給料が家に支払われていた日本のシステム

お金は、まとまればまとまるほど、使い方に余裕が出てくるものです。
日本復活の道として、日本的道徳心や神話や歴史の復活だけでなく、大家族制や、給料が家に支払われるという日本型社会システムは、復活の検討をしてみる値打ちがあると思います。

20200531 菅井きん
画像出所=https://www.orangemiracle.com/180824-1/
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

《ご連絡》
○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。



江戸時代までの日本では、給料(俸禄)というのは家に支払われるものでした。
たとえばお城勤めで俸禄をもらう武士(これを無足といいます)の場合、給料はお米で支払われます。
支給されるお米の量は、お城に勤めに出る夫の役職等に応じて定まりますが、その支払はその夫自身に対してではなく、その者の家に支払われました。

たとえば必殺仕掛人シリーズに登場する中村主水(藤田まこと・役)は、30俵2人扶持で、100坪の拝領屋敷に住む同心ですが、その給料は中村家に支払われるものであって、中村主水に支払われるものではありません。
そして家では、妻の「りく」もいますが、家庭内の実権は、妻の母である「せん」が持っていますから、中村家における実質的な給料の受取人は義母の「せん」であって、だから家庭内で「せん」は絶対的な存在となります。

ドラマの中で中村主水は、妻にも義母にも頭があがりませんが、それは中村主水がムコ殿であったからというばかりではないのです。
そもそもの給与システムが、そのようになっていたのです。

このことは、知行地を持つ高給料武士(これを「給足」といいます)でも同じです。
知行地からは、毎年年貢米が納められますが、お城勤めも、知行地の管理も主人の仕事ですが、収入の管理はすべて家内の仕事です。

これは町方の奉公人も同じで、独身者であればその実家に、既婚者であれば、家にいる妻に給料が支払われました。
農家においても、農産物の出来高とその管理は、やはり妻の仕事です。
こうしたシステムは、明治に入っても続きました。
一家の主は、多くの場合、その家の母の仕事です。
男は、銭金の心配をしないで、外で働く。
その分、家内がしっかりと家計の切り盛りをする、というのが、ごく普通の家の形となっていたのです。


20200401 日本書紀
◆ニュース◆
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


20191006 ねずラジ
《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

ですから、当然のことですが、女性は算盤もできるし、帳面を付けるために必要な文字も書けました。
そしてそれらは、女性の仕事でしたから、女子には幼い頃から、一定の教育が不可欠となっていたのです。
寺子屋教育も、男子は基本的な算術や書から発展して、社会道徳、人の道などが教えられましたし、女子は算術や書に加えて、和裁や帳面付けなどが教えられたものです。

このことは実際、たいへん合理的な仕組みで、どなたでも小学校時代を振り返ってみれば、男の子よりも女の子の方が、たいていの場合、ノートの付け方が上手でした。
男子児童のノートなど、文字が乱雑で本人にしか読めないケースも多かったのではないでしょうか。
その点、女子児童は、読みやすく上手に美しいノートがとられていたものです。
同じ女子からみると、そうでもないと言うのですが、男子の目からみると、女子生徒のノートは、字も配置も、実に見事なものでした。

家計簿という習慣も、男性にはなかなか面倒なものですが、いまでも多くの女性に愛され使われています。

不思議なもので、メモのとり方とか、手帳の書き方を指導する内容の本はたくさん出ていますが、家計簿に関しては、あまりそうしたマニュアル本がありません。
なくても、フォーマットがあれば、それを活用して、見事な家計簿を作ってしまうのが、女性だからです。

そうしなさいと言っているのではありません。
あくまでも一般的、全体的な傾向のことです。
けれども、そうした傾向が生まれるには、性差による特性というだけでなく、そこには歴史的な背景があるわけです。

こうした「給料は働いている個人ではなく、その人の家に支払う」というシステムは、諸外国には例がなく、日本独自の社会システムであったようです。
なぜなら戦乱の続く社会では、ひとたび王から声がかかれば、男性は戦いに出なければならないからです。
そのときに、細君(妻のこと)に家庭内の実権があれば、王の命令までも無視されてしまう。
誰だって死にたくないし、妻に「行かないで」と言われるだけでなく、「どうしても行くというのなら、お金は一切渡しません」などとやられたら、戦いのときに軍が編成できないのです。
だから給料は男性が管理するというのが、諸外国のシステムです。

ところが日本は縄文以来、平和を愛する国です。
国の基本が平和にありますから、家庭を大切にできるのです。

ちなみに、ユーラシア大陸で給料が家族に支払われるものということが常識化した時代がひとつあります。
それが元の大帝国の時代です。

元の給与システムは、戦いによって得た利益は、10等分して将がそのうちの2を取り、残りを10人の将で分配する。分配に預かった将は、やはりそのうちの2割を取って、残りを10人の部下で分配するという仕組みで、これによって、末端の兵にまで報酬がキチンと行き渡る仕組みになっていました。
これは将兵が死んだ場合にも守られ、報酬は、確実に家族のもとに届けられました。
元のこのシステムは、もともとの大陸にはなかったものであり、おそらくは源氏の軍体制を導入したものであろうといわれています。

2020531 伍長什長
画像出所=http://paulbeauchamp.org/2017/11/20/%E5%92%8C%E8%A8%B3%E3%80%81%E3%80%8E%E6%AD%A9%E6%88%A6%E4%BB%A4%E3%80%8F/
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


このように、日本発の文化や仕組みが世界に大きな影響を及ぼしたものというのは、実はかなり多くあります。
逆に日本は明治以降、とりわけ戦後、外国、それも主として米国の制度をあまりにも多く無批判に取り入れすぎることによって、日本社会の文化性を失っていますが、こういうことは、必ずその反動が来るときがやってくるものです。

さて、コロナ・ウイルスの関係で、これからの日本は、一時的に経済が相当低下することになります。
また、自粛生活後も、三密は避けるという方向性は変わらず、さらに今年の秋冬以降、間違いなくコロナの第二波がやってきます。
第一波では日本は、諸外国と比べて政治が無策と言われながら、民度の高さからロックタウンは防ぐことはできましたが、第二波では、日本もまた都市封鎖のようなことが起こる可能性があります。

いったん動き出した流れは、もはや停めることはできません。
勤務も毎日満員電車に揺られて出勤していたものが、在宅勤務が現実に可能で、ZOOMのようなリアルタイムの映像媒体によるコミュが可能だという社会にあっては、何も高い家賃の都市部に会社を置く必要もないし、住む必要もない。
こうなると、今後は地方への分散化が進み都市部の賃貸ビルなどの家賃が低下、今後は空きビルがますます増えるといった傾向になろうかと思われます。

また経済の低下は、特に食糧問題に大きな影響を与え、その意味からすると、これまでの効率重視の核家族でいるよりも、大家族で互いに支え合って生きるという選択が、より社会的ニーズを増していくものと思われます。

そうした中にあって、給与システムもまた、個人支給というよりも、家単位の支給の方が望ましいものとなっていくのではないかと思います。
現に、今回の政府からの十万円の支給金も、世帯主の口座に家族分が一括して振り込まれます。
ということは、単身者なら十万円の支給ですが、三世代同居の8人家族なら、世帯主の口座に入るお金は80万円です。
お金は、まとまればまとまるほど、使い方に余裕が出てくるものです。

日本復活の道として、日本的道徳心や神話や歴史の復活だけでなく、大家族制や、給料が家に支払われるという日本型社会システムは、復活の検討をしてみる値打ちがあると思います。

お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

  ◆最新刊◆
  

◆◆◆◆◆ねずさんの代表作となる動画◆◆◆◆◆


《塾の日程》
どなたでもご参加いただけます。
https://www.facebook.com/events/199953101362592/
2020/6/20(土)13:30〜第73回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
https://www.facebook.com/events/1279660025559485/


◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

古賀成文

家の財布は一つ、これが日本人です
人は神なり仏なり、日本は一元論の世界です。
神と人とが対峙する2元論の国とは異なります。

欧米では朝の食卓で奥さんと子供が旦那に金をねだる風景が見られます。
その朝の為に奥さんも子供も旦那にサービスをこれ努めるのです。
これは日本では二号さんの家だけでした。

紅組をなかに白組がまわりを囲み輪になるという旗のもと
昔の家はそれを実践したのです。

戦後の家族解体で夫婦共稼ぎしなければ生活出来ない国になってしまいました。
僕は娘に家計を任せきらない男は選ぶな、そんな男は日本人じゃない
それだけ云いました。

takechiyo1949

キャッシュレス時代
独身時代に、仕事と関係無いのに簿記1級を取得しました。
(当時は資格取得が大流行!)
ですからお金の出納は自分で記録してました。
結婚してからも暫くは「生活費手渡し」でした。
妻は専業主婦。
収入は私の給料だけ。
独身時代とは勘定科目が少し変わりましたが、帳面や帳票ファイルを見れば一目瞭然にしてました。
家計簿公開だし、それでいいだろうと思っていました。

或日、家計簿を見ながら、妻がボソッと言いました。
『どうして私に任せてくれないの?信用されて無いのかな~?』
(いつか言われると思ってました)

すぐに印鑑や通帳やカードやパスポートなどを妻に渡しました。
通帳を見た妻が言いました。
『え~っ!貯金!無いの?』
「無いよ!結婚式で使ったから」
『私も無いよ。子供が出来たみたいだし…どしよ…』

子供?
腰が抜ける程ビックリ!
「オレ…銀行預金って嫌いだから。現金で貯めてるんだよ」
仕事用の鞄。
そっと妻に差し出しました。
『こんなに!危ないじゃん!』

あれからン十年が過ぎました。
今では、妻担当の家計簿と私の出納帳はLaptopで連動しています。
我家は小遣い制ではありません。
出先で手持ちが心細くなると、私のスマホに妻から送金があります。
とても便利ですけど、お金の使い方は全部バレバレ(汗)
大目玉もあります。

家計簿を妻に任せるようになって、感心したことは沢山あります。
例えば「食費」の科目です。
・普段の食事=食費
・時々の外食=レジャー費
・友達と外食=交際費
などなど。
言われてみれば当たり前です。
独身の頃は何でも食費扱いしてましたから、流石だな~と思います。

現在、私が使う金額は多くても月額1万円位です。
現役の頃は倍以上使ってました。
自分なりの努力の結果なのに、妻は更に追い込んできます。
『◯◯と△△を減らしたら?』
「これ以上は無理だよ~(泣)」
悔し紛れに冗談を言ってみました。
「離婚したら、あんたがここを出て行くことになるよ」
『いいよ。ボケ老人になって孤独死しても知らないよ』
『私の方が長生きだからね(笑)』
妻には一生勝てません(汗)
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク