自国の防衛は自国でするのが当然



昨日、愛国無題さんから、とても素晴らしい動画をご紹介いただきました。
愛国無題さん、ありがとうございます。

日本青年会議所が作った国防意識の動画です。

題名:わたしのおうちはどこですか?


日本は、北海道、本州、四国、九州だけの国ではありません。
北方領土、竹島、対馬、尖閣諸島などの島所があります。

そしてその領土を、
他国に勝手に領有されている。
軍事占領されている。
漁業資源を横領されている。
地下資源を盗掘されている。

誰だって、自分の家や庭先に勝手に他人が住みついたら怒るでしょう。

なぜか日本人は、国家という存在はどっか遠い所にある他人の世界といった風に感じている節があるけれど、日本という国は、他の誰でもない、私たち一人ひとりの総和です。

自国を侵略するものがあれば、それに対し、軍事行動も含めてきちんとした態度をとる。

日本の領空を勝手に侵犯するものは、撃墜する。
日本の領海に不法に侵入するものは、撃沈する。
日本の領土を侵略するものは、撃砕する。

あたりまえのことです。

そうでなければ国を守るなんてできない。

今日のニュースに次のようなものがありました。

<記事引用>-------------------------------

米標的でなければ迎撃せず=北ミサイルで慎重姿勢-ゲーツ長官 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090330-00000000-jij-int

ゲーツ米国防長官は29日、FOXテレビの番組で、北朝鮮が発射を予告した弾道ミサイルとみられる「人工衛星」について、「ハワイに向かって来るようなら(迎撃を)検討するが、現時点でそのような計画があるとは思わない」と述べ、米国の領域を標的としたものでない限り、米軍がミサイル防衛(MD)で迎撃することはないとの見解を示した。

--------------------------------------------

日米安全保障条約はあるけれど、基本的に「米国の領域を標的としたものでない限り、米軍がミサイルを迎撃することはない」というのが、ゲーツ米国防長官の見解です。

つまり、ミサイルの破片が日本に落下するようなら、それを撃墜するのは日本の仕事であり、米国が干渉することではない、と言っている。

もちろん米軍は、イージス艦などをすでに発艦させているけれど、それはあくまで米本国の国防のため、ということです。

北は、今回のテポドン2号長距離弾道ミサイルだけでなく、中長距離ミサイルも、(日本に向けて)配備しています。

万一発射され、日本に莫大な被害が及んだ場合、いったい誰がどう責任をとるのか。
仮に首都圏に向けて発射された場合、約2000万人の被災者が出るとも言われています。
2千万といえば、日本の人口の6分の1です。
経済効果どころの話じゃない。壊滅です。

今回の発射に備え、麻生内閣が迎撃対策を講じてきているから、まだ安心なのであって、これがもし、自衛隊の存在そのものを否定するような愚かな政党が政権与党であったなら、日本は迎撃どころか、まるごしで、「どうぞ、打ってください」

万一破片やブースターが日本に落ちて、大災害がまきおこったとしても、阪神大震災のときの村山総理や兵庫県知事の行動にあきらかなように、自衛隊の災害し救助活動のための出動すら大幅に遅滞する。
迎撃どころじゃないです。
なにせ自衛隊の存在そのものが否定なのですから。

そんな売国政党や売国議員たちに日本の国政を委ねることの危険。

このブログにもありましたが、こうした記事に対するサヨク系の方の反論というのには、非常に大きな特徴があります。

必ず、ねずきちや、他のコメントを下すった方々に対して、おバカとか、低脳とか、頭が悪いとか、あからさまに人を見下げたような書き方をする。
すべて悪いのはお国のせいであり、おバカな政治家のせいであるという。

要するに悪いのはぜんぶ他人であって、自分は高等なのだと尊大ぶる。

しかしね、日本人である以上、日本に起っていることの責任は、ぜんぶ、わたしたちひとりひとりがかぶらなきゃならない。
つまり、日本国と私たち個人は、一体のものなのです。

それに発言が本当にないようのあることなら、なにも尊大ぶる必要はない。
「実るほど頭をたれる稲穂かな」なんです。

だからねずきちは思うのです。尊大ぶれば尊大ぶるほど、この人は強烈な劣等感を持つかわいそうな人なのだなと。そしてその劣等感の原因を、自分を鍛えることで昇華させようとするのでなく、ただ気分で自分の内面で、劣等感をまるごと優越感に転嫁している。
だから中身がない。

中身がないから、威圧的になる。高飛車になる。人を見下す。

それがダメなんです。

政治は現実です。現実に起こる事態に対し、備え、守り、そして未来を築く。
そして日本の政治は、日本人のためにある。
あたりまえのことです。

おそらく、世界史上、日本くらいのものじゃないか? 歴史の教科書や、徳育の授業で愛国心や国や国土を守ることの正義を教えていないのは。

自国の安全は、自国で守る。

ねずきちは、その当たり前の自覚が、多くの日本人の無関心でなく、多くの日本人の総意となる日を期待してやまないのです。

追伸:あ・あの・・・
ほんと、みなさん、いつもコメントをいただき、本当にありがとうございます。
皆様からのコメントをすっごい楽しみに、いつも読ませていただいています。
正直な話、コメントがうれしくて、このブログを書いているのかもしれない^^
ちょっと前までは、いただいたコメントに、ひとつひとつお礼とお返事を書かせていただいていたのですが、このところ、まじでめちゃ忙しくなり、なかなかそれができません。
ほんとうに申し訳なく思っています。
だけど、まじな話、いただくコメントが、皆様との対話になっている気がして、すっごいあらがたいです。
ほんとうに、ありがとうございます。

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

元自衛隊

その通り
北朝鮮といわず何処の国に対しても日本国を攻めようとしてる意図が明らかならば、自国を守るため色々な対策、手段で対抗すべきだ!敵基地攻撃だって、考えるべきだ。

愛国無題

ありがとうございます
とりあげて頂きありがとうございます。
米中がG2構想を本格化させている以上、日本は何としても自立しなければならないと思います。
でなければ、今日まで受け継がれてきた多くのものは失われてしまうでしょう。

OOIDOYAさんも仰られていましたが、東トルキスタンという悲惨な国があること。その現状を作るのに、日本が金銭的に多大な支援をしていること。そして、それはもう他人事ではないこと。
今の日本人に必要なことは、知ることだと思います。
自国や他国の現状を知れば、それをより良い方向に動かそうとする精神が、日本人には根付いていると信じています。

愛信

【CDSにも公的資金流用か 司法長官、AIGの調査拡大】
【CDSにも公的資金流用か 司法長官、AIGの調査拡大】
http://www.business-i.jp/news/bb-page/news/200903280025a.nwc

米ニューヨーク州のクオモ司法長官は26日、米保険大手のAIG
(アメリカン・インターナショナル・グループ)にクレジット・デフ
ォルトスワップ(CDS)契約の情報提供を求める召喚状を送付した。

暴かれるアメリカ・ハゲタカ売軍団の偽装大欠損、本当は損などして
いない濡れ手にアワの騙しの手口

[海外] 政商AIGの素顔 米・情報戦略とAIG
【株式ニュース】
http://www.aixin.jp/axbbs/jsks/jsks.cgi

なかっち

おっしゃるとおり
教育から変えていかないと、根本的な思想の転換は図れないでしょうね。

ねずきちさんの物腰柔らかくも芯の通った国を思う主張が好きでよくのぞきに来てます。これからも更新楽しみにしています^^

 ミヤビ

軍事力楽しみ☆
野球のWBCで国民が一丸となって侍たちを応援し世界一となりました。
次は、ミサイル迎撃の成功を国民が一丸となって期待しているはずです。
私たちの世代は、経済大国として世界一日本というプライドがありますし、日本人は優秀な民族であるというプライドもあります。
今度は自衛隊に頑張っていただけるよう応援します!
撃墜の映像を見ながらお祝いですね☆

OOIDOYA

世界一の被爆国
 ねずきちさん、北の熊さんこんにちは
 北の熊さんが日本は世界唯一の被爆国と書きましたし、日本人の一般常識はそうですね。
 でも東トルキスタン(新疆ウイグル)が世界で一番の被爆国です。核実験48回という猛烈なことになっている訳です。
 軍隊を持たない弱い国が侵略されると、悲しいことになってしまいます。そういう現実を知らないと日本は将来恐ろしいことになります。

lark

ねずきちさん、「あらがたい」になってますよ。(笑

ところで、「衛星」発射後の短・中距離ミサイル発射の件ですが・・・「短」は韓国、「中」は日本ですかね。どうなるんでしょうか。米が動かないとすれば、飽和攻撃状態になるかもしれないですよね。
足りるのかなぁ・・・。

翡翠(ひすい)

ねずきちさん、こんにちは。
良い動画をみせていただき、感謝します。
こういう「国防」に無頓着、危機意識の薄さ
なども戦後教育やマスコミの洗脳によるもので
これを是正していくのは急務ですね。
石原都知事が逆説的に一回、日本に
ミサイルが落ちれば日本人の危機意識も高まるのではと言ってますがある意味、本当に
言えてるんですよね。

ナポレオン・ソロ

国防意識の推移
>>自国の防衛は自国でするのが当然
 国民の生命と財産を護るのは、国家の主たる責任ですが、国家を構成して居るのは、他ならぬ国民なのですから、「国民が自身の手で国土・国益を護るのが国防の在るべき姿である」と云って良いでしょう。

 国防なら、国民皆兵であった戦前の姿の方が理想的です、しかし、現在の電子戦争では、民間人の付け焼き刃的な訓練での戦闘参加は、無意味だと云って良いでしょう、従って、徴兵制度は余り意味がない、但し、国民が自主的に地域防衛力を高める為に組織すると言うのなら賛成です、米国の様な州兵制度を造るのも善いかも知れません。

 しかし、日本は戦後其れを日米安保に委ねてきたと言う事実があります、しかも、左翼はその安保にも反対してきたワケで、では、自力で護ろうと云うのかと思えば、自衛隊も憲法違反だから反対だという、是では「国防は、必要ない」と言っているの等しい、日本では戦後を通じて国防の必要性を徹底的に貶め、否定てきた為に、軍隊イコール人殺しと云う妙な認識を常識の様に語る連中がワンサといる。

 是等の左翼の言説が明らかに現実的でない事に、国民が気づき始めたのは最近でしょう、特に235万人と言う自衛隊の9倍以上の兵力を持つシナ人民軍が、21年連続で二桁以上の伸びを示す軍事予算によって、急速に近代化されつつあるワケです、是を知った人がマトモナ神経を持っていれば、恐怖を感じるはずです、そして「9条の条文で国が護れるはずがない」と言う極当たり前の事に気が着くのです。

 更に、その軍拡で起こる極東地域での軍事パワーのバランスが次第に崩れつつある現実に対するに、米国がトランスフォーメィションで、戦力削減に出ると言う不可解な施策を知る。

 すると、米国とシナが裏で手を結んだの、米国は日本を見限っただのと、悲観論、陰謀論が湧いて出てくる事になるが、米国にとって、今や日本は金の卵を産む鶏に近いのに、何故ソノ鶏を見限って、向こう側で盛んに刀を研いで居る盗人集団と手を組まねばならないのだろうか、将来のシナを含めて、シナに日本の代わりが務まるだろうか、答えは断じて否でしょう。

 米国国防省長官の言動は、日本に自衛の機会や意識を持って欲しいが故でしょう、彼は、この機会に日本で集団的自衛権の是非にも、踏み込んだ議論が為される事を期待して居るのではないかと、推量します。

 日本は未だ、一部の人間が気づき始めた段階ですが、朝鮮の暴挙や米国の外圧を善い刺激とするべきではないかと私は思います。

小樽人

自国の防衛は自国でするのが当然
今回は先年の北朝鮮不審船撃沈以来の日本戦後外交の勝利です。
迎撃に成功するか失敗するか結果が問題ではなく、日本が本気で自国防衛に立ち上がったと周辺諸国に認識させたからです。
失敗したならしたで国防関係者がまた防備姿勢を強化するだろうからまったく問題ありません。

よくやった、麻生内閣!

特ア嫌人

中・短距離ミサイルの発射準備
北朝鮮は今回、日本の静から動への対応であるテポドン2迎撃体制を目の当たりにして、テポドン2単独発射では打ち上げが成功しないとみて、囮弾を発射しようとのことですかね。
3月上旬からイランのミサイル当局者が常駐していて、テポドン2打ち上げを見届けるとのことですが、成功するか否かでミサイルマネーの行方がハッキリする。これにより北朝鮮も必死ということですか。

結局のところ六カ国協議は機能停止して、実質キムジョンヒルにより米朝二国間馴れ合いお話会にしたツケは今に至りましたね。
オバマ大統領はこのことを教訓にするべきですがね。
しかしオバマ大統領は、このキムジョンヒルをイラク大使に任命して対北朝鮮よろしく、イランともお話会をさせたいらしい。
アメリカはいつまで対北朝鮮・対イランで小田原評定を続けて、同じ轍を踏み続けるのか?

日本にはこれからも対北朝鮮で、厳とした経済制裁の枠を拡げて締め上げてもらいたいものですが、それも6月か9月かの衆議院選挙の結果次第。
特アに対して、如何に保守政権でなければ日本は立ち行かなくなるかを、周知させることが必要ですね。

ヒデ

今回は日本の勝利
日本海にはイージス艦、首都圏にパトリオット。しかも法改正無しで。ミサイル発射で迎撃の成否に関わらず経済制裁強化。もしミサイルが日本に落ちようもんなら、更なる国防意識、愛国意識の高まりは確実。それを恐れているアメリカや中国は正に戦々恐々としているだろう。ある意味ナイスな北朝鮮。

北の熊

国家と国民は一連託生
左翼と激論したことがあり、先の戦争は政府の愚策であり、憲法9条がなくても拉致問題は起こった、国民が国家を守るのではなく国家、政府が国民を守るのだ、と声高に叫ぶように言い張るのが彼らです。その根底には立法を付託しているのが議会制民主主義であるのだから政策の善悪は政府にあるという極めて矛盾した論法でした。
立法を付託している以上は政府と国民は考えの差がありながらも一連託生なのです。
彼らは単純に他人の責任にしたいだけなのです。
国防においても然り、国を守るということについては政府も国民も同じなのです。
改めて左翼の無責任さがよくわかる討論でした。
専主防衛ではなく先取防衛をするべきで、我が国の脅威になるものは徹底的に出向いてでも破壊、阻止すべきです。それが侵略と非難されてもかまうことはありません。
それだけの装備はするべきであり、(核武装も含めて。日本は世界で唯一の被爆国です。核武装の大儀名分はほかのどの国よりもあります。)そのことがシナや半島を黙らせる唯一の手段であり方法であり拉致被害者を帰すよう北を恫喝し取り返すシナリオなのです。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク