4000年かけて民衆を幸福にする体制を作れなかった国



北朝鮮のミサイル発射は昨日(4日)はなかったですね。

(^▽^) ホッとひと安心。

でも警戒は怠れません。なにせミサイル発射の予告期間は4日~8日の間。
まだ1日目が過ぎたばかりです。

そして4月9日からは北朝鮮の最高舞台である人民大会議が行われます。
金正日の威光を示す意味でも、ミサイルはなにがなんでも発射しなければならないのが北の都合です。

自衛隊による誤報報道もありましたが、ねずきち的には、誤報そのものよりも、その後の対応が実に冷静であったことのほうが、高く評価できるのではないかと思います。

それ以上に、本音を言えば、日米韓の工作によりミサイル基地そのものがすでに破壊されていることのほうが、国民的にはありがたいように思ったりもします。

され今日は、今日は徒然な思いを書いてみたいと思います。

世の中には変わった人もいるもので、「日本から米軍に出て行ってもらい、中国の人民解放軍に日本に駐留してもらったほうがいい」などという“たわごと”を本気で主張する人がいる。

昨日の15:08分の名無しさんから、そんなコメントをいただきました。
■関連記事:全ての米軍は本国へ撤収せよ 金城信一 沖縄タイムス
http://web.archive.org/web/20001217233600/www.okinawatimes.co.jp/opi/20000928_2.html

中国ってそんなにいい国なんでしょうかね。

中国4千年の歴史というけれど、中国という国は結果として、4千年かけてなお、庶民を幸せにできない国家であり続けている。

国家や、政治体制というものは、その根本に、国民的的思想というものが存在します。

そしてそれが中国では儒教であるといわれている。北や韓国も同じです。いわゆる儒教文化の国です。

思うに中国という国は、諸子百家の時代に、秦の始皇帝が採用した法家を滅ぼし、儒家を国家的思想の根本に据える体制をひいたことで、以降、現代にいたるまで庶民の幸福を得ることができない国であり続けているといえるのではないか。

もし、秦の体制が長期政権となり、法治国家としての体制を中国の根本に置くことに成功したならば、現代中国はもっとぜんぜん別な国に育ったかもしれない。

では法家と、儒家のどこが違うのかといえば、法家は、真実を見極め法で裁こうとする。儒家は、体制や権力者を守るためなら嘘を述べることを奨励する。体制が正義であり、真実であり、体制に逆らうものは不義であり、体制に逆らうものはすべて虚言であるとする。

この結果、権力者だけが(簡単にいえば)いい思いをし、権力を持たない一般庶民は真実を口にすることもできず、常に収奪される対象となる。
だから庶民は、より立場の弱いものから収奪を行おうとし、結果、周辺国を奪い続ける。

その実例が、現代においても東トルキスタンであり、ウイグルであり、ネパールです。

北朝鮮も同じ。

チェチェ思想とか言っていますが、その根源にあるのは儒教です。

いまの北朝鮮が、民衆が貧困と飢えに苦しむ国であることは、日本人なら誰でも知っていますが、戦後の長きにわたり、その北朝鮮は「地上の楽園」と信じられていた。

なんのことはない。日本が作った当時東亜最大といわれた重工業工場を、終戦のどさくさにまぎれて収奪した金日成が、当時の半島の富をいわば独占したにすぎない。
今でも北朝鮮は「地上の楽園」です。
ただしそれは、北の庶民にとっての楽園ではない。金正日一派にとっての地上の楽園であるに他ならない。
国内のほんの0.001%程度の一握りの人たちが国家の富を独占し、残りの99.999%の国民から収奪する。
99.999%の国民は、教育も与えられず、私有財産も認められず、飢餓に苦しむ。
たまたま村に美人が生まれてくれさえすれば、その美人を献上することで、村が食える。

そんな体制は、かつての李氏朝鮮時代の半島そのものだし、4000年の中国の歴史そのものでもあります。

そういう国に、日本の支配を委ねる??

つまり、言論の自由も、私有財産も、愛する女性も、すべて中国人民解放軍の兵士に捧げて、一生、無給・無休で収奪され続ける人生を歩み、愛する自分の子や孫への教育の機会も奪われる。

そういう時代が来ることを理想に描いている??
それが日本の庶民にとっての幸せ??

冗談云っちゃいけません!!

【日本はスゴイ!】 神話から連綿と続く「世界一」の文化


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

英雄

暗黒大陸シナに今住んでいるのは過去に住んでいた人間とは関係がないですよ。5000年の歴史とか嘘を言ってるだけですよ。今のシナ人の歴史は1000年ぐらいでその中でも入れ替えとかがありましたよ。北方系の連中が南下してきたりしてます。清国末になり、日本に清の留学生がきて初めてシナ大陸に長い王朝の歴史が存在した事を日本のシナ研究により発見したのですよ。シナには本も残っていたのは皆無で日本に全部残っていたのです。清末には書き表す自分の国語も無くて日本語を基にしてシナ語を新しく創生したのですよ。シナ人が言うのは、日本の反日学者もふくめて、殆んどインチキなのですよ。シナ人は嘘しかつかないからわかるけど、反日日本人も嘘ばかしついていると、シナ人ににてくるぞ。北京語は満州語に近いですし、戦前の日本人のシナ研究は進んでいました。
朝鮮の歴史は500年。モンゴル辺りから南下してきました。大陸は嘘の大陸です。

bb

ねずきちさん、こんばんは。

少し違った視点から文化を語ります。
実は私は陶芸を趣味でしています(下手です)。
チャイニーズといわれる磁器は景徳鎮に代表されますが、それは、ゴスと呼ばれる下絵付けの素材があってこそです。酸化コバルトです。元時代に中央アジアから調達したと考えられています。では唐はといえば、唐三彩のように全く別のものです。簡単に言ってしまえば、支配者がコロコロ入れ替わり、その持つ文化が伝えられているにすぎません。事ほど左様に中国は支配者によって、文化の継承さえ覚束ないし、もっといえば倒した権力とは違うことを強調したのでしょう。(かなり大雑把で異論があるかもしれません)

一方、我が日本は、陶器や磁器には余り興味を示さず、戦国時代茶の湯が出てくるまでは、ほとんど使い捨ての素焼きの土器に近いものでした。全然無かったわけではありませんが。その後、中国の混乱や世界情勢で有田に中国の代替品として柿右衛門様式の磁器が生産されます。この間、朝鮮でも類似品が生産され朝鮮白磁や青磁が生産されます。中国から朝鮮経由で伝わったことは間違いありません。その後、その技術を用いて、鍋島のような素晴らしい磁器も生産されます。

木の文化のわが国は、漆を今でも大切な文化として維持し世界に冠たる文化、ジャパニーズを持っています。私たちはもっと自国の文化を自覚すべきです。

それにしても本日(4/5)九時からのNHKひどいですね。公営放送やめて下さい。台湾の話です。

ハタラキアリ

靖国神社の桜は、綺麗でした。

テーマとは無関係なんですが…日本はソロソロ本気で…「ガンダム」造ろう!

巨大な空母とドチラが安上がり?

太郎の嫁

中共という国は嘘つき
それが証拠に中国人という人種は存在しません。
中共は、多民族国家というのが売りです。
昔で例えれば、ウクライナ人を「ソ連人」と呼びましたか?

当然、中国語という言語も存在しません。
北京語・広東語が主言語です。

火事場の馬鹿力さんが言うように、連綿とした歴史が無いのが中国。
そして今は、中共王朝です。

火事場の馬鹿力

断絶の歴史
大陸の儒学者が天子(皇帝)の前に召し出され、天子にふさわしい徳を誉め称えようとします。
天子は清廉潔白です、天子は品行方正です、天子は規範徳目(礼、孝、忠、義、仁、等々)で人々の模範です、と述べたかったはずです。
しかし、途中から言葉が詰まります。
目の前に居る天子(皇帝)と称している輩は、前王朝から権力を纂奪し、前王朝の皇帝を弑逆し、その一族を残忍な方法で根絶やしにし、下克上を重ね、或は親兄弟さえその手にかけた、道徳的には最低の人間、若しくはその子孫なのです。
例えどれ程、精強であろうと「天子ではない」と感じたはずです(言ったら殺されます)。
総ては革命を容認してしまった事による矛盾なのですが、儒学が成立し儒学者達がその矛盾に気付く遥か以前に革命は起こってしまっていたのです。
やむなく儒学者達は形式的な礼の徳目を最上位に置き、せめて革命が起きずらくしました。
しかし、その為、民族のポテンシャルは低下し、終には異民族の支配を受け、異民族の首領を天子と仰ぐ事となりました。
結局、系統としての漢族そのものさえ雲散霧消してしまいました。
現在、大陸にいる漢族は自称であり王朝の分断、異民族の侵入、度重なる戦乱で民族の記憶をもぎ取られた、人々の群れです。
自分が何者かさえわからず、有利そうだから漢族と名のっているだけなのです。
気の毒ですし憐れだとも思いますが、決して仲間となり日本民族の記憶を失いたくはないです。
日本国民が豊かさと自由を謳歌している事と、革命を否定し継続の歴史を誇る事は密接に関係しているのです。
ある意味、儒学者達の悲願は日本で成ったと言えるかもしれません。

-

日本をよろしくお願いします。>ねずきちさん
最近名無しで失礼しています。

昨日、NHKのプロジェクトJAPANのプロローグをやっていたので観ていましたが、歴史の授業を受けているようで退屈でした。
「9条は大事だよ。」という事ですが、高校時代の恩師の顔を思い出し、思わず目頭が熱くなりました(笑)
http://www.nhk.or.jp/japan/index.html

ここ1~2年政治に関心を持ち日々憂える日が続いたせいか、遂に心臓の調子が悪くなり、しばらく深刻な政治ニュースなどから遠ざからずを得なくなりました。
今後日本の「多文化共生」は避けられませんし、実は私自身これに関しては比較的好意的なのですが、日本は「こども」だからまだ駄目だと思っています。
日本には「スパイ防止法」がありません。(朝鮮総連はれっきとした工作機関ですが、比較的自由に活動をしています。)
それに加えて(民主党政権になった場合)、「外国人参政権」や「人権擁護法案」が次々と成立し、治安や安全保障の面で大きな混乱が生じるのではないかと危惧しています。
また、自衛隊も憲法に縛られて自由に動けません。
日本政府は、自国の領土を主張するのも躊躇いがちです。
要するに日本はまだ「こども」であり、自立した「大人」になっていないのですが、その危うい状況の下、移民を1千万受け入れて、外国人参政権も実現しようという流れができつつあります。
マスコミや民主党がこの流れを支持しているので、もう止まらないでしょう。
せめて日本が「大人」になるまで待っていて欲しかったのに・・・!

日本は「こども」ですが、価値のある存在でもあります。
日本は、民主主義をキッパリと否定している中国の隣にあって、自由と民主主義と法治を堅持する東アジアの優等生である事は間違いありません。
その事に関しては、日本は誇りを持って欲しいですね。
そういった誇りを持って、安全保障や防諜を真剣に考え、その上で近隣諸国とも大人の友好関係を築き上げていって欲しいし、それが東アジアの為になると信じています。

NHKや「朝日新聞」の中の人々には解らないかも知れませんが、「反日」というのは、北朝鮮や中国などの独裁体制を潤すだけで、あまり意味の無い事が多いのです。
日本から金を毟り取る手段であったり、体制維持の劇薬であったりします。もうそれは、「国民の感情」とか「民族の痛み」ではありません。
絶対この手の企みに加担しないようにして欲しいものです。

ナポレオン・ソロ

沖縄の悲劇を繰り返さないようにする為には・・
 思うに、此の金城信一氏って、実名は「城」抜きなのでは無かろうか、つまり、在日で、金城は通名なのではないか、自らの住んでいる父祖伝来の地に、外国の支配侵略を進んで招き入れられる神経は、決してその地を血を流して護ってきたモノの子孫では持ち得ないモノだからだ。

 朝鮮族の教育は、自己嫌悪を隠蔽する事を以て原点としてきましたから、歴史の真実になどにマトモに向かい合う等、考えても居ないでしょう、「与えられた歴史」をネガティブな方向に疑う事も有り得ない。

 それでも、日本社会との比較から、自己嫌悪感が成長するが、自分に生じた歪みを差別の所為にしてしまうから、本当の自己矯正が出来難いし、誇りも育たない。

 多分、それらの事に気が着くのは、本国人の姿を観た時だと思う、一部のエリートを除けば、全く19世紀の遺物と言う他はない有り様だからだ、一番驚くのは、両国人共「漢字文明圏」の筈なのに、漢文も漢詩も全く知らない事だ、例えば、李白や杜甫さえ知らないシナ人が居るとは思いもしなかった。

 朝鮮に至っては、漢字文化の遺産・業績自体が存在しないし、しても、誰も知らないのが現状だろう。

 口では、高らかにナン千年の歴史を自称するが、唯人が住んで居たダケの記録しかないし、当時の住民だって、自分達の祖先である証明がないし、有ったところで継承する文化も伝統も習俗も全て、誇れる対象ではない、寧ろ、忌避している位ナノでは、歴史を誇るより、何処かから移住してきたと自称する方がマシではないのか。

 成り済ました琉球人の意見を丸で、代表的琉球人の言葉で有るかの様に扱う沖縄のマスコミを、多くの沖縄人が支持して居るのなら、悲劇は何時までも繰り返される事になるだろう、沖縄の先人達は、何時も勇敢に戦って沖縄を護ってきたのである、その歴史を誰が貶めているのか、考えたら判るはなしだろう。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク