円周率と日本人

日本は世界の最先端数学国だった・・・というお話です。

20200520 関孝和
画像出所=https://otonanokagaku.net/issue/edo/vol3/index.html
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

《ご連絡》
○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。



「産医師異国に向かう 産後厄なく 産婦みやしろに 虫散々闇に鳴く・・・」

ご存知円周率の暗記法です。
学生時代に一生懸命暗記しようとした方もおいでかもしれません。
ここまでで、
3.141592653589793238462643383279
で、小数点以下30桁までの暗記文になります。

長いものですと、次のようなものもあります。

~~~~~~~~~
産医師異国に向こう。産後薬なく、産婦みやしろに虫さんざん。闇に鳴くころにや、弥生も末の七日あけむつのころ、草の戸をくぐるに、皆いつかはと小屋に送る。仲良くせしこの国去りなば、医務用務に病む。
二親こそ悔やむに、やれみよや不意の惨事とこそ世にいうなれ。むなしくやしき不意の死は、親にはむごい惨事にや、文読む虫なれ草葉よし。労苦いとわぬ孝行や、夫婦とみたり一つなり。
不意の惨事はいつかくるよと親はいう。早よとは言うなよい頃に。
弥生は末の七日行く、都に行くとここまでも、酷務をせしむに、にくらしや。苦しい心をよく見つめ、お宮へ行くと虫死にて、葉はとうに朽ちて無し。
「衣濃く、再三再四無理言うや、夜となる頃夜半にさんざん。悩むほど、悩み色濃になるという」を一句置く。ハイ終わり。
夜毎の虫や、ころろころ文読む御身よ。病む人をよろこばしむる道踏むや、虫やに人やにさんざんと、草の戸に群れ何をかを申すに、よくぞと医師いうなり。
皆伏して小屋に並ぶ。ムムと無言身一つにて心細し。早や人なつかし、早や人恋ふに「奥に奥、無理にや次の国に来よ。奥に人無し人混みもなし。虫見つむるな薬草に、心配れば見つむれば、一草一草心して、見ろ笹を分け、いつか良い葉はみずからを匂はしむ。
はるか向こうに一宮よ、一つ詠む句はこの一句。よいできなれば心地いい。
「労苦浸み身は粉になれ。身も粉に刻苦刻苦と行くぞこの身は。」
国の人や無理言うな。宮に行く身に無理言うな。草の戸恋しやこの世は同じ。読む文もなく酌む酒に、鮒良く頃は夏となる・・・・
~~~~~~~


まあ、ここまでマニアックにならなくても、3.14159265(産医師異国に向こう)程度は、いまでも覚えておいでの方は多いのではないでしょうか。


20200401 日本書紀
◆ニュース◆
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


20191006 ねずラジ
《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

円周率の計算は、古代バビロニアの粘度板から、当時の人々(紀元前17~19世紀)が、3.125などを使っていたことが明らかになっています。

いまやコンピューターを駆使して、なんと小数点以下10兆桁まで計算されるようになった円周率ですが、世界では円周率の計算式を求めて、18世紀から19世紀にかけて大激論が交されていました。
ところが日本では、江戸初期となる17世紀、寛文3(1663)年には村松茂清が小数点以下7桁までの正しい値を求め、日常的に使用する円周率を3.14と決めています。
つまり私たちが学校で習う3.14は、日本国内で350年もの長きにわたって使われてきたものです。

ちなみに寛文3年といえば、関ヶ原の戦いから63年目の年です。
また村松茂清は、播州赤穂藩の人です。
赤穂といえば、赤穂浪士が有名ですが、討入りした村松喜兵衛、三太夫の親子は、村松茂清の息子と孫にあたります。
赤穂浪士は、円周率の開祖でもあったのです。

要するに日本では円周率について、赤穂浪士討入り前から「3.14」が使われていたのであって、それを日教組は、ゆとり教育だのとほざいて円周率をただの「3」にしてしまったわけです。
時代を逆行どころか、昭和、大正、明治をすっとばして、350年もさかのぼった!
で、日本人をアホにした。
ありえない暴挙です。
高レベルだった日本の教育を、地に落した責任は、万死に値する、と思います。

さてこの円周率を、さらに深く研究したのが、江戸時代中期の数学者、関孝和(せきこうわ)です。
関孝和は、暦の作成にあたって円周率の近似値が必要になったため、天和元(1681)年に、小数点以下第16桁まで、正確に算出しています。

このとき関孝和が用いた計算法は、後に「エイトケンのΔ2乗加速法」と呼ばれるようになった計算手法を用いたものです。
ところがこの計算技法、西欧で発見されるのは、1876年(明治9年)になってからのことです。
つまり、世界が「Δ(デルタ)2乗加速法」に目覚めたよりも、なんと約200年も前に、日本では関孝和によって、その計算技法が使われていたのです。
これまたすごい話です。

関孝和の数学への探求は、円周率だけでなく、これを応用した暦学、多元連立方程式、微分積分など多方面に及び、どれも世界最古といってよい内容の研究となっています。

先ほどの村松茂清は播州赤穂藩ですが、関孝和はもともと幕臣で、江戸城天守番を勤め、後年、甲府(山梨県)徳川綱重のもとで勘定吟味役を務めています。
甲府徳川家が綱重から、子の綱豊に移ると、綱豊が将軍家宣となったため、これについて江戸にのぼり、将軍家の財産管理理職である御納戸組頭にとりたてられています。

ただし、それだけの大役を担いながら、関孝和の禄高は300俵です。
300俵取りというのは、米1俵が60kgですから、お米10kgを6000円とすると、だいたい年収1000万円のお侍さんということになります。

ただし「俵取り」ということは職の重さに対して、身分が低い(直参の許されない)御家人です。
直参旗本なら「石取り」で、この場合は「300俵取」でなく、「120石取」という表現になります。
これは果たすべき責任の違いで、「石取り」の場合は、知行地の農家が飢饉に遭わないように面倒をみることが義務付けられていました。
「俵取り」の御家人は、ただ給料をもらうだけですから、その分、同じ禄高の直参旗本より、暮らし向きは楽だったようです。

もっとも御家人でありながら、御納戸組頭という大役を拝したということは、関孝和がそれだけ立派な人物であったということで、この時代、武家の高官は、単に頭が良いだけでは栄達はできず、やっとう(武道)の腕前も相当なものでなければ、出世は見込めません。
要するに青白きインテリではこの時代の出世はまず無理だったわけで、なるほど冒頭の絵の関孝和をみると、いかにも体格がよくて強そうです。

ちなみにこの関孝和というのは、実に不思議な人で、生前の身分や功績は数多く伝わっている(本人が本にしている)のですが、生年や来歴などは、どうやら群馬県の藤岡市あたりではないかという程度で、あまりよくわかっていません。

ただ彼が残した和算の技術は、彼の書や弟子とともに大きく発展し、またたく間に全国に普及しました。
関孝和の時代のすこし後に、伊能忠敬が全国行脚して、日本全地図を正確な測量のもとで作っていますが、これだけの地図を、伊能忠敬が短期間に作ることができた背景には、彼が測量に歩いた全国各地に、彼の用いた和算による測量技術がすでに普及したことを意味します。
関孝和の影響力の大きさが知れるものとなっています。

日本は世界の最先端数学国だったのです。
それにしても日本人て、すごいです。

※このお話は2012年5月のねずブロのリニューアルです。
お読みいただき、ありがとうございました。





人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

  ◆最新刊◆
  

◆◆◆◆◆ねずさんの代表作となる動画◆◆◆◆◆


《塾の日程》
どなたでもご参加いただけます。
https://www.facebook.com/events/199953101362592/
2020/6/20(土)13:30〜第73回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
https://www.facebook.com/events/1279660025559485/


◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

中曽根内閣では、文部省と日教組の関係者間ばかりで行われる教育政策に疑問を呈し、第2次中曽根内閣の主導に民間有識者によって構成される臨時教育審議会(臨教審)を発足させた。臨教審では「公教育の民営化、自由化」という意味合いの中で経済界や保守派の有識者の多数が賛成に回り、後のゆとり教育への流れを確立させた。

ゆとり教育の推進は中曽根内閣、臨教審ですね。

湘南童子

関孝和(せきこうわ/たかかず)さん
和算の解は神社に奉納されて居たとか
畢竟、神様は幾何・数学かと存じます



日本大和の天命が完うされますように

takechiyo1949

岩尾エマはるかさん
既に皆様ご存知だと思います。
3月14日は「円周率の日」で、2019年のその日、Googleの技術者が小数点以下約31兆4千億桁までの計算を発表しました。

2016年の記録は約22兆4千億桁でしたから、僅か3年で9兆桁も増やし、ギネス世界記録を更新したのです。
すぐに追い越されるのでしょうけど、取り敢えずは快挙です。

そのエンジニアとは?
「岩尾エマはるか」さん。
我国出身の女性エンジニアだそうでビックリしました。

私達は計算機を使って何かするだけですけど、岩尾さんは、計算機の仕組みや高速化に興味があるのだそうです。

さて、国際学力テストの我国の結果を眺めました。
科学力や数学力は比較的上位にいますが、読解力は急降下しています。
読解力が低ければ問題の意味も分かりません。

円周率『≒3』ですか?
この様な教育姿勢が宜しい筈はありません。
maid in JAPANの劣化を招くだけだと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク