民主党はこれ以上景気対策の足をひっぱるな



昨日、愛信さんから頂いたコメントにあった世論調査です。
マスコミに対する国民の信頼もすでに地に落ちている。
マスコミを支持しますか?(世論調査.net)


マスコミを支持する   2.1%
マスコミを支持しない 99.7%
↓これが現実です。
masukominosinraido

  ≪有効度評価 評価総数 9826
         有効評価 8963
         無効評価 191
         有効評価点 8963
         有効評価率 91.22%≫

さて、今日の本題です。

2009年度予算案と関連4法案は、27日にも成立する見通しとなりました。

時事通信によると、民主党は、

① 景気が低迷する中で審議を引き延ばせば、世論の批判を浴びかねない。
② 西松建設の違法献金事件で小沢一郎代表の公設秘書が逮捕されたことを受け、国会で強硬な抵抗戦術を取りにくい

といった事情から、19日、関連4法案の年度内成立を容認する方針を固めたとか。
■関連記事:予算関連法、年度内成立へ=民主が容認、27日にも(時事通信)
http://news.livedoor.com/article/detail/4070339/

しかし、ちょっと待っていただきたい。

①も②も、それって民主党内部のお家の事情でしょ??
民主党は、国民の生活が第一の政党じゃないの??
(在日国民の生活が第一という説もあるようですが・・)

山岡賢次国対委員長に至っては、与野党の国対委員長に対し、
「きちんと審議すれば採決に応じる」との意向を伝えた・・・
ヾ(*`ω´*) ッテオィ
景気対策をきちんと審議しようとする自民に対して、やみくもに審議を引き延ばし、議論に応じてこなかったのは、民主党じゃないですかっ!

しかもこの期に及んで民主党は、予算の自然成立は避ける方針?!
予算案と、消費税増税の方針が明記された所得税法改正案など関連法案は、いずれも27日までに参院の各委員会で採決され、同日中の参院本会議で野党の反対多数で否決。これを受け、予算案は両院協議会を経て、憲法の衆院優越規定により成立。
関連法案も、衆院に返付され、本会議で3分の2以上の賛成により再可決され成立する運び・・・なのですが・・・

24日には小沢氏秘書の拘置期限を迎えるので、小沢氏の進退に発展するなどして民主党内が混乱した場合、関連法案の成立は年度末ぎりぎりにずれ込む可能性もあるとか。。。。

結局、民主党のしていることは、さんざん審議を引き延ばした挙句、参院で否決。

景気対策の予算関連法案を、与党多数の衆議院にもちかえって、再可決・・・つまり法案が通るという結果が見えているのに、審議を長引かせ、参院で否決する。これって何の意味があるのでしょうか??

実は昨日ね、求人の面接に来られた方から話を聞きました。

職安の人の話によると、昨年9月ごろまでは求人数が順調に伸び、いい傾向だったのだそうです。

ところが10月頃から一転して求人が減り、代わって求職者の人数が増えてきた。

職安には人があふれかえるようになり、待合のスペースも足りなくなった。
そのため、先週、会議室をつぶして求職者のためのスペースを新たに拡大したのだそうです。

さらに!!

最近では、求職者にいきなり面接を行う企業はほとんどないといいます。

まずは履歴書を送ってもらい、書類選考の上、絞りに絞って面接を行う。
そうでもしないと求職者面接だけで人事担当者がどこもパンクしてしまうのだそうです。

百貨店売上も、昨対で▲11.5%の落ち込み。

IMFの発表によると、日本のGDPは、▲5.8%と、世界各国の中でもTOPクラスのマイナス成長。日本経済の落ち込みは、急激です。

とりわけ3月決算の会社が多いなか、5月の決算確定時期を迎えることができない企業も続出する。

日本は、軍事大国でもなければ、政治大国でもない。経済でなりたっている国です。その経済が、深刻な打撃を受けている。

ところが、政権与党を目指すという民主党の基本路線は、「景気より選挙」のままです。昨年9月前頃からなんら変化していません。

しかし、世の中の動きは、昨年9月までと、10月以降、大きく変化しているのです。

ここまでくると民主党が単に経済オンチというだけでなく、政局に目が眩んだ欲望集団でしかないということになる。

だから民主党にいいたいのです。

o(`ω´*)oオイッ!、空気読めよっ!!

いまは政局や選挙のときじゃないでしょっ!!

景気対策最優先です!!

どこぞの万年反対政党の猿まねをするんじゃなくて、賛成すべき時はちゃんと賛成する。すくなくとも「国民の生活が第一」というなら、いまは、なにはさておいても景気対策の早期実現を優先してほしいと思います。

それにしても、麻生さん、あれだけのパッシングにあいながら、危機を感じて景気対策最優先で頑張ってこられた。

これは偉いです。

テレビ的には絶対に消されなーい。小沢一郎~闇の系譜


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

愛信

【北朝鮮「衛星」:27日「破壊命令」 政府、国民に説明へ】
【北朝鮮「衛星」:27日「破壊命令」 政府、国民に説明へ】
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090326k0000m010122000c.html

命令を受け、海上自衛隊が海上配備型迎撃ミサイル(SM3)搭載の
イージス艦2隻を日本海などに、航空自衛隊は地上配備型迎撃ミサイ
ル(PAC3)を、秋田、岩手両県に展開。政府は国民への情報提供
の態勢なども含め、対処方針を記者会見で説明する。

【経済・政治の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj_ind.cgi


【小泉逮捕劇場】かんぽの宿は氷山の一角【郵政民営化の闇】
動画は【郵政民営化のイカサマ】をご覧下さい。
http://www.aixin.jp/ysmss.cgi

う~ん

民主党に何を求めるかと言うと、
検察の狙いはあっせん利得処罰法か 西松献金事件
http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2009/03/post_222.html

国民が民主党に求めているのは「クリーンな自民党」でしょう。
今の民主党は、(左右どちらも)「金」で汚れている上に、外交と安全保障が常軌を逸しています。
「日米中正三角形」とか、「米軍は第七艦隊だけ(しかし自衛隊も増強しない)」とか、「アメリカを牽制」とか、「海賊って想像できない。」とか、私自身「善隣友好」には反対しませんが、それにしても花畑が咲き乱れ過ぎていませんか?
現在、南シナ海や東シナ海はちょっとした緊張状態にあるのですが、それすらも理解できないのは恐ろしい事です。
しかも国会では、旧社会党譲りの「牛歩戦術」を全面展開。
海賊対策も今頃になってようやく議論開始。
結局国会を掻き回しただけで、「政策」なんて論じた事もなかったのでしょう。

ナポレオン・ソロ

民主党の正体
>OOIDOYAさん
>>「国民の生活が第一」です
 其の通りです、国家の責務は、国民の生命と財産の保護に有りますから、「国民」の目線で、国民の利益の為に、国民の生命を重んじた立場で政治に当たらねば矛盾していますよね。

 而るに、憲法九条は国が国民を武器で護ることを放棄した条文です、外国人参政権は日本国民の権益を脅かすモノです、人権擁護法案は差別対象を固定して新たな差別関係を構築して日本社会破壊を目論むモノです、治安悪化を無視して日本開放案を推進するのは、日本国民の生命を危機に晒す侵略幇助行為です、これらの何れにも、公的に賛成を表明して居ながら、「国民」の為って、一体何処の国民なのかと言われて当然です。

 まぁ、民主党を喩えれば、自転車数台にシートを懸けた外観だけで、「是は車だ」と言い張っている様なモノでしょう、中味は完全にバラバラで、同じ政党とさえ云え無い、シートを除けば=政権を執れば一目瞭然の事でしょうに。

基準点

民主党は日本に対する敵対行為を直ちに止め、解党せよ!
>結局、民主党のしていることは、さんざん審議を引き延ばした挙句、参院で否決。

これは、成立するべき法案の成立を最も遅らせられる手段ですよ。反対ならば、審議の上否決しておれば、もっと早くに成立する法案を、党利党略のために審議を引き伸ばした挙句に参院で否決することで成立を遅らせる。

この引き延ばしによって多くの中小企業が倒産の憂き目を見、多くの国民が失業に追い込まれたことは、日本という国家を構成する血とも肉とも言うべき中小企業を毀損するものであり、日本に対する敵対行為をなすものと思う。

これが「国民の生活が第1」を標榜している政党のすることかと呆れてしまいます。巷間言われている「(韓)国民の生活が第1」の間違いではないかとの指摘もあながち間違いではないと思う。

農家、医療、介護等の政治による救済を必要とする人々に補助金と言う甘い期待をばら撒き、「票集め=票を金で買う」が如き行為で支持率を高めたものの、国会でのこうした反日行為と、小沢氏の西松建設献金疑惑で大方の浮動層の支持を失うことで、これらの人達の期待を裏切ることになった罪は極めて大きいと思う。

民主党は直ちに日本国に対する敵対行為を停止し、解党するべきだと思う。

愛信

仕組まれた中川昭失脚劇2~財務省・外務省・ミンスが結託して仕組んだ「陰謀」か!
http://panther.iza.ne.jp/blog/entry/930244/

オザワにしても丁度中国の国際部長来日を控えていたところであるので、「ガス油田」「尖閣」とかで中国に取って煙たい中川昭を潰すことで中国様の機嫌を取ろうとあの男なら考えてもおかしくはないだろう。そういえば今月の上旬に鳩ポッポが「民主党が政権をとれば民主に賛成の官僚以外クビ」と言う発言をしていた。

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi

あきつ

ねずきちさん こんにちは

(韓)国民の生活が第一

民(潭)主(体)党

-

悲しみまたも
今日で地下鉄サリン事件から14年が経ちました。ご遺族の方々に対し心よりお悔やみ申し上げます。
でも以前逃亡した犯人が見つからないってどういうこと?あの団体事態、日本じゃないし。そんなの分かってるくせに、未だ通名使って日本人による凶悪犯罪であるかのごとく報道する警察、マスコミは汚染の度合いが並みではありません。犯罪者の通名での報道って毎日ですよね。警察もマスコミも政治も司法も彼らに握られ、既に日本の日本人の為のものではないってことですね。
とにかく一人でも多くの、心ある人に事実を知ってもらうべく頑張ってます!

ふく

「国民の生活が第一」という事を国民の生活を犠牲にしながら主張してますよね。
民主党って本当に面白いです(笑)

bb

ねずきちさん、こんにちは。
民主党の言っていることは、自己矛盾に満ち、聞いていていい加減にして欲しいと思うばかりです。国会の議論聞いても、あまりの幼稚さに失笑してしまうくらいです。一番多いのが、どんな質問していても最後は「政権交代しかない」から選挙しろ!!です。麻生さんの国会での様子は、マスコミが伝えるほど、というより全然ブレがなく、紳士的で、時に鋭くときにユーモアを交え、小泉さんなどよりずっと素晴らしいと思います。私も自民党員でもないし、何処かの政治団体に所属しているわけではないですが、今の民主党に政権は任せられないと心底思うので、そうならないように自分のできることをしようと思っています。日本の田植え祭りにも参加中。本の購入祭りにも参加。民主党と同じ位マスコミの責任大きいです。今朝も朝ズバッでも政権交代必要とのたまう舌足らずがいましたが、この期に及んで何を言っているのでしょうか。たしかETCの品不足に絡めてだった様な気がしますが、おバカとしか言いようがありません。全部マスコミのせいにはしませんが、決定された政策をいち早く報道するのが、あの人たちの役目でしょう。それを棚に上げて、本当に頭の中大丈夫?と心配になってしまいます。

OOIDOYA

《国民の生活》が一番
 日本国は日本国民の為にあります。マスゴミは本来日本国民の為にあります。マスゴミはマスゴミ自身の面子や生活が一番だと思っていませんかね?
 大切なのは国民の生活ですよ、間違っても一部の利権団体のものでは有りません。民主党もマスゴミもそこを理解して欲しいものです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク