まさに反動!朝日の中国報道



朝日新聞が「G20において、米ドル基軸通貨を疑問視する声が高まっている」と報じたそうです。

記事の内容は、G20に出席している中国の胡錦濤国家主席が、米ドルが国際基軸通貨であり続けることに疑問を呈しているというもの。

これは、まさに中国の、思い上がった夜郎自大です。尊大、傲慢、不遜であり、日本人が美徳とする謙虚さとは程遠い。

「中韓を知り過ぎた男」に、以前、こんな文章がありました。

≪グローバル化された世界経済ではアメリカと他の資本主義国家とは一体です。
アメリカは自国産業が利益を出さなくてもドルを印刷して輸入できる唯一の国なのです。ドルが基軸通貨であるということはアメリカは世界の中央銀行です。≫

その通りだと思います。

実は中国政府は、人民元のペッグ先を、ドルのみから主要通貨の加重平均値に変えようとかなり前から提唱している。

これは、簡単にいえば、人民元がドルとの単一リンクをやめて円や人民元、ウォンなどアジアの主要通貨の加重平均で相場を決めようというものです。

この方式(通貨バスケット方式=ACB)に移行するということは、もっと簡単にいえば、中国人民元を、新たな基軸通貨にしようというもの。
そのこころは、中国人民元を新たな世界基軸通貨にしたいという見え見えの意図です。

しかし、陽気で巨大で開放的で正直な消費市場であるアメリカと、陰気で特定党幹部だけにしか消費力がなく、閉鎖的で、嘘偽りが横行し、法より党の都合が優先する国家の通貨が基軸通貨となることは、悪いけど世界の経済に悪影響しか与えないのは自明の理です。

そもそも、ついこの間、日本を抜いて世界一のドル保有国になったばかりの中国が、ただそれだけのことで米ドルの基軸通貨性に疑問を呈するなどというのは、冗談にしても性質が悪すぎる。

米国はたくさんの商品を買ってくれる解放市場だけど、中国は、カネを流入させるだけ流入させると、その国をポンと追い出す。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-23.html

中国は経済発展のためと称して公害をまきちらし、年間120万人もの障害児を誕生させている。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-410.html

中国は他国が開発した技術を、安い人件費で粗悪・格安で売り外貨を稼ぐ。

中国は偽ブランド、毒入り食品、毒入りおもちゃ、毒入り被服を、安いよ安いよといって世界に売りあるく。

中国は自分の国の天然資源の確保のために、平気で他国の領土を侵犯し、資源を盗掘する。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-368.html

中国はしかも都合が悪くなると、アクセスを遮断する(笑)
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-386.html

中国は、アメリカに58兆円貸してるというけれど、日本は900兆円貸している。むろん中国にも貸している。

鼻高々になる前に、日本のカネ返せ!!といいたいのです。

そもそも、中国の発表する数字自体があてにならない。統計数字が権力者の恣意で、どのようにも変わるというのでは、信用なんてできるわけがありません。

中国は人民元が基軸通貨になれば、そこに15億人の巨大市場があるといいたいのかもしれないが、そもそも中国の経済成長は外需依存。15億人もの人がいて、まるで内需が伸びていない。内需の乏しい国は、悪いけど市場としておいしくない。

夜郎自大もたいがいにしろといいたいところです。

ところが、これを中国側の立場でみると、また異なったストリーになる。

中国の覇権主義からしてみれば、日米同盟というのは、のどもとにささったトゲのようなものです。邪魔で仕方がない。

去年の年末に、中国共産党軍の長老遅浩田氏の回想記に掲載された主張は、

「我が国は、台湾、南沙諸島、尖閣諸島を奪取する道理も力も 備えている。これを妨害する者には反撃する。
我々は日本を殲滅し、アメリカの背骨をへし折らなければ 発展できない。」

というものです。

軍事力・経済力を高めた中国が、近隣国の保有する財産や地下資源を我が物とし、これを強奪するためには、どうしても邪魔になる日米同盟。

日米の経済の立ち直りを遅らせ、ドルの信用を弱化させ、日米同盟に亀裂を策し、その一方で中国の経済力を実際以上に誇示する。

そうした中国の戦略・路線・方向性は、世界のためにも、米国のためにも、日本のためにも、なんら寄与するところがない。

にも拘らず中国の覇権主義に易々と相乗りして、これからは中国の時代だといわんばかりの報道をする朝日新聞。だから朝日は売国新聞社だといわれるのです。

朝日の報道は、まさに彼らのよく使う言葉、「反動」に他ならない、ボクはそう思います。

それにしてもね、中国の人民元がどうなるかはさておいても、米国が基軸通貨国の地位をすべりおちるということは、アメリカが単なる債務国に凋落することを意味します。

米国内の景気はさらに深刻な打撃を被るし、アメリカを貿易相手としていた世界はさらに莫大な被害を被ることになります。

日本も例外ではない。

アメリカはドルの基軸性を守るためには、それこそ死に物狂いで戦うでしょうし、そのためには、米国の景気回復は喫緊の課題です。

その一方に中国の夜郎自大がある。

ルーズベルトが世界恐慌を脱出できたのは、戦争特需のおかげでした。
戦争は最大の消費を生みます。

米対中の新たな対立の枠組みの中で、本体同士ではなく、代理戦争として北と日本が戦争になると、米国の景気は一気に回復する。

そして今日、北がテポドンへの燃料注入をはじめた。
燃料注入を開始したら、もはや発射するしかない。

発射したら、日本は危険回避のために迎撃する。

日本が迎撃したら、北はこれを敵対行為とみなし、日本に宣戦布告すると宣言している。

そして中距離ミサイル・ノドン200発が、日本の各都市と自衛隊基地に向けて発射される。

日本は自衛のために戦闘を開始せざるを得なくなる。

北の後ろには中国。日本の後ろには米国。

戦争は、景気回復の特効薬・・・・

もしかしたら、そんな危険なシナリオがいま、地下で動いているのかもしれません。

そんな大事なときに、国益よりも、むしろ中国寄りの報道を重ねる朝日。

被害を受けるのは、平和国家日本なのです。

「売国、ここに至れり」という感じがします。

石原慎太郎と田母神俊雄の対談1
(5まであります。続きは画面ダブルクリックしたらYOUTUBEで見れます)


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

うぅ・・・ん

『朝日新聞』 ついに読者も呆れる。
「産経新聞」の麻生バッシングも斜め上だったようです(ちなみに今回最も激しく対立したのはフランスと中国であり、日本とドイツではありません。)が、「朝日新聞」は紙面の方に、胡錦濤国家主席の写真ばかり載せ浮かれていたようです。

http://overdope.exblog.jp/9966805

> Commented by 泣きたくなってきた at 2009-04-03 11:41 x
今日の朝日新聞もひどいです。
G20という大きなニュースがありながら
麻生総理の写真は1枚も載っていません。

中国国家主席の写真は2枚もあるのに!!!(1面、3面)

英雄

だいたい嘘を恒常的に吐き頭の中が西側の道徳が皆無で他人に対する悪意しかないシナ朝鮮がそんなに発展するわけないのですよ。国ではなくて匪賊が住む暗黒の大地です。日本人には思考も全然理解できないエイリアンです。現在も叛乱と暴動と征服戦争の繰り返しです。今シナ朝鮮は日本の金と女を取るためと国内対策のとため日本征服を発動しようとしています。おろかで知恵のないもの達です。結局しな朝鮮は再び負け混乱いはいります。今回は英米金融家がシナを育てるのを止めて絶滅さすかもしれない。人口を減らさないといけないし、道徳がな遺伝子は絶滅させないといけないとおもうかもしれない。

英雄

日本人も駄目になったけど、若い人が軟弱だけど、元から武士の棟梁になれるようなような人間は一部だったから、危機がくれば日本人の若い人は変わるとおもいますよ。大人は変わらないけど。ただし日本はどんどん変化していきますよ。これはしかたない。戦後は戦争に負けた結果だからね。売国してでも生き残ろう、生活しようと思ったわけです。日本人は現実てきだからね。シナ韓国との近いうちの戦争は人口が半分になるでしょうが私は戦いますよ。たのひともそうですよ。そのぐらいの被害があるのは仕方ない。適度です。チベットよりはいい。

英雄

シナ人は人間のカス。そのカスの御用聞きをする朝日新聞もゲス。300人の工作員を使い朝日は反日ネット工作をしているようですね。戦後の災難の元凶の一つが朝日人です。多分日本人ではないでしょう。密航した在日だと思っていましたが戦後のどさくさに入ってきたシナの特務でしょうね。残置諜者ですかね。敵地霍乱の草というやつでしょう。真実はどうにしろ、有志が決起して軍を健軍して討ち取るしかないでしょう。シナや韓国の援軍が九州に上陸したら朝日人の追討仕置きとあわせて雌雄を決するべきでしょう。それで滅びたら仕方がない。このまま国内の混乱と弱体化や愚民かがつずけば日本は滅ぶのだから。シナ人は個人はたちが悪くて手に負えないですが民族としては劣等民族だから、勝てます。

bb

ねずきちさん、こんばんは。
中国が人民元を通貨機軸にしようというのは、真剣に考えていると思います。荒唐無稽とたかを括っているとエライ目に会うと危機感を持ったほうがいいと思います。勿論自国から崩壊することも考えられますが、当面は警戒が必要と思います。アメリカだってオバマが何を考えているかわかりません。日本はもっと危機感持つべきです。本当に心配なんです。

Kent

中国に世界のリーダーたる資格なし!
正に管理人様のおっしゃる通りですね、次の実情を考えたとき、中国・中国の元が世界の基軸、基軸通貨になる資格は皆無です。
ましてアメリカに次ぐ世界第二位の経済大国日本がアメリカ・米ドルを支持。その他の国が全て束になってもこれにかなうパワーとは成り得ません:
■名目GDP(2007年): 
 (日本) 43,767億ドル、
 (中国) 32,801億ドル・・・日本の75%。
     約40%が外需依存。
■一人当たりGNi(国民総所得)(2007年):
 (日本) 37,670ドル、 
 (中国) 2,360ドル・・・日本の16分の1
■輸出依存度:
 (日本) 約13%
 (中国) 約40%・・・約40%が外需依存。
    ※外需の落ち込みの影響をモロに受ける。他国の政策にも大きく影響される。
     中国は人口だけは多いものの、国内市場 は日本とは比較にならないほど小さい。
■失業率:
 (日本) 4.2%
(中国) 農村の潜在失業者をカウントすると 15%以上。大学生の多くは卒業即失業。
■GDPに対するエネルギー消費量:
(日本)を 1 とすると、 
 (中国) は 8.5 ・・・日本の8.5分の1 のエネルギー効率。
■その他:
①激しい腐敗・汚職、極端な格差。
②農村の疲弊。開発のため農地や住居を追われた人々。極めて多くの失業者。
極端に窮した人々、当局の腐敗や傲慢に抗議する人々の暴動は各地で頻発。
それが体制を揺るがす大規模なものに発展する可能性。
③膨大な不良債権:幹部の口利き等により、極めてずさんな貸し出しが行われてきた
結果、貸出しの数十%が不良債権化している可能性。
④超過剰投資を続けてきたツケ:10%を超えるような経済成長を続けなければもたない
経済体質。国内市場は決して大きくなく、外需落ち込めば、経済が破綻する可能性大。
  環境や資源の制約でその成長が受け入れられない可能性も。 
⑤国営企業の経営は全く出鱈目。稼いでいるのは外国企業。
安い労賃のメリットが失われつつあり、外国企業は逃避傾向。 
⑥自国の技術が育っていない。
著作権侵害、コピー商品が多い。中国商品の信頼性は極めて低い。 
⑦社会的モラルの欠如。 ⑧人権問題。 
⑨国土の汚染と環境破壊の進行。水資源の問題。
(結論)
中国は世界のリーダーたる資格・資質を完全に欠いており、ただただ迷惑な国であり
続けるでしょう。

椿

強請りたかられない為にも『核武装』を!
早く『核武装』して下さい。と願うしかありません。

>ついこの間、日本を抜いて世界一のドル保有国になったばかりの中国が<

子分の朝鮮にソックリですね。さすがは親子。
20年間日本人に「日本野球」を教えてもらっていたにも拘らず、勝利した日本を罵倒し、こきおろし、最終的には“韓国は野球の神様”発言ですよ(爆)

ほんの少しの発展や進歩を100億倍くらいに、
「過大評価」するところが、シナ・朝鮮の悲しい性ですね。

日本の売国政治家・官僚も、税金の無駄使いばかりに精を出さずに、シナの20倍も米国に金を貸している事実を直視し、シナ以下の扱いを米国に受けている「屈辱」を感じとって下さい!

[下線]日本は、国防という一大事を他国に依存している限り、自分の頭で考え、自分の行動に責任を持つという大人には、未来永劫なることはできません。[/下線]

-

この間、中国のNo5に 呼ばれて命令された事を忠実に遂行しているのでしょう。ネットで赤っ恥をさらし、それに上塗りするとは…朝日は今年いっぱいで終わりかもしれませんね。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク