負け組とされた中国



tepodon2gou

Record Chinaに「<北朝鮮ミサイル>この騒動で『一番の負け組は中国』」という記事が紹介されました。
http://www.recordchina.co.jp/group/g30266.html

記事の内容は、北朝鮮が「人工衛星」の名目で長距離弾道ミサイルを発射した問題を受け、中国の「説得」が結果的に影響力を発揮しなかったとして、「今回の件で最もメンツをつぶされた『負け組』は中国だ」と分析した中国人ブロガーがいるというもの。

この記事によると、中国人ブロガーは次のように各国を分析したといいます。

----------------------------------------
≪北朝鮮≫・・・勝ち

北朝鮮は「人工衛星の打ち上げ成功で民族の団結は大いに鼓舞された」と大々的に報じた。
北朝鮮は今回の件で、世界中の注目を集め、有利な交渉材料を得ることに成功した。
米国や日本による「制裁」も「“金王朝”の人間が飢え死にする訳でもない。現状を考えれば今さら何も怖くない」

≪日本≫・・・勝ち

今回の件を最大限に利用して内閣支持率の向上とミサイル防衛(MD)体制強化を実現した。
客観的にみれば北朝鮮はミサイル発射で日本を助けた。

≪韓国≫・・・負け

北朝鮮に対して「失望と心配」しか表明できなかった。

≪アメリカ・ロシア≫・・・引き分け
勝っても負けてもいない。

≪中国≫・・・負け
北朝鮮に対して最も影響力があるはずなのに、各国に冷静を呼び掛けることしか出来ず、そのふがいなさを露呈した。
北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議の議長国であり、重要な役割を期待されていたにも関わらず、北に対する説得が通じなかった。
---------------------------------------

この意見は、中国国内での一ブロガーの意見にすぎないし、Record Chinaがこれを報じたのも、中国の民主化政策により、中国国内では“ある程度言論の自由が保障されているのだ”という一種のプパガンタにすぎないのかもしれません。

しかし、体制に対する批判を一切許さないはずの中国国内から、こうした「意見」が洩れ伝わってくることに、新しい時代の変化の予兆が感じられる。

先日、中国による「日本支配工作要領」http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-448.htmlを紹介しましたが、中国共産党のマスメディアに対する考え方は、

・マスメディアは、世論造成の不可欠の道具に過ぎない。
・マスコミを支配する集団の意思が世論を作り上げる。

というものです。

日本のメディアなど、これにいいようにやられている(笑)

ところが中国人ブロガーが、こうした記事を掲載する背景には、ある程度、事実の情報が中国国内に流布していること、それによりマス・メディアでの情報操作の効能が、弱まりつつあることを示しているような気がするのです。

このことは日本も同じで、テレビを見れば、相変わらず低レベルなお笑い番組のオンパレード。
クイズ番組などでは、ものすごく頭の良さそうな美人が、おバカな回答をして、会場をわかせている。要するに秀才でも、この程度かと庶民を安心させたいのかもしれないが、実際には、クイズ番組でも発言はすべて台本通りに行われるものですから、こうしたおバカ回答も演出でしかない。

政治関連報道に至っては、中国日本支配工作要領にまるで従っているかのように「政府の内外政策には常に攻撃を加えて反対し、在野諸党の反政府活動を一貫して支持。特に在野党の反政府共闘には無条件で賛意を表明し、その成果を高く評価して鼓舞」しています。

しかし、日本国内にすでに9千万台普及したといわれるパソコン。
そこから繰り広げられる自由な言論は、メディアによる世論操作に影響されない真実をみようとする人々によって、徐々にメディアによる占領から日本人を解き放とうとしているように思えるのです。

そして面白いのは、日本についてのこのブロガーの記述・・・「今回の件を最大限に利用して内閣支持率の向上とミサイル防衛(MD)体制強化を実現した。客観的にみれば北朝鮮はミサイル発射で日本を助けた」と、麻生内閣を極めて高く評価していることです。

実際その通りだと思います。98年、06年のテポドン発射のときは、日本は「何もできなかった」、「何もしなかった」、「事前になんの情報も得れなかった」。

ところが今回の発射については、かなり前から情報をキャッチアップし、万一に備えて住民への通報の準備もされ、米国と連携して「迎撃体制」まで取ることができ、しかも難航しているとはいえ、6カ国協議で北への制裁を日本が強く主張すらしています。

もとよりミサイルは、自国に向けて発射されたらオワリなわけで、事前の情報収集並びに各国と連携した発射封じ込め対策・・・ミサイルは発射させないことが肝心・・・を実施し、かつ発射に備えて迎撃態勢まで取ることができた。

戦後の内閣としては、麻生内閣のこの対応は、「たいへん良くできました」の、まさに花マルものじゃないかと思います。

そしてそのことを日本のメディアはまったく評価も報道もしないが、なんと中国が高く評価し報道に結び付けている。

また今回の発射によって、日本国内でも、防衛に対する意識が着実に高まってきているようにも思えますし、これはとっても良いことだと思います。

ちなみに北は7日、朴徳勲・国連次席大使が記者団に対し「ロケットの発射について安保理がもし何らかの対応を取れば、北朝鮮はそれを主権の侵害とみなす」と強調し、「次の選択は我々にある」、「北朝鮮は必要かつ強硬な措置を取る」と語っっています。
■関連記事:安保理がロケット発射をとがめるなら「強力な対抗措置」=北朝鮮 時事通信社
http://news.livedoor.com/article/detail/4100570/

危険はまだ去ったわけではないのです。

憲法改正や、自衛隊の正規軍化には、まだまだ大きな壁がいくつもあろうかと思いますが、明治維新や、戦前戦後のように、変わるときには一瞬にして変わることができるのが日本の凄味でもあります。

そういえば、豊臣成長戦略治世が、徳川超地味しみったれ(笑)治世に変わったのも一瞬でした。

これを機会に、国内での自国防衛論議が一層高まることを期待します。

そういえば、韓国メディアが、「米メディアが“日本海”を一斉使用…消えた東海』と報じたそうです。
■関連記事:『日本も、米国のマスコミも“日本海”…消えた東海』と韓国メディア
http://news.livedoor.com/article/detail/4100331/

記事によれば、海外のマスコミで東海と記述したメディアは中国の新華社通信と国内発行英字紙、コリアタイムズだけだったのだそうで、CNNやニューヨークタイムズでは、“日本海”と表記したといいます。

あのね、日米だけじゃないんです。EUを含む世界中が“日本海”と表記しているのです(笑)



人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

アジア

徳川の治世も素晴らしい。
生活も大きく向上した。
勿論織田、豊臣の築いたものを継承したからこそだが。
それでも凄い。

あきれた

No title
これは
ttp://taka.no32.tk/diary/20090211.html

ねずきち

>なかっちさん
コメントありがとうございます。

(⌒▽⌒)アハハ!

なんとか時間作って、がんばりまぁ~す^^


>ナポレオン・ソロさん
コメントありがとうございます。

おっしゃる通りシナの創作である可能性が高いと思いますね^^
でも、中国が負け組と評したのは、ちょいおもしろいかも^^

それにしても、おっしゃるノドン!!
まじで原発に当たりでもしたら、それこそ大変なことになります。

北も、シナも、ミサイル基地ならびに持っている武力を完全に叩いた方が、本当は日本は安全なのでしょうけどね~



>日本海さん
貴重な情報をありがとうございます。

ボクも日本は核を持つべきと思っています。

前に椿さんがおっしゃっていた、

「広島の平和記念館に書かれている『私達は二度と過ちをおかしません』という碑文は、『二度と原爆を落とされない“強い国”になります』という意味だ」

には、大賛成なのです。


>かんさん
コメントありがとうございます。

日本が負けという解釈もあたっているかもですね。

WBCでもなんでもそうだけど、やっぱ勝たなきゃねっ^^v


>英雄さん
コメントありがとうございます。

戦後も戦争は続いているというご指摘、まさにその通りと思います。

≪日本人は怒れよ。金と女を守れよ。国土を盗もうと画策してる連中に怒れよ≫

ほんとです。愛する者を守れないでなんで生きている価値があるのか!

台湾の人が日本統治時代を懐かしんで言っていたそうです。

「日本人は怖かった。威厳があった。だけどとってもやさしくて公平だった」

英雄

日本を逃げ出して米国に移民しても駄目だよ。昔の米国はないよ。人種差別の格差社会だぞ。金が無い黄色人種は生活は悲惨だぞ。
逃げるより、今ここで戦え。日本を守って死ぬんだ。安らかに満足してしねる。
いつかどこかでしぬのだから。それなら先祖伝来の土地でしね。日本人全員が死んで日本が無くなればそれはそれでいい。日本人にはここの土地と歴史しかないのだ。生まれたとこで死ぬんだ。

七誌

日本は負け
北朝鮮がミサイルを日本近海に撃ち込めば、得をするのは中国であり、国際的な威信を失い、負けるのは日本ですよ。

今回のミサイル発射で、国連で中国に頭を下げても、結局拘束力の無い議長声明だけに終わるだけで、日本の無力さと常任理事国中国の威信を世界に示すだけに終わるでしょう。

かん

ちょっと違う
中国は負けではないでしょう。

最終的に北朝鮮が反抗すれば、中国により完璧に潰されます。
これは北朝鮮が一番よく分かっていることです。

さて、北朝鮮の発言力が強まれば、喜ぶのは中国です。
今回、いまのところその方向ではないでしょうか。

尚、日本は負けですが。

日本海

平和ボケの非国民を改革をしなければ
「打ち上げ」祝い平壌10万人集会…演壇顔ぶれにのぞく軍事色
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090408-OYT1T00996.htm


北朝鮮の濃縮ウラン、イランへの移送疑惑
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090409AT2M0803B08042009.html


核を持たない国は国連の常任理事国にもなれないし、
我が国にも核という力がほしい。

ナポレオン・ソロ

問題はこれから
 わはは、「中国が負け」ですか。

 私は、朝鮮=人民解放軍、中国=共産シナ外交部だと思っていますから、各個の評価として大体正解かと。

 やや気になるのは「日本が勝ち」とした事でしょう、日本が正常な反応を示し、殊国防に関しては、マスコミの批判を全て受け流せる世論が有る事を国民に自覚させた、のを日本人が評価するのは当然だと思いますが、ねず吉さんが仰る様に、一般のシナ人がおおっ平に云える事では無い様な気がします。

 多分、シナの弁公室の創作でしょう。

 でも、誉められたから、と言って、問題はこれからであると言って好いでしょう、逆に、ノドンで原発を狙われても回避できる防衛策を中心に、対応策を迫られていると言って好いのかもしれませんね。

なかっち

いつも
いつも楽しく読ませてもらってます。あまり無理せずこれからも続けていってくださいね。ねずきちさんの柔らかな物腰での発言は説得力を持っている気がします。

無理せずとはいいながらも、また更新お待ちしてます(笑)
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク