世界一歴史の古い国の世界一すばらしい国家の成り立ち

古代の日本では、豪族たちはみんな親戚なのですから、親戚同士で「征圧」や「征服」をしたら、なんとも後味が悪い。だいたい親族間の恨みというものは、幾世代にもわたって、ずっと尾を引くものです。
そこで考案されたのが、わが国独自の、助け合うことで国をひとつにまとめるということです。これには、日本列島が天然の災害の宝庫であることも関係しました。
こうして日本は、世界に類例のない、たすけあい国家を築いてきたのです。これはとっても誇らしいことです。

20200925 モアナ
画像出所=https://entertainment-bridge.com/moana/
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

日本は、世界一歴史の古い国です。
日本という国号のはじまりは、持統天皇が689年に発せられた飛鳥浄御原令(あすかきよみはらりょう)です。
ここに最初に「日本」という国号が文字として書かれました。
それより以前は、外国では倭国、我が国では葦原中国(あしはらのなかつくに)、または大倭(おほやまと)と呼ばれています。

ですから「日本」の読みも、本来はこう書いて「やまと」と読みます。
「やまと」の表記は、「倭(やまと)」であったり、「大和(やまと)」であったり、秋津島(やまと)であったりしましたが、最終的に持統天皇の御世に、「日本」という表記で確定したわけです。

このため、いまでも「日本」と書いて「ニホン」と読むのか、「ニッポン」と読むのか確定していません。
結局、どちらの読みも正しいとされています。

この「日本」という国号が唐の国に伝わり、その後に成立した元の大帝国の時代に、元の首都である大都にやってきたマルコポーロが、元の言葉で「日=ジツ」、「本=ポング」と発音されていたものを、彼がイタリア語で「ZIPANG」と書き、それがヨーロッパに伝わって、英語圏では「JAPAN」と訳されました。
7世紀に成立した国号が、現代でも使われているのは、世界でただ一国、日本だけです。

たとえばチャイナの場合なら、7世紀には国号が唐です。
19世紀なら、国号は清です。
ですから、その時代に唐国人や清国人はいましたが、中国人はいません。
中国人が生まれたのは、チャイナに中華民国が成立したとき、つまり1912年になってからのことで、まだ108年しか経っていません。
俗に言う中国5千年の歴史などというものは存在しないのです。

このように書くと、あたかも筆者が民族主義者であるような印象を与えるかもしれませんが、もともと大昔には、世界に国境などなかったのです。
日本のように古い国では、そこから解き明かしていかなければならないというのが、筆者の持論です。


『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/867036783780708/
2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
 https://www.facebook.com/events/269322421064039/
2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/337364737249840/



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

つまり世界の諸国は、いわゆる歴史時代が始まってからの歴史だし、しかもその多くは20世紀になってから、ようやく国になっています。
つまり有史以来の歴史しかないわけです。

ところが日本の場合、有史以前の時代から、一貫して続く歴史が保たれています。
要するにとてつもなく日本は古い。
そして世界において、この「古い」ということが、なによりも大きな権威を持つのです。
その意味で、日本人は自国の古さを、もっと明確に認識する必要があるといえます。

やまと人は、いまわかっているだけで、3万8千年前には外洋航海の術をもち、2万年前には大洋を往来する海の人であったのです。
それが1万6千年前までの海面上昇によって、地形が現在の地形に近いものとなり、多くの島々が海中に没したため、日本列島を中心に住み着くことになりました。

それでも優れた航海術を持つやまとの人たちは、海洋を東に西にと往来し、この結果、南米や中米、北米、アフリカや中東からも、縄文式土器が出土しています。
もっといえば、古代エジプトの伝説の都であるスサは、文明の中心地であったのだとか。

魏志倭人伝や梁書には、倭人(やまとびと)が住む国は、日本列島から海を遠く1年渡った先にまであったと書かれています。
それがどこの国を指すのか、複数の証拠が、その地を南米のエクアドルかペルーあたりであったことを示しています。

こうしたことが何を意味しているかと言うと、今のような国境など存在しなかった時代、海洋国家日本にとっての葦原中国、つまり倭人たちにとっての世界は、いまでいうなら「大海原に広がる世界」を意味していたことになります。

古事記を読み解くと、どうやらオノゴロ島は「地球」そのものを意味しているようですし(『ねずさんと語る古事記』)、大倭という言葉も、もしかすると大海原にひろがる倭人たちの国、という意味であるのかもしれないし、それ以上に巨大な地球上の海原の世界を意味したのかもしれません。

そしてそうした人々の国が、飛鳥時代に、日本列島内をあらためて日本としたわけですが、実は、その日本という国号よりも、天皇という呼称の方がさらに古い。

天皇という用語がはじめて国際文書に登場するのは、608年の隋への国書です。
そこに「東天皇敬白西皇帝」と書かれました。
これについては、その記述が「720年に成立した日本書紀にしかない」という反論がありますが、それを言うなら、銘文として607年に成立した「法隆寺金堂薬師如来像光背銘」に「池辺大宮治天下天皇」の記述があります。

他にも「野中寺弥勒思惟像台座銘」に、
「丙寅年四月大旧八日癸卯
 開記橘寺智識之等詣
 中宮天皇大御身労坐之時
 誓願之奉彌勒御像也友等
 人数一百十八
 是依六道四生人等此教可相之也」
という記述があります。

意味は「666年4月に斉明天皇のご健康のためにこの弥勒菩薩像の開眼供養を118名で行った」というもので、ここにも「天皇」という文字が書かれています。
つまり天皇という呼称は、607年〜666年の頃には、確実に用いられていたわけです。
ということは、日本という国号の初出が689年ですから、「天皇」は「日本」より古いということになります。
日本は、天皇あっての日本なのです。

では、なぜ大倭や中つ国という表記を、わざわざ「日本」という表記に改めたのでしょうか。
これには663年の白村江事件における敗戦が影響しています。
このときに日本は朝鮮半島における権益を放棄し、朝鮮海峡に国境線を敷きました。
つまり海峡上に、明確な国境線を引いたのです。

実はこのこともまた、世界において、きわめてめずらしいことです。
なぜなら18世紀に、いわゆる「国民国家」が成立するまで、世界には明確な国境ラインがなかったからです。

王の居所とその周辺、および、王に従う貴族の支配する領地が王国のエリアであって、隣の王国との境のあたりにいる人々にとっては、自分たちがどっちの王国の人なのかなど、ほとんど意識されることはありませんし、早い話、ヨーロッパの王国の領地は、飛び地といって、他所の国の真ん中に、別な王国の領地があったりする。

要するに、王国の領土というのは、たとえは悪いですが、いまふうにいえば、ヤクザさんの「シマ」とか「ナワバリ」みたいなもので、「ワシは渋谷の王だ」、「オイラは新宿の王だ」と言う人はいても、では渋谷組と新宿組の境界線がどこなのかは、判然としないし、新宿に渋谷の王のお店があったり、その逆もあったりするわけです。
それが近世までの世界です。

ところが日本は、7世紀に国境線を引いているわけです。
つまり国境という概念を、これはもしかすると世界で最初に用いたのが、日本であったのかもしれません。

ちなみに、どうして朝鮮海峡に国境線を引いたのかというと、ものすごく簡単に突き詰めて言うと、もうコリゴリだったからです。
チャイナに唐が成立したけれど、唐は高句麗が怖い。
そこで唐は、お得意の「遠交近攻」で、高句麗を挟み撃ちするために、高句麗の向こう側にある新羅に兵を送り、百済を攻め滅ぼして、半島南部を(表向きは)新羅の征圧地、実態は唐の領土にしました。

ところが倭国が、百済救援軍を起こして、これに抵抗する。
これは本来なら、あくまで「百済と新羅の戦い」です。
ところが戦っているのは、なぜか日本と唐です。
これはおかしな話です。
しかも後ろ押しした百済の王子まで、結局、高句麗に逃げてしまう。
これでは戦う意味などありません。
そこで日本は、唐と結んで白村江から全軍を引き上げることにしたところ、その引き上げの当日に新羅がだまし討ちで日本の船に火を放って日本の将兵1万人が亡くなりました。
これが有名な白村江事件ですが、もう二度と、そんな嘘つきたちと付き合いたくない。

だから日本は、663年に朝鮮海峡に国境線を敷いたのです。
そして九州の筑前に大宰府を起きました。
太宰府というのは、「おおいに辛い(厳しい)役所」という意味です。
わざわざそんな名前にしたのは、半島からの人など、二度と日本に来てほしくなかったからです。

さらにいえば、世界のなかで日本だけが、たすけあいを軸にして成立した国家です。
世界中、どの国においても、特定の王朝が国内を支配しようとするときは、すべて力による征圧が用いられています。
これは、簡単に言えば、「さからう者には死を」ということです。

ヨーロッパの場合であれば、王や貴族の多くは、もともと北方のバイキングの海賊が、岡に登ってそのあたり一帯を征服した征服者です。
周囲にもとから住む住民とは、民族も言語も違います。
この時代、民族と言語が違えば、相手はただの動物にすぎません。
ですから、言うことを聞かなければ、殴り、蹴り、殺すだけです。
世界の支配はそうやって行われました。

チャイナも同じで、中原で漢族同士が長年紛争を続けていることで迷惑した北方遊牧民が打ち立てたのが隋であり、唐の大国です。
前にも書きましたが「隋」という字は、食肉にナイフを突き立てていることを意味する漢字、「唐」も、肉に手でナイフを突き立てている象形です。
要するに隋の王朝を築いた人たちは、肉食の人たちであって、稲作をする農民社会によって打ち立てられた王朝ではないことが、その国号から知ることができるわけです。
ということはつまり、外来王朝だ、ということです。

ところが日本の場合、日本列島に住む万民が、すべて祖先をさかのぼると、みんな血縁者です。
このことは、それぞれの豪族が持つ神話を紐解くと、それぞれニニギノミコトに従って降臨した神の子孫だとか、大国主神の系列の子孫だとか、要するに神代の昔までさかのぼると、どの豪族たちもみな、なんらかの血の繋がり
がある。

つまり日本では、豪族たちはみんな親戚なのですから、親戚同士で「征圧」や「征服」をしたら、なんとも後味が悪い。
だいたい親族間の恨みというものは、幾世代にもわたって、ずっと尾を引くものです。
そこで考案されたのが、わが国独自の、助け合うことで国をひとつにまとめるということです。
これには、日本列島が天然の災害の宝庫であることも関係しました。

こうして日本は、世界に類例のない、たすけあい国家を築いてきたのです。
これはとっても誇らしいことです。


お読みいただき、ありがとうございました。
歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行でした。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

          
  
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

丸ぼうろ

チーパングゥ
> 元の大帝国の時代に、元の首都である大都にやってきたマルコポーロが、元の言葉で「日=ジツ」、「本=ポング」と発音されていたものを、

マルコ・ポーロが最初に訪問したのはクビライがオルド(幕営)を構える開平府(モンゴル高原南部)とされ、1971年ないし1975年ごろと推定されています。1279年に南宋が滅ぶと首都は南に下がって大都(ダーイドゥー、ハンバルク※)に遷り、開平府は上都(シャンドゥ、ザナドゥ※※)と改称して、夏営地つまり夏の首都となりました。この時点で都市としての大都は、まだ建設中で一応の完成は1283年とされます。冬の首都・大都にクビライが居るのは冬の三カ月で、それ以外はモンゴル高原に居たと思われます。

マルコたちは元の行政官や外交使節に任命され、雲南や蘇州・楊州などの南方、さらにビルマ、スリランカやチャンパ(ベトナム)などを訪れています。日本の情報はこの間に得たものと推定され、「ジパング」も「日本国」の泉州発音「ji-pen-quo」から来たのでは?とされます。なお、ルスティケロ・ピサが遺したスペルは「Cipangu」です。

※マルコの説明では先にカンバルク(ハンバルク、金朝の首都・中都)があり、「反逆」の占いがあったのでクビライは隣に大都建設して住民を遷したということになっています。東方見聞録ではその後に登場する際にはずっと「カンバルク」です。
※※「シャンドゥ」という名称を示そうと「Xanadu」と記述したものが、英語だかドイツ語だかの読み方で「ザナドゥ」になったと思われます。東方見聞録は原文はフランス語です。

なお、東方見聞録には伝聞で書かれたものではないかとする説が根強くあります。

松さん

我国の常識
海外に出ると、慣習の違いに出会して驚くことが沢山あります。
(来日外国人も同じ)

我国の常識
日本人の常識
他国でも同じとは限りません。
(仕方無いので、取り敢えず真似して誤魔化しますけどね)

例えば我国のトイレ
その清潔さは、人種を問わず、誰もが絶賛します。
綺麗や汚いという感覚だけは万国共通なのでしょうか。
しかし、自国に帰ればそれなりの環境に戻って平気で暮らします。

何故でしょうか?
生活様式やインフラがどんなに近代化しても、心的努力など増やしたく無いからでしょうね。
(各々の習慣に従っていれば努力しなくても済む?)

いちいちヤカマシイ!
言わないだけで、そう思ってる日本人も増えてる気がします。

世界中からどんなに批判されようが意見されようが、何とも思わない国が近隣に存在します。
そんな国柄を眺めていると、遠い過去からの反復習得の結果は、簡単には変わらないと思います。
(助け合いを旨としてきた我国も変わることは無いでしょう)

口先では何とでも!
善し悪しなどで判断しない世界。
それを相手にする訳です。
我国の未来はどうなる?
地上のどこにも存在しない「豈國」
は実現できるのか?
何も出来ない年寄です。
不安で仕方ありません。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

09 | 2020/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク