台風に備える

日本は、台風のみならず、地震大国でもあり、大雪の国でもあります。そしてそうした災害が起こることを前提に、さまざまな取組が歴史を通じて行われてきた実績を持つ国でもあります。
天災は起こります。けれど、身を守るのは、人の力でできることです。
私達は、そうした点からも、日本の政治体制を根底から見直すべきときにきています。

台風19号によって堤防の上ギリギリまで増水した利根川(2019/10/13)
20200917 増水した利根川


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

昭和の三大台風といえば、室戸台風、枕崎台風、伊勢湾台風です。

昭和9年の室戸台風は、最低気圧が991.6hPa、最大風速60m/sで、およそ3千人の死者行方不明者を出しました。
昭和20年の枕崎台風は、最低気圧が865hPa、最大風速75.5m/sで、3,756人の死者行方不明者を出しました。
昭和34年の伊勢湾台風は、最低気圧が895hPa、最大風速85m/sで、5,098人の死者行方不明者を出しました。

このうち、特に昭和20年の枕崎台風は、まさに戦後の焼け野原、しかもその復興もままならない日本を直撃した台風でした。

一方、昨年甚大な被害を出した台風19号は、最低気圧が9115hPa、最大風速55m/sでした。
台風の規模としては、中程度のもので、決して大型台風とはいえない規模のものであったわけです。
にも関わらず、終戦直後の日本を襲った枕崎台風並の被害を出したのは、戦後日本の防災体制の甘さにあります。
つまりもっというなら、令和の日本の台風に対する防災体制は、終戦直後の焼け野原と化した日本と、同程度だということです。

災害、なかでも台風というのは、我が国では「必ず」、「毎年」やってきます。
つまり年中行事のひとつだということです。
そして被害にあって困るのは、私達自身です。
そうであれば、国や県や市町村をあげて、日頃から、いつ台風がやってきても大丈夫なように、防災対策に取り組む必要があります。


『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/867036783780708/
2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
 https://www.facebook.com/events/269322421064039/
2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/337364737249840/



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

特に氾濫を起こしやすい一級河川は、国の所轄となっていますが、ひとたび堤防が決壊して大水が出れば、取り返しがつかないほどの甚大な被害が発生します。
そうであれば、日頃から、絶対に決壊しないように、最大限の努力を重ねる。
その意味では、水害がもし発生したのなら、それは人災だということです。

人災であれば、人間の力で抑え込むことができます。
だから、国土交通省の河川の管理事務所は、夏のうだるような猛暑の日も、凍えるような冬の寒さの中でも、毎日、堤防の点検を怠りません。
それは、機械で管理するというだけのものではなく、徒歩や自転車で、だいたいひとりが40キロ程度の堤防区間を担当します。
そして毎日欠かさず、プロの目で、堤防にひび割れや亀裂がないか、陥没がないか、植物生体は崩れていないかなどをチェックしています。

また、堤防に生える雑草は、夏から秋にかけて、放置をすればバッタやイナゴの大発生を招きます。
ですから、雑草が一定規模になったら、その刈取りも行います。
刈り取りは業者さんにお願いしますが、こうして雑草が刈られて倒れていると、バッタの卵や幼虫などを、カラスなどの鳥が、きれいに食べてお掃除してくれる。
おかげで日本では飛蝗(ひこう)と呼ばれるバッタの大群による被害が、まったく発生しません。

しかしこうした現場の努力とは別に、政府や国会は、もっぱら予算の削減ばかりを言う。
いま、この瞬間に堤防が崩れて水害が起きているわけではないのだから、予算をカットしても構わないだろうというわけです。

要するに、すべての政治的意思決定が、常に平時にあることを前提に、効率性ばかりが求められてきたのが、戦後の日本の政治です。

しかしコロナ問題で、あらためて明らかになったように、ひとたび災害が起きれば、あらゆる都市機能が麻痺し、その経済さえも、落ち込むことになるのです。
その意味でコロナは、私達日本人に、あらためて、
「安全と安心は効率に優先する」
ということを明らかにしてくれたものということができます。

日本は、台風のみならず、地震大国でもあり、大雪の国でもあります。
そしてそうした災害が起こることを前提に、さまざまな取組が歴史を通じて行われてきた実績を持つ国でもあります。
天災は起こります。
けれど、身を守るのは、人の力でできることです。

私達は、そうした点からも、日本の政治体制を根底から見直すべきときにきています。


お読みいただき、ありがとうございました。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行でした。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

          
  
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

にっぽんじん

仲良くなってはいけない友達
お互い、心を割って話が出来る友達は、何にも代えがたい素晴らしいものです。
人生が豊かになります。

しかし、仲良くなってはいけない友達もいます。
それは、悪意を持った友達です。

こちらの善意を利用し、自分の利益しか考えません。
都合が悪く成れば責任を押し付けて裏切ります。

中国や朝鮮半島人は自分の利益のために日本に近づき、簡単に裏切ります。
朱に交われば赤くなると言います。

中国に進出した企業の中には朱に染まった企業がありそうです。
金儲けのためなら「ウイグル人」の強制労働にも目をつむる。
そんな企業になって欲しくないものです。

菅新政府には罠にはまらないように気を付けていただきたい。
お互い反目しあっている状態が最良だと思います。
親中派の甘言には注意が必要です。

あああ

台風のデータに誤りあり、訂正されたし。台風の全期間の最低気圧が重要なのではなく、上陸時の最低気圧が被害に直結する。
ーーーー気象庁のDBによるとーーー
昭和9年の室戸台風は、上陸時の最低気圧が911.6hPa
昭和20年の枕崎台風は、上陸時の最低気圧が916.3hPa
昭和34年の伊勢湾台風は、上陸時の最低気圧が929.2hPa
ーーーー以上

松さん

伊勢湾颱風
生まれて此の方、最も恐しい体験と言えば、小学生の頃の伊勢湾颱風直撃ですね。
当時の大人達は『関東大震災と同じだ!』と言ってました。
飛来物が衝突した頭には、今も大きな傷痕が残っています。
とても綺麗だった颱風の目も、何故か良く憶えています。
山村なので水害はありませんでしたが、我家も含め殆どの家屋は暴風で全壊しました。
翌日から、大人達は総出で何かをし始めました。
おそらく、衣食住の確保と村の再建作業だったと思います。
小学校の講堂には、大勢の自衛隊員が来て泊まり始めました。
遊んで貰った記憶があります。
農家の馬小屋の二階での避難生活。
でも、辛かった記憶はありません。
色々な物をもって来てくれた人達。
家を建て直してくれた大勢の人達。
ニコニコした優しい笑い顔ばかり。
あれこそ「和と結い」そのものだったな~と思い出しています。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク