山中鹿介の七難八苦

山中鹿介の物語は、たとえどのような苦難があったとしても、男子たるもの、率先垂範して進んで七難八苦に立ち向かうものだ、という教えです。と、このように書くと軍国爺さんのように思われてしまうかもしれませんが、近年のハリウッド映画のアベンジャーズにせよ、ジャスティス・リーグやスーパーマン、アナ雪にせよ、その心は同じです。世界中どんな国、どんな民族にあっても、苦難に立ち向かう勇敢は、人の心を震わせるものです。

山中鹿介像(安来市立歴史資料館蔵)
20200611 山中鹿介像
画像出所=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B1%B1%E4%B8%AD%E5%B9%B8%E7%9B%9B
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

《ご連絡》
○ 新刊『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』が昨日4月10日に発売になりました。
新型コロナウイルスの関係で大都市部の大手書店さんは軒並み休業です。郊外の書店さん、あるいはAmazonや紀伊国屋さんの通販などを利用してお求めいただければと思います。せっかく神様からいただいた時間です。少しでも有効活用するために、まさに日本人の覚醒の書である日本書紀、是非、お友達にお薦めいただければと思います。
○ 5月2日に予定していた倭塾は、武漢肺炎問題のため延期します。
○ 「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。



甚次郎(じんじろう)が兄に呼ばれて座敷へ行くと、そこには母もいました。
床の間には、すばらしく大きな鹿の角(つの)と三日月(みかづき)の前立(まえた)てのついた兜(かぶと)が飾(かざ)ってありました。
兄は、改(あらたま)った口調で言いました。

「甚次郎、
 このかぶとは祖先伝来の宝、
 これをおまえにゆずる。
 十歳の時、軍(いくさ)に出て
 敵の首を取ったほど強いおまえのことだ。
 どうかりっぱな武士になり、
 家の名をあげてくれ」

甚次郎は、胸がこみあげるようにうれしくて、
「ありがたくちょうだいいたします」
といって頭をさげました。
母がそばから言いました。
「それにつけても御主君尼子(あまこ)家の
 御恩を忘れまいぞ。
 尼子家の御威光(ごいこう)は、
 昔にひきかえておとろえるばかり。
 それをよいことにして、
 敵の毛利(もうり)が
 だんだん攻め寄せて来ています。
 成人したら一日も早く毛利を討って、
 御威光を昔に返しておくれ」

甚次郎(じんじろう)の目は、いつのまにか涙で光っていました。
甚次郎はこの日から、山中鹿介幸盛(しかのすけゆきもり)と名のり、心にかたく主家を興(おこ)すことを誓いました。
そして、山の端(は)にかかる三日月を仰(あお)いでは、
「願わくは、われに七難八苦を与えたまえ」
と祈りました。

 *

それから数年が過ぎました。


20200401 日本書紀
◆ニュース◆
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


20191006 ねずラジ
《新作続々》ご登録は↑のバナーをクリック↑


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

尼子(あまこ)の本城である出雲(いずも)の富田城(とみたじょう)は、そのころ毛利軍に囲まれていました。
鹿介(しかのすけ)は、戦ってしばしば手がらを立てました。
彼の勇名(ゆうみょう)は、味方(みかた)のみか、敵方にも知れ渡りました。

敵方に、品川大膳(しながわだいぜん)という荒武者がいました。
彼は、鹿介(しかのすけ)をよい相手とつけねらっていました。
名を棫木狼介勝盛(たらぎおおかみのすけかつもり)と改(あらた)めて、折(おり)あらば鹿介(しかのすけ)を討ち取ろうと思っていました。

ある日のこと、鹿介(しかのすけ)が部下を連(つ)れて、城外を見まわっていますと、川をへだてた対岸から、鹿介の姿をちらと見た狼介(おおかみのすけ)は、割鐘(われがね)のような大声で叫びました。
「やあ、それなる赤糸(あかいと)おどしの
 甲(よろい)は、尼子(あまこ)方の大将と見た。
 鹿(しか)の角(つの)に三日月の前立ては、
 まさしく山中鹿介(やまなかしかのすけ)であろう」

鹿介(しかのすけ)は、りんとした声で大音に答えました。
「いかにも山中鹿介幸盛である」
狼介(おおかみのすけ)は喜んでおどりあがりました。
「かくいうは石見(いわみ)の国の住人、
 棫木狼介勝盛(たらぎおおかみのすけかつもり)。
 さあ、一騎討の勝負をいたそう。
 あの川しもの洲(す)こそよき場所」

こう言いながら、弓を小脇(こわき)にはさんで、ざんぶと水にとび込みました。
鹿介もただ一人、流れを切って進みました。
狼介が、弓に矢をつがえて鹿介をねらいました。
尼子方の秋上伊織介(あきあげいおりのすけ)がそれを見て、
「一騎討に、飛び道具とは卑怯(ひきょう)千万(せんばん)」
と、これも手早く矢をつがえてひょうと射ました。
狙(ねら)い違(たが)わず、狼介が満月のごとく引きしぼっ ている弓の弦(つる)を、ふつりと射切(いき)ると、味方(みかた)は「わあ」とはやしたてました。

狼介は、怒って弓をからりと捨て、洲にあがるが早いか、四尺(よんしゃく)の大太刀を抜いて斬りかかりました。
しかし鹿介の太刀風(たちふう)が更にするどく、いつのまにか狼介は切りたてられて、次第(しだい)に水際(みずぎわ)に追いつめられて行きました。

「めんどうだ。組もう」
こう叫んで、狼介は太刀を投げ捨てました。
大男の彼は、鹿介を力で仕(し)とめようと思ったのです。

二人はむずと組みました。
しばらくはたがいに呼吸をはかっていましたが、やがて狼介(おおかみのすけ)が満身の力で鹿介(しかのすけ)を投げ飛ばそうとしました。
鹿介は、これをじっとふみこたえたのですが、片足が洲の端にすべり込んでしまう。
思わずよろよろとしたところを、たちまち狼介の大きな体(からだ)が、鹿介の上へのしかかりました。
鹿介は組み敷かれました。
両岸の敵も味方(みかた)も、思わず手に汗をにぎりました。

すると鹿介(しかのすけ)がむっくと立ちあがりました。
その手には、血に染まった短刀が光っていました。
狼介(おおかみのすけ)の大きな体(からだ)は、鹿介の足もとにぐったりとしていました。

「敵も見よ、
 味方(みかた)も聞け。
 現(あらわ)れ出(いで)た狼(おおかみ)を、
 鹿介(しかのすけ)が討ち取ったなり」

鹿介の大音声は、両岸に響き渡りました。

こののち幾(いく)たびか激しい戦がありました。
さしもの敵も、この一城をもてあましたたのですが、前後七年にわたる長い戦に、尼子方は多く討死(うちじに)し、それに糧食(りょうしょく)がとうとう尽きてしまいました。
城主の尼子義久(あまこよしひさ)は、涙をのんで敵に降(くだ)りました。
富田城には、毛利の旗がひるがえりました。

 *

尼子の旧臣は、涙のうちに四散(しさん)しました。
鹿介(しかのすけ)は、身をやつして京にのぼりました。
戦国の世とはいえ、京の都では花が咲き、人は蝶(ちょう)のように浮かれていました。

そのうちに、尼子の旧臣たちがおいおい都(みやこ)に集(つど)って来ました。
彼らは、鹿介を中心に主家の再興を企(くわだ)てました。

そのころ都(みやこ)のある寺に、品(ひん)のよい小僧(こぞう)さんがいました。
なんと、その小僧さんは、尼子家の子孫でした。
鹿介(しかのすけ)は、この小僧さんを主君と仰ぎました。

「尼子家再興のことは、
 わが年来の望みである」
小僧さんは、おおしくもこういって、衣(ころも)を脱ぎ捨て、尼子勝久(あまこかつひさ)と名乗りました。

時がやって来ました。
永禄(えいろく)12年6月のある夜、勝久(かつひさ)を奉(ほう)じる尼子勢は出雲に入り、一城を築いて三度ときの声をあげました。

この声が四方に呼び掛けでもしたように、今まで敵についていた旧臣が、続々と勝久のところに集まってきました。
諸城が、片端から尼子の手に返りました。
しかし富田城は名城であるだけに、なかなか落ちそうにありません。

その間に毛利の大軍がやって来ました。
輝元(てるもと)を大将とし、吉川元春(きっかわもとはる)・小早川隆景(こばやかわたかかげ)を副将として、1万5千の精兵が堂々と進軍して来たのです。

富田城がまだ取れないのに、敵の大軍が押し寄せたのです。
これでは味方(みかた)の勝利はおぼつきません。
しかし鹿介は腹をきめました。
すべての軍兵を率いて、富田城の南三里にある、布部山(ふべやま)にて敵を迎え討ちました。

味方(みかた)の軍は約七千です。
それは、まことに死物(しにもの)ぐるいの戦(いくさ)でした。
敵の前軍はしばしば崩(くず)れました。
しかし何といっても二倍以上の敵の数です。
新手(あらて)があとからあとから現れます。

さしもの尼子勢もへとへとにつかれ、多くの勇士は、無残(むざん)に枕を並べて討死(うちじに)しました。
勝ちほこった敵の大軍は、やがて出雲一国にあふれました。
勝久(かつひさ)は危(あやう)くのがれて、再び京都へ走りました。

 *

それからまた幾年か過ぎました。
鹿介(しかのすけ)は、織田信長に毛利(もうり)攻(ぜ)めの志(こころざし)があることを知って、彼を頼りました。
鹿介を一目(ひとめ)見た信長は、この勇士の苦節(くせつ)に同情しました。
「毛利攻めのお先手(せんて)に加(くわわ)り、
 もし戦功(せんこう)がありましたら、
 主人勝久(かつひさ)に、
 出雲一国をいただきとうございます」
鹿介の血を吐く言葉に、信長は大きくうなずいて見せました。

ついに再び時が来ました。
尼子方は秀吉の軍勢に加って、毛利攻めの先がけとなりました。
いち早く播磨(はりま)の上月(こうづき)城を占領し、ここにたてこもった2千5百の尼子勢は、ほどなく、元
春(もとはる)・隆景(たかかげ)の率(ひき)いる7万の大軍にひしと取り囲まれました。

秀吉の援軍が今日来るか明日来るか、それを頼みに勝久は城を守りました。
毛利方の大砲を夜に乗じて奪(うば)い取って、味方(みかた)は一時気勢をあげました。
しかし援軍は敵にはばまれて近づくことができません。

7万の大軍に囲まれては、上月城はひとたまりもありません。
弓折れ矢尽きて、勝久はいさぎよく切腹することになりました。
「いたずらに朽(く)ち果(は)てたかも知れない私が、
 出雲に旗あげし、
 一時(いっとき)でもその領主となったのは、
 まったくおまえの力であった」
勝久は、こういって鹿介に感謝しました。

鹿介は、男泣きに泣いて主君におわびをしました。
しかし彼はまだ死ねませんでした。
「尼子重代の敵である毛利を、
 せめてその片われの元春を、
 おのれそのままにしておけようか。
 七難八苦はもとより望むところである。」
鹿介は主君に志を告げ、許しをこうてわざと捕らわれの身となりました。

 *

鹿介は西へ送られました。
ここは備中(びっちゅう)の国、甲部川(こうべがわ)の渡しです。
天正6年7月17日、秋とはいえ、まだ烈しい日光が、じりじりと照りつけています。

川端の石に腰掛けて、来し方行く末を思いながら、鹿介はじっと水のおもてを眺めました。
燕(つばめ)が川の水すれすれに飛んでは、白い腹を見せて宙返りをしていました。

そのとき、突然、後から切りつけた者がありました。
鹿介は、それが敵方の一人河村新左衛門(かわむらしんざえもん)であると知るや、身をかわして、ざんぶと川へ飛び込みました。
新左衛門も飛び込みました。
二人はしばし水中で戦いました。

重手を負いながらも、鹿介は大力の新左衛門を組み伏せました。
すると、これも力自慢の福間彦右衛門(ふくまひこえもん)が、後から鹿介のもとどりをつかんで引き倒しました。

七難八苦の生涯は34歳で終りを告げました。
甲部川の水は、この恨(うら)みも知らぬ顔に、今も悠々(ゆうゆう)と流れています。
月ごとに、あの淡(あわ)い三日月の影を浮かべながら・・・。

*******

この物語は、戦時中の国民学校5年生(いまの小学5年生)の国語教科書にある「三日月の物語」という題を、現代文に直してご紹介したものです。
文中にある山中鹿介幸盛(やまなかしかのすけゆきもり)は、尼子三傑(あまこさんけつ)のひとりとして知られた武将で、「山陰の麒麟児(きりんじ)」の異名を持った人でした。

山中鹿介は、元服間もない頃に「願わくば、我に七難八苦を与えたまえ」と三日月に祈った人です。
すると次の戦(いくさ)のときに、因伯(いんぱく)《因幡(いなば)と伯耆(ほうき)の国、現在の鳥取県の豪傑、菊池音八を一騎討ちで討ち取って戦功を挙げることができたことから、彼は生涯三日月を信仰したと伝えられています。

彼は、敵の大将の首を60以上も挙げた剛勇の士でしたが、その生涯はまさに七難八苦をわたるものでした。
戦いに明け暮れたわずか34歳の人生で、最期にはその七難八苦に付いていけなくなった部下によって討たれています。
しかし彼の武勇と人生は、死んで440年以上経ったいまでも語り継がれています。

人には二つの死があるのだそうです。
ひとつは物理的な肉体の死、いまひとつは人々の記憶から忘れされた死。
すくなくとも山中鹿介は、その意味では、いまなお日本人の心の中に生き続けているといえます。

この物語は、たとえどのような苦難があったとしても、男子たるもの、率先垂範して進んで七難八苦に立ち向かうものだ、という教えです。
このように書くと、軍国爺さんのように思われてしまうかもしれませんが、近年のハリウッド映画のアベンジャーズにせよ、ジャスティス・リーグやスーパーマン、アナ雪にせよ、その心は同じです。
世界中どんな国、どんな民族にあっても、苦難に立ち向かう勇敢は、人の心を震わせるものです。

そうそう。
鹿介の逸話に、次のようなものがあります。
ある日のこと、初陣(ういじん)を終えた2人の若者が鹿介の前で、
ひとりは
「敵に向かうと震えが生じて、
 しっかり敵を見ることもできず、
 討ち取った敵が
 どんな鎧であったかも覚えていません」
と話したのだそうです。

別のひとりは
「自分は敵がどんな鎧を着て、
 どんな馬に乗り、
 組み合った場所など
 鮮明に覚えています」
と話したのだそうです。

2人が帰った後、鹿介は傍(かたわら)の人に、
「最初に話した若武者は、
 立派で勇敢な武士になるだろう。
 後に話した若武者は、
 はなはだ心もとない。
 もしかしたら他人のあげた敵の首を
 拾い取って自分の手柄としたのではないだろうか。
 さもなくば次の戦で討たれてしまうだろう」
と語りました。
はたして後日、その言葉のとおりとなったそうです。

怖くて良いのです。
だから負けないように頑張る。
怖くないなどというのは、嘘でしかないのです。
嘘を出発点にした者は、いっときの人気を箔したとしても、後には必ず滅びます。
このことは、あらゆる人生の場において言えることです。

繁栄を得ることは大事です。
けれどその繁栄を継続させ、安定させることはもっと大事です。
それが日本型です。

お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

  ◆最新刊◆
  

◆◆◆◆◆ねずさんの代表作となる動画◆◆◆◆◆


《塾の日程》
どなたでもご参加いただけます。
https://www.facebook.com/events/199953101362592/
2020/6/20(土)13:30〜第73回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
https://www.facebook.com/events/1279660025559485/


◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

湘南童子

アベンジャーズにジャスティス・リーグって・・
ねずさんったら
イイなぁ



私達の天命が完うされますように

松さん

行ってみたい山陰の旅
いつのことだったか?
山中鹿之助幸盛公の物語は漫画で立読みしました。
書き物って、どっち側の立場での筋書かで内容が変わります。
況してや乙女チックな漫画でした。
チラ見でお仕舞い!(笑)

時は戦国時代真っ只中。
毛利元就もそうですが、世の中は策士だらけだったと想像してます。
尼子家再興は叶いませんでした。

それにしても幸盛公は、何でこんなに運が悪かった?
何で全ての不幸が舞い降りた?
天の御心は計り知れません。
幸盛公は、誰も恨まず、一度も諦めず、自分の信念を最期まで貫き通しました。
天晴れな武人だと思います。

ところで、顛末に登場する「品川大膳」改め「棫木狼介勝盛」が気になりました。
何でこんな名前に?
松江市に住む友人に聞きました。

鹿は、棫(タラ)の新芽を食べると角が落ちる?
鹿に勝つ獣は「狼」だから?
勝盛の「勝」は、幸盛を必ず討ち取るとの願掛け語呂合わせ?

本当かどうか分かりませんので笑ってはいけませんが、そんな云われがあるそうです。

さて、山陰地方って歴史の宝庫ですが、出雲大社参詣の他、訪れる機会は意外と少ないです。
チャンスを見付けて、ゆっくり歩きに行きたいな~と思いました。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク