満開の桜の下での女ひとりの戦いと鎌倉武士

《はじめに》
今日の記事は1万2千2千字ですので、読了に20分程度と、ちょっと長いです。長いですが、お読みいただくと、きっと何かを感じていただくことができると思います。
そして間違っているかどうか、どこかに書いてあるかどうかはとても大切なことです。
けれど洞察し、見抜くことは、人が生きていく上において、もっと大切なことです。


苧環(をだまき)の花
20200413 おだまき
画像出所=https://fotopus.com/hana/gallery/odamaki/
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。


もうところによっては、桜も葉桜に変わってしまいました。
満開の桜の季節には、「さくら」の「さ」の神様が桜の木に降りて来られて、その神様のもとで、飲めや歌えやの花見の宴会をする。
この習慣はとても古いものですが、「さ」の神様というのは、大和言葉の「さ」が、さなえ(早苗)、さつきなどに代表されるように、「さ」がもともと稲を表します。
その稲穂が満開、つまり大豊作となることを祈念して、先にお祝いをしてしまおうというのがお花見の宴会で、よろこびあふれる楽しいクニを目指した、いかにもこれは日本らしい習慣といえます。
今年は残念なことに武漢肺炎の影響で、そんな花見さえも見送りになってしまいましたが、まったくもって迷惑な話です。

さて、寒い冬から春の訪れとともに梅の花が咲き、桜が咲き、桃の花が咲いて、それらが終わる頃には、紫色の小さなオダマキ(苧環)の花が咲きます。
オダマキ(苧環)は小さくて可憐な花です。
そして、なんだか舞を舞っているような姿をしています。

源義経は、このオダマキ(苧環)の花を、静御前(しずかごぜん)に例えました。
そこで今日は、『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第二巻から、「静御前の舞」をお届けしてみたいと思います。
このお話は、この時期に毎年お届けしているお話です。
ですから「もう読んだよ」という方もおいでのことと思います。
けれど、そういう方でも、いまいちど、読み返してみていたけたらと思います。
きっとそこに、新たな発見と感動があると思います。


─────────
流転の旅と吉野山中の別れ
─────────
よく時代劇などで、大奥のお女中たちなどが、忍び込んだ曲者に気がついて、薙刀を持って頭に鉢巻を絞め、
「曲者でございます。お出会えそうらえ」などといって廊下をバタバタと走る姿などが描かれます。
武家の娘といえば、まさに薙刀が定番だったわけですが、なぜ、江戸時代の武家の娘さんたちが薙刀を習ったかというと、実は、静御前への憧れからきていたといわれています。

静御前といえばいまでいうダンサーである白拍子だった人であり、源義経とのロマンスが有名ですが、同時に彼女は当時の世を代表する薙刀の名手でもあったのです。
武家の女性たちにとって、まさに静御前は永遠の憧れだったし、だからこそ、彼女たちは静御前に倣って、薙刀を学んだのです。おそらく静御前は、日本史上もっとも多くの女性から愛され続けた女性であろうと思います。

実は、この薙刀、たいへん強力な武器です。相当腕の立つ剣道の達人でも、女性の扱う薙刀の前に、手も無くやられてしまうことがあります。
そういう意味では、江戸の武士たちは、もっとも強力な武器をむしろ女性たちに与え、自分たちはそれより弱い、大小二本の刀を腰に差していたともいえるわけです。

ちなみに大小の刀二本を差したのには、理由があります。
大刀は、もちろん相手を斬るためです。
そして小刀は、その責任をとって自らの腹を切るためのものとされていました。
武士は斬捨御免だったなどと言われますが、実は、人を斬れば、自分も責任をとって腹を切る。
それが武士の覚悟というものでした。

さて、静御前は飢饉の際に「雨乞い神事」を行い、ただひとり雨を降らせることができた「神に届く舞」を踊れる白拍子として、後白河法皇から「都一」のお墨付きをいただいた女性です。
この神事のとき、後白河法皇の側にいた源義経は、静御前のあまりの美しさに心を打たれ、その場で御前を妻に娶ることを願い出ました。以来二人はずっと寝起きをともにします。

けれど京の都で雅な生活をする義経は、鎌倉にいる兄の源頼朝に疎まれ、ついに京を追われてしまいます。
京を出た義経一行は、尼崎から船に乗って九州を目指すのですが、暴風雨に遭って船が難破してしまい、一行は散り散りになってしまいます。

嵐の中でも、決して手を離さなかった義経と静御前は、一夜開けて芦屋の里に漂着します。
九州落ちが不可能となったため、生き残った弁慶や源有綱、堀景光らと一緒に、陸路で大和へと向かいます。目指すは奥州平泉です。

大和の吉野山に到着した義経らは、吉水院という僧坊で一夜を明かします。
そこからは、大峰山の山越え路です。
ところが問題がありました。大峰山は神聖な山で、女人禁制なのです。
女の身の静御前は立ち入ることができません。
やむなく義経は、静御前に都へ帰るようにと告げます。

「ここからなら、都もさほど遠くない。これから先は、ひどく苦しい旅路ともなろう。そなたは都の生まれ。必ず戻るから、都に帰って待っていておくれ」
それを聞いた静御前は、「私は義経さまの子を身ごもっています」と打ちあけます。
そして、「別れるくらいならいっそ、ここで殺してください」と涙ぐみます。
このときの静御前は、鎧をつけ大薙刀を持っています。
鎧姿に身を包み、愛する人との別れに涙する絶世の美女、泣かせる場面です。

ここでひとこと注釈を挟みます。大峰山は、たしかに女人禁制の山です。
しかし、義経一行は、頼朝に追われた逃避行です。
いわば緊急避難行動中です。
たしかに静御前は女性ですが、大峰山に入る姿を誰かに見られているわけではありません。
関所があるわけでもありません。つまり、女人禁制とはいっても、女性を連れて入ろうとすれば、いくらでも入ることができる状態でもありました。
人が見ていなければ、見つからなければ、何をやってもいいと考えるのは、昨今の個人主義の弊害です。
昔の日本では、人が見ていようが見ていまいが、約束事は約束事、決まりは決まりです。

たとえどんなに愛する女性であっても、たとえ口の堅い部下しかそこにいなかったとしても、誰も見ていなくてもお天道様が見ている。そう考え、行動したのがかつての日本人です。
だから義経は静御前に「都へ帰りなさい」と言ったのだし、御前もその義経の心中が分かるからこそ、禁制を破るより「殺してください」と頼んでいるのです。
義経は泣いている静御前に、いつも自分が使っている鏡を、そっと差し出しました。

「静よ、これを私だと思って使っておくれ。そして私の前で、もう一度、静の舞を見せておくれ」愛する人の前で、静御前は別れの舞を舞います。
目に涙を浮かべいまにも崩れ落ちそうな心で、静御前は美しく舞う。
それを見ながら涙する義経。
名場面です。

静御前が舞ったときの歌です。

 見るとても
 嬉しくもなし
 ます鏡
 恋しき人の
 影を止めねば

「鏡など見たって嬉しくありません。なぜなら鏡は愛するあなたの姿を映してくれないからです......」
義経一行は、雪の吉野山をあとにしました。その姿を、いつまでもいつまでも見送る静御前。
一行の姿が見えなくなった山道には、義経たちの足跡が、転々と、ずっと向こうのほうまで続いています。
文治元(一一八五)年十一月のことです。

この月の十七日、義経が大和国吉野山に隠れているとの噂を聞いた吉野山の僧兵たちが、義経一行の捜索のために山狩りを行いました。
夜十時頃、藤尾坂を下り蔵王堂にたどり着いた静御前を、僧兵が見つけます。
そして執行坊に連れてゆき尋問しました。
荒ぶる僧兵たちを前にして、静御前はしっかりと顔をあげ、

「私は九郎判官義経の妻です。私たちは、一緒にこの山に来ました。
しかし衆徒蜂起の噂を聞いて、義経様御一行は、山伏の姿をして山を越えて行かれました。
そのとき、数多くの金銀類を私に与え、雑夫たちを付けて京に送ろうとされました。
しかし彼らは財宝を奪い取り、深い峰雪の中に、私を捨て置いて行ってしまったので、このように迷って来たの です」と述べます。

翌日、吉野の僧兵たちは、雪を踏み分け山の捜索に向かいました。一方、静御前は鎌倉へと護送されます。
鎌倉に護送された静御前は、厳しい取り調べを受けますが、義経の行き先は知りません。
知らないから答えようもありません。
やむなく頼朝は、彼女を京へ帰そうとしますが、このとき彼女が妊娠五カ月の身重であることを知ります。
このため出産の日まで、静御前を鎌倉にとどめ置くことになりました。

─────────
敵陣で舞う桜▼
─────────
年が明けて四月八日、鎌倉幕府で源頼朝臨席の花見が、鶴岡八幡宮で盛大に執り行われることになりました。
この日頼朝は、幽閉されていた静御前に、花見の席で舞を舞うことを命じました。
なにしろ静御前は当代随一の神に通じる舞の名手です。
けれど、それは、静御前からすれば、敵の真っただ中で舞うことになります。
できる相談ではありません。

「私は、もう二度と舞うまいと心に誓いました。いまさら病気のためと申し上げてお断りしたり、わが身の不遇をあれこれ言うことはできません。けれど義経様の妻として、この舞台に出るのは、恥辱です」
そう言って、八幡宮の廻廊に召し出された静御前は、舞うことを断ったのです。

それを聞いた将軍の妻、北条政子は、たいへん残念に思いました。
新興勢力である鎌倉幕府記念の鶴岡八幡宮での大花見大会なのです。
「天下の舞の名手がたまたまこの地に来て、近々帰るのに、その芸を見ないのは残念なこと」

政子は頼朝に、再度、静御前を舞わせるよう頼みます。
頼朝は、「舞は八幡大菩薩にお供えするものである」と静御前に話すよう指示しました。

単に、花見の見せ物として舞うのと、鶴岡八幡宮に奉納するということでは、舞う意味がまったく違います。神への奉納となれば、これは神事だからです。
静御前は神に捧げる舞を舞う白拍子です。神事といわれれば断ることができません。

静御前は着替えを済ませ、舞台に出ました。会場は鎌倉の御家人たちで埋め尽くされています。
静御前は一礼すると、扇子をとりました。そして舞を舞いはじめました。
曲目は、「しんむしょう」という謡曲です。
歌舞の伴奏には、畠山重忠・工藤祐経・梶原景時など、鎌倉御家人を代表する武士たちが、笛や鼓・銅拍子をとりました。
満員の境内の中に桜が舞います。
その桜と、春のうららかな陽光のもとで、静御前が舞う。

素晴らしい声、そして素晴らしい舞です。
ただ......、何かものたりないのです。心ここにあらずなのです。
続けて静御前は『君が代』を舞いました。けれど舞に、いまひとつ心がこもっていません。

─────────
『君が代』のお話▼
─────────
ここでもちょっと脱線します。『義経記』は、ここでたしかに静御前が『君が代』を舞ったと記述しています。『君が代』を軍国主義の象徴のように思っている方もいらっしゃるようですが、大東亜戦争よりも八百年以上前に、静御前がこうして舞った歌でもあるのです。

『君が代』の初出は、『古今和歌集』です。巻七「賀歌」の巻頭歌として、「題しらず」「読み人しらず」で掲載されているのが『君が代』です。
『古今和歌集』は醍醐天皇の勅命で編纂され、延喜五(九〇五)年に奏上された日本初の勅撰和歌集です。『万葉集』に載っていない古い歌も収録されていますから、『君が代』は、すくなくとも千百年以上、場合によっては千四百年以上もの歴史のある歌なのです。

さらに、『君が代』の「きみ」とは、漢字で書いたら「君」ですが、そもそも日本語は、一音一音に深い意味が込められている言語です。
「き」は男性、「み」は女性です。ですからイザナキ、イザナミであり、おきな(翁)、おみな(嫗)です。そもそも「女」とは、「おみな」が転じて「おうな」となり、そして「おんな」となったものです。

つまり「きみがよ」の「きみ」とは、き(男)み(女)であり、あなたと私、君とボクです。
ですから、「君が代は千代に八千代に」は、「あなたと私の世は、未来永劫に」と読めるわけで、だからこそ『君が代』はおめでたい賀歌として、江戸時代から明治初期にかけて、婚礼の際に歌い継がれてもきたのです。

伊邪那岐命(いざなきのみこと)、伊邪那美命(いざなみのみこと)の二神は、我が国の国土を産み、我が国の最高神である天照大神(あまてらすおおみかみ)を産んだ神様でもあります。
そしてその直系の子孫が天皇であることから『、君が代』の「きみ」は、我が国の男女を表すと同時に、天皇を表すとされています。
そして我が国の男女は、天皇と一体となって国家を形成しているわけですから、「きみ」とは、我が国そのものを指していることになり、だから国歌となっているわけです。
『君が代』は、世界最古の国歌です。

─────────
女ひとりで挑んだ戦い▼
─────────
さて、話を鶴岡八幡宮にもどします。どこか心の入らない静御前の舞に、場内がざわめきはじめます。
「なんだ、当代随一とか言いながら、この程度か?」
「情けない。工藤祐経の鼓がよくないのか?それとも静御前が大したことないのか?」

会場は騒然となりました。敵の中にたったひとりいる静御前にとって、そのざわめきは、まるで地獄の牛頭馬頭たちのうなり声のようにさえ聞こえたかもしれません。普通なら、足が震えて立つことさえできないほどの舞台なのです。
その静御前は、二曲を舞い終わり、床に手をついて礼をしたまま、舞台でかたまってしまいました。
そのまま、じっと動きません。

「なんだ、どうしたんだ」
会場のざわめきが大きくなりました。
それでも静御前は動きません。

このとき御前は何を思っていたのでしょう。
遠く、離ればなれになった愛する義経の面影でしょうか。
このまま殺されるかもしれない我が身のことでしょうか。

「二度と会うことのできない義経さま。もうすぐ殺される我が身なら、これが生涯最後の舞になるかもしれない。会いたい、会いたい。義経さまに、もういちど会いたい......」

このとき静御前の脳裏には、愛する義経の姿が、はっきりと浮かんでいたのかもしれません。
『義経記』はこのくだりで、次のように書いています。
「詮ずる所敵の前の舞ぞかし。思ふ事を歌はばやと思ひて」
(どうせ敵の前じゃないか。いっそのこと、思うことを歌ってやろう!)

そう心に決めた静御前は、ゆっくりと、ほんとうにゆっくりと立ち上がりました。
なにが起こるのでしょうか。
それまでざわついていた鎌倉武士たちが、静まりかえっていきます。
そして、しわぶきひとつ聞こえない静寂が訪れたとき、静御前が手にした扇を、そっと広げました。
そして歌いはじめます。

 しづやしづ
 しづのをだまき
 繰り返し
 昔を今に
 なすよしもがな

 吉野山
 峰の白雪
 踏み分けて
 入りにし人の
 跡ぞ恋しき

「いつも私を、静、静、苧環の花のように美しい静と呼んでくださった義経さま。
幸せだったあのときに戻りたいわ。
吉野のお山で、雪を踏み分けながら山の彼方に去って行かれた義経さま。
あとに残されたあのときの義経さまの足跡が、いまも愛しくてたまりません......」

歌いながら、舞う。
舞いながら歌う。
美しい。あまりにも美しい。
場内にいた坂東武者たちは、あまりのその舞の美しさに、呆然として声も出なかったといいます。
その姿は、まさに神そのものが舞っているように見えたとも伝えられています。

この「しづやしづ」の舞を、静御前が白拍子だったから「賤」である、などと書いているものもあるけれど、とんでもない話です。
義経は、静御前を「苧環の花」にたとえているのです。
映画やドラマなどでは、いろいろな女優さんが静御前を演じ、私たちはその映像を見ます。
けれど物語は千年前です。
映画もドラマもありません。
ですから昔の人は、文字だけで何とか美しさを表現しようと、その場面に背景や花を添えてイメージを伝えているのです。

静御前は、苧環の花にたとえられました。
背景は、満開の桜の花です。
薄桃色一色に染まった背景の中で、一輪の苧環の青い花が舞うのです。
このようにして物語を立体的な総天然色の世界として読み手にイメージさせるのが日本の古典文学の特徴です。「賤」なんて、とんでもありません。

静御前が舞い終えました。
扇子を閉じ、舞台の真ん中に座り、そして頭を垂れました。会場は静まり返っています。
およそ芸能のプロと呼ばれる人には、瞬時にして聴衆の心をぎゅっと摑んでしまう凄味があります。
なかでも神に通じる当代随一と呼ばれた静御前です。
しかもその御前が、愛する人を思って舞ったのです。

どれだけ澄んだ舞だったことでしょう。
想像するだけで、体が震えるほどの凄味を感じます。
しかも、舞台は敵の武将たちのど真ん中。
そこで静御前は、女一人で戦いを挑んだのです。

会場には、またもうひとつの緊張がありました。
源氏の棟梁である源頼朝と、名だたる御家人たちの前で、静御前が敵方の大将であり、逃亡中の義経を慕う歌を歌い、舞ったのです。

静寂を破ったのは頼朝でした。
「ここは鶴岡八幡である。その神前で舞う以上、鎌倉を讃える歌を舞うべきである。
にもかかわらず、謀叛人である義経を恋する歌を歌うとは不届き至極である!」

このとき、日ごろは冷静すぎるくらいの頼朝が、珍しく怒りをあらわにしたとあります。
このままでは静御前は、即刻死罪となるかもしれません。
けれど、これを制したのが、頼朝の妻の北条政子でした。

「将軍様、私には彼女の気持ちがよく分かります。私も同じ立場であれば、静御前と同じ振る舞いをしたことでしょう」
「ならば」と頼朝は言います。
「敵将の子を生かしておけば、のちに自分の命取りになる。そのことは、自分が一番よく知っている。生まれてくる子が男なら殺せ」

実は、このとき静御前は妊娠六カ月です。
お腹の子は、もちろん愛する義経の子です。
母親となる身にとって、生まれて来る子を殺されることは、自分が殺されるよりつらいことです。

北条政子は言いました。
「では、生まれてくる子が女子ならば、母子ともに生かしてくださいませ」
同じ女として、政子のせめてもの心遣いです。
頼朝は、これには、「ならばそのようにせよ」と言うしかありませんでした。

─────────
千年の時を超えてなお、日本人の心を震わせる物語▼
─────────
それから四カ月半後の七月二十九日、静御前は男の子を出産しました。
その日、頼朝の命を受けた安達清常が、静御前のもとにやって来ました。

お腹を痛めた、愛する人の子です。
静御前は子を衣にまとい抱き伏して、かたくなに引き渡すことを拒みました。
武者数名がかりで取り上げようとしたけれど、静御前は、断固として子を手放さなかったといいます。

数刻のやり取りのあと、安達清常らはあきらめて、いったん引きあげました。
安心した静御前は疲れて寝入ってしまう。
そりゃそうです。初産を終えたばかりなのです。体力も限界だったでしょう。

けれど御前が寝入ったすきに、お寺の磯禅師(いそのぜんじ)が赤子を取り上げ、使いに渡してしまいます。
子を受け取った安達清常らは、その日のうちに子を由比ヶ浜の海に浸けて、殺してしまいました。

目覚めて、子がいないことに気がついた静御前の気持ちはいかばかりだったことでしょう。
「どうせ殺すなら、私を殺してほしかった」
気も狂わんばかりとなった御前の悲しみが、まるで手に取るように伝わってきます。

産褥の期間を終えた静御前は、九月十六日、鎌倉から放逐されることになりました。
このとき、御前を憐れんだ北条政子は、たくさんの重宝を御前に渡し、京へと旅出するよう言ったといいます。

その後の静御前については諸々の伝承があり、はっきりしたことは分かりません。
北海道乙部町で投身自殺したというもの。由比ヶ浜で入水したというもの。義経を追って奥州へ向かうけれど、移動の無理がたたって死んだというもの等々、列挙すればきりがないほど、たくさんの物語が存在します。

静御前は、源頼朝の前で、堂々と愛する人を思う歌を歌い、舞を舞いました。
これがどれほど危険な行為か、静御前も分かっていたと思います。
そして、言うまでもなく頼朝の怒りを買い、子を殺されることになりました。

なみいる鎌倉御家人たちの前で、彼らの目を釘付けにするほど美しい舞を舞うことが、愛する義経の名誉を守ることになる。
逆に、「大した舞などできないじゃないか」となれば、それだけ義経は軽い存在でしかなくなる......。

彼女は、自分が殺されることを覚悟のうえで、義経を慕う歌を歌い、舞ったのです。
この物語は、いまから千年も昔の物語です。そして実話です。
愛する人を慕う静御前の心、戦う勇気、子を思う親としての気持ち。
敵側でありながら、静御前に深く同情を寄せる北条政子。
義経の物語は、千年の時を超えて、いまも昔も日本人の心は変わらないものであることを教えてくれます。

********

この物語は『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』第二巻に収録したものですが、一点、補足をしておこうと思います。

赤ん坊を取り上げた磯禅師(いそのぜんじ)は、静御前の実の母です。
その母が、娘の子を殺そうとする安達清常に、赤ちゃんを引き渡してしまう。
実は、こういうところに、物語に書かれていない伏線が置かれているのが、日本文学の特徴です。
表向きは、こうして赤ちゃんは由比ヶ浜で、海水に漬けられて殺され、遺体もそのまま海に流されたことになっています。

けれど、よくよく考えてみれば、そもそも母が娘の赤ちゃんを殺すために安達清常に渡すでしょうか。
祖母にとって娘の子(つまり孫)ですが、孫というのは、祖父母にとっては、それこそ目に入れても痛くないほど可愛いものです。
それをおめおめと渡した?

そうであるとするならば、絶対にその背景があるはずです。
何があったのでしょうか。
答えは、赤ちゃんは死んでいない(殺されていない)、です。

まず、子を取りあげたのは磯禅尼ですが、これは静御前の実母です。
当代一の白拍子にまでなった娘を、母親が可愛くないはずはありませんし、生まれてきた赤ん坊は、磯禅尼にとっては初孫です。これまた可愛くないはずもない。
まして、敵対する相手に赤子を求められたからといって、普通ならおいそれと引き渡す筈もありません。

一方、引き渡しを求めてきた鎌倉方の安達清常は、堂々たる鎌倉御家人です。
武門の柱として、刃向かう者には容赦はしないけれど、生まれたての赤子を殺せるような鎌倉武士は、悪いけれど誰一人いるはずもないし、そのようなことをすれば、仮にそれが頼朝の命令であったとしても、安達の家名に泥を塗り、末代までの恥さらしとなります。
武士が名誉を重んずることは、江戸時代よりも鎌倉時代はもっとすごみがあった時代です。

つまり何を言いたいかというと、安達清常は、赤子を殺さなかったであろうということです。
その意味では、由比ヶ浜に浸けて殺したという表現もおかしなものです。
赤子を殺すには、首を締めても良いし、刀で刺すこともできるのです。
それをわざわざ由比ヶ浜というのは、これは「謎掛け」だということです。
海に沈めて殺したとなれば、遺体は海に流されて見つかりません。
つまりこの話は、「殺したことにした」というだけのことであると読むことができるのです。
「殺した」というのは、「○○だったと日記には書いておこう」というのと同じ建前です。

もちろん静御前にそのように話すことなどできません。
話したところで御前が生まれたばかりの赤ちゃんを手放すはずもない。
そこで安達清常は、静御前の母に、
「ワシが責任をもって赤ん坊の面倒をみる。
 そして後日、必ず赤子を静御前に引き渡そう」
と、自身の名誉にかけて誓い、赤ん坊を引き渡してもらったのであろうと思います。
噛んで含めて赤子を引き渡させ、海に沈めたことにして、乳母を雇って赤ん坊を育てたのでしょう。

一方、静御前は、北条政子らから黄金をもらって鎌倉を解放されたとはいっても、自分が眠っている間に大事な赤ちゃんは拉致され、由比ヶ浜で殺されたという。
しかも引き渡したのは、自分の母だというわけです。
もうそうなれば人間不信でしょう。
愛する義経には二度と会えない。
二人の大切な子は、いわば母によって殺されたとあっては、この先いったい誰を信じて生きて行けばよいのか。
産後の肥立ちの弱った体に、激しい悲しみが追い打ちをかけたのです。
おそらくは、もはや生きる気力をまったく失って、生ける屍のような状態になっていたことでしょう。

そのような抜け殻になってしまった静御前を、鎌倉方がいつまでも養っておく理由はありません。
ですから財宝を与えて、母の磯禅尼とともに鎌倉を放逐します。
「京に帰りなさい」というわけです。

母とともに街道を歩いても、静御前にしてみれば自分を裏切った人と歩いているようなものです。
この世でもっとも憎む相手が自分の母親だなんて、考えただけでもつらい話です。
母を殺して自分も死ぬか。
けれど親殺しはこの世で最も重い重罪です。

そんな乱れる心で街道をたどって、ようやく鎌倉を抜けたとき、街道に馬を降りた安達清常が立っています。
安達清常は、静御前母子に真顔で近づきます。
普通なら、静御前にとって安達清常は憎んでも憎み足りない敵(かたき)となるところです。
けれど我が子を失い、すでに心が死の淵に行ってしまっている静御前にとって、もはや目の前にいる安達清常は、ただの物体でしかありません。

その安達清常が言います。
「静殿、お待ちしておりました、。
 母君の磯禅尼殿に、ほだされましてな。
 『武士が赤子を殺すのか!』というわけです。
 それで委細を承知つかまり、
 由比ヶ浜で海に漬けたことにして、
 こうしてひそかにお育てしてまいりました。」

見れば、安達清常の後ろに立っている女性が赤子を抱いています。
(生きていれば私の子も、この子くらいだったかもしれない)
静御前には、まだ事態が飲み込めません。
安達清常は、女性が抱いている赤子を静御前に抱かせます。

「ほら。若君ですよ。
 大切にお育てしてまいりました。
 ささ、お顔をよくご覧ください。
 若君。
 ホラ、母君だよ・・・。」

腕に抱いた赤子の重み。
母というのは不思議なものです。
どんなにたくさんの赤ちゃんがいても、そのなかからひと目で我が子を見つけます。
このときの静御前もそうでした。

そのとき、静御前の胸の中で、すべてがつながりました。
母は知っていながら、心を殺してまでしてそのことを自分に黙っていた。
娘が傷つき、心が死の淵をさまよう状況にまで至っても、それでも自分を信じていてくれた。
鬼と思っていた安達清常も、こうしてみれば、真っ直ぐそうな良いお男です。
そしてこれまで乳母をしてくれていた女性の笑顔。
静御前の目からは、滂沱の涙がこぼれ落ちます。

私は、これが実際にあった出来事であろうと思っています。
頼朝にしても人の子です。
弟の赤子を殺したとあれば、死ぬまで後悔します。
けれど政治の事情で、そのように決断しなければならなかったし、将軍の決断は、そのまま実行に移されなければなりません。

しかしそこが政治なのです。
静御前の赤子を取りあげに誰を行かせるか。
ちゃんと事情を飲み込んで対処できて、しかも口にチャックを締めて誰にも言わずにいれる男。
だから安達清常を静御前のもとに向かわせたのです。

安達清常というのは、御家人ではありません。
御家人というのは、いま風に言えば、領土を持った地元の名士たちです。
けれども安達清常は、一般の庶民の出で、京の都で元暦年間から頼朝に仕えた、武士階級の出ではない頼朝の側近(近習)です。
しかし同時に安達清常は、頼朝の気持ちを察して行動できる信頼できる優秀な男でもありました。
そしてこの安達清常によって、土地持ちの御家人でなくても、才覚と努力で武士となる道が開かれています。
そしてその要件は、ただ上司の言うことだけを聞く男ではなく、近習として上司の考えを察して責任を持って行動できる男とされていったのです。

ただ赤子を殺すだけなら、小物を派遣すれば足りるのです。
けれども、頼朝の近習の中の近習、信頼できる安達清常を派遣したのは、
「安達清常なら、この問題をきちんと処理してくれる」
という期待が頼朝にあったからです。
そしてそういう人材こそが、幕府の官吏としてふさわしいとされ、そうであればなおのこと、御家人たちは、さらにもっと深く察して行動できる力量が求められるようになっていったのです。

ここが他所の国と日本の武士文化の異なる大事なところです。
命令されたからと言って、何の感情もなく、ただ人を殺せるような痴れ者は、鎌倉武士の中にはひとりもいない。
そう断言できるだけの武士文化を、頼朝は構築したのです。
だからこそ、江戸時代に至っても、武士の戦慄する姿の模範は、常に鎌倉武士に求められたのです。

「察する」ということを大切にした日本の文化においては、文学であっても時代への配慮を欠かしません。
ですから物語そのものは「○○と日記に書いておこう」と同じで、いわゆる建前で記述されます。
しかしそのようなものは、どこかおかしなところがあるもので、前後の経緯や事態の流れから、容易に実際にあった出来事を察することができるように書かれているものです。

でもそんなことを言い出すと、間違っていると言われるかもしれません。
どこにも書いてないよ、と言われるかもしれません。
なるほどそうでしょう。
間違っているかどうか、どこかに書いてあるかどうかはとても大切なことです。
けれど洞察し、見抜くことは、人が生きていく上において、もっと大切なことです。

お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

鳩サブロー

将軍、桜、八幡大菩薩
> 将軍様、私には彼女の気持ちがよく分かります。

源頼朝が右近衛大将に任じられたは建久元年(1190年)、征夷大将軍になるのは建久3年(1192年)で、 静御前が舞を披露した文治2年(1186年)の時点では従二位には昇っていたものの、「将軍様」と呼ばれる根拠はありません。また、文治2年4月8日はユリウス暦だと1186年4月28日、現在のグレゴリオ暦に直すと1186年5月5日なので鎌倉ではさすがに遅咲きの品種でも桜のシーズンは終わっているように推測されます。このころの鶴岡若宮(鶴岡八幡宮)では毎年4月8日に潅仏会(花祭り)が行われていたらしく、後年「花祭り」と「花見」の混同があったように思われます。鶴岡八幡宮(八幡大菩薩)は明治の神仏分離令以前は神仏習合の形で、正式な神宮寺創建後はほぼ仏寺といっていい存在でした。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク