追い込んだのは、偏向し、肝心なことをなんら報道してこなかったメディアの責任です。

100年に一度という世界的不況は、日本経済に対して、外需を細らせ、著しく内需を停滞させています。景気下降は長期化し、雇用も不安となり、企業の資金繰りもひっ迫させている。

前にも書きましたが、とにかく銀行がカネを貸さないですよ。

銀行にしてみれば、大型の建設・不動産等の倒産が相次ぎ、その不良債権の穴埋めにおおわらわ。景気低迷を受けて、住宅ローンの焦げ付きもすさまじい。正直、貸すカネもないし、貸したカネがとりはぐれる危険が大きいいまの世相では、どうしても審査条件を厳しくし、新規融資を圧縮せざるを得ない。銀行だって民間なんです。

こうした未曾有の景気後退局面において、麻生内閣は、兎にも角にも財政出動し、生活者の暮らしの安全を守り、中小零細の企業を守り、地方格差を減らし、内需を拡大しようと打ちだしたのが75兆円という世界最大級の総合景気対策です。

sougoukeikitaisaku


麻生内閣というのは、自民党内でも弱小派閥であり、しかも赤字国債に頭を抱える官僚を前に、75兆円もの年間の国家予算規模の財政出動となれば、内側の官僚からも突き上げを食う。
自民党内も必ずしも一枚岩じゃないし、衆参は逆転しているし、野党は政府の景気対策に一も二もなく反対している。メディアは、人格まで攻撃してくる。

日本の、日本人の、日本の生活者の支援を図ろうというのだから、世論は本来大歓迎のはずなのに、麻生総理はいわば、国内のすべてを敵にまわして闘わなければ、国民のための景気対策を実現できなかった。

兎にも角にも、2次補正まで漕ぎつけた麻生総理は、立派というほかはないのではないかと思います。

いま手元に、地元での民○党の某候補者のちらしがありますが、そこに政策として書かれていることは、「天下りを断つ!!」。他にはなんにもない。

もし、昨年10月に選挙があり、経済に対してこの程度の現状認識しかない民○党候補者が、メディアの後ろ盾をバックに当選し、民主党が与党となっていたらと思うと、慄然とします。

おそらくは、景気対策を急げという“野党”自民党に対し、やれ天下りがどうの、独立行政法人がどうのと、景気対策に関係のない事柄ばかりが議論され、国民の生活はないがしろにされた。すくなくとも、いま、この時点で、景気対策は、まるでなされていなかったであろうことは容易に想像がつきます。

麻生内閣の景気対策というと、とかく定額給付金ばかりが悪法と報道されていますが、実はこれだけじゃない。
メディアが報道していない政府の総合景気対策、その内容は、ものすごく深いです。

① 暮らし・環境
・定額給付金。一人1万2千円。65歳以上、18歳以下2万円
・住宅ローン減税の控除可能額が最大600万円
・住宅用の太陽光発電への補助金と税制優遇
・省エネ型の自動車への重量税・取得税を減免
・妊婦検診費用を14回まで助成
・出産育児一時金が10月から42万円に
・ひとり3万6千円の子育て特別手当を支給

②雇用
・失業手当の給付を60日分延長
・雇用保険料の料率を0.4%引き下げ
・地域の雇用を創るために9000億円を投資
・非正規社員の雇用保険加入条件を1年から6か月に緩和
・住居を失った離職者のために雇用促進住宅を確保

③中小企業
・緊急保証・セーフティネット貸付枠を30兆円に拡大
・緊急保証制度対象業種を185から760に拡大
・中小企業の軽減税率22%を18%に引き下げ
・中小企業への雇用調整除籍ン制度を拡充(賃金の80%を助成)
・派遣労働者やフリーターを正規雇用した場合、中小企業に一人当たり100万円の奨励金(大企業は50万円)
・親から子へと事業を継承する事業承継税の導入(相続税を大幅に軽減)

④金融・経済
・貸し渋り防止へ銀行への公的資金注入枠を2兆円から12兆円に拡大
・企業の資金繰り支援のために政府金融3兆円を活用
・経済の緊急事態に対する1兆円の予備枠を確保
・銀行等が保有する株式の買い取り(政府保証枠最大20兆円)の再開

⑤地域活性化
・土日祝祭日の高速料金を1000円以下に
・平日はすべての車で、3割引
・ETC助成5250円
・学校の耐震化を2009年までに1万棟完了させる
・地域の実情に応じて活用できる6000億円規模の臨時交付金
・緊急防災や災害復旧のために4400億円


政府は、国家の緊急時のために、これだけの景気対策を実現しています。
どれも必要なことばかりです。

妊婦検診が14回まで助成されるのですよ。
生まれて来る孫、子の出産費用が38万円から42万円になるのですよ。
2番目以降の子供には定額給付とは別に、3万6千円が支給されるのですよ。

定額給付も、国の行う給付は1万2千円だけど、プレミアム付きといって、地方自治体が+αを上積みしてくれるところもあるとか。史上最大の悪法とかいうけれど、ボクはもらいたいです。
いったんもらっても、あとで増税して取り返されるとか言う人もいるけれど、もらわずに取られるよりかは、もらえたほうがうれしいです。

高速料金1千円はありがたいです。
とくにボクなどは、埼玉ー大阪、埼玉ー仙台、埼玉ー広島など、車で長距離を移動することが多いので、めっちゃ嬉しい。

乗用車ばかりで、商業用トラックなどの運賃は下がらねえじゃないかなんて声もあるようだけど、平日はすべての車種が3割引きです。これもありがたい。

昨年11月からはじまったセーフティネットは、35万件の倒産を未然に防いだ。

あとね、欠損金切り戻し還付制度が復活するんです。これのおかげで、中小企業が赤字になった場合、前年度の法人税が還付になる。

どれもありがたいですよ。ほんと。

これに対して野党がしたことは何?
メディアが報道したことは何?

彼らは、これだけの景気対策・財政出動をしようとする政府に対し、
定額給付金だけをネタにして、
いたずらに政府の景気対策の足をひっぱり、
実現を遅らせ、
国民の暮らしを日いちにちと困窮させてきたにすぎない。

これって国民に対する重大な背信行為です。反逆行為です。敵対行為です。

【CM】麻生自民党CM「さらなる景気対策」編


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

okane

定額給付金支給、事務経費として825億1,300万円も計上
08年度予算の2次補正では定額給付金支給の、
事務経費として825億1,300万円も計上されていて、
内訳は振込手数料が約150億円、郵送費約270億円、
職員の残業代が約233億円…など、
これを単純に06年3月の国内総世帯数5,110万世帯で割ると、
事務経費は1世帯あたり約1,614円前後になるそうです。

基準点

「企業献金前面禁止」は小沢氏の自爆攻撃か
先ほどFNNで、西松建設から不法な手段で献金を請求取得していたことで第1秘書が逮捕された民主党党首の小沢氏が、企業献金の全面禁止などと自身の行った違法行為をすりかえるに等しいことを言っていることを報道しておりました。

先日ねずきちさんが企業活動と献金についての記事を上げておられましたが、私も基本的に当然のことと思っています。

株式会社等の法人は法人格という権利主体として認められており、当然に法の下の保護を要求する権利があり、その行為として企業献金も有りうると考えています。

問題はそのルールであり適正なルールが定められている必要ですが、日本には政治資金規正法があります。大事なことは企業と政治家がこの政治資金規正法を遵守するかであり、小沢氏の問題は正にこの政治資金規正法の定めを無視し巧妙に迂回する手法を採った事にあります。

小沢氏のこのような行為とその姿勢が問われているのであり企業献金の当否は別の問題です。
小沢氏が第1秘書が行った違法行為の責任を忌避し、詭弁を弄する姿勢は徹底的に攻撃し叩き潰す必要があると考えます。

自爆するならば日本に敵対する政党である民主党の指導部を巻き込んで盛大に爆発してもらい、参議院からも民主党の看板がなくなるほどの大爆発を期待しております。



 ミヤビ

うふふ
私はすでに田植えキャンペーンに参加しました☆
ねずきちさんが、怒ったみのさんには早速た~くさんの投書がいってることでしょうね~
素晴らしいキャンペーンです。
さあ、またまた古館さんの発言に問題がないかチェックしなきゃ。
忙しくなりますね。
ワクワク!

OOIDOYA

ETC3割引はじめて知りました。
 ねずきちさんこんにちは
 昨日のここのコメントで私はカギカッコを違う種類で入力してしまったので後から恥ずかしくなりました。笑ってやってください。
 それはそうとETC平日3割引なんて素晴らしいニュースはじめて知りました。こんなに凄いことを隠すなんて・・・・。
 国民に今の政策が伝わっていけば信用を失うのは間違いなくマスゴミです。政府を口汚く罵るという大きなブーメランが間違いなくマスゴミに返ってくるでしょう。
 それまでなんとしてでも麻生閣下をお守りしなくてはなりませんね。

翡翠(ひすい)

本当にマスコミの酷さにただただあきれます。
一体誰のせいだと思っているんでしょう??
マスコミを監視する機関が必要だと
益々、思います。
特権階級的な報道の仕方です。
国民を愚民扱いです。きちんと公平に報道もせず
いざとなったら「人のせい」許せない!

憂国の士

本日のエントリー大変興味深く読ませて頂きました。
本当に今のマスコミは無茶苦茶だと思います。
他のブログの三橋貴明氏が「日本の田植え祭」という
イベントを企画されています。
ねずきち様も是非ご協力して頂けないでしょうか?
マスコミに反対意見をぶつけませんか?

日本の田植え祭まとめ@Wiki - トップページ
http://www25.atwiki.jp/tauesai/
新世紀のビッグブラザーへ blog
http://blogs.yahoo.co.jp/takaakimitsuhashi

ka

ねずきちさんのあまりのすばらしいエントリーに、そして、とても頑張ってらっしゃる麻生総理に感動して泣けました
おかげで元気がでました

bb

ねずきちさん、こんにちは。
今朝のETCのレポート見ていました。相変わらずのスタンスに呆れて、TVにむかって文句言ってしまいました。ETCについては導入されたときから文句ばかり言ってましたね、マスコミ。なるほど一昔前に比べると政策の実施と実現が食い違う場面が見られるようになったという印象はあります。たとえばお忘れかもしれませんが、2千円札発行のときです。一昔前なら、ほぼ同時に自販機が対応したり、ATMも使えるようにしたのに、何故かそうならず、今は2千円札ほとんど見かけません。私結構あのデザイン好きで、美しいなと思っていたので、余計そう思うのかもしれません。景気が悪く、そこまで手が回らないといってしまえばそれまでですが、皆で景気を良くしていこうよ、という気概が弱くなっているのでしょうか。今回はETCの普及と増産による景気対策にもなっていると思うのですが。あと自分たちの主張を街頭インタビューという形にして素人に言わせる方法卑怯です。自分たちに都合のいい意見しか取り上げないし。
麻生さんはほんとうによく頑張っておられますね。さっきまで国会中継見てました。もう報道番組見るより国会中継見ていたほうが、余程健康的です。消費者庁の質疑でした。民主党の対案は、お金かかりすぎです。聞いていて、政府案のほうが優れていると思いました。麻生さんの答弁落ち着いていて、相手のいいところは素直に認め、気持ちの良いものでした。やっぱりこの景気に麻生さんでよかったです。

共通一次世代

今朝の「朝ズバ」では、今までロクに75兆円景気対策の中身を報道しなかったくせに、「国民はその内容を何も知らされていない」と。

また、子育て支援については、条件に当てはまらない家族を取材して、「そんな支援があるのも知らなかったし、自分たちは受けられない、不公平だ」と文句を言わせる。

酷すぎやしませんか・・・?

基準点

麻生総理に感謝します
ねずきちさん

早速のアップ有難うございます。

弱小派閥でありながら、異論もある自民党内、官僚をまとめてこれだけの補正予算案を通して下さった麻生閣下に感謝致します。

民主党とマスコミのバッシングに晒される中で、田母神空爆長の更迭、中山大臣、中川大臣の辞任等の失態等もありましたが、こうした方々も敵弾に斃れた戦友の一人として称えられるべきかと思います。

コメントを入れる前に、妻と協議が調った「ETCの発注」を思い出して早速電話をしました。これからは高速を使用する機会が増えることが予想される我が家にとって、ETCへの補助、高速料金の割引は大歓迎です。また、現在厳しい状況にある家電業界にとっても嬉しい悲鳴になることと期待しています。

高速料金が安くなることは歓迎しますが、民主党の「無料にせよ。」は暴論と思っています。アメリカに1年間滞在したことがありますが、フリーウェイと呼ばれる高速道の損傷が意外と多いことに驚きましたが、無料であるが故に修理費の捻出に苦慮していると聞きさもありなんと思ったことがあります。当然に増加する交通量によって高速道の損傷が激しくなったときに、修理をする費用を一般予算から確保しなければならないことを考えれば、利用者による応分の負担は当然だと思うのです。

今回の景気対策によって、多くの企業の経営が好転し、雇用の増加、給与の上昇が期待でき、内需が拡大されることを願って止みません。

それに付けても、マスコミの報道姿勢の異常さについては、他のサイト、ブログでも取り上げられているとおり、国民はマスコミによって踊らされる操り人形ではなく、今やインターネットと言う情報発信、情報交換の道具を手に入れ、マスコミに対抗しうる力を付けてきていると思います。その中から、若く見識溢れる論客が輩出されるようになって参りました。そのような時期にあって、マスコミの偏向、捏造報道は即座に見破られ論破されるようになって来ました。

マスコミは自らの利益を求めて、偏向、捏造報道の天に唾する行為を続けるよりも、報道機関として本来あるべき「誠意ある報道、真実の報道」を心がけて欲しいと願わずに居られません。


非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク