二宮尊徳の「推譲」を学ぶ

推譲(すいじょう)は、「稼ぐためにお金を動かす」のではなく、「稼いだものを世のため人のために使う」という経済モデルです。
どちらもお金は動きます。
ただ違いは、前者の場合、お金は、単にお金持ちのお蔵に吸い込まれていきますから、上の人は、どこまでも大金持ちになり、吸われるだけの庶民はいつまでも貧しいままに置かれます。
後者は、お金をみんなが使います。たくさん稼ぐ人はたくさん使うし、そうでない人もそれなりに使います。
要するに年貢米と同じです。年貢米は、通貨が利用期限付きで発行されているようなものです。使っても使わなくても失われてしまうのですから、使わなければもったいない。

20201004 二宮尊徳
画像出所=https://www.hotoku.or.jp/sontoku/
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

二宮金次郎は、江戸時代後期の経世家、農政家、思想家で、自ら社会に実績をあげて貢献しただけでなく、「至誠・勤労・分度・推譲」という報徳思想を唱えた人として知られます。
「至誠・勤労・分度・推譲」を簡単にまとめると、

「至誠」
道に沿った心を誠といい、我が心を誠・徳・仁の状態に置くこと。
生きる上での第一となるもの。

「勤労」
至誠に基づいて日常生活を送ること。
至誠が心の状態を指すのに対して、勤労は至誠に基づく行動を指す。

「分度(ぶんど)」
心に至誠を起き、日々勤労に励み、贅沢を慎むこと。

「推譲(すいじょう)」
分度して残った利益を他に譲ること。


『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/867036783780708/
2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
 https://www.facebook.com/events/269322421064039/
2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/337364737249840/



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

我が国では、長い間、お米が税金であり、給料もお米で支払われていました。
このことをもって、
「お金は政府の信頼に基づくもので
 信頼のおけない政府のもとではお金は信頼されない。
 だから日本では近代になるまで
 信頼される政府がなかったから
 お金が普及しなかったのだ」
と述べる学者の先生もおいでになります。

しかし日本では708年の和同開珎の時代から通貨が発行され、秀吉が黄金の小判の発行を開始すると、小判はまたたく間に日本中に普及していきました。
信頼されない政府どころか、日本では古来、政府や行政は、もっとも民衆から信頼されるお役所だったのです。

また、信頼されない政府というなら、いま米国でも英国でも、世界中の先進国では、中央銀行が通貨の発行を行っています。
政府が通貨を発行したら何をしでかすかわらかない(笑)から、機構を別々に分けているのですから、そういう意味からしたらむしろ現代世界の政府のほうが、かつての日本よりはるかに民衆の信頼がないことになります。

また室町後期に日本にやってきた朝鮮通信使は、
「我が国は旅行の度に衣食のための様々なものを持参しなければならないが、日本ではお金というものだけを持っていればどこにでも泊まることができるし食べることにも困らない」と、日本を絶賛した記述をしています。
要するに日本では古い時代から、貨幣経済が見事に実現していたわけです。

ところがそうであるにもかかわらず、ではどうして年貢も俸禄もお金ではなく、お米だったのかというと、これが非常に簡単な理屈です。
つまりお米は、「貯め込むことができない」のです。
お蔵に山積みしていても、何年かしたら傷んでしまいます。
つまり使わなければならないのです。

二宮金次郎の「推譲(すいじょう)」というのは、そういうことをいいます。
つまり、お金は、ただ貯め込むばかりではなく、積極的に世のために使えと、二宮金次郎は述べている。

これがどういうことかというと、一般に、経済というのはお金の流れのことをいいます。
経済が発達するということは、お金が動き、その動くお金の量が増えることをいいいます。

現代社会は西洋の論理を取り入れていますから、お金を稼ぐこと、それを貯め込むことに価値があり、たくさん稼ぎ、たくさん貯め込んだ人が、いわゆるお金持ちです。
そしてお金持ちになることが、庶民の夢とされています。

現代社会は西洋の論理を取り入れていますから、お金を稼ぐこと、それを貯め込むことに価値があり、たくさん稼ぎ、たくさん貯め込んだ人が、いわゆるお金持ちです。
そしてお金持ちになることが、庶民の夢とされています。

一方、二宮金次郎がいう経済の「推譲(すいじょう)」は、働いて稼いだら、その稼いだお金は世のため人のために積極的に使いなさいというものです。
推譲(すいじょう)は、
「稼ぐためにお金を動かす」のではなく、
「稼いだものを世のため人のために使う」
という経済モデルです。

どちらもお金は動きます。
ただ違いは、前者の場合、お金は、単にお金持ちのお蔵に吸い込まれていきますから、上の人は、どこまでも大金持ちになり、吸われるだけの庶民はいつまでも貧しいままに置かれます。

後者は、お金をみんなが使います。
たくさん稼ぐ人はたくさん使うし、そうでない人もそれなりに使います。
要するに年貢米と同じです。
年貢米は、通貨が利用期限付きで発行されているようなものです。
使っても使わなくても失われてしまうのですから、使わなければもったいない。

そうすることで社会にお金が回ります。
生産が増え、お金が増えれば経済規模が拡大し、みんなが豊かになっていきます。
そしてそのお金が公益のために使われれば、社会インフラが整い、国民は豊かさだけではなく、安全と安心を手に入れることができます。

これが二宮金次郎の唱えた報徳思想を経済から捕らえた考え方です。
そんなものは理想論にすぎないと言う人がいるかもしれません。
しかし、これは江戸時代までの年貢米で実際に行われてきたことだし、社会の発展とは、人々の理想に現実を近づけていくことをいいます。

そういう意味では二宮尊徳の「推譲」の思想は、古いけれど、現代の世界において最先端に立つ思想であるということができると思います。

お読みいただき、ありがとうございました。
歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行でした。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

          
  
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

湘南童子

相模の偉人について

改めて勉強させて頂きました
御礼申し上げます



日本国を始め万国全地域が平和でありますように
私たち生きとし生ける全ての物の天命が完うされますように
守護神霊様 私達の肉体さん 地球を司る神々様 ありがとうございます

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク