ヨハン・フィヒテの演説

行橋市議会議員候補小坪しんや氏を応援しています!!

《ご連絡》
① 4月11日に靖国神社で開催を予定しておりました『万葉集・日本書紀出版記念会』は、会場となる靖国神社内の靖国会館が、昨日政府からの要請で4月いっぱい利用停止となりましたため、まことに残念ながら延期になりました。
② 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』は4月10日発売。ただいま予約受付中です。


時勢に翻弄され、怒りに身を任せるのではなく、天壌無窮の神勅を信じ、堂々たる日本人になっていく。
日本の歴史伝統文化に不動の愛と信念を持つようになると、微動だにしない確信が生まれます。
そこに、日本の未来をひらく道があります。


20200327 フィヒテ
画像出所=https://www.gettyimages.co.jp/%E5%86%99%E7%9C%9F/johann-gottlieb-fichte?family=editorial&phrase=johann%20gottlieb%20fichte&sort=mostpopular
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。


ナポレオンがイギリス・スウェーデンを除くヨーロッパ全土を制圧したのは、19世紀の始め頃のことです。
そのナポ レオンに支配されたベルリンで、ヨハン・ゴットリープ・フィヒテ(Johann Gottlieb Fichte)という人が1807年12月から1808年3月にかけて行った演説が「ドイツ国民に告ぐ」です。
この演説でフィヒテはドイツ国民の愛国心と独立を訴え、ドイツ国民をおおいに奮い立たせました。

このときの「ドイツ国民に告ぐ」という演説は14回にわたって行われた連続演説で、その中で彼は次のように述べています。

「占領軍の支配を受けはじめると、
 まるでその時を
 待ち兼ねていたかのように、
 誰も彼もがわれ遅れじと
 外国人の機嫌を取ろうとした。

 かつてはドイツの政府や
 政治家たちに媚びへつらい
 ぶざまに這いつくばっていた人たちが、
 今度は国を極めて誹謗し、

 ドイツのものといえば
 何でもかんでも
 悪しざまに
 ののしるようになった」

要するに敗戦すれば、どこの国でも同じことが起こるのです。

戦後といえば、ベストセラーの「日本人の誇り」を書いたお茶の水大名誉教授の藤原正彦さんが、文芸春秋の2010年7月号に書いた記事があります。
引用します。


20200401 日本書紀
◆ニュース◆
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛予約受付中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


20191006 ねずラジ
《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

=======
『文藝春秋』六月号の梯久美子氏の記事によると、八十六歳になる建築家の池田武邦氏は、海軍兵学校を出て海軍士官となってからずっと軽巡洋艦「矢矧(やはぎ)」に乗っていたが、昭和二十年四月の沖縄戦で戦艦「大和」とともに海上特攻に出撃し撃沈され九死に一生を得た。
彼は昭和三十年代に小学生の息子さんに「お父さんはなんで戦争になんか行ったの」と詰問され、それ以降、戦争のことを一切話さなくなったそうだ。

「どんな思いで戦ったのか。
 戦友はどんなふうに死んでいったのか。
 艦全体が家族のようだった矢矧のこと。
 言ってもわかってもらえるはずがないと
 心を閉ざしてしまった。
 戦争の話をするようになったのは
 八十歳を過ぎてからです」
と今語る。

四年ほど前に見たあるテレビ番組は、五十歳前後の俳優が八十九歳の父親とベトナム沖の島を訪れるものであった。
陸軍大尉だったこの父親がB級戦犯として五年間収監されていた島である。
ここで俳優が老いた父親を高圧的に非難するのだった。
「戦争は人殺しだよね。
 悪いことだよね」
と、父親の反論に耳を貸さず幼稚な言い分をがなり立てる様にいささか驚いた。

軍人だった父親のいる多くの家庭で見られた風景に違いない。
「日本がすべて悪かった。
 日本軍人は国民を欺いて
 戦争に導いた極悪人だ。
 自衛戦争も含め
 すべての戦争は悪だ」
という洗脳教育から大多数の国民がまだ解き放たれていないのだ。
=======

何事につけ「行き過ぎ」は「足りない」よりも悪い結果をもたらします。
戦後の反日主義がもたらしたものは、日本においても、そしてまた韓国においても、中共においても、いずれも行き過ぎた悪い結果しかもたらしていないと断言できると思います。

とりわけ日本における3年3ヶ月の民主党政権は、東日本大震災という未曾有の厄災に対しても、また景気対策に対しても、そしてまた国民を守るうえにおいても、いわゆる戦後世代的価値観が、ただの絵空事にすぎないことを、ものの見事に証明してくれました。
そして戦後世代が正義と考えていたものが、実はただの虚構にすぎず、むしろもとから日本にあったものの方が、私達の暮らしにとってはるかに大切なものであることを知らしめてくれました。

今回の新型コロナウイルスも、いやおうなしに日本人が「日本人とはなにか」をしっかりと考え直すきっかけです。

フィヒテが面白いことを述べています。

「我々は即座にドイツ人になればよい。
 本来あるべき姿に戻れば良いのだ。

 我々は精神を
 他人の支配にまかせてはならない。

 そのためにはまず堅確な
 精神を養わなければならない。」

「自らドイツ国民たるを信じ、
 ドイツ国民が偉大かつ高尚な
 国民たることを疑わず、
 ドイツ国民に望みを託し、
 ドイツ国民のために生命を賭け、
 艱難(かんなん)に耐え、
 苦痛を忍び、
 今日限り動揺を止め、
 信念を強固にしなければならない。」

この言葉、ドイツを日本におきかえたら、まるっきりそのままいまの日本にあてはまります。
私達は、日本人として、本来あるべき日本人の姿に戻れば良いのです。

吉田松陰は、

 身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも
 留め置かまし大和魂

と詠みました。
そして「日本が滅ぶ、このままでは日本が無くなってしまうのではないか」と心配する水戸藩の郷士、堀江克之助に、次の書を与えました。

「天照の神勅に、
 『日嗣之隆興 天壞無窮』と有之候所、
 神勅相違なければ日本は未だ亡びず。

 日本未だ亡びざれば、
 正気重て発生の時は必ずある也。

 只今の時勢に頓着するは
 神勅を疑の罪軽からざる也」

時勢に翻弄され、怒りに身を任せるのではなく、天壌無窮の神勅を信じ、堂々たる日本人になっていく。
日本の歴史伝統文化に不動の愛と信念を持つようになると、微動だにしない確信が生まれます。
そこに、日本の未来をひらく道があります。


お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

  ◆最新刊◆


◆◆◆◆◆ねずさんの代表作となる動画◆◆◆◆◆


《塾の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2020/5/2(土)13:30〜第72回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
https://www.facebook.com/events/199953101362592/
2020/6/20(土)13:30〜第73回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
https://www.facebook.com/events/1279660025559485/


◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。





20200111 もりやさんバナー

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ななし

困っている人から家賃を取るのは不道徳
国は、困っている人から家賃を取るのは不道徳だという当たり前の事を国民に徹底させよ!
テナント料などを数カ月分免除するように政府は不動産業者に通達すべき。
危機に際しては、不労所得を得ている者が負担を大きく背負うのが当然である。

にっぽんじん

食糧危機に備えよ
武漢コロナウイルスが世界に広がり対応に追われています。
その中にあって、中国は「食料危機」に陥っているようです。
水間氏の情報によれば北京では食料が消えているそうです。

日本のマスクを在日中国人が買い占めたように、日本の食料も中国人が買い占めに走る可能性があると言っています。北京では略奪も起きているといわれます。
北京や大都市の大使館や領事館にいる外務官僚は何をみているのか不思議です。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク