十七条憲法と冠位十二階が定められた理由とは

十七条憲法は一般に「和をもって貴しとなせ」と、仲良くすることを範とする内容の憲法と誤解されていますが、この十七条憲法が主導しているのは、和ではなく、ちゃんとした議論をして問題を解決しようということです。

20200608 冠位十二階
画像出所=https://seethefun.net/%E6%96%87%E7%B3%BB%E5%AD%A6%E5%95%8F/21997/
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

《ご連絡》
○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。



推古天皇の時代、つまりそれは聖徳太子が政務を司る時代であったわけですが、極めて大きな問題が噴出しています。
それは、一般によく言われるのは、チャイナに隋の大帝国が出来たことですが、実はもっと身近な問題があったのです。
それが新羅問題です。

推古天皇7年(599年)に、日本に大地震が起きるのです。
このとき百済は日本の朝廷にお見舞いを献上しているのですが、新羅は、日本国内が地震の復興で大変なこの時期に、日本の直轄領であった任那に攻め込むのです。

朝廷はすぐに1万の兵を起こして新羅に攻め込むのですが、すると新羅の王は恐れかしこまり、すぐに降参して朝廷への服従を誓うのです。
さらに朝廷に使者を派遣して、朝貢を行うだけでなく、
「天に神があり、地に天皇がおわします。
 この二神を除いて、
 どこに恐れかしこまるものがあるのでしょうか。
 以後、一切の戦闘行為は行いません。
 また船の舵を乾かさないで、
 毎年必ず朝貢を行います」
と上奏文を提出するのです。

そこまで言うのならと、朝廷は半島に派遣していた軍を撤収するのですが、するとすぐに新羅はふたたび任那に侵攻したのみならず、日本に間者(スパイ)を送り込むのです。



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


20191006 ねずラジ
《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

こうした状況から602年には、来目皇子(くめのみこ)を将軍にし、2万5千の兵を立てて新羅征伐を図ろうとするのですが、残念なことに突然、来目皇子が病にたおれてしまいます。
来目皇子は、そのまま翌603年にはお亡くなりになってしまいます。

やむなくこの年、来目皇子の兄の当麻皇子(たぎまのみこ)を征新羅軍の将軍にするのですが、同行した妻の舎人姫王(とねりのひめおほきみ)が、旅の途中の明石で急死してしまい、このため新羅征伐はできずに終わります。

この二つの死には、二つの理由が考えられました。
ひとつは新羅の工作による変死です。
そしてもうひとつは、神々が新羅征伐を望んでいないという考え方です。

新羅は、もともと神功皇后の時代に日本への服属を誓った国です。
とはいえ、その後もスキを見ては、何かと周辺国に難癖をつけて、他国の財を奪おうとしました。
そのくせ堂々と兵を差し向ければ、戦わずにすぐに降参するし、あるいはあらゆる裏工作を行って事態を混乱させます。

では、こうした混乱を起こさせないためには、どのようにすれば良いか。
ここが思案のしどころです。

そしてこの中から出てきた答えが、実は、冠位十二階と十七条憲法でした。
日本は、ワガママで身勝手な他所の国を責めるのではなく、まずは自分たちが率先して秩序のある良い国になっていこうとしたのです。
古来変わらぬ日本人の姿勢です。

603年12月こうして冠位十二階が制定されました。
服属している他国(つまり新羅)を責めるのではなく、まずは日本自体が率先して上下の秩序を明確に示そうとしたのです。

翌604年元旦に出されたのが十七条憲法です。
秩序は上下関係ですが、それだけでは日本の国柄に反します。
ですから上下一体となって、相互に議論を交わすことを「憲法」として発布したのです。

十七条憲法は一般に「和をもって貴しとなせ」と、仲良くすることを範とする内容の憲法と誤解されていますが、この十七条憲法が主導しているのは、和ではなく、ちゃんとした議論をして問題を解決しようということです。
この議論のことを、古い言葉で「論(あげつらふ)」と言います。
現代用語で「あげつらう」といえば、悪意ある批判のこととされてしまっていますが、もともとの「あげつらふ」はそうではありません。

「あげ」は、「ことあげせず」の言葉にもあるように、相手を「上げる」ことを意味します。
相手の言葉をちゃんと聞き、その相手の言葉に、自分の言葉を重ねることで、議論を昇華させていくことが「あげ」です。
「つらふ」の「つら」は「面」、つまり互いの顔です。
ですから「あげつらふ」は、互いに顔を合わせて、相手の意見を聞き、その意見に自分の意見を重ねていくによって、よりよい議論にたかめていくことです。

第一条には次のように書いてあります。
「和をもって貴しとし、人を恨んだり人格攻撃をしてはいけない。
 問題があれば互いに議論を交わしなさい」
最後の17条では
「物事はひとりで勝手に決めてはいけない。
 必ずみんなと議論しなさい。
 特に重要なことは、
 必ずどこかに間違いがあると疑って、
 しっかりとみんなで議論をしなさい」
と書かれています。

軽々に軍事侵攻をするのではなく、どこまでも話し合いで解決する国柄であることを、まずは率先して日本が示すことによって、新羅もまた、軽々に侵略に走るのではなく、話し合いで物事を解決することを期待したのです。

ところがその後にどうなったかというと、新羅はまるで現代におけるどこかの政党の誰それみたいに、何も問題がないところで、声を大にして意味不明の大騒ぎをして自己の利益ばかりを図ろうとする。
それがまるで、みんなが静かに寝たい寝室で、布団を叩いて大騒ぎするような国だということで、新羅に付いたあだ名が「栲衾(たくぶすま)」であったわけです。

これが7世紀のはじめの出来事です。
あれから1400年以上経過しましたが、あの国も、あの国から戦後に日本にやってきた人たちも、まるで変わっていないようです。


お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

  ◆最新刊◆
  

◆◆◆◆◆ねずさんの代表作となる動画◆◆◆◆◆


《塾の日程》
どなたでもご参加いただけます。
https://www.facebook.com/events/199953101362592/
2020/6/20(土)13:30〜第73回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
https://www.facebook.com/events/1279660025559485/


◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

ねず先生

・・・あれから1400年以上経過しましたが、
あの国も、あの国から戦後に日本にやってきた人たちも、
まるで変わっていないようです。・・・

で、当時の日本人は、官から民までどのように対応されたのですか?
先生のブログで勉強している方々は、1番これが知りたいのです!
ここでブログを終わられては、KAZUYAのような単なる嫌韓好きな、
ネトウヨや日本ナチスのツイートと同じです!

日本海向こうの人擬きたちが何千年も変わらないのはもう既知です!
今、私たちがねず先生から勉強したいのは、官から民まで、
遣唐使廃止や太宰府はまだ未来ですな、
遣隋使で隋と対等、半島は格下だ、
防人、水城は既知、もっと細かい事!

じゃあ当時の対馬の日本人はどう対処した?
毎日手を洗って衛生的でいるようにのように、
時の陛下は何か国の民たちに何かご指示はなかったのか?
戸締りをしっかりするだとか、渡来人という密入国者、
これをすぐ発見するために町内会が団結したとか、
私も素人なので存じません、

だから、ねず先生の研究・調査・解釈のご能力、
これに期待しているのです。

よろしくお願い申し上げます。



松さん

斜め読みはダメですね(汗)
「十七条憲法」は何度も読んだ?
読んだつもりになっていただけ。
何も身に付いていませんでした。
斜め読みのお粗末に気が付き、恥ずかしくて堪りません。
ねず先生、改めてのご掲載。
ありがとうございます。
最初から学び直します。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク