北「日本迎撃なら報復」



<記事引用>---------------------------

強力な軍事報復を警告=「日本の牙城を無慈悲に粉砕」-北朝鮮 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090331-00000231-jij-int

【ソウル31日時事】
朝鮮中央通信は31日の論評で、

北朝鮮が「人工衛星」と称して発射の準備を進めている長距離弾道ミサイルを日本が迎撃した場合、

北朝鮮は、

「再侵略戦争の砲声」とみなし、
「最も強力な軍事的手段によってすべての迎撃手段とその牙城を無慈悲に粉砕する」と警告した。

韓国の聯合ニュースが伝えた。

---------------------------------------

注意をしておく必要があります。

北朝鮮は、日本の状況をしっかりと調査したうえでこの発言をしている。

すでに、長距離弾道ミサイルのテポドン2号が発射準備段階にあり、4月4~8日の間に発射がなされる予定となっています。

同時に北は、短・中距離ミサイルを配備しています。

短距離ミサイルの照準は、38度線をはさんで停戦中にある韓国、中距離ミサイルは、日本に照準が向けられている。

そして日本が、テポドンを迎撃した場合、北は「日本の牙城(軍事施設)を破壊する」と述べている。

攻撃はミサイルによるものでしょう。

そして憲法9条のある日本は、自衛のために我が国領土に入ってくるミサイルへの迎撃はできるが、すすんで軍を北にさし向け、北の保有するミサイル発射施設を含む各種軍事施設を攻撃することはないし、北に陸海空の軍を進めることもない。

つまり・・・

日本に対していくら攻撃を加えても、北は日本に反撃される心配はない、と踏んでいるわけです。

実際、そうだと思います。

怒ったら怖いぞ!と思わせるものがあるから、抑止力になるのです。

抑止力が国の安全を保つのです。

はなから報復攻撃を放棄するというのでは、ただ殴られっぱなし。ミサイルを撃ち込まれっぱなし。国土を破壊されっぱなしという結果しか招かない。


こういうニュースもあります。

<記事引用>----------------------------

北、核爆弾小型化に成功か=日本全土が射程のノドン-米韓当局
http://www.jiji.com/jc/zc?k=200903/2009033100477&rel=y&g=pol

国際的な非政府組織「国際危機グループ」(ICG)によると、北朝鮮がプルトニウムを使用した核爆弾の小型化に成功し、中距離弾道ミサイル「ノドン」(射程1300キロ)用の核弾頭を製造した可能性があると米韓情報当局が分析していることが31日、明らかになった。

日本のほぼ全土を射程圏内に収めるノドンは、北朝鮮国内に多数実戦配備されており、日本にとっては直接的な脅威となる。 

ICG関係者によれば、製造された核弾頭の個数は不明だが、弾頭は地下施設で保管されているとみられるという。

----------------------------------------

長距離弾道ミサイルのテポドン2号発射に備えて、日本の迎撃システムPAC3が秋田、岩手、東京に移動、配備される。
イージス艦も、日本海ならびに、太平洋側へ出向する。

こうして日本の迎撃システムが、関東~東北に移動し、西日本の防備が手薄になったところで、中距離ミサイルのノドンを、中部以西の自衛隊基地ならびに、大都市に向けて複数、一斉発射する。

つまり、テポドン2号は、陽動作戦であり、実際の狙いは日本の迎撃体制を北上させることで、他の地域の防備を薄くし、ミサイルによって日本が大混乱に陥った隙に、この2~3年日本への輸出が停滞していた麻薬を日本に大量に持ち込む。

日本政府には、これ以上ミサイル攻撃を受けたくないのなら、カネをよこせと要求し、その一方で日本に大量の麻薬を出荷し、大金を得る。

日本が、北のミサイル攻撃によって、西日本の自衛隊基地を破壊され、海上と空の警護力を失い、西日本の大都市(大阪・神戸・広島・福岡)が焼土となったことを奇貨として・・・・

韓国は、海上警備のためと称して、竹島・対馬に陸海軍を進攻。事実上これを領有するとともに、門司港、境港、新潟港を海上封鎖し、陸軍を港湾施設に侵攻。

中国は、日本の東シナ海警備力が壊滅したことを奇貨として、尖閣諸島を完全に支配下に置き、さらに五島列島に軍を進め、これを領有すると宣言。

これにより、日本は東シナ海の地下資源に対する権利を完全に喪失。

そうした事態になってなお、日本の国会は、憲法9条論や護憲論者と、わが国の国体を守るために戦うべきだという意見が別れ、被災地の救助活動に向かうべき自衛隊が壊滅していることから、被災地の災害支援活動も遅々として進まず、日本国内では、あちこちで食料を求めて暴動が発生。

治安維持への協力と称して中国人民解放軍が協力を申し出、これにより、日本は完全に中国の支配下に置かれることとなる。。。。

その後の展開は、東トルキスタンと同じ運命。

漢民族による日本人の民族浄化活動と称し、日本人の私有財産はすべて没収。
日本人女性は大量に拉致され中国人の子を孕ませられ、男は粗末な衣類と粗末な食事を与えられるだけで、無給で、労働奉仕させられる。

日本語の使用は禁じられ、教科書はすべて中国語に書き換えられる。。。

国が滅ぶというのは、こういうことなのです。

国家というのは、どっかよそのことではない。
私たちの生活空間が国家です。

国が滅ぶということは、私たちの生活が根底から破壊されるということでもあるのです。

北の暴挙を抑えるには、北がミサイル攻撃を日本に仕掛けるならば、日本はその何倍もの威力をもって報復する、という脅威が必要なのです。

それが国防というものです。

「まさか、そんなことにはならんだろう」と思っているあなた!

自動車の運転免許の講習で「~だろう」運転はダメだと教わりませんでしたか?

「~かもしれない」と思って、備えることが大事なのです。

それが国防です。

昨日の記事のコメントで、椿さんが、

「広島の平和記念館に書かれている『私達は二度と過ちをおかしません』という碑文は、『二度と原爆を落とされない“強い国”になります』という意味だ」

と書いてくださいました。

ぼくもその通りだと思います。

山に隠せるミサイルで 日本を脅す 北朝鮮


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

日本海

日本全国でのん気に花見をしている場合じゃないですよ
北のミサイル発射想定しサイレン30秒、秋田で事前テスト
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090401-OYT1T00939.htm


米軍高官「北朝鮮、ロケットに燃料注入を開始」発射間近
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=0402&f=politics_0402_006.shtml


「北がテポドン2号に燃料注入開始」(1)
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=113483&servcode=500§code=500


テポドン2号、全長42メートル 韓国専門家推定
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090402AT2M0201A02042009.html


飛ばすことに決まってしまった。

さくら

 石原都知事が言っている通り、一発日本に落としてもらった方が、のんきな事を言っている日本人には、目を覚まさせる近道かもしれません。






日本海

PAC3の発射機を配備 岩手2基、秋田3基
PAC3の発射機を配備 岩手2基、秋田3基
http://www.kahoku.co.jp/news/2009/04/20090401t73026.htm


テポドン2号の1部は日本の技術と部品で作られているそうで、
日本には落ちないでほしいですね。

愛信

【韓国は、日韓通貨スワップ協定の一時的増額措置を10月まで延長したらしい。】
韓国再びスワップで延命処置。反日国家、韓国なんか助ける必要なし。
民主党は韓国を直接助けたがっている。
韓国と関わりたくなければ民主党を支持するな。

詳細は【その他の掲示板】をクリックして下さい。
http://www.aixin.jp/axbbs/snt/snt_ind.cgi

ナポレオン・ソロ

状況から見た全体像(私見)
北朝鮮、核爆弾の小型化に成功か
http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp1-20090331-477360.html

北朝鮮が核弾頭の小型化に成功し「ノドン」へ搭載可能になったとの見方
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00152159.html

中国は、北京から西安(長安)に“遷都”を考えているらしい」…ブッシュ米大統領が福田首相に漏らす、週刊新潮
http://news24.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1216250752/
 以上の記事が語っているのは、朝鮮が核弾頭の小型化に成功し、ノドンに取付け、今や200発以上の短・中距離ミサイルが日本に照準を合わせていると言う米韓側からの情報だそうです。

 朝鮮の食うや食わずの経済環境下と、金正日不在の政権下だけで考えれば、有り得ない話でしょうが、実質的に、人民解放軍に乗っ取られて居ると看て良い朝鮮政府ですから、シナ人民軍から小型核弾頭を供与されればあり得る話に成ります、爆宿実験が不成功に終わっている朝鮮は核爆弾自体開発に成功したとは言い難いワケで、況や小型化等有り得ない話です。

 開発したとすれば、核弾頭を載せて飛ばせるミサイルをと言うべきでしょう。

 それでも、ブースターを1段増やしたテポドンⅡなら、間違いなく長距離ですから兎も角、短中距離のノドン、テポドンクラスに核弾頭を搭載した場合、朝鮮~北京までの距離からいって、万が一朝鮮政府内の叛乱が起こった場合の事を考えると、非常に危険を伴います、発車準備が終わったら、スイッチを押すのは個人です、つまり誰でも好いわけですから。

 シナ情勢は、党と軍の二重構造で考えるべきですが、共産シナ中央が、指揮系から乖離している人民軍に核を搭載したミサイルを配備させる事は、先ずしないでしょう。

 私は、今度の場合、人民軍が「復活した金正日主導の朝鮮政府」を影の主と見立てて、ミサイル発射を盛んに演出していると看ています。

 是は実は、人民軍が日本の有事対応力を看ていると考えて善いのではあるまいか、加えて、出来れば米空軍のSOL の使用情況を観察したい、其れを察知したゲイツ国防長官が「迎撃支援はしない」事で、SOLの使用を暗に否定した上、日本の対応に集中する様「核弾頭の搭載の可能性」を米韓に発表させて見せたと解釈しています。

 勿論、米軍は、発射されるミサイルが情況から云って、少なくともテポドンⅡは、危険なモノだと言う認識ではない様に感じます、ノドン、テポドンにしても然りでしょう。

 それに日本海にいるニーミッツ級空母艦隊の報復力は凄まじいワケで、もし、本当に核ミサイルを撃てば、勿論、SOLを遣って阻止するでしょうが、撃った方は、人民軍を含めて飽和攻撃で報復される事を覚悟しなくてはイケナイ。

 四川地震の時の地下基地の様に、報復・潰滅されても共産シナは、報道も抗議もできません、そうした米国の沈黙の制裁が、シナ国内の軍と党のバランスに寄与している部分が有るのも事実だからです。

 多分、其れが現実です。

 そんなリスクを犯して迄「撃つ」のは、最早「挑発」とは云えないでしょう、現在シナ人民軍が米国と戦わねばならない理由は皆無である事を考えれば、逆に、こんな「双方にとって危険な火遊び」をする上層部にいる一部の愚かな幹部やOBの排除は必須ではないでしょうか。

まざあ

ねずきちさま、こんにちは。
拝読しながら胸が締め付けられました。
周辺国が日本を虎視眈々と狙っているから、日本は自衛の為に憲法を改正し核を保持しなくてはならない、などと持論を述べると、周囲からは「まさかあ」という反応しか帰ってきません。今ここにある危機を実感してもらうためにはどうしたらいいのだろうと、途方に暮れる思いです。

bb

ねずきちさん、こんにちは。
いろいろな国のスタンスが、わかってきましたね。要は自分の国は自分で守るしかないということだと思います。核論争はアレルギー反応を起こす人がまだまだ多いので、大メディアでは無理かと思いますが、ネットなどで議論が始まり闊達になれば、それだけで意味のあることかと思います。早く公の場で議論できるようになればいいと思います。でも一昔前のことを思えば、正論を言える場があるのは、幸せなことです。

朝日のばかな書き込みが2ちゃんねるにあったことが判明し、メディアの焦りを感じました。

surnivers

日本には危機意識が足りなさ過ぎです
日本の場合は弾頭ミサイルはそんなに問題では無いと思います。
むしろ中距離、短距離ミサイルを多数打たれるほうが恐いでしょう。
しかし、ワシは日経のベタ記事しか見てないんですが、このことに全く触れていないんですよね。
テポドンより余程恐い事なのに、政治家もこれらのミサイル群に関して何の言及もしていないようです。
当然国民も注意はしていない。
とても恐いと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク