もう8月もおわりですね

富や贅沢というのは、相対的なものです。10〜18世紀の西洋の王侯貴族の生活よりも、現代日本の普通のおばちゃん達の方が、よほど良いものを食べ、良いものを着、居心地の良い空間で生活しています。
日本人が、ご詔勅の通りの日本人となっていくこと。
そんな日本を日本国全体で目指していくこと。
そうすれば、日本の未来も、そして世界の未来も明るく耀くことになると思います。

20200831 雲海
画像出所=https://www.chihoyoga-life.com/entry/2017/11/25/072227
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

早いもので、もう8月のみそかになりました。
8月はどうしても戦争に関する記事が多くなりますが、先の大戦を振り返るとき、やはり天皇による終戦の御聖断が、その後の日本と世界にきわめて大きな影響をもたらした。
このことは、私達はあらためて大事なこととして学ぶべきことであるように思います。

第二次世界大戦の始まりは、昭和14年9月1日のドイツ軍によるポーランド侵攻からとされています。
日本が参戦したのは、それから2年以上も経った昭和16年12月8日のことです。
その2年間日本が何をしていたのかというと、ひたすら戦争回避の道を探っていました。
つまり日本は、それほどまでに戦争回避を願っていたということになります。

では、最終的に日本がこのとき、戦争に突入しない道はなかったのかといえば、答えはNOです。
日本が大陸における利権のすべてを放棄し、欧米諸国の有色人種国のすべてに対する植民地支配を認め、かつ彼らのために戦うという道を選んでいれば、日本に生き残りの可能性はあったかもしれません。

しかし、もしそのような道を日本が選択していれば、間違いなく言えることは、21世紀になった今日においても、世界は欧米諸国による植民地支配が行われていたでしょうし、有色人種には一切の私権が認められず、白人諸国の奴隷、もしくは家畜として生きるしか選択肢がない状況が続いていたでしょう。
このことは、有色人種であれば、人としての尊厳が認められず、あくまで家畜としてのみしか生きることが許されないことを意味します。
家畜であることを拒否すれば、待っているのは死だけです。

また、日本が欧米諸国の植民地支配を認め、人種の不平等を容認すれば、日本一国は私権を持つ人間としての扱いを受け続けることができたかといえば、これもまた疑問です。
大陸における権益を放棄した時点で、日本は弱腰とみなされ、強く要求すれば日本がこれを飲むという状況になれば、日本にはその後も次々と無理難題が押し付けられ、おそらくは結果として日本自体も解体され、分割統治され、植民地支配されることになり、日本人は日本人としての文化性さえも、完全否定されることになったことでしょう。

つまり、昭和16年12月の時点では、もはや日本には戦うしか選択の余地がなかったといえるわけです。
まさに当時永野修身元帥が述べたように、
「戦えば亡国、戦わざるも亡国」
であったわけです。


『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/867036783780708/
2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
 https://www.facebook.com/events/269322421064039/
2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/337364737249840/



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

その意味で、日本が第二次大戦の開始の2年後に戦いをはじめたという事実は、明らかに日本が戦いを回避しようとしていたということを、見事に証明した2年であったということになります。
つまり日本は、戦うべきときに、まさに「戦った」のです。

このときの戦争によって、日本は開戦からわずか半年足らずの間に、東アジア、太平洋、オセアニアから、欧米の植民地としての支配者たちを駆逐してしまいました。
そしてそこに住む諸民族に教育を施し、軍事教練を与え、また行政の仕組みや法制度の重要性を教え込んでいきました。
教えた期間は、わずか三年です。
しかしこのわずかな期間に、軍事と行政と法制度を学んだ現地の人達は、日本の終戦後に、再び支配者として舞い戻ってきた欧米諸国と果敢に戦い、勝利し、ついには、それぞれの民族が自分たちの手で国民国家を形成するに至っています。

以前にも書きましたが、教育と軍事教練があれば、国家が運営できるかといえば、答えはNOです。
そこに必要なものは、それぞれの諸国の経済的な自立です。

一足先に終戦を行い、占領統治下にありながら、それでも努力して経済の再生を図っていた日本は、新たに独立したばかりの諸国に経済援助を行って、彼らの自立を助けました。
こうして東アジア、太平洋、オセアニアの諸国は、それぞれ様々な問題を抱えながらも、自立し、いまや世界の経済の一翼を担う国家にまで成長しています。

このことはチャイナやコリアも、実は同じです。

よく平成30年間、日本経済は横ばいだった。
チャイナやコリアは、この間、ものすごい経済成長をした。
だからこれからは、チャイナやコリアの時代である、といった論を展開する経済学者の先生などがおいでになります。(おいでになった、と過去形にしたほうが良いかもしれませんね)。

しかし、その30年間の間に起きたことは、実は、日本経済のチャイナやコリアへの利益の付替えでしかありません。
昭和の終わり頃、日本経済は世界を席巻し、日本経済が世界一になりそうなところにまで日本の経済は世界に大きな影響を与えるようになっていました。
このために日本製品のボイコット運動などが起こり、このため日本企業は、日本企業製品を日本製として売るのではなく、チャイナ製、コリア製として販売し、日本はそこに部品提供をする、という経済モデルへと変更していったのです。

もちろん、これを斡旋し、仲介した政治家等に、裏でキックバックが入ったとか、細かなことは多々ありますが、大切なことは、当時としては日本企業が生き残るためには、日本企業が完成品を作り、これを世界で販売するというそれまでの形で進むことができなかった、という事実です。
もし日本が、そのままGDP世界一への道をそのまま進んでいたら、日本はいまの中共同様、世界から排除されることになったことでしょう。
もちろんその裏には、政治的な様々な思惑や、米ドルの基軸通貨性を守らなければならない等々の事情があります。

当時の日本は、日本で部品を製造し、その部品をチャイナやコリアに持ち込んで、日本製のロボットで組み立て、製品はあくまでチャイナ製、コリア製として売らなければ、日本企業そのものが世界の市場からボイコットされてしまうという、強烈な危機があったのです。

このことを、チャイナやコリアの立場から、
「チャイナやコリアが日本企業を陥れて、日本から技術を奪った」と観る見方もありますし、実際彼らが意図してそれを行おうとしたことも事実ですが、日本企業だって馬鹿ではありません。
むしろ日本企業側に、そうしなければならない当時の事情があったから、そのようにしたのであって、まさに当時の日本は、これによって世界の中でWin-Winの関係を築こうとしたわけです。

そしてこのとき、完成品が完全日本製なら1000ドルする商品が、チャイナ製造品、コリア製造品なら、700ドルで買える。
使っている部品が同じで、組み立てた場所がチャイナやコリアなのか、日本なのかの違いだけで、これだけの価格差が出ていれば、売れるのはもちろんチャイナ製、コリア製です。
30年前なら、世界のホテルの各部屋に設置されたテレビが、シャープ製や東芝製、パナソニック、ソニー製であったものは、いまではサムスン製であったり、ハイセンス製であったりするのは、このためです。

いまではすっかり自国の製品づくりに過剰な自信を抱いてしまったチャイナやコリアです。
しかし彼らの富は、端的に言えば日本経済の利益の付替えでしかなかったわけです。
彼らは、政治的な工作を日本に仕掛けることで、あたかも独自に経済の進歩を図ってきたかのように自画自賛します。
しかし日本が手を引けば、彼らの経済は、それで終わりです。

なぜなら特に電子機器の分野における技術は日進月歩です。
2年もしたら、太古の昔の使えない製品になってしまいます。
半導体技術にしても、いまの半値ほどで、しかも大きさも半分以下、現在の半導体の数千倍の性能を持つ技術がすでに開発されています。
これがあと2年ほどで市場に出回ることになります。
するといまの最先端のスマホの性能程度のものは、メガネやイアホンの内部に全部おさまってしまうし、手帳型のスマホの性能は、現在の最高性能のパソコンをはるかに凌駕するものになってしまいます。
そうなると5G云々も、時代遅れの産物でしかなくなる。
そしてそれら最先端技術の、頂点にいるのは、日本です。

中共やコリアの経済は、たとえばチャイナであれば、得た富を15億の人口で(多少の格差はあったとしても)、日本のようにできるだけ均等に配分しようというものではなく、人口の6%の9000万人の共産党員がその富を独占するという経済モデルです。

ですからいまだにチャイニーズの3分の1は、日本人の平均所得の半分以下の所得しか得ることができない。
つまり、日本によってもたらされた富を、一部の共産党員だけで分配し、その莫大な富をさらに国際政治の工作資金として用いるという経済モデルでしかないわけです。

またサムスンは、もともとは食品販売業者ですが、戦前から続く日本企業とのパイプを利用して(日本からみればサムスンを利用して)半導体分野における製造をサムスンに委ね、これによって彼らは世界一の半導体メーカーになっています。

ただし、もともとの技術があるわけではなく、あくまで日本製品の販売益の付替えで儲けていただけですから、過度に自信を持ちすぎて、サムスン・イズ・ナンバーワンなどと言っている内に、日本企業とのパイプが途絶え、半導体は動きの激しい分野ですから、ものの3年としないうちに、おそらくこのままでは倒産に至る。

要するに中身がないのです。
中身の技術は日本製です。

台湾やベトナム、マレーシア、シンガポール、タイなどの東アジア諸国は、チャイナやコリアのような恩知らずな真似をせず、いまもどこまでも日本と良好な関係を保持することで、自国の経済の発展を図ろうとしていますが、これら諸国にも問題がないわけではなく、国の富を華僑(台湾の場合は旧チャイナ国民党員)が独占しています。
このため、日本企業や、日本の現地企業との合弁企業で、真面目に働くのは元々の現地の人たちですが、富は華僑に奪われる。
そのため、極端な貧富の差が生まれてしまっています。

物事が動けば、必ず問題が発生します。
そして問題が明確であれば、その問題を解消していけばよいのであって、東アジア諸国の今後のますますの発展は我々日本人にとっても、実に楽しみなことです。

さまざまなひずみや失敗があるとはいえ、すくなくとも、東アジア諸国の発展があることで、それら諸国に購買力が生まれ、その購買力によって西洋諸国も莫大な富を得ることができるようになってきているという、現代の世界経済モデルもまた、日本が事実上、実現してみせることによって、世界の標準になったものです。

もともとは植民地支配と収奪しかなかった世界において、むしろそれぞれの民族が自立し、経済力を身につけることによって、互いにパートナーとして共存共栄し、国民全体がより豊かな生活ができるようにしていく。
このような良心による経済発展は、間違いなく日本型経済モデルです。

この先、中共は数カ国から11カ国に分割、コリアもいまの北と南という構造から、まったく別な国に変わっていくことでしょう。
そしてそうなったとき、彼らが国際協調の中で、豊かに暮らしていくためには、日本との良好な関係が不可欠です。
なんだかんだいって、日本の底力は巨大なのです。

ただし、その日本の底力は、日本人が勤勉で真面目で、民衆の暮らしを第一とする国柄が根底となっています。
ここが崩れたら、日本はアフリカの新興国と同じになります。
つまり、いま死守すべきは日本の国柄そのものにあるのであって、ここが崩れたら、日本はオシマイです。

振り返ってみると、日本は先の大戦に於いて、戦闘には敗れたけれど、世界の人種平等の実現という戦争目的については、まさにこれを実現しています。
戦争とは、国家目的達成のための究極かつ最終的な外交手段と言われますが、その意味で、日本は間違いなく戦前から掲げていた国家目的を達成しているし、国家目的を達成したならば、それは日本が戦争に勝利したということになります。

そしてこれが実現できたのは、間違いなく、周囲の反対を押し切って実行された昭和天皇の昭和20年8月15日の終戦の詔勅による戦闘の自主的停止によります。

もしこのとき日本が終戦をせずに、そのまま戦いを続けていれば、それはもちろんかつて本土決戦が行われていたベトナム戦争がそうであったように、その後10年以上にわたって日本国土を焼土にしながら、あるいは日本の山野に枯葉剤を撒かれながら、最後には日本は勝利することができたかもしれません。
その代わり、間違いなく東アジア諸国の独立は実現しなかったであろうし、仮に実現してもその後の経済の維持ができなければ、政権の維持ができず、独立は失敗に終わり、おそらくいまだに植民地支配をされたままになっていたことでしょう。

もし日本がそもそも戦争を避けていたら、世界はいまだに植民地支配が行われる世界であったことでしょう。
そしてたった一度でも人種の平等を言い出したことのある日本は、世界の植民地支配をする影響力のあるVIPたちから敵とみなされ、80年経ったいまでは、日本は果たして独立国家であることができたかさえも疑問となっていたことでしょう。

日本が戦う道を選んだことで、世界は500年続いた植民地支配から脱皮し、あらたな世界秩序の建設に向かうことになりました。
この75年で生まれた共産主義によるひずみも、今般のコロナ騒動で修正されようとしています。
これら一連の流れは、人類社会の正常化へと向かう流れであるように感じられます。

そうであれば、かつて植民地支配されていた地域に共通した貧富の極端な差(これは植民地支配していた諸国も同じです)と、民衆が豊かで安全と安心な生活を手にすることができないという、人類社会がおそらくこの千年の間解決できずにきた社会構造が、今後、修正されていくことになるのであろうと思います。

富や贅沢というのは、相対的なものです。
10〜18世紀の西洋の王侯貴族の生活よりも、現代日本の普通のおばちゃん達の方が、よほど良いものを食べ、良いものを着、居心地の良い空間で生活しています。

今回のコロナ騒動は、世界中でGDPの極小化を招いています。
これからどうなるのか、不安視する声も大きいですが、我々日本人には昭和天皇の終戦のご詔勅があります。

 確(かた)ク神州ノ不滅ヲ信シ(じ) 
 任(にん)重クシテ道遠キヲ念(おも)ヒ
 総力ヲ将来ノ建設ニ傾ケ
 道義ヲ篤(あつ)クシ
 志操ヲ鞏(かた)クシ
 誓テ国体ノ精華ヲ発揚シ
 世界ノ進運(しんうん)ニ
 後(おく)レサ(ざ)ラムコトヲ期スヘ(べ)シ
 爾臣民其レ克ク朕カ(が)意ヲ体(たい)セヨ

日本人が、ご詔勅の通りの日本人となっていくこと。
そんな日本を日本国全体で目指していくこと。
そうすれば、日本の未来も、そして世界の未来も明るく耀くことになると思います。

お読みいただき、ありがとうございました。
歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行でした。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

          
  
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

アッキー

日本によるアジアの解放ーもう八月も終わりより
いつもながら、ねずさんの、ご明察とご指摘、ご教授につき、有り難うございます。
先の大戦中、マレー沖海戦で帝国海軍の航空隊が、アジア支配の象徴である英国東洋艦隊の主力であるプリンス オブ ウェールズとレパルスを、世界初で航空攻撃によって撃沈した後のウィンストンン チャーチルの言葉だそうですが、「白人のアジア支配は終わった、神がこの日本という国に何か使命を与えたとしたら、それはまぎれもなくアジアの解放だな。」と、言ったそうです。(私自身は、この記述を見つけようと、あちこち文献を覗いてんですが、見つかりませんで、残念です。) 話を戻しますと、この日本のアジア解放、以後、白人支配の終焉、有色人種国家の独立から今に至るわけですが、そもそもの始まりは、ペリー来航による日本の開港から明治維新、さらに日本の近代化と、産業革命と近代化になっていらい初の有色人種による世界大国とつながっていますよね。そこにアメリカの影が重なって見えているのですが、どういう因縁でしょうか。日本を目覚ましたのは、アメリカ。他にもありましょうが、マイナーでしょう。日本を戦争に引きずり込んだのもアメリカ。その結果として起こった、白人支配の終焉。何か、神の見えざる手に導かれ操られて進化する世界的な自然な流れに載せられているような気がします。貴信で常にご指摘のように、私たちは、祖先の成し遂げたことを誇りかつ謙虚に毎日の仕事や生活に誠実に励むべき、ということなのかと、存じます。

桑畑明石

ありがとうございます。]
元気が出る記事です
ありがとうございました。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク