新しい世界

日本は、ただ批判ばかりの日本であってはなりません。
どこまでも天皇を中心とする、愛と正義と「おほみたから」である民衆の幸せのための日本でなければならないと思います。
そしてそれを実現する力が、日本人には間違いなくあります。

20200911 農村
画像出所=https://www.irasutoya.com/2017/06/blog-post_244.html
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

民衆の所得が増してくるようになると、次にはどうなっていくのでしょうか。
民衆は、ネットの普及なども相まって、自分たちが働けど働けど、その富は自分たちに蓄積されるのではなく、どこかに吸い取られていっていることに気づくようになります。

このことは日本に限らず欧米やChinaでも同じことです。
これまではカネのある一部の人達が、啓蒙家等を利用して偽(いつわ)りの情報を流すことで民衆を扇動し、自分の利益のために戦争をしたり、巧妙な収奪を図ったりしてきました。
民衆は、愚(おろ)かであるほど好ましく、必要なのはごく一部の資本家にとって都合の良いエリートたちだけでもあったわけです。

ところが情報化社会になり、民衆が高度な情報へのアクセスを、スマホなどを利用して簡単にアクセスできるようになると、もはやこれまでのような情報統制による自己都合の最適化という手段は使えなくなります。

加熱しているコロナ報道は、いわばその情報統制者側にとっての最後の悪あがきでしかなく、コロナ報道の欺瞞が世の中で明らかになる頃(だいたいこれには最短で5年かかります)には、もはや二度と現状のメディアに信用が戻ることはなくなるといえるかもしれません。

そして情報化社会がこの結果として招く最大のものは、金の力による民衆の支配という18世紀以来の世界の形の変化です。
一部の人の金儲けという都合が、果たして人類にとって、あるいは圧倒的多数を占める民衆にとって、本当に幸せな社会システムといえるのか。
このことに多くの人々が気づくようになったとき、世界は次のステップに進むことになると思います。


『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/867036783780708/
2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
 https://www.facebook.com/events/269322421064039/
2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/337364737249840/



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

19世紀型システムといえば、国会などもその典型です。
全国の民衆から、地域ごとにその代表者となる者を選び出し、その選ばれた議員が民衆に代わって国会の場で議論をする。
だから議員のことを「代議員」と呼ぶわけですが、ところがその議員たちが織りなす国会の議論を観てみると、このコロナ不況の真っ只中にあって、「総理の健康状態が云々」です。
この馬鹿らしさは、子供でも理解できることです。

メディアや国会では、よく「議論をする」といいます。
しかし議論によって相手を説得して納得させるというのは、学校では可能かもしれませんが、国会などの政治の場における与野党の論戦は、どこまでいっても常に平行線です。
たとえ質疑の際に相手を論破したとしても、論破された側がそれで納得しないことは、国会や南京問題、慰安婦問題などをみても明らかです。議論はいつも堂々巡りです。

そしてこのことは、何も日本に限ったことではなく、議会制民主主義を行う国では、むしろ常識です。
どこの国においても与野党は激しく対立するばかりで、相互が理解しあい、納得し合うことはありません。

ではどうなるかというと、与野党は、理論や正邪ではなく、対立が感情的になり、結果として妬(ねた)み、恨(うら)み、嫉(そね)み、足の引っ張り合いばかりになる。
このことは議会制民主主義を採用した世界中のどの国も同じですし、いまの日本の国会も同じですし、戦前の日本の国会も同じです。
つまりこれは議会制民主主義の持つ、構造的、あるいは本質的欠陥だということです。

ところが現代教育では、「議会制民主主義こそが、いろいろ問題はあったとしても、人類が考案した最高の社会システムである」と規定されています。
それが常識であり、これに異論を挟むことは、そのまま反社会的思想の持ち主であるかのように言われたりもします。

しかし本当にそうなのでしょうか。
そもそも「議会制民主主義」なるものが登場したのは18世紀のフランス革命からです。
フランス革命が1789年で、今年が2018年です。
まだたったの229年しか経っていません。

フランス革命については、贅沢三昧をする王妃に対して貧しい民衆が立ち上がった偉大な民主革命として扱われることが多いですが、王が贅沢な暮らしをし、民衆が貧困に置かれていたのは、何もルイ16世やマリー・アントワネットの時代だけのことではありません。

なるほどマリー・アントワネットについては、その贅沢な暮らしが何かと取沙汰されますが、よくよく歴史を紐解くと、マリー・アントワネットの消費などよりも、当時のフランス王国が米国のイギリスからの独立戦争を支援したことのほうが、はるかに莫大な費用がかかっています。

150億円もする宝石を買おうとしたとかいう話も、もとをたどせば商人が売ったと騙されていた事件にすぎないし、そもそも原価を考えれば、それだけ豪奢な宝石をつくることができるほど、市民の方がカネを持っていたことの証でもあります。

またマリー・アントワネット自身についていえば、贅沢好みの派手な女性という世間のイメージとは裏腹に、独立戦争支援のために予算がかかりすぎることになった王宮において、小トリアノン宮殿で、野良着に着替えて、みずから農業を行って自分たちの食を賄っています。
これは、人としての謙虚さがなければできないことですし、母のマリア・テレジア譲りの「民衆を愛し、農業を大切にする」という姿勢の現れでもあります。

果てしない殺し合いが続いたフランス革命を正当化するためには、マリー・アントワネットを派手好きでどうしようもない下劣なおてんばな女性としなければならなかったのでしょうけれど、公平な目で見れば、まさに王族の女性にふさわしい威厳とやさしさを併せ持った素晴らしい人格の女性であったのがマリー・アントワネット王妃であったわけです。

また民衆が立ち上がったというけれど、民衆というのは、その日の自分たちの暮らしのことで手一杯なものです。
社会に不満があっても、仕事や商売を放ったらかして、武器を手にして暴れまわるというようなことは、普通はできることではありません。
なぜなら日々の生活があるからです。

だから「民衆がそこまで追い詰められていたのだ」といわれるのですが、本当に追い詰められたら、民衆は略奪をはじめたり、逃散をしてしまうものです。
革命に至ることはまずありません。
「啓蒙家がいて、啓蒙思想を民衆に訴えたのだ」とも言われますが、思想的なものはもっと古い時代からあったものですし、そもそもキリスト教では、王も民衆も誰もが神の子です。

ではどうして、そのような民衆が革命のためにたちあがったのかというと、一言でいうなら、資本家がバックに付いたからです。
その資本家たちにとって、15世紀から17世紀にかけては、王権は金儲けのために利用価値のあるものでした。
なぜなら王の名のもとに利権が保証され、隣国の商売敵となる相手を、王の軍によって討ち滅ぼすことが可能だったからです。

ところが18世紀になると、資本家たちにとって、王権はむしろ邪魔なものになってきました。
というより資本家たちの経済力が増し、国王の財力では、資本家たちの欲を満足させることができなくなってきたのです。
つまり資本家たちの財力が、王の財力に勝るようになってきたわけです。

そこで啓蒙家たちに運動資金を渡し、その気になったパリ市民に武器を渡して王の打倒を図ったのがフランス革命です。
これには王を倒すことで自分が権力を握れると勘違いした一部の貴族も加担しています。

王が倒れて共和制が敷かれた後、国家会計の全ては、それまでの王による支配から、資本家の支配へと移り変わりました。
つまり表向きの政治は、共和制、あるいは議会制民主主義ですが、実態は彼らは資本家の金儲けのために働かされているだけの存在です。
これは、いわば舞台俳優は政治家であるのだけれど、舞台のプロデューサーも監督もスポンサーも、すべて資本家という仕組みです。
そして金儲けのために、数々の戦争が行われたのが19世紀から20世紀までの世界です。

要するに、やや極端な言い方をすれば、議会の議論など結論が出なくても良いのです。
どちらに資本家が金を出すかによって、議会の趨勢が決まるからです。
ということは、議会制民主主義と呼ばれている社会システムは、実は資本家の金儲けのための手段でしかないということになります。

そうなると富はひたすら資本家に吸収され、民衆はただの働きアリとなります。
このことが露骨な貧富の差となっていたものを、大きく転換させたのが実は20世紀の日本です。

日本は植民地を開放させましたが、その後も貧困にあえいでいた東亜の諸国に経済支援を行い、また大手企業の工場を移設し、それぞれの国のGDPの向上に寄与してきました。
すると、それまでただ押さえつけられ、収奪され続けてきただけの諸国の民衆が、経済的に成長し、その成長によって巨大な消費市場を形成するようになっていきました。
そしてその消費市場は、かつての植民地時代の総GDPを何十倍も上回る巨大な市場となりました。

つまり日本のやり方である、植民地から収奪をするのではなく、共存共栄を図ることが、結果として富につながることが立証されたのです。

ただ、世界は日本とは異なります。
日本ではその富は、あくまでも民衆のものと規定されます。
けれど欧米やその影響を受けた一部の有色人種国では、富はその国の支配層のもの、と規定されます。
民衆の利益など、どうでもいいのです。

ところが、物理的なカネではなく、情報分野においては、それほどカネがかかりません。
いまのように民衆の間に情報化が進んでいくと、結果として民衆は、自分たちが働けど働けど、その富は自分たちに蓄積されるのではなく、一部の資本家に吸い取られていることに気付きます。

このことにNOを突きつけたのが、前回の大統領選におけるトランプ氏です。
そして今回の大統領選で、一部資本家たちは、バイデン氏を、メディアを動員して一押しも二押しもしていますし、得票予測もバイデン氏優勢と報道されています。
しかし前回の選挙でもギリギリまで報道はクリントン女史優勢の一辺倒でした。
日本評論家なども、だからクリントン女史が政権を取るだろうという予測ばかりだったのですが、蓋を開ければトランプ氏の圧勝でした。
おそらく今回の大統領選でも、同じことが起こるのであろうと予測しています。

なぜなら米国の民衆も、情報化の促進によって、もはや一部の資本家による偽りの情報操作に惑わされる人が減ってきているからです。
そしていま、世界を揺るがしている問題は、実は金の力による世界の、あるいは民衆の支配という18世紀以来の世界の形が、果たして人類にとって民衆にとって、本当に幸せを呼ぶ社会システムといえるのかどうかということです。

そして行き着くところは、
「みんなで稼いだ富は、
 誰か一人が独占して
 その誰かが贅沢をするために
 用いられるのではなく、
 みんなのための社会資本として、
 みんなの豊かさと安全と安心のために
 活用しよう」
という社会システムへの変化であろうと思います。

古代から、これを現実に実現してきた国があります。
日本です。

日本は、旧石器時代から縄文弥生を経由して現代に至るという、長い歴史を持つ国です。
天皇にしても、神武天皇が初代ということになっていますが、天皇家の血筋は、そのままおよそ6千年も遡ることができるという説もあります。

お隣のチャイナは、その昔は我が国を「東夷(ひがしのえびす)」の中の「倭奴(おとなしいやつ)」、「邪馬台国」その他の悪語をもって蔑称してきましたが、宋の時代になると、日本について日本書紀に基づいて描くようになり、日本の各地名も本来の日本名で記すようになりました。
宋の第二代皇帝の太宗(在位976〜997年)は、
「太古の姿がそのままの形で受け継がれているのは日本だけであり、日本こそ古道の国である。」(欽定宋史 491巻 列伝第250)と述べています。

古道とまでいかなくても、飛鳥時代の聖徳太子以降、大化の改新から律令体制以降の日本の社会システムについては、明確に記録があります。
大化の改新(645年)を基準点にしても、日本は世界最古の国です。

その日本が、どうしてそのように長く日本という国の根幹となる社会システムを保持できたのかといえば、権力よりも上位に国家最高権威を置くという、世界に類例のない優れた社会システムを構築したことによります。
そして政治の世界においては、議会制民主主義ではなく、明確な責任体制《仮にこれを責任主義と名付けます》を敷くことで、権力には、常に責任が伴うという政治体制を築きました。

富の概念も異なります。
日本では、8世紀のはじめに和同開珎がつくられ、貨幣が経済に用いられるようになりましたが、その後もおよそ千年にわたって、貨幣経済ではなく、米経済を採用してきました。
なぜかというと理由は簡単で、貨幣は溜め込むことができますが、お米は溜め込むことができないからです。
つまり米経済である限り、社会資本は、常に世の中に還元しなければならないのです。

そして責任者は、世襲です。
なぜなら、責任者は、何かあったら責任をとって腹を切らなければならないからです。
腹を切るというのは、そんなに簡単にできることではありません。
某国の右翼が、カッコをつけて切腹の真似事をしたことが以前ありましたが、お腹の薄皮一枚に刃を入れただけで、悲鳴をあげて病院に収容されました。

腹を切るというのは、幼い頃から私心を持たず、どこまでも公益を優先するという強い明確な信念を持って育てられ、しかもそれを実行しうる血統がなければ、現実には不可能なことなのです。
その証拠に、現代の世界の政治や行政の世界で、何かあったとき、責任をとって腹を切れる者など誰もいません。
腹を切るというのは、それほどまでにたいへんだし、おそろしいことだからです。

そのおそろしさに耐えうるだけの精神性というのは、ただのカッコつけでできることではありません。
代々、そのように躾けられ、それがDNAに染み込むようになったとき、はじめて実現できることです。

ところが、そうしたDNAを持った優秀な政治家や官僚たちが、戦後は、まさに次々と故意に責任を仕掛けられて失脚していきました。
結果、残ったのは、責任性などまるで意に介さず、ひたすら口に綺麗事を並べて、裏で金儲けだけを企む痴れ者たちばかりになりました。

そういうことが起こらないよう、古代においては弾正台などが置かれて、私心に動く政治家を問答無用で一刀両断するための役所が置かれていましたが、いまではそれさえもありません。

米国は、トランプ大統領のもと、いま大きく変わろうとしています。
日本もまた、大きく変わるべきときです。
その日本は、ただ批判ばかりの日本であってはなりません。
どこまでも天皇を中心とする、愛と正義と「おほみたから」である民衆の幸せのための日本でなければならないと思います。
そしてそれを実現する力が、日本人には間違いなくあります。

いまは、一歩一歩、着実にそこに向かって前進するときです。

お読みいただき、ありがとうございました。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行でした。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

          
  
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

ねず先生も、ディープステートが、ここ250年ほどの諸悪の根源と見ていらっしゃる。ディープステートは陰謀論だというのも、これこそが陰謀論なのだと私も、久しく思っておりました。
しかしながら、これを大きく取り上げているのは馬渕睦夫大使とチャンネル桜くらいなもので、いわば、真実リトマス紙とも言える状況、
私は馬渕大使のロスケポチ論には、全く賛同できませんが、ねず先生の真実の日本史は勉強させて頂いております。
有難うございます。
以上

豊岳正彦

寝ては醒めおきて破りの通りがけ流れは絶えぬうたかたの夢
『孫正義さんへ「現実の人間は仮想現実では非人間でしかない」』Vol.2
hougakumasahiko.hatenablog.com/entry/2020/09/11/083600
【株価大暴落】初心者がカモられソフトバンクG孫正義さんもまたやらかした件【・お金の話・時事ネタ・テスラ株価暴落・ソフトバンク・米中戦争・アリババ・ファーウェイ】【20200909】
youtube.com/watch?v=2-J4FJGR5mE

コメント

『孫正義さんへ「現実の人間は仮想現実では非人間でしかない」』
hougakumasahiko.muragon.com/entry/84.html#1368811
blog.goo.ne.jp/hougakumasahiko6th/e/74c437931f398371034e916a9e6b4ebc
【ほぼノーカット版】孫正義社長単独インタビュー 抗体検査とアフターコロナ
TBS NEWS
youtube.com/watch?v=TMHpClzrHXE
社員など4万人以上に抗体検査を実施し結果を公表したソフトバンクグループ。医療現場に医療物資を提供するなどしてきた孫社長が単独インタビューに応じ、公表の理由や大きな危機に直面している日本経済について語りました。

豊岳正彦14 分前(編集済み)

ひとは、この世で、
ひとりだけでは、人間たり得ない。
目の前にほかの人が存在して、
目と目を合わせ手と手をとりあう、
互いの五官で存在を心に感じる、
この世で自分以外の人と現実に会うことで初めて、
ひとから人間になることができる。

同じ時空の同じ場所に同時に心が存在すること、
そうすること以外に、
親から生まれてきた人という生き物がこの世で「人間」になることはできない。

モニター越しに対面しても現実世界では人間になっていないよ。
オンラインとかの妄想に取りつかれて、
人と人の間に現実ではない仮想現実のAIを介在させれば、
この世の現実の人間関係そのものが「心」もろとも崩壊するのです。

コロナウイルスという現実にはごく微小なただの風邪ウイルスにすぎない「物質」について、
現実の人間世界について全く無知な医者が自分の「心ない」妄想で大ウソを捏造してパンデミックをでっちあげて、
その妄想をふたたびAIという偽物の道具を使って世界中に恐怖をマッチポンプでばらまいたけど、

日本人は胸にどっしり伝統の大和魂があるからそんなAIが作り出した偽物の幽霊なんぞにびくともしないよw

さっさと現実世界に戻って、人類の敵「放送法と消費税法」を一括で破棄して、
地球上のすべての人類社会を全部一気に元気にしましょう、
日本人でなければ「放送法消費税法一括破棄」できません、
日本の法律だからね、日本国憲法違反の(笑い)。
_______
さて武士道の忘己利他は仏道と同じであると鹿島の天真正伝香取神道流大竹師範がお教えくださいました。
日本古武道 - 天真正伝香取神道流 後編 10分ごろ
youtube.com/watch?v=WqlnxOLhkWU
_______
既出につき以下略
仮面医師チャンネル
youtube.com/watch?v=iwDWqZrsyfU&t=40s
てんちむ
youtube.com/watch?v=iHQx8x4JAwg&t=1s

【株価大暴落】初心者がカモられソフトバンクG孫正義さんもまたやらかした件【・お金の話・時事ネタ・テスラ株価暴落・ソフトバンク・米中戦争・アリババ・ファーウェイ】【20200909】
youtube.com/watch?v=2-J4FJGR5mE
豊岳正彦
1 時間前(編集済み)
孫さんも自分が日本で生まれ育った三つ子の魂の日本人だということが金銭に代えがたい本当の宝だという根っこに気が付けば大丈夫だと思う。
ハリーさんのこの動画をネットを使って届けてあげて孫さんに見せてあげたらいいと思います。
みんな悪口言ってるようでも心配してるってことが孫さんに伝われば、目が覚めて冷静に自分自身を取り戻せるんじゃないかな。
親孝行で親切親身な先祖代々忘己利他の仏心武士道菩薩である自分の本来の面目、すなわち仏性に気が付くでしょう。
仏性に目覚めている日本人がいっせいに「ほとけごころで」孫さんを応援すれば、孫さんに投資している人たちが損失を取り戻せる。
仏心は金がなくてもいつでも好きなだけ使えるから、孫さんへの応援は簡単です。
投資している人もしていない人も協力して日本の国を病気にしている病原体を治す、
すなわち「放送法と消費税法一括廃止」すれば、即GDP10倍回復して、
そうなったときの日本「国家」は世界を直ちにコロナ恐慌と証券恐慌から完全に救い出すことができる。
みんなの仏心を合わせれば日本病というGHQがWGIPで仕込んだ病気が治って自分も人もみんな一斉に元気になる。
元気があれば何でもできる。
大和魂ですなw
金のないやつぁ俺んとこへ来い。俺もないけど心配するな。
見ろよ広い海青い空、そのうちなんとかなるだろう♪

桑畑明石

どこまでも天皇を中心とする、愛と正義と「おほみたから」である民衆の幸せのための日本でなければならないと思います。
そしてそれを実現する力が、日本人には間違いなくあります

ねずさんお仰せの通りとおもいます。ただそれが肝心要の日本人が気づいていない!!!
その原因のひとつメディアはだいぶ死んでますので、時間の問題かもしれません。今は教育界があきませんね。ほんの一部の個々の先生方は真摯にやっておられますが、全体がダメなので、どうしようもない。ねずさんのような私塾活動を地道にやっていくしかありませんね
ねずさんを応援すると同時に自分で出来る事をやって行きたいと思います。

松さん

愚痴っぽいけど本音
NETが広まり、ラジオやテレビや新聞などのマスコミが如何に酷い嘘を流しているかは分かりました。
また、世の中には右や左の論客が大勢いることも知りました。
その結果、大衆は色々な事に気付いて賢くなった?
そんな風には到底思えません。
益々混乱していませんか?
素人も含め議論百出です。
専門家達も百家争鳴状態。
(感染症禍!いい例です)

自分達が「只の働きアリ」だったとの気付いた?
その根底には「自分だけ良ければ」が見え見えです。
「民衆の幸せ」って何?
大衆自身が見失ってます。

さて、議会制民主主義ですか?
いい大人が何やってる。
選ぶ方も選ばれる方も。
チャンチャラ可笑しい。
打開策などありません。
(右も左も、公約と称して絵空事を並べて騙し、責任など何処吹く風で、金儲けの輩ばかりですから)

『権力に伴う責任を全うし、事の如何に依らず責めを負い、腹を切る』
国家権力の座に就こうと志す方々は、こんな宣誓をなさってからにしたらいかがですか?
命懸けでも無く、嘘で国の命運を操ろうとする者が登壇できるうちは無理でしょうけどね。

朝から愚痴ばっかりでした。
世の中は、良いことばかり続きませんので、こんな日もあります。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク