女性の立て膝座りはあったのか

立膝は、あくまで仮りの座りですから、目上の偉い人の前や、一定以上の時間、座って過ごすときには、正座や安座、もしくはそれに近い座り方となって、立膝という不安定な姿勢はとりません。
そういうところを、しっかりと考証するのが、本来の番組作りであると思います。
ましてや、ありもしない「半島からの文化輸入」など、いまも昔も、そんなものは悪事以外にはまったくないと断言させていただきたいと思います。

NHK大河ドラマの「麒麟がくる」の1シーン
女性が立膝座りをしているが、下にハカマを付けていない。
20200910 麒麟が来る立膝
画像出所=https://encount.press/archives/33600/
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

NHKの大河ドラマの『麒麟が来る』で、女性が立膝座りをすることについて、かなりの批判があるようです。
なるほど女性が立て膝をすることは、江戸時代から現代人の目を通して観たとき、どうにもお行儀が悪い。
この所作について、NHK養護派の先生らは、
「戦国時代の女性を描いた絵画などを見ると、
 その多く、もしかしたら半数に
 女性が立て膝をしている姿が描かれている。
 女性の正座は、江戸時代中期以降のもので
 それまでは女性は立膝座りや、
 立膝で食事をするのがあたりまえだった」
などと述べています。

半島では、つい最近まで女性の立膝座りは当たり前だったし、食事の際にも立て膝であることから、「日本は未開の国であり、半島が日本に文化を輸出してあげたのだ」とする歴史認識では、何が何でも日本女性が立て膝座りをすることにしたいのでしょう。

ただ、歴史を考えるときには、もうすこし深い内容があることに思いをいたさなければなりません。
まず、戦国以前の女性たちが描かれた絵画では、なるほど女性たちが立膝をしているものが多くあります。
しかし、そのどれもが肖像画としてのものではなく、ちょっとした所作、つまり、動きのある状態での立膝姿であることには、注意が必要です。

お能は、室町時代に完成された芸能ですが、「お能では女性を演じらるときにどのように座るか」について、O先生に教えていただきました。

まず、シテやワキが女性を演じるときには、舞台の上や、舞台に出るための待機のとき、座り方はすべて立膝姿です。
一方、地謡や囃子方は正座で座ります。
地謡や囃子方は、舞台の間、ずっと座位のままですから正座です。
シテやワキは、舞台で演じなければなりませんから、座りは一時的なものなので、すぐに立てるように、片膝を立てた姿で座ります。
つまり、一時的な仮の座りのときは立膝。
ずっと座りっぱなしでいるときは正座、というようになっているわけです。

ちなみに狂言では、役者は男女とも正座です。
これは狂言が、場を楽しませるためのものであり、観客に敬意を払うためとされます。
お能の場合は、むしろ観客がシテやワキといった役者さんたちに敬意を払って観劇するので、座り方も仮り座りの片膝を立てた姿になるわけです。

立てる方の膝は、お能の流派によって異なります。
左膝を立てるのが観世流、宝生流、
右膝を立てるのが喜多流、金春流、金剛流です。

女性の着物は右前合わせなので、左膝を立てたときは裾を右手で押さえられますが、右膝を立てると、どうしても裾がはだけてしまいます。
それを右手で押さえる仕草が、女らしくて色っぽい仕草になります。


『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/867036783780708/
2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
 https://www.facebook.com/events/269322421064039/
2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/337364737249840/



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

もともと日本の家屋は、板の間で、これが室町時代に書院造りといって畳の間が生まれるようになりました。
畳自体は、とても歴史の古いもので、古事記に、弟橘比売が江戸湾で入水されたとき、波の上に「菅疊八重・皮疊八重・絁疊八重、敷于波上而」という記述があります。
2世紀の初め頃の出来事ですが、この時代には畳がカーペットのような敷物として使われていたことがわかります。

平安時代になりますと、板の間に敷布団のような寝具として畳を敷く習慣が生まれました。
これが室町時代になると部屋全体に畳を敷くようになり、これがいわゆる書院造です。

そしてこの頃衣服面でも大きな変化が現れました。

もともと日本人は海洋民族なので、船上での生活が縄文以来の伝統になっています。
船は揺れますから、女性が座るときも、正座はなんとも座りが悪い(安定しない)。
このため女性であっても、あぐら座り、あるいは横座りが主流で、またしっかりと座るわけではなくて、ちょっと座る(仮り座りする)といった場合には、立膝もありだったのです。
ついでにもうひとついいますと、正座のような座り方で、かかとをお尻の下にするのではなくて、両方のかかとをお尻の左右に出す座り方も、これまた揺れる船内で、安定して座るひとつの方法であったのです。

また、板の間での生活であれば、着衣が板と擦れるため、着衣の汚れが早く、また擦り切れも早くなります。
その意味で、接地面をできるだけ少なくする座り方という意味で、正座よりも安座や横座り、立膝座りが合理的でもあったわけです。

ところが前合わせタイプの着物では、立膝やあぐら座りをすれば、お股が見えてしまいます。
そこで鎌倉期くらいまでは、女性は前合わせの着物の下または上にハカマを付けました。
ハカマを穿いていれば、あぐら座りでも大丈夫であったわけです。
この習慣は、神社の巫女さんの服装にも、いまでも伝統としてちゃんと残っています。

さて、室町時代のはじめ、第三代将軍の足利義満によって、日明貿易がはじまります。
足利義満は、この日明貿易を通じて、大陸から「高機(たかはた)」と呼ばれる、色の付いた糸を織ることを可能にする技術を導入しています。
この「高機」によって、反物に絵柄を付ける技術が日本に導入されたわけです。

それまでは着物の絵柄は、染柄と刺繍だけです。
染柄ではカラフルな色彩の表現はむつかしいし、刺繍ですと着物が重たくなります。
ところが高機(たかはた)は、布を織る段階で、色の付いた糸を織ることで着物に柄を付けます。
このため軽くて色彩豊かな着物が作れるようになりました。
その代表が京都の西陣織です。
西陣織の美しさは、誰もが認めることでしょう。

この高機導入がきっかけで、女性たちが着る着物は、鮮やかな色柄の付いた着物となりました。
そうなると、せっかくのその美しい着物の柄を、ハカマや裳で隠してしまうのはもったいない。
そこで女性の着物からハカマや裳が取り払われて、美しい着物の柄をよく見せる、現在の着物姿へと変化するわけです。
足利義満は、後に戦国時代を招いた原因をつくった国家的価値観の混乱を招いた人でもありますが、同時に文化面においては、ものすごい貢献をした将軍でもあったのです。

そしてこの時代に、先程申し上げました書院造、つまり室内全部に畳を敷き詰めるという習慣が始まります。
すると、それまでの板の間暮らしと異なり、部屋中どこでも座れるし、着物を汚すこともない。
そうなれば、より美しい座り方として、正座の習慣があたりまえになってくるし、下にハカマを穿いていませんから、座り方はむしろ正座でなければならないというように、室内の立ち振舞の文化が変化するわけです。

そして江戸中期ころには、女性の座り方は完全に正座のみといって良いくらいにまでになっていきました。

要するに、日本にも室町時代中頃までは女性の立膝座りは普通にあったけれど、その後、日本では衣類の柄のとても美しいファッション性の高い被服文化へと変化し、また生活空間全体に柔らかな畳が敷き詰められるようになったことで、戦国後期から江戸中期にかけて正座が主流になったのです。

これに対し、お隣の半島では、古代の暮らしのままの状態がつい最近まで続いていたため、いまだに女性の立膝座りが主流になっている、というわけです。

テレビの時代劇では、昭和50年(1975)に放送されたNHKの大河ドラマの「風と雲の虹と」(加藤剛主演、平将門)の番組で、時代考証から女性が立て膝座りをするシーンが描かれ、視聴者から大クレームがおきて、すべて正座にあらためた、というケースが有りました。

最近でも「麒麟(きりん)がくる」で女性が立て膝をしているシーンが描かれて問題になっていますが、他のことにはいい加減な時代考証をしておいて、そういうところばかり「正確に描写しています」とは片腹痛い。
女性に立て膝座りをさせるなら、着物の下か上に、ちゃんとハカマを穿かせなければ、視聴者にみっともないと思われるのは当然のことですし、時代考証的にも、それは「間違っている」と指摘されても当然です。

またもっというなら、立膝は、あくまで仮りの座りですから、目上の偉い人の前や、一定以上の時間、座って過ごすときには、正座や安座、もしくはそれに近い座り方となって、立膝という不安定な姿勢はとりません。

そういうところを、しっかりと考証するのが、本来の時代考証であり、番組作りであると思います。
ましてや、ありもしない「半島からの文化輸入」など、いまも昔も、そんなものは悪事以外にはまったくないと断言させていただきたいと思います。


お読みいただき、ありがとうございました。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行でした。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

          
  
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

スワローズ

訂正
烏帽子・直垂じゃなくて、礼冠・束帯でしたね。すみません。

スワローズ

立膝
「立膝」「折敷」「建膝」というのは「貴人に伺候、あるいは“控え”ているときの所作」ですね。参勤交代の行列が「控え、控え」とやってきたら、道端によって立膝すれば無礼にはならない。土下座(平伏)なんてしません。

女性の肖像が立膝していることが多いのは、女性は官位を持つものがほとんどいなかったからではないでしょうか。男性の肖像も武士なのにわざわざ烏帽子・直垂などの儀礼装束なのは、肖像が身分を表すものだから。女性は武家社会内で身分が高くても、官位がないので「私はそんなに偉くありません」という姿で描かれたのかもしれません。絵師の側でそのように忖度して描いた可能性もあります。確認してませんが、皇后や内親王が立膝して描かれた例はないのではないでしょうか。

女性の立膝像というと、豊臣秀吉の妻・高台院(ねね、北政所)が語られます。彼女は従三位→従一位を賜わっていますが生い立ちや半生を考えると、その座り方を同時代の女性に一般化していいかどうか迷います。彼女の甥・木下勝俊の肖像画にも立膝に見えるものがありますが、彼は歌人なので「歌膝」「輪王坐」と思われます。立膝は膝を立てていない側の足がお尻に下にあって体を支えていますが、歌膝は膝を立てていない方の足を投げ出して横に倒し、お尻は床面(畳など)に付いています。全然、「控えて」いません。高台院の肖像も歌膝である可能性がないわけではありません。

松さん

立て膝座りが無礼な理由とは?
上下関係がある集まりでの正座は、敬意を表す姿なのですか?

亡父からは真逆に教わりました。
『男の座り方は胡座(あぐら)だ。正座は抜き打ち座で無礼千万!』

そう言えば、部活のミーティングで頻繁に正座させられました。
雪中の素足正座はキツかった。
後輩は何で土下座させられる?
(正座は拷問のひとつ?)
自分達が先輩になった時に禁止し、トラウマを解消しました。

近隣諸国との作法の違いは、あまり気にしません。
我国の作法を殊更押し付けることもしません。
風土も歴史も異なれば、衣装も住まいの構造もマナーも其々違って当たり前でしょうから。

チョゴリを着てチマを履き、そしてオンドルの床に座る国では、立て膝が便利だったのでしょうね。
それだけのことだと思います。

昔、我国のトップ夫妻がオンドルの国を訪問した時、その国のファーストレディは立て膝でしたね。
マスコミは、庶民の感情的関係悪化を懸念して、情報は流しませんでした。

立て膝は無礼?
土下座はOK?
我国の人々は、何時からそう思い込んでいるのですかね。
思い込ませたのは誰ですかね。
(そっちの話の方が興味津々です)

私は、道場以外で正座することは、殆どありません。
神社の昇殿参拝時も椅子です。
(もう歳ですからね。不敬だなどと思ったことはありません)

余談です。
運動で鍛えてる妻の正座姿。
凛として、ホントに美しいな~と感心しながら眺めてますよ。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク