マサダ砦のユダヤ人と日本のこと

イスラエルには徴兵があります。徴兵された新兵たちはマサダ砦の遺跡に行き、右手に自動小銃、左手に旧約聖書を持って、
「マサダは二度と陥ちない」と誓います。
マサダ砦には、どのような逸話が遺されているのでしょうか。

マサダ砦
20200912 マサダ砦


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

イスラエルは、戦後、昭和23(1948)年に建国された新しい国です。
別な国があり、別な民族が住んでいたところに、ユダヤ人を自認する人たちが自分たちの国を築きました。
日本は周囲を海に囲まれていますが、イスラエルの場合、そんな建国の経緯から、周囲の全部が敵国です。
ですから国は、つねに臨戦状態にあります。

そしてイスラエルは、この70年の間に、7つの戦争を勝ちぬいて、自分たちの国の独立と繁栄を保っています。
イスラエルには徴兵制があり、男女の別なく徴兵されます。
そしてイスラエル国軍の兵士であることに、ものすごく誇りとよろこびを持っています。

そのイスラエル軍では、新兵の入隊式が、全員、マサダで行なわれます。
マサダというのは、死海のほとりにあって、2千年前にそこに砦(とりで)があり、いまは砦跡の廃墟となっているところです。

そのマサダで、彼ら新兵は、右手に自動小銃、左手に旧約聖書を持って、
「マサダは二度と陥ちない」と誓うのです。

マサダ砦は、古代イスラエル国がローマ帝国によって滅ぼされたとき、最後まで頑強な抵抗をした砦です。
それは世界のユダヤ族の神語りであり、誇りです。
以前にも書きましたが、また歴史を追ってみます。

古代ユダヤ王国が誕生したのは、いまから3000年前、紀元前11世紀頃のことです。
その古代ユダヤ王国は、他国に干渉されて紀元前922年に、内乱が起こって南北に分裂します。
北が、イスラエル王国、
南が、ユダ王国です。

およそ古来、敵を倒すには、敵を分断し、バラバラにして各個撃破するというのは世界の歴史の常套手段です。
そして同じ民族であっても、そうした工作によって国が分裂してしまうことはあり得るのだということは、日本人も肝に命じるべきことですし、学校の世界史などでしっかりと教えるべきことです。

分断されると国力は弱まります。
紀元前721年には、北のイスラエル王国がアッシリアに滅ぼされ、紀元前612年には、南のユダ王国も新バビロニアに滅ぼされてしまうのです。
そしてイスラエルの民衆(ユダヤ人たち)は、自分たちの国家を失ってしまい、流浪の民となるのです。


『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/867036783780708/
2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
 https://www.facebook.com/events/269322421064039/
2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/337364737249840/



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

みなさんは、ユダヤ人というと、どのような人々を想像するでしょうか。
長いあごひげを生やした白人種の男性などの顔立ちをイメージするのではないでしょうか。
けれども古代イスラエル王国の頃のユダヤ人は、東洋系の民族であったと言われています。
それが国を失い、2千年の流浪の後、ようやく世界中に散ったユダヤの民衆が集まって国を築いてみたら、肌の色も髪の色も長さも、みんな違っていたのです。

イスラエルの小学校に行くと、白人から黄色や黒の有色人種まで、実にさまざまな人達がいます。
そしてその肌の色や髪の色の違うすべての人達が、2千年前には、同じ肌、同じ髪の色を持った人たちだったのです。

イスラエルの人たちは、ですから2千年前に自分たちが国を失ったときのことを知っています。
国を失ったとき、彼らは親兄弟や友人を殺され、生き残った者も、先祖を祀る墓地も私有財産も、家族までも奪われて奴隷として売られました。

昔あった満洲国もなくなりました。
満州国の通貨であった紙幣は、ただの紙屑となり、シベリアに抑留された兵隊さんたちは、そのもとは紙幣だった紙を、紙が支給されないのでトイレットペーパー代わり使ったという逸話があります。
いま何十億円という資産があったとしても、その土地も財産も、実は日本という国があってのものです。
国がなくなったら、預金はパア、お札は紙切れになるのです。

イスラエルの民衆も、ですから、ただ滅ぼされたわけではありません。
民族の国家を取り戻したい。
紀元前143年には、大規模な独立運動を行いました。
それはただの運動といった生易しいものではなくて、戦争です。
これを「マカバイ戦争」といいます。

この戦争に勝利したユダヤ人たちは、イスラエル国を建国しようとするのですが、内紛につけこまれて、政治的にローマ帝国の属州にされてしまいます。

これを不服としたユダヤ人が再度立ち上がったのが、100年後の西暦66年で、これが「第一次ユダヤ戦争」です。
彼らはなんとか独立を勝ち取るのですが、これを不快に思ったローマ帝国は、軍を派遣して、西暦70年に首都エルサレムを陥落させました。

このとき、最後まで抵抗したのが、エルアザル・ベン・ヤイル率いるユダヤ人の男女967人です。
彼らは「マサダ砦」に立てこもり、最後まで抵抗しました。
その「マサダ砦」を、ローマは1万5千の大軍で包囲しました。
マサダ砦の967人は、勇敢に戦い、なんと3年近くもこの砦を守り通すのですが、衆寡敵せず、西暦73年に砦は落とされます。

砦の陥落直前、砦の人たちは、投降してローマの奴隷となるよりは死をと、2人の女性と5人の子供を残して、全員で集団自決しました。
自決に際して、エルアザル・ベン・ヤイルが述べた言葉が、ヨセフスの『ユダヤ戦記』に残されています。

「高邁なる友よ。
 我々はずっと以前から、
 人類の唯一なる真にして
 義である主なる神以外には、
 ローマ人であれ何人であれ、
 奴隷にならないと決意してきた。
 その決意を実行に移して
 眞なるものとすべき時が、
 いま、到来した。

 我々が自由な状態で
 勇敢に死ねることは、
 神が我々に与えたもうた
 恵であると私は思わずにいれない。

 我々はまだ、
 最愛なる同志とともに
 栄光(はえ)ある死を
 選ぶことができる。

 我々の妻たちが辱めを受ける前に、
 子供たちが奴隷を経験する前に、
 死なせてあげようではないか。
 自由を保持して行こうではないか。

 糧食のほかは何も残さずにおこう。
 何故なら我々が死んだときの証として、
 我々が制圧されたのは
 必需品が不足していたからではなく、
 最初からの決意に従って
 我々が奴隷よりも死を選んだことを
 示してくれるだろうから。」


男たちは自らの手で最愛の者達(妻と子)を殺しました。
そして男たちの中から籤(くじ)で十人を選び、残りの者達は首を差し出しました。
ともに三年間、苦しい中を戦い続けた同士でした。
けれど選ばれた十人は、恐れることなく使命を果たしたそうです。
そしてその10人だけが残ったとき、再び籤で一人を選び、殺されていきました。
最後に残った一人は宮殿に火を付け、自らの剣を体に刺し貫きました。

マサダ砦は、この戦いのあと、ローマ軍によって徹底して破壊されました。
この破壊は徹底していて、ただ建物を壊したり火を付けたりというだけのものではなくて、周辺の土地の木々が全て伐採されました。

そもそもローマがイスラエルの土地を欲したのは、もともとそこが緑豊かな樹々の茂る豊かな森であったからだといいます。
だからそこに住んでいる人たちを殺し、国を陥落させたのです。
なぜならその時代の資源エネルギーは、木を燃やして得る火力だったからです。

いま、マサダに行くと、辺り一帯、見渡す限りの岩山です。
草木一本ありません。
しかし、草木一本もないようなところにある砦では、補給を受けることができない967人もの男女が3年間も生き残ることはできないのです。
なぜなら人は、水と食べ物がなければ死んでしまうからです。

つまり2千年前のマサダは、水が湧き、肥沃な土があり、砦内で畑を営むことができる場所であったのです。
そうでなければ3年間もそこにこもって戦うことはできない。
そして水が湧くためには、周囲に土と森が必要です。

マサダが陥(お)ちた後、あるいはすでに包囲戦をしているときから、ローマは木を次々と伐り倒し、緑を奪っていきました。
すると砦には水が出なくなり、肥沃な土は雨が降る度に流れ出してしまい、あとに残るのは、岩山だけになります。
そしていま、マサダは砦の中も外も、ゴツゴツした岩だけが露出する荒れ地になっています。

マサダの戦いの60年後の西暦132年、ユダヤ人バル・コクバが、ローマに対してふたたび独立戦争を挑みました。
これが「第二次ユダヤ戦争」です。
バル・コクバは、一時イスラエルを奪還するのですが、翌135年にはローマ帝国に滅ぼされています。

こうしてイスラエルの民は、各地に離散し、現代イスラエル国が誕生するまで長い離散生活をすることになりました。
上に「2千年の流浪」と書きましたが、ユダヤ人たちが経験した離散生活者のことを、
「ディアスポラ(διασπορά、英:Diaspora, diaspora)」
といいます。
ディアスポラというのは、は、植物の種などの「撒き散らされたもの」という意味のギリシャ語に由来する言葉です。

ユダヤ人が経験した「2千年の流浪=ディアスポラ」は、「難民(refugee)」とは異なります。
難民なら、元の居住地に帰還する可能性を含んでいいます。
しかしディアスポラには、帰還する先がありません。
還るべき故郷を失った人々が、ディアスポラです。

ディアスポラは、最近では混乱によって国外に亡命したツチ族ルワンダ人や、ソマリアを逃れたソマリ人集団などについても用いられることがあります。
しかし、いまだに日本語の翻訳語がありません。
日本語に言葉がないということは、これまで日本人は幸運なことにもディアスポラを経験することがなかったということです。
これは私達が祖先に感謝すべきことです。

イスラエルの民は、第二次ユダヤ戦争のあと、約二千年にわたってディアスポラとなり、ローマは、イスラエルの抵抗を防ぐために、徹底してイスラエルを破壊しつくしましたから、マサダ砦のあった場所すらもわからなくなっていました。
つまりマサダは、ディアスポラとなったユダヤの人々の神話となったのです。

西洋における神話という言葉は、根拠のない作り話という意味があります。
つまりマサダは、ただの神話であり、おとぎばなしでしかないとされてきたのです。

ところが1838年に、ドイツ人研究者によってマサダの山頂の発掘から、この籤(くじ)で選ばれた十人が、それぞれ自らの名を署名した陶片が見つかりました。
こうしてマサダ砦の跡地が発見され、伝説、神話とされてきた古代の戦いが、現実に起きた出来事であったことが立証されたのです。

そしてイスラエルは、昭和23(1948)年に、ふたたび独立を果たすのです。
いま、世界の最先端の軍事技術のほとんどは、イスラエル生まれです。
またイスラエルは、国土の緑化のために、岩山となった土地に長いホースを伸ばしてコンピューター管理で放水を行い、土地に緑を取り戻そうとしています。

そして瓦礫の山しかなかったイスラエルは、いまや農業生産物の輸出国です。
さらにイスラエルの人々は、国民の誰もがよろこびと楽しさを感じることができるようにと、非常に真面目な暮らしをしています。

いま、イスラエルは、国際的にみても、たいへんに豊かな国です。
そして強力なイスラエル軍は、国民に明確な安全を与え、完全管理された自国産の新鮮な野菜や果物は、防腐剤や病気などの心配のない、安心な作物として、人々の食生活に寄与しています。

日本はどうなのでしょうか。
日本は、いつまで、祖先が大切にしてきた国土を、ただ消費するだけの状態を続けるのでしょうか。

※この記事は2009年6月の記事のリニューアルです。


お読みいただき、ありがとうございました。
歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行でした。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

          
  
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

ねず先生

日ユ同祖論は、私も信じてます。
十支族の最後の者が東へ東へ、中東→インド→チベット→東南アジア→台灣→沖縄→宮崎県…

しかしながら、ねず先生、
本物のユダヤ人は、イスラエルの砂漠で、二級市民として質素な生活をしており、テレビに出てくるようなユダヤ人モドキは、アシュケナージ(カザール人)であり、熱心なユダヤ教徒なだけで、本物のユダヤ人ではない。

つまり、戦後の安倍や平成野党やカルト宗教信者のような反日日本人や、帰化三国人、ザイニチのような密入国者どもが、日本で跋扈しており、
我々のような本物の日本人たちは、年々上がる消費税や社会保険料で搾取され、米中に貢ぎ物とされている。

嗚呼、本物のユダヤ人と本物の日本人は、チベットやウイグルのように、いつ解放されるのか!

本日の、ねず先生のお話は、これに触れられておらず、私には全く勉強にはなりませんでした!

もしも、これについて過去に触れたエピソードがございましたら、是非ともご教授くださいませ。
よろしくお願い申し上げます。
以上!

松さん

首に縄を掛けられてからでは遅い!
イスラエル建国の手本は?
江戸・明治・昭和の頃の我国だった!
ねずさんから教わったのは、もう数年も前のことになります。

そして、現代の我国。
國體(くにぶり)はどうでしょうか。
自分さえ良ければ全て良し?
国民の誰もがそう思ってる?
そんな筈はありませんが、答えに困る場面に遭遇することも多い昨今です。

政治的に、民族的に、宗教的に、様々な解釈が蔓延っています。
イスラエルとパレスチナの問題は複雑ですが『国のために死ぬほどの名誉はない』という言葉に、深い「祖国愛」の原点を感じます。

首に縄を掛けられてからでは遅い!
それだけは確かです。

湘南童子

― 合掌 ―


所謂ユダヤ人に就いては
古代から現代に至る多様な系統
その定義や諸思想とパレスチナの現状
日本の原発とイスラエル国との密接な関係など
美しき六芒星には合掌印と供養を捧げる許りであります

日本国を始め万国全地域の大天命が完うされますように





非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク