日本のメディアの死を伝える大事件

昨日、愛信さんから、貴重な情報をいただきました。

来日している中国共産党ナンバー5、李長春政治局常務委員(宣伝担当)が、30日夜、日本の通信社・新聞社・テレビ局14社の社長らと、都内のホテルで夕食を共にしながら懇談。

この席で、李長春政治局常務委員が、

「両国国民の相互理解に向けて“良好な世論を作るよう努力してほしい”」と求めたというのです。
■関連ニュース:日本メディア14社首脳と初懇談=「良好な世論を」と李長春氏-中国 時事通信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090330-00000192-jij-int

東京の中国大使館によると、中国指導者が日本メディア各社を一斉に招き、意見交換したのは初めてのこと。

冷静に考えると、もし日本の、たとえば麻生総理や、米国の広報担当官や、在日大使が大手マスコミ14社の社長を食事会に招き、「良好な世論を作るよう努力してほしい」と述べたとしたら、おそらく日本のメディアは、「怪しからん!我々の言論の自由に露骨な圧力を掛けられた!」と大騒ぎになったであろうことは、容易に推測できます。

当然です。ジャーナリストにとって、圧力に屈することは最大の侮辱です。

ところが、相手が中国だと・・・・ただ頷いて素直に耳を傾ける。

参加者の誰一人として「民主主義国家の一員として、ジャーナリストとして、世論誘導など出来ない」と答えない。そうした報道もない。

以前、このブログで、1972年に日本が入手したとされる中国の「日本支配工作要領」を紹介させていただきました。
■関連記事:中国、戦慄の「日本支配工作要領」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-448.html

この「日本支配工作要領」の“第2.マスコミ工作”によれば、

≪大衆の中から自然発生的に沸き上がってきた声を世論と読んだのは、遠い昔のことで、「マスコミ」は、世論造成の不可欠の道具に過ぎない≫

のだそうです。

そして、

≪政府の内外政策には常に攻撃を加えて反対し、
野諸党の反政府活動を一貫して支持し、
特に在野党の反政府共闘には無条件で賛意を表明し、
その成果を高く評価して鼓舞する≫

といいます。

さらに、メディアによる人間の尊重、自由、民主、平和、独立の強調については、

「自由」とは、旧道徳からの解放、本能や性の開放を指し、
「民主」とは、国家権力の排除を指し、
「平和」とは、反戦、不戦、思想の定着促進であり、
「独立」とは、米との提携の排除、ロシアへの接近阻止をいうのだそうです。

さらに、中国とは、1964年に締結された日中記者交換協定によって、

1.日本政府は中国を敵視した報道をしてはならず、マスコミは中国の意に反する報道を行わないこと。
2.これに違背したメディアは、中国から記者を追い出され、中国関連の報道ができなくなる。
とされてます。

この協定によって、日本のメディアは、一貫して、中国のプロパガンダ機関として利用され続けている。

ただでさえそういう状況なのに、さらにこれに輪をかけて、中国共産党の宣伝担当のTOPが、わざわざ来日して、大手メディア14社のTOPを招き、敢えて、
「良好な世論を作るよう努力してほしい」・・・

ここでいう「良好な世論」を「作れ」とは、
「中国共産党にとって都合のいい世論を」、「作れ」という意味に他ならない。

そして中国という国は、自国の都合のためには、平気で嘘をならべることが「正しい」とする文化を持った国です。これが中国でいう“避諱”の概念であり、それは中国国内では宗教的戒律に等しい意味を持っている。
■関連記事:虚言で対面を保とうとする中国の文化は、どこの国に行っても歓迎されない。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-449.html

つまり、今回の要求は、簡単にいえば、

本来真実を報道しなければならないメディアが「中国にとって都合のいい『嘘』の報道をするよう、あらためて求められ」、国内メディアのTOPが、「これを承諾した」という意味に他ならない。


いま、民主党などは、しきりに中国に接近し、国内に向けては、アメリカからの支配の脱出を説いています。

しかし、現実に中国の支配下に置かれた国がどうなっているか。

東トルキスタン、ネパール。。。。

いずれも言論の自由を封殺され、女は連れ去られ、私有財産は奪われ、文化は破壊されつくしている。

そして中国本体は、国内には10人にひとりの割合で奇形児が生まれ、多くの一般大衆は衣食住もままならない生活を送り、しかも人間としてすら扱われていない(国籍もない)。

法があっても、党幹部の恣意によって、そんなものはいくらでも蹂躙され、庶民には人権すら与えられていない。

そういう国の宣伝相から、嘘八百の報道を依頼され、それを唯々諾々と呑む日本のメディア。

日本人はね、言論の自由は、空気のように、あることがあたりまえだと思っている。

江戸の昔から、幕府が何を言おうが、瓦版は好き勝手なことを書いていた。

赤穂浪士なんて、幕府は私的な乱闘事件を起こした暴力犯だとして断罪したのに、瓦版は、立派な仇討だとほめちぎっていた。

泥棒の石川五右衛門や、極道のニッポンダエモンなどが、庶民の英雄としてもてはやされもした。

庶民の言論は自由であり、お上はそういう活気ある庶民を慈しんだ。

日本人は、嘘を憎み、本当のことを知ることや言うことが、ふつうに正しいことだと信じている。

日本は、そういう文化を持っているからこそ、江戸300年の太平の世を築いたし、欧米の植民地にならずにも済んだし、明治の昔から世界に向けて人種差別の撤廃や人権の大切さを世界に訴えもしてきた。

その日本のメディアが、大衆誘導のために、他国に都合のいい報道を求められ、これを唯々諾々と、呑む。

この件に関する報道は、ほんの数行の短いものでしかないけれど、後の世に「日本のメディアの死を報じた大転換期を象徴する事件」として、長く歴史に刻まれることは間違いないことであろうと思います。

日本に中国批判を禁止【日中記者交換協定】


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

めざせテイクオフ

ポスティング
NHKの台湾についての番組、何だか昨年の映画『ヤスクニ』を思い出しました。合い言葉は反日、ってところでしょうか。

中国は、以前に産経新聞が気に入らない記事を書いたとき、日本政府に「黙らせろ」と命令していましたよね。中国のマスコミが何たるかがよくわかります。

ビラまき、口コミで頑張りましょう。地味なようですが、みんなでやれば必ず効果は出ると思います。

チャチャ

中国ヨイショには騙されない
中国持ち上げ番組などやればやるほど何かおかしい、とか気持ち悪いと思う人が増えるんじゃないかと思います。10年くらい前まで中国についての報道がほとんどなかった頃は中国に対する悪いイメージは特になかった。実際に中国人犯罪が頻繁にあったり毒餃子問題が未解決だったりするのに、TV番組がそれに反比例するかのように中国をヨイショすると変だと思うのが普通の感覚。中国の悪い面は今でもほとんど報道されませんが、それでも中国に憧れたり好意的な思いを持ってる日本人は少ないのでは?だからこそ中国は必死なのかも知れません。日本の左翼の人たちが中国に憧れてどんどん亡命するようになるといいですね。

椿

アメリカに頼るな!

北朝鮮もですが、
何度も何度もアメリカに騙されている日本人よ、
ここまでされてまだアメリカを頼るのか?と言いたい!

第二次世界大戦の時のように、米中の戦略によって、
本当に今度こそ日本は潰されますよ。

アメリカの身勝手さにどこまで付き合う気ですか?
日本人よ、勇気を出して核武装して欲しい!!

英雄

シナの軍隊に日本を占領させようとする沖縄の金城信一を売国奴民族の敵として糾弾しようではありませんか。日本を滅ぼそうとするのだから最高の刑ですよ。シナの要人の言うことを聴いていた売国する放送局は潰すしかないですから押しかけていくしかない。放映料は払ったら日本を滅ぼすことに加担をしたことになる。小沢一郎がシナ要人の手先なのははっきりした。

surnivers

日本のマスコミはシナの軍門に下ったと言う事ですかね?
でもそうなると、自動的に殆どの日本人が軍門に下る事になりますね?
これって、完全に売国行為じゃないんでしょうかね?
その自覚はあるんでしょうか?
14人の社長には?

えー、ワシは御ブログを初めとするブログや日経のべた記事だけをRSS出落としておりますので、基本的に洗脳を受けるとは余り思えませんが、後SAPIOと言う情報誌で武装をしておりますが、酷いですね。
シナの日本のメディア侵略は続くんでしょうか?
好い加減にしてくださいよ?と思いますが。
誰も危機感を抱かないのですかね、政治家は特に・・・

ka

そのプロジェクトジャパン
今日はミサイル発射はなかったんですね
夫が「北朝鮮ぞ」と想定内だった様でした(~_~;)

受信料を払っていないので、実家で「プロジェクトジャパン、アジアの一等国」の台湾編の予告を見ましたが、一目瞭然、どう見たって台湾にひどいことばかりしていたとしか映らない映像に発言でしたね
あれ、国営のNHKさんの番組なんですよね?(すごい >_<)
続きのシリーズもあるらしく、また実家で見てきます

ナポレオン・ソロ

情けないを通り越して悪寒がする
 この話に先だって、小沢が民主党幹部と共に招かれ、李長春に「本当に政権を獲れるのか?」と訊かれて、気色ばみ、「古い友人だから云ったダケ」と言い訳されて居る話が、「新世紀のビッグブラザーへ」に載ってましたので、あちこちに広めたばかりです(嗤)。

 ホントに、腸が煮え繰り返る位腹が立つ話ですね、日本人としての誇りとか、日本人の社会を護ろうという気概とか、全く欠落しているとしか思えない、しかし、茲まで酷くなくても、似たようなレベルの人はゴロゴロ好そうですから、本当に悩ましい。

 核ミサイルを40基以上も向けている国のスパイの親玉から、その国のマスメディアを支配する首脳が、「国内世論を誘導しろ」とおおっぴらに指示を出される国が、日本の他にあるものか、鎖国してりゃ、シナの情報なんかイラネェだろうに。

 それにしても、ナント邪悪な国だろうか。

保守の29歳

ビラまき
もうマスコミはダメですね、死にました。
世の中の大部分の普通の人たちは、テレビ、新聞の言うことを鵜呑みにしてそれ以上は何も考えない「鵜呑み層」ですから、マスコミと一緒に日本も死ぬでしょう。

ネットが普及して個人でも相当な情報が集められるような時代になっても、普通の人たちは情報に対して受け身であって、能動的に情報を集めようとはしません。
僕はネットでデータを配っているビラまきの活動が全国に広まって、日本中を覆って「鵜呑み層」の人たちにも「新たなメディア」のように認識されないかなと夢想しているのですが……。

キムチ嫌い

えぬえちけぃ=暴力団
「プロジェクトジャパン」って「憲法9条強調番組」だ!戦争ー韓国ー中国ー日本のアジア進出ー伊藤博文ー占領ー軍国主義。非人道な中国や大国の実態は全て闇の中。日本は世界を脅かした悪者。「憲法第9条と天皇陛下は切り離せない」日米安保の吉田茂を批判。中国、韓国、オランダ。出て来る国は全部反日じゃん。その後に北朝鮮の飛翔体のニュースと拉致問題って何?普段、拉致問題を無視してるNHKが。日本は無抵抗でいろってこと?夜中は韓国美化ビカドラマ。NHKって偽物刷り込みのやり方が暴力団と一緒だ。
国民の皆さん、土曜の夜こんなヤクザ放送局NHKは観ないでねー!

bb

ねずきちさん、こんにちは。
打ち上げ誤報があったようですね。

私もこの話はだいぶ前に知りましたが、情けなくなりました。だからもう新聞は買いません。とっくに定期購読はしていません。今朝のNHKのニュースでマイツリー(いくばくかのお金を出して名前の入った街路樹を植えるということらしい)とかいう報道で、例にあげたのが韓国の国花であるムクゲ、韓国語を学ぶゼミのマイツリー、他にもありましたがとにかくこのゼミの話が長かった。学生に「日韓の架け橋になりたい」と語らせていました。NHKの韓国ドラマの多さも目に余ります。中国様と韓国様にしっぽを振るような公営放送。受信料返してもらいたいです。

日本のメディア虫の息ですね。もう誰も信用しないでしょう。

キムチ嫌い

えぬえちけぃ=親中
中国様の指令に従っての第一段番組。「プロジェクトジャパン」台湾から憎まれている日本、天皇と憲法の暗鬱な関係性、絶対に有り得ない程に美化された朝鮮王朝。何を日本人に刷り込む気でしょうかね。
「やっぱり中国一番、朝鮮二番、占領政策マッカーサーの米国とは縁を切りましょう!誇るもののない日本人よ」いつも意図が丸見えなNHK。受信料払いたくない!

-

ていうか、とっくの昔に死んでいる(苦笑) ↓
全ての米軍は本国へ撤収せよ(2000年9月28日)沖縄タイムス
http://web.archive.org/web/20001217233600/www.okinawatimes.co.jp/opi/20000928_2.html

金城信一

米軍基地の固定化と我が国の再軍備化への動きに反対の意志をアピールする、みるくゆがふNETに参加した。
政府は違憲の日米安保は破棄し自衛隊も即刻解散、平和国家として諸外国との友好に力をいれるべきだ。特に中国との友好関係の構築は将来米国の核の傘から離脱した時、日本の安全保障を考える上で最重要課題である。
米軍の撤退後は人民解放軍の駐留も視野に入れた安全保障面での関係強化を計るべきだろう。
その実現には利用価値に乏しい尖閣列島の領有権の放棄や、過去の謝罪と倍賞等でも最大限の誠意を示す必要があると考える。

名護市

>>米軍の撤退後は人民解放軍の駐留も視野に入れた安全保障面での関係強化を計るべきだろう。


嫌だ。(笑

ふぁんです

本当ですね。
幕府に厳罰をもって処罰された鼠小僧次郎吉も鍛冶屋お七も庶民のヒーロー・ヒロインでしたね。
大切な日本の精神文化を踏みにじる中国とマスコミは許せないです。

素朴な疑問

胡散臭い・・・
最近では、郵政民営化反対命の人や、チベット問題や台湾問題に関心がある人や、自称反米保守までが「例え人権擁護法案が成立したり、外国人参政権が実現したとしても、隷米するよりははるかにましだ!」と絶叫していますね。
「私たちは保守だが、隷米するより隷中する方がはるかにマシ!」と言ってるわけですが、「保守」を自称するなら、民主党内極左派らに出ていってもらうよう糾弾すればいいのに、何でやらないんだろう?と不思議でなりません。

素人考え

素人考え
中国、朝鮮と付き合うと、日本は不幸になる。日本の企業が中国で、不幸になっていることを、マスゴミは報道しない。出来れば、国交断絶してほしいと考えているのは、私だけだろうか?
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク