新しい時代の新しい共同体の創造を

我々はいま、これまでにない、まったく新しい共同体の創設の必要に迫られています。その共同体とは、悪いことをしたり、人に迷惑をかけるようなことがあれば、そのコミュニティの恥と呼べるようなものです。
それは情報化社会にあって、これまでとはまったく違う、新たな共同体の形となっていくものと思われます。
その新しい時代の新しいコミュニティに入れるかどうかは、そのままその人の生きざまにもつながっていく。
ワクワクする素晴らしい未来が、いまやってこようとしています。

20200708 コミュニティ
画像出所=https://publicdomainq.net/people-job-rainbow-town-0013492/
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。


社会という用語は、幕末に英語の「Society(ソサエティ)」の翻訳語として造られた言葉です。
それまでは社会のことを国と呼びました。
ですから出雲国といえば、出雲大社を中心として形成されている社会をいうし、武蔵といえば武蔵国一宮《氷川神社》を中心とした社会のことを言いました。
氷川神社の御祭神は素戔嗚命(すさのをのみこと)であり、素戔嗚命は世の乱れを正す神様ですから、タケル(武)神様がしっかりと矛を構え目を見開いておいでになる国ということで、武蔵国と呼ばれていたわけです。

また播磨国といえば、いまの兵庫県南部ですが、海に面して切り立った崖に種を播くというこの国名は、同時に播磨国一宮とされる伊和神社を中心にまとまった社会を意味します。
伊和神社は、もともとは伊和坐大名持魂神社(いわにいますおおなもちみたまのかみやしろ)で、大己貴命(おほなむちのみこと)《別名:大国主神》が御祭神です。
崖に面していても、そこに種を播いておおいなる社会《=国》を営んでいこうということで播磨国と呼ばれました。

要するに旧行政単位における全国の諸国は、それぞれにいわれと、その中心核があったわけです。
それぞれの地元には、中心となる神社があり、その神社こそがもともとその地域の氏神の総代であったわけですから、国の名と総代となる神社の御祭神の関係を調べれば、その国がどのような社会を築こうとしてきたのかが見えてきます。
是非、みなさんの地元についても再考いただくと面白いかもしれません。

我が国の神語によれば、その国、つまり社会は、もともとイザナギとイザナミが豈国(あにくに)を求めて築かれたとされています。
豈国(あにくに)というのは、「豈の社会」という意味です。
そして「豈(あに)」とは、楽太鼓の象形で、これは「よろこびあふれる楽しいこと」を意味します。
従って「豈国(あにくに)」は「よろこびあふれる楽しい社会」を意味し、そのためにこそ、社会《すなわち国》が創られたのだと書かれています。

日本は天然の災害が多発する国です。
台風は毎年やってきますし、何十年かに一度は必ず大地震がやってきます。
50歳にもなれば、誰もが震度6以上の地震を一度は経験する、日本はそういう国です。

このことは、日本人にとってはあたりまえのことですが、世界に目を転じれば、1万年に一度、震度1の地震があるかないかという国が、実はほとんどでもあります。


《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2020/7/25(土)13:30-16:30 第74回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/1074216212960822/
2020/8/1(土)13;00〜15:30 羽曳野講演(羽曳野市いずみの里 南島泉集会場)
 https://www.facebook.com/events/662947247910504/
2020/8/15(土)靖国神社昇殿参拝
 https://www.facebook.com/events/2667848776866935/
2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/867036783780708/
2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
 https://www.facebook.com/events/269322421064039/
2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/337364737249840/



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。
令和2年度倭塾動画配信サービス受講生募集中です。応募は→コチラ
○ ねずブロの音声版《ねずラジ》第二集が始まりました。
○ 『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』がオンデマンド版で発売になりました。
○「ねずラジ・シーズン3」が始まりました。ねずラジはねずブロ4千話の中から、選りすぐりの記事を音声でお届けするものです。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

他にも津波もくれば、水害もある。
半世紀も生きておいでの方なら、膝より下まで水に浸かった経験を一度ならずもっておいででしょうし、中には膝より上までの浸水を経験された方もおいでになるかと思います。

埼玉県の越谷市には、かみまくり、しもまくり(上間久里、下間久里)、という地名がありますが、これは大雨の都度、女性たちが着物の裾を膝より下をまくるから、しもまくり、膝より上まで着物の裾をまくらなければならなかったところが、かみまくりです。
地名には意味があるのです。

大和言葉は一字一音一義です。
その大和言葉で「くに」は、訓読みで「く」の音を持つ漢字は《音読みのクはたくさんありますが訓読みは少ない》、食茹喫喰餌悔などがあります。
基本的に、食べることに関連する文字です。
要するにみんなで一緒に食べることが「く」です。

訓読みで「に」を持つ漢字には似煮熟燗などがあります。
いずれも煮炊きを意味します。
要するに大和言葉でいう「くに」というのは、みんなで一緒に食べていくところや、その集団のことをいうとわかります。

そしてそれが日本における、英語でいう「ソサエティ(society)」、つまり「社会共同体」です。
そういう意味から、武蔵国とか播磨国、出雲国などといった語は、もともとがそれぞれ社会共同体を意味していたことがわかります。

この社会共同体を、生活のためのひとつの単位とする。
そして共同して祭祀を行い、田植えなどの稲作を行い、そして災害対策をみんなで行い生きていく。
いま地域共同体と呼ばれているものが、実は、大昔、人々が助け合って生きていくために築いた社会共同体であったということが、このような「ことば」からもわかるわけです。

明治維新は、そうやって全国の諸国に別れていた地域ごとの社会共同体を、日本という国家ひとつにまとめるというはたらきをしました。
これによって、日本全体がひとつの社会共同体となることが目指されたわけです。

ところが戦後になると、この日本国という共同体意識、別な言い方をするならば日本全体がひとつの家族となるという国家意識が崩れました。
それでも高度成長の頃までは、会社がひとつの共同体を形成しました。

これら共同体は、「恥」という概念でも存在を見出すことができます。
江戸の昔なら、地域の恥、家の恥、親族の恥。
明治以降なら、帝国臣民の恥。
戦後の高度成長の頃は、会社の恥です。

ところが平成から令和の時代となり、会社共同体も、いまや崩壊したといわれています。
会社は永続して働くところではなく、単なる腰掛けとなっていきました。

では、いまの日本に、それらとは別な共同体が生まれているのかというと、実は日本人の社会の中には、それがない。
一方、在 日の方々などは、民団とか総連とか、彼らなりの共同体を深く形成しています。
チャイナも同じで、日本にいるチャイニーズは、全員、チャイナの大使館の指揮下に置かれています。
つまり日本人が個に向かって行って日本人社会が崩壊する一方で、外国の社会勢力は、それなりの社会共同体を持っているわけです。

社会共同体を持たない日本人は、どこまでも個でいるほかない。
日本国内に社会的共同体を持つチャイニーズやコリアンは、彼らの社会共同体を持つ。
この違いは、個対団体という関係になります。

この違いは大きいのです。
たとえば日本に生粋の日本人が1万人いて、チャイニーズやコリアンが200人いたとします。
日本人は、全員「個」、つまりひとりです。
チャイニーズやコリアンは、200人の団体です。
そうすると、常に「200人対1人」という関係になってしまうのです。
実際には1万人いても、共同体を持たない日本人は、常に「個」でしかないのです。

個と社会を形成する集団では、集団を形成している方が発言力が強くなるのはあたりまえです。
とりわけ民主主義の世の中では、より大きな集団の意見が民意とみなされるのです。
個の意見は、簡単にかき消されてしまうのです。

戦前の日本が強かったのは、日本が単に軍事力が強かったからだと誤解している人が多いです。
もちろん軍事力が強かったこともあります。
けれどそれは要素のひとつでしかありません。
戦前は、日本が大日本帝国臣民として、ひとつのおおきな共同体を形成していたのです。
だから国は貧しかったけれど、国際的に大きな発言権を持つことができたし、外地にいる日本人がとても尊敬されたのです。

もっとも、大正から昭和初期にかけては、特におエライサンを中心に、海軍村とか陸軍村、政友会村、民政党村といった村意識に凝り固まった人たちが生まれ、国内政治や国の外交面においては、それらの村の利益ばかりが追求されることになり、結果として日本は大きな敗戦を経験することになってしまったことは、とても残念なことです。

このように書きますと、違和感を覚える方がおいでかもしれませんが、もし日本が、明治時代のような日本というひとつの社会共同体を前提とした社会であったのならば、もしかすると戦争は起こり得なかったかもしれないといえるのです。
先の大戦の開戦時、昭和天皇があくまで開戦に反対であられたことは、誰もが認める歴史の事実です。
我が国は歴史を通じて、天皇のお示しが、何よりも優先する国です。
「承詔必謹(詔を承(う)けては必ず謹しめ)」は、十七条憲法以来の我が国の国是です。
それがあるから、幕末の開国に際しても、幕府が勝手に鎖国を解いたことが大問題となったのです。

ところが開戦当時の情況は、陛下があくまで開戦に反対であるのに対し、朝日を中心とする新聞メディアや国会は、「鬼畜米英、進め1億火の玉だ」とばかり、日本の国力も考えずにいたずらに開戦をあおるものばかりでした。
天皇は政治権力者ではありません。
けれど天皇のご意思は、我が国では何よりも尊重されるべきものとされてきたのです。
にもかかわらず、メディアや国会は、天皇の大御心に反して、いたずらに開戦をあおりました。
これは日本が天皇を中心とする日本という国体からすれば、ありえない暴挙であったといえます。

※この暴挙説は、当時の日本の軍事力が米国の軍事力に及ばないからという日本弱国論とは意味が違います。
 戦えば勝つことが軍人の使命であり、当時の軍隊が太平洋をはさんだ米国との戦いにおいて、戦場が太平洋の手前まであるならば、日本の軍事力は米国のそれをはるかに上回るものでした。つまり日本が太平洋の先にあるハワイ攻撃などを行わず、戦線を当時の大日本帝国の領域内に絞っていれば、日本が戦いに勝てる可能性はかなり濃厚であったということができるというのは、近年の様々な学説が物語っていることです。

日本の元首が天皇なのに、天皇の大御心に反して大戦争を行う。
こんなありえないことが起きたのが、実は先の大戦であったわけです。
明治の開闢以来、日本は統一国家としての日本、つまり日本国というひとつの家族国家を目指しながら、同時に不平等条約の改定などを目指して国がひとつとなってきたのに、いつのまにか日本は、日本という統一国家ではなく、海軍村、陸軍村、政友会村、民政党村などの村社会におちいってしまっていた。
それでいながら、開戦の責任者が誰もいないという、まさに不思議の国日本になっていたわけです。

※戦後東条英機首相らが東京裁判によって裁かれましたが、東条英機首相はそもそも日本が戦争に至らないようにと陛下によって選ばれた首相です。つまり東條内閣ができたときには、もはや国内世論なるものは開戦にあまりにも傾いていたのです。
けれど東條内閣の前の近衛内閣のときに、開戦直前の昭和16年8月の時点で、首相官邸で『総力戦机上演習総合研究会』が行われ、何度やっても日米戦争は日本必敗との結果が出ました。世間の開戦圧力に、必敗の報告。これがもとで近衛内閣が総辞職しています。あとを受けたのが東條内閣であったわけです。

結果、日本は敗戦しました。
そしていまだに日本は、日本国に変わる社会共同体を見い出せないでいます。
その社会共同体とは、繰り返しになりますが、なにか悪さをしたら、その共同体の恥、となるものです。
高度成長の頃は、会社がその昨日を担いましたが、いまは会社も求心力が弱まっていると言われています。
では、これからの時代において、日本が持つべき社会共同体とはいかなるものなのでしょうか。

繰り返しになりますが、日本が共同体を持たない限り、日本はどこまでいっても個人で戦わざるを得ず、団体戦を行う人々に個は必ず負けるのです。
つまり日本が世界の中で一定の名誉ある地位をしめ、また日本人が社会から守られるためには、日本がなんらかの形で共同体となっていかなければならないのです。

今回のコロナ騒動は、こうしたことを見直す、ある意味、よい機会ではないかと思います。
コロナは太陽の別名ですが、まさに日輪が日本社会崩壊を、ギリギリのところで食い止める働きとなったのが、今回のコロナ問題であったのかもしれません。

最大単位として、天皇を中心とした国があり、その下に地域という社会共同体がある。
この形は、災害の多い日本においては、どうしても採らざるを得ない形であると思います。
これが縦軸です。
そして地域横断的な、国のため、地域のための様々なコミュニティがある。
おそらくそれはネットを通じた人々の集合体となるのではないか。
これが横軸です。
そして縦軸、横軸ともに、ちゃんとした社会的に認められたコミュニティを形成していく必要があります。

残念なことに、いまの日本では、その縦軸に関しては法的整備がされていますが、横軸に関する法制度上の整備はまったくありません。
このあたりは、一考に値することではないかと愚考する次第です。

我々はいま、これまでにない、まったく新しい共同体の創設の必要に迫られています。その共同体とは、悪いことをしたり、人に迷惑をかけるようなことがあれば、そのコミュニティの恥と呼べるようなものです。
それは情報化社会にあって、これまでとはまったく違う、新たな共同体の形となっていくものと思われます。

その新しい時代の新しいコミュニティに入れるかどうかは、そのままその人の生きざまにもつながっていく。
ワクワクする素晴らしい未来が、いまやってこようとしています。


お読みいただき、ありがとうございました。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

  ◆最新刊◆
  

◆◆◆◆◆ねずさんの代表作となる動画◆◆◆◆◆



◆ニュース◆ 百人一首の本がオンデマンド版で購入できるようになりました。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

北村幽谷

漢字や英語が伝わる前の日本人の精神を温ねて
漢字や英語は所詮日本人が本来持っていた精神を伝えない。だからこそ、古き魂を温ねて、本来の精神を覚醒しなければならない。https://eukolos.fc2.net

にっぽんじん

隠れ感染者
特別警戒解除後、東京を中心に武漢コロナが増えてきている。
感染者の多くは若者で,感染経路不明者が増加している。
今後どうなるかは国民の意識しだいだ。

感染を止めるのは政府ではない。
国民人一人の覚悟しだいだ。

ただし大きな問題がある。
隠れ感染者の存在だ。

日本には多くの不法滞在者が住んでいて所在が不明になっている。
彼らは所在が分かると困るので感染しても名乗り出ない可能性がある。
韓国の報道によると日本には韓国人女性慰安婦が5万人いるという。

慰安婦に3蜜防止は不可能だ。
住所を定めず、仕事を求めて転々としていると思われる。
青森にも行っているようだ。

武漢コロナ撲滅のためには不法滞在者の撲滅が必要ではないか。
不法滞在者管理は国の仕事ではないか。
国境管理の強化を図って欲しい。

名無し

個人的には縦の共同体は不要な気がします。何せそういう縦の秩序が今の日本を蝕む老害や財務省を産み出してると思うからです。勿論各共同体に責任者は必要ですから、最低限その辺りは必要でしょう。あとは能力重視、古来からある老人は偉いと言う文化は棄てるべきでしょう。年をとれば劣化していくのは自然の摂理です。

松さん

目玉を曇らせてはいけません
新しい共同体の創設。
必要な時代ですよね。
但し、単なる「仲良しグループ」ではダメだと思います。
世間には「文殊」もいますが「目高」もいますから。
建設的で明るく行動する組織の創造は難しいかも知れません。
主張や活動が立派でも、排他的自己中の個人や組織は嫌われます。
(そんなのはアチコチにあります)
目玉を曇らせてはいけませんので、注意深く生きたいと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク