公正(ジャスティス・Justice)と、安全(セーフティ・Safety)の社会のために

小坪しんや氏は行橋市議会議員に当選しました。ありがとうございます。

《ご連絡》
○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。


これからの世界は、間違いなく、公正(ジャスティス・Justice)と、安全(セーフティ・Safety)と、心身の健康(ヘルシー・Healthy)を基軸とした世界へと変化していきます。なぜならそれこそが、世界の民衆の求めるものだからです。
世界はこれまでの「一部の支配層が握る世界」から「民衆の世紀」へと変化します。
その先頭にあるのが日本です。
けれどその日本は、日本を見失っています。だからこそ、原点に帰る。これを古い言葉で「元々本々(もともとをもととす)」と言います。そのため必要なことは、日本が古来から教育の柱としてきたことを再確認することです。それが『日本書紀』です。


映画「ジャスティス・リーグ」
20200409 ジャスティスリーグ
画像出所=https://www.amazon.co.jp/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0-%E5%90%B9%E6%9B%BF%E7%89%88-%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B079GX8LMD
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。


不思議なことに、今の時代では、高い教育を受けたはずの若者が実社会で通用せず、むしろ学生時代に成績の悪かったという人が、実社会でおおいに活躍しているという現実があるといわれています。
日本を取り戻すためには、右翼も左翼もありません。
日本人として、日本の原点にみんなで帰ること。
そこに新たな、まったく違った解決法があるように思います。

ではその解決法とは、いったいどのようなものでしょうか。
昔から、迷ったときには原点に帰れといいます。
その原点とは、どのようなものだったのでしょうか。

実は日本には、1200年以上にわたって教科書として用いられてきた書があります。
使われてきた期間を考えれば、それは日本人にとっての、欧米で言う聖書や、中東におけるコーランのようなものです。
では、その教科書とは、何のことでしょうか。


20200401 日本書紀
◆ニュース◆
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛予約受付中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
○ 百人一首の本がオンデマンド版で発売になりました。


20191006 ねずラジ
《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

答えは『日本書紀』です。
日本書紀は、西暦720年に元正天皇に献上された翌年から、貴族の子女の教育に用いられるようになりました。
さらにその教育は地方に波及し、地方豪族の子女から一般庶民の教育にまで広がっていきました。
その後、日本書紀に書かれているのが第41代持統天皇までですので、以後の奈良・平安・鎌倉時代の歴史なども含めて教育に活かされるようになったのが、江戸時代の寺子屋教育です。

では日本書紀がどのように教育に用いられたのかというと、日本書紀は全文漢字で書かれているわけです。
ですからたとえば寺子屋であれば、寺子屋のお師匠さんが、その漢文を大和言葉に変換して子たちに教える。
さらにそこに書かれていることの意味を教えるというやり方が採られました。
漢文を文節ごとに和訳して前に進むわけです。
当然、文節ごとの意味が必要になる。
そもそも、どうしてその漢字が使われているのかが教えになるし、そうした部分だけでなく、全体のストーリーも教えられます。
すると、その全体のストーリーのなかで、なぜその文節で、その漢字が使われているのかが問題になるわけです。

日本書紀は、全体がたいへんロジカル(論理的)です。
全体が、単に事件や事故と年代の羅列ではなくて、全体が一編の物語としてのストーリーがあります。
ストーリーがあるということは、起承転結があるということです。
つまり、どうしてそうなったのか、なぜそうなったのかを、ひとつひとつ明らかにしながら、物語が展開しているわけです。

教えるべきことを筋道立てて(つまり系統立てて)教える教育のことを「系統学習」といいます。
「系統学習」というのは、たいへんにおもしろいもので、人間には知識欲がありますから、なぜそうなった、どうしてそうなったということがキチンと解説されることによって、生徒たちは続きが気になるし、また自分ならそのときのようにした、といったようにそのストーリーから、さまざまな思考が生まれるわけです。

このことは、おもしろい小説などを読んだときに感動を覚えたり、あるいは登場人物の誰かに共感して、自分ならこうした、あるいはもっとこうすべきだったのではないか、などと考えたりするのと同じです。
ストーリーがあれば楽しいし、感動があるし、そこからいろいろなことを考えたり思ったりすることができるのが、人間でもあるわけです。

日本書紀に始まった日本の「系統学習」は、なんと1200年以上にわたって、我が国の教育を担ってきたものです。
ですから、明治に入って学制が始まった後にも、子たちは学校に行くのがとても楽しかったし、親から「今日は田植えがあるから学校を休みなさい」などと言われると、泣いて悔しがって、友達に今日の授業のノートを持ってきてもらったりしていたわけです。
いまでは考えられない光景ですが、けれどそれは日本中どこでも見られた普通の光景であったのです。

けれども、昨今において、武漢コロナウイルスで学校が休校になったからと、泣いて悔しがる子は、まずいません。
どうしてそうなってしまったのかというと、戦後の教育が、いわゆる「問題解決型学習」に片寄ってしまっているからです。

「問題解決型学習」においては、どうしてそうなったのか、といった系統は必要ありません。
簡単に言えば
「鎌倉幕府は(   )年に成立しました。
 鎌倉幕府の初代将軍の名前は(   )です」
の( )内を埋めるだけなのが「問題解決型学習」です。
「なぜ頼朝は幕府を開いたのか、考えられる理由をあげ、みんなで議論してみよう」というのが「系統学習」です。
このことを議論するためには、それまでの経緯に関する知識が必要になります。
それを知識だけにとどめず、思考にまで高めるのが「系統学習」です。

期末テストを前にして、集団Aに「系統学習」、集団Bに「問題解決型学習」をほどこせば、おそらく集団Bの方が良い成績を出すことでしょう。
けれど、小中高大と都合16年間、「問題解決型学習」で学んできた新社会人と、16年間「系統学習」で学んだ新社会人と、果たしてどちらが社会にとって、あるいは企業にとって有益な社会人となるでしょうか。

実は、先の大戦のあと、日本の統治を行ったGHQは、日本の教育を「問題解決型学習」へとシフトさせました。
一方で、米国を先頭に、ヨーロッパ諸国は、日本がなぜ強かったのかの研究から、国内の教育に「系統学習」を採用していきました。

実はそのために、一時的に大失敗をしたのが英国で、英国で歴史教育に「系統学習」を採用したところ、武力によって英国王帳が築かれ、その英国王朝が世界を征したときには、仁と徳によって植民地を獲得し、統治を行ったのではなくて、暴力的な略奪によって世界を支配したという「系統」が学習されることになってしまったわけです。
そのため国民に活力がなくなり、排他的で無気力な英国人ができあがってしまった。

そこでサッチャーさんが、大英断をふるって、「系統学習」でありながら、自国への誇りが生まれるように、教育の「系統」を絞る、という方法が採られたわけです。
結果は、みなさまよくご存知のとおりです。

世界の多くの国々と異なり、我が国の歴史は、世界に誇れる慈愛と仁政、そして文化の香り高い歴史です。
そしてこれからの世界は、間違いなく、公正(ジャスティス・Justice)と、安全(セーフティ・Safety)と、健康(ヘルシー・Healthy)を基軸とした世界へと変化していきます。
なぜならそれこそが、世界の民衆の求めるものだからです。
世界はこれまでの「一部の支配層が握る世界」から「民衆の世紀」へと変化していきます。

その先頭にあるのが日本です。
けれどその日本は、日本を見失っています。
だからこそ、原点に帰る。これを古い言葉で「元々本々(もともとをもととす)」と言います。
そのため必要なことは、日本が古来から教育の柱としてきたことを再確認することです。
それが「系統学習」の書である『日本書紀』です。

なにせ日本書紀は、我が国で1200年以上にわたって教科書として使われ続けてきた書です。
それを単に、ただのあらすじを知っているよ、というだけでは、あまりにもったいない。
わずかにあと半歩踏み込むだけで、目からウロコが何枚もはがれ落ちるのです。

お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

  ◆最新刊◆
 

◆◆◆◆◆ねずさんの代表作となる動画◆◆◆◆◆


《塾の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2020/5/2(土)13:30〜第72回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)開催延期
https://www.facebook.com/events/199953101362592/
2020/6/20(土)13:30〜第73回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
https://www.facebook.com/events/1279660025559485/


◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

マルリン

こんにちは、ランキングから来ました。
一日も早く、元の生活に戻りたいです。
参考になりました。ありがとうございました。

-

justiceの定訳は「正義」で、
「公正」の定訳はfarenessではないでしょうか?
老婆心ながら・・・

kinshisho

緊急拡散希望!!
こんにちは。

 今日は超ショートですがこれは拡散せねばと思いまして、御報せ致します。

 https://www.youtube.com/watch?v=60_g2QqmpPs

 尚、この動画はBANされる可能性があるとのことですので、以下にも動画及びURLを添付致します。

 ニコニコチャンネル 水間条項国益最前線

 https://ch.nicovideo.jp/mizumajyoukou

 ブログ 水間条項

 http://mizumajyoukou.blog57.fc2.com/

 因みにこの動画はうpされれば1日で10万超えもザラで、如何に多くの人が関心を持って見ているかが分かります。多分視聴者の多くは若者と推測されます。
 そして、本来ならば政治・社会・経済 人気ブログランキングでも10位以内に入ってこなくてはいけない程の貴重な情報に溢れています。

 で、今回の事態を招いた国会議員が誰かいるはずで、その関係者は外患誘致罪を適用すべきでしょう。因みに外患誘致罪の刑罰は極刑以外にありません。法律でもそう定められています。そして、安倍総理はこの件の責任を取って総辞職すべきです。解散総選挙など行える状況になく、麻生氏が副首相を務めているのだからそのまま第二次麻生内閣を発足させればいいでしょう。

 でもって、今回国民全員への給付金は見送られました。これに関して、実はトンデモな真相が。
 ねずさんが以前紹介してくださった財務省の真相が事実なら、かのリーマンショック時の定額給付金の経済効果がなかったことの教訓と、そして思わぬ使い方をされていたらしくて、そのことが頭にあるが故に給付金を見送ったのです。
 それは、以前の定額給付金は某カルト宗教団体を延命させるために使われたことで(敢えて名前は伏せておきます。もしもねずさんのブログがBANされてはいけませんから)、信者からその定額給付金をかき集めて選挙を戦っていることで、その宗教団体の信者数は約2000万人ですから、単純計算で2400億円もの選挙資金を得た計算で、結局風前の灯になりかけていたその集団は延命に成功し、現在に至っています。
 その苦い教訓から、給付金を見送ったというのが真相らしいのです。つまり、政府ではこのカルトと縁を切るために敢えて国民を犠牲にしてでも倒そうと考えているようなのですよね。因みにその組織は現在年々弱体化しています。
 少子化による新規入信者の減少、ネットで実態を知った脱会者の増加、ふと内容に疑問を感じての脱会者の増加、現在某カリスマ教祖は早8年に渡って姿を見せておらず、長年生死不明の状況による求心力の低下、そして、これまで教団を支えていた中核信者の相次ぐ鬼籍入りが重なっており、今こそが縁を切る最初で最後のチャンスかもしれないのです。
 僅か12000円の定額給付によって10年以上延命したことを考えると、一律20万の給付ともなればそれこそ永遠に等しい程に日本を蝕んでいく可能性がある訳で、給付したくともできない、経済政策についても、ねずさんの主張されるように隣国や大陸から難民が押し寄せることになる。
 結局、恐らくは最低でも再来年頃まで極限状態を耐え忍びながら死んだフリをするしかないのでしょう。好景気は場合によっては悪をも延命させる命取りになりかねない。もしかしたら、あの時民主党が勝利して景気対策の執行が全て停止させられたのも、神々の御意志だったのかもしれません。
 だから、財務省が嫌がっているというのも、その真相は別のところにあり、表向きの理由はカモフラージュなのかもしれないのです。
 確かに我々は苦しい。この先経済的に行き詰まって犠牲者も相次ぐでしょう。今回の事態が形を変えた第三次世界大戦ならば、その人たちは大戦間に発生した尊い犠牲者です。
 神々もそれは分かっているはずで、それでも尚、今回のお話のように経済以上に大事なものがある、と神々は言いたいのだと思います。ええ、それが国体であり、国体は一度壊れてしまったら経済と異なりもう二度と再建はできない、そして再建したとしてもそれは日本という国名は同じでも、それまでの日本とは全く関係のない国家になってしまいかねない。
 因みに欧州はそうした事態を幾度も経験してますし(現在の欧州の原型ができたのはほぼ19世紀後半)、EU崩壊後、どうにか再建されたフランス、ドイツ、イタリアなどはもしかしたら嘗てのフランス、ドイツ、イタリアとは全く関係のない国家となっているかもしれません。
 歴史の連続性が途切れることは、不況以上に不幸なのだと神々は言いたいのでしょう。神々は目に見える形で影響力を行使なさらないらしいので、今のこの現状が神々の御意志でないとは言えないかもしれません。
 ただ、ツッコミたいところとして、日本はこうしてどうにか歴史の連続性を神々が保つことに成功していることになりますけど、日月神示によると他国にも神々がいるそうなので、EUに於ける大混乱など、もしかしてそこを統治している神々に何らかの不手際があるということになりはしないかと思うのですけどね。
 そして、もしかしたら中国と半島には神々さえいないのではと思いたくなることがあります。現に、中国の歴史をひも解いていくと、儒教でも神々に対する記述はなかったような気がしますし。それに、現在の中国及び中国人は完全に唯物論に染まっていますが、中国人の唯物的思考は古来からの伝統であったのでしょうね。
 ここに住む者を悪魔と言う人は少なくないですけど、悪魔の方が数百倍マシですね。ここには悪魔さえいないような気がしてなりません。

にっぽんじん

コロナ感染の事実
マスコミ情報を聞いていると武漢コロナウイルスの感染は高齢者が多いように感じていました。インターネットで事実を調べるとそうではありませんでした。
4月12日までの感染者数は6948人です。(12日のデータは1日分ではない)

その内訳は、10台未満:102人、10代:150人、20代:1185人、30代:1116人、40代:1174人、50代:1184人、60代:818人、70代:623人、80代:352人、90代以上:95人でした。

年齢不明が149人いますが外国籍ではないかと思われます。
20代から50代までほぼ均等に感染しています。若いから感染しないのではありません。

10代が少ないのは感染者との接触機会が少なかったからではないかと思われます。それが事実なら「学校の全校休校」が貢献したのではないでしょうか。

昨日の新たな感染者数は500人でした。これは2週間前の感染者の数になります。これからしばらく増加すると思われるが、安倍首相が出した緊急事態宣言の効果は2週間後からになります。事実は調べないとわかりません。
小池都知事の休業要請も効果は2週間後からです。

小池知事は「コロナウイルス」を「コロナウグイス」にしました。
都知事初当選時の公約を何も果たしていない都知事にとっては大きな後押しになりそうです。

日本を愛する日本人より一言。

日本の将来を担うであろう政党が誕生しました。
今日のテーマと直接関係ありませんがコメント欄をお借りします。
神谷宗弊氏、カズヤ氏、松田学氏、篠原常一郎氏、渡瀬裕哉氏の五人が4/11に新たな政党“参政党”を立ち上げました。
神谷宗弊氏はCGS放送を駆使して3,000本のVTRを作成して日本再生に尽力してきました。これから党員を募り順次議員を擁立していくという先の長い話ですが10年先には日本の伝統を貫く保守党に成長する可能性を秘めています。是非、保守系の皆さん方のご支援をお願いします。
先の短い応援団の一人から。。。
https://www.sanseito.jp/
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク