特種潜航艇による強襲



シドニー港攻撃に参加した巡潜乙型潜水艦(同型の伊15)
otugatasennsuikann.jpg


ハリウッド映画で、ニコール・キッドマンを主演に起用して大作としてさかんに宣伝していながら、結果としてはイマイチ売れなかった映画に「オーストラリア」があります。

かなり反日華僑の影響を受けた映画で、オーストラリアに上陸した白人たちが、現地人であるアボガジニたちを保護しようとしていたのに、大東亜戦争で日本軍がやってきて全部ぶち壊しにしてしまったという、笑えない冗談のような流れで描かれた歴史スペクタクル巨編でした。

さすがにオーストラリア人にとっても、また白人社会においても、まるでウリナラファンタジーさながらのこの映画は、作成年度においては、その宣伝効果もあってオーストラリア国内で興行収入1位をとり、世界中に配給したものの、結果としては「市場に見放された映画」となっています。

実はこの映画、ラストシーンで大嘘を描いてしまいました。
昭和17(1952)年2月19日に、日本海軍機動部隊が、オーストラリア北海岸の要港ダーウィンを空襲したという大スペクタクルを描いたのです。
そして日本軍が、オーストラリアの先住民であるアボリジニを虐殺したと。

日本は、南太平洋戦線が一番南に延びていた時期に、なるほどオーストラリア5ヵ所の軍事施設を空爆しました。
けれどこれがまさに「軍事施設」だけを標的とした、ピンポイントの見事なまでにあざやかな空爆だったのです。

また松尾敬宇中佐らの特種潜航艇三隻、秋枝三郎中佐らの同二隻は、警戒厳しいシドニー軍港及びマダガスカル島ディエゴスワレスを強襲し、オーストラリア海軍の宿泊艦「クッタブル」を沈没させるなどの戦果をあげながら、防潜網に絡まるなどして、自爆自沈しています。

この自爆した特殊潜航艇は、6月5日までに引き上げられ、9日には英国海軍から派遣されていたシドニー要港司令官ジェラード・ミュアヘッド=グールド海軍少将(Rear Admiral Gerard Muirhead-Gould)によって、オーストラリア海軍をあげての盛大な海軍葬が行われています。

この「戦時中に敵国である日本の海軍軍人に鄭重な礼を尽くす」ということに、オーストラリア国内では、一部反発もあったそうです。
けれど、あきらかに装甲の薄い小型の特殊潜航艇で港内深くまで潜入し、敵に発見されるや投降することなしに自沈したというその松尾大尉らの勇敢さに対し、グールド少将は心を打たれ、海軍葬で礼を尽くしただけでなく、葬儀後に、次のような演説をラジオで行いました。
そしてその演説は、オーストラリア国民の心を打ち、そしてまた礼を尽くしたこと自体が、オーストラリア海軍の誇りにもなっています。

========
このような鋼鉄の棺桶で出撃するためには、
最高度の勇気が必要であるに違いない。
これらの人たちは最高の愛国者であった。
我々のうちの幾人が、
これらの人たちが払った犠牲の
千分の一のそれを払う覚悟をしているだろうか」

残念ながら、映画「オーストラリア」は、オーストラリア海軍軍人の誇りをひどく傷づける映画となりました。
一部でカネを積まれた評論家が大絶賛する一方で、多くのオーストラリア人、それも軍隊の関係者からは、最低の映画と酷評されたのもうなづけます。


人種の平等と世界平和,公正な世界を目指した日本


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

火事場の馬鹿力

世界は大人気(おとなげ)ない。
何やら白人のやったアボリジニー・ジェノサイト(タスマニアでは完遂)まで日本のせいにされそうです。
反日教育で洗脳されたチィナ人、半島人がオーストラリアそして、出産費用を無料にしょうとニュジーランドに大挙押し寄せて、日本軍国主義の被害者を装おっているらしいです。
自分達のマナーが悪くて現地の人達に嫌われだしている。
「何で来るの?」と聞かれた時の言い訳に使っているみたい。
彼等への反感まで日本人がしょいこむ図式になってます。
反日感情がオーストラリア、ニュジーランドの人達に擦り込まれてます。
白人等も「アボリジニー狩り」をお祖父さん達がやっていたとは認めたくないでしょうから、日本人のせいにしちゃえ的な所だと思います。
歪曲、捏造、虚偽はチィナ人、半島人の習い性と諦めず、また映画だからと見過ごさず反論していかねばなりません。
いい加減、真実を世界に主張しないと本当に危ないと思います。
…沈黙は認めた事になります。

特ア嫌人

これからは

×オーストラリア

オーストコリア

の国呼称に変わりますv-218

へへ

この映画を反日と関係ない、と言う方もいるようですね。
ただのロマンス映画である、ロシア中国ドイツ日本は悪役でよく出る、ストーリが面白ければいい、と言う意見です。

しかし、過去オースラトリアで白人がなにをしたかわかればこのような映画は嫌いです。ただの大量虐殺です。人間扱いしていないんですから。
映画を反日に利用する人も出るでしょう。

そろそろ、ステレオタイプの映画はやめて、日本軍が正義の映画がたくさん作られることを望みます。

zoc

オーストラリア人高校教師が、日本の歴史教育は事実を認めないので、中韓からいつまでも謝罪を求められると言われて私も聞きました。

アボリジニーの90%を狩猟してきたことを歴史教育でしているかと。

もちろん中韓のことにも、おもいきりつっこんでおきました。

dekotyan

初めてですが・・・
時々は訪問させて頂き、読ませて頂いていました。
私は映画好きで、この映画見ました。オーストラリア版「風と共に去りぬ」と聞いて、期待していったのですが、前半は広大な自然と美男美女の主役とアポリジニの少年が良くて、楽しんでいたのですが、後半の日本軍の空爆から、特にアポリジニの人を射殺シーンを見て、すっかり興ざめしました。
オーストラリアの責任を日本に転嫁したようで・・・。
政府が協力してのオーストトラリア観光映画なら、なおさら、怒り心頭です。

以前はオーストラリアは親日的と聞いていましたが、首相が親中になって、反日へと変化したのでしょうか?

ナポレオン・ソロ

この映画は反日プロパガンダですよ
 この映画はカスだと、オーストラリア在住の人がコメントしてました、先に指摘があった、在り得なかった事実{上陸してアボリジニを虐殺・・」「一般商船ばかり攻撃した・・」等、反日プロパガンダに溢れた下らない映画だと。

 実際には、シドニー湾に潜入した特殊潜行艇数隻が挙げた戦果は素晴らしいモノがあったそうですが、全員還らなかった、数年前にその潜行艇が湾内の海底から見つかり、日本から遺族を召集して、その勇気を称える式典を開催したと言う美談は聞いたことがあります。

toragorou88

映画「オーストラリア」について
先日ニュージーランドに行きましたが、その帰りの飛行機の中でこの映画の英語版を見ました。
字幕もありませんので詳しいことは分かりませんが、前半はローハイドを彷彿させる西部劇といった感じで後半こちらで取り上げられた戦争シーンが出てきました。 全体としては主人公の女性もスカーレット・オハラを連想させられ、「風と共に去りぬ」を見ているようでした。 この際インターネットでこの映画に関することをいろいろ調べてみたいと思います。

キジバト

日本軍によるアボリジニの虐殺
この映画が公開された直後、Yahooの映画レビューに寄せられた感想の中に、「日本軍によるアボリジニの虐殺シーン」に関するコメントが多数ありました。
http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tymv/id331364/s0/p1/or1/ds2

主人公の白人とアボリジニが、それでも仲良くほのぼのやっているところに、野蛮な日本軍が上陸してきて「死ね、このクロンボやろう!」みたいなことを怒鳴りつつ、アボリジニを虐殺するようです。

たとえば、コメントの一つ:「日本はゼロ戦で攻撃はしましたが上陸して攻撃はしていません。
なのに映画の中では日本の兵士が上陸して、子供を逃がそうとしている傷ついたアボリジニ(?)を数名で取り囲み差別用語を使って罵りながら銃殺しています。」


映画『オーストラリア』に初めは興味があったものの、こういうコメントに辟易して、私はまだ見ていないのですが、ねずきちさんはご覧になっていますか?

中には、オーストラリア大使館や、20世紀Fox社に抗議した人もいるようですが。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク