松そ雄々しき 人もかくあれ

松の木は、松の木であることに意義があるし、松の木としてしっかりと生きるところに未来がある。
何々主義と気取ってみたところで、それは多くの場合、ただのないものねだりでしかない。
そうであれば、松の木は松の木らしく、雄々しく生きることが大事です。
それが日本人の日本人的生き方というものなのだと私は思っています。

20201002 松
画像出所=http://blog.livedoor.jp/shirikurae_magoichi-hirosachiya/archives/20713392.html
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

尋常小学読本四から、「松の木の話」をご紹介したいと思います。
これもまた、たいへん示唆に富んだお話です。
原文は漢字とカタカナ文ですので、いつものようにねず式で現代語訳します。

***
尋常小学読本四
第12 松の話

松の木は、青い針のような葉を持っています。
その葉は、たいてい2つづつ一緒になって付いています。

松の葉は、他の木の葉のように、色が変わったり、落ちたりするようなことはありません。
ですから人が「松はめでたい木だ」と言って、門松(かどまつ)などにします。

あるとき、林の中に小さな松の木がありました。
たいそう自分の葉を嫌って、いつも
「金の葉を持ってみたいものだ」
と言っていました。

ある朝、目を覚まして見ますと、葉がすっかり立派な金の葉に変わっていました。
松の木はたいそうよろこびました。
ところがまもなく人が来ました。
そしてその金の葉を、ひとつも残さず、取っていってしまいました。

松の木はたいそう悲しがりました。
そしてそれからは、
「カラスの葉を持ってみたいものだ」
と言っていました。

ある朝、松の木が目を覚ますと、どの枝にもガラスの葉が付いていました。
それは陽が映えて、たいそうきれいでした。
松の木は、またたいそう喜びました。

ところが間もなく、風が強く吹いてきました。
そしてそのガラスの葉を、ひとつ残らず吹き落として壊(こわ)してしまいました。

松の木は、またたいそう悲しがりました。
そしてそれからは、
「金の葉や、ガラスの葉には、
 もう懲(こ)りてしまった。
 草のような葉を持ってみたいものだ」
と言っていました。

ある朝、目を覚ましてみますと、どの枝にも、草のような葉が付いていました。
松の木は、たいそう喜びました。
ところが間もなく、牛が来ました。
そしてその葉をすっかり食べてしまいました。

松の木は、声をたてて泣き出しました。
そしてそれからは、
「金の葉や、ガラスの葉や
 草のような葉には
 もう懲りてしまった。
 やっぱり元の、
 青い針のような葉が
 一番よい。
 どうかして早く元の通りになりたいものだ」
と言っていました。

ある朝、目を覚ましてみますと、すっかり元の通りになっていました。
松の木は、たいそう喜びました。
そしてそれからは、もう
「他の葉を持ってみたい」
と言ったことはありませんでした。

****



『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』 先行予約受付中(2020/9/19発売)

《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2020/9/12(土)13:30-15:30 第75回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/1140192956351381/
2020/10/18(日)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/867036783780708/
2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
 https://www.facebook.com/events/269322421064039/
2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/337364737249840/



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。先行予約受付中
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!

実は、同じようなテーマを扱ったものに、藤子不二雄の『笑うセールスマン』があったりします。
もっというなら、男女の仲も同じかもしれません。

人はないものねだりする生き物だし、自分にないものがほしいものです。
そのことは決して悪いことではないし、むしろそうした渇望こそが社会を発展させ、あるいは個人の向上に結びつきます。だから、ないものねだりは、ある意味、良いものです。
否定してしまってはいけないと思います。

ただ、求めるということは、現実には「手に入れていない」ということです。
手に入れてないから、欲しいのです。
手にいれてないから、求めるのです。
そのことを上の物語から学ぶことができます。

「○○主義」という言葉があります。
民主主義とか、自由主義とか、快楽主義とか金儲け主義だとか。
たとえば、民主主義を例にとります。
すると、「民主主義を理想とする国に、民主主義はない」ということがわかります。

実はこのことは、いま私が言い出していることではなくて、大正時代に林子平という国学者が説いた言葉です。
けだし名言だと思っています。
そしてこのことを知ると、いろいろなものが見えてきます。

たとえば米国の場合、1%の大金持ちが米国のGDPの5割を寡占しています。
そのどこが民主主義なのでしょうか。

あるいは自由主義なるものがあります。
米国に限らず欧米社会では、夫が妻を支配し、上司は部下を支配します。
社会全体が、支配と被支配の関係で成り立ちます。
ですから支配される側に自由はありません。
だから自由が理想とされ、自由になること、自由であることが理想とされます。
ハリウッドスターや世界的に有名な歌手などの大金持ちに離婚が多いのは、財力をつけた女性にとって、夫による支配が耐えられなくなるからだといわれています。
自由が欲しいのです。

その神話には、エデンの園でアダムとイブがリンゴの実を食べたとき、次の描写があります。

あるいは共産主義があります。
共産主義は、すべての人々が、共に同じ利得を得て互いに共存共栄することを理想とします。
けれど現実には、共産主義国は、共産主義どころか完全な共産党支配です。
その共産党は、党幹部によって支配されています。
その党幹部も、党のトップによって支配されています。
そして一部の特権階級だけがあらゆる贅沢を享受しています。
つまり現実にはそこに共産主義の理想はないわけで、ないから余計に共産主義がかしましく宣伝されるし、それに騙される人が出るのです。
いまどき共産主義など、世界中で嘘だと知れていますが、おもしろいもので、日本にはなぜかいまだに共産党が存在します。
本当に日本は不思議不思議の国です。

ないものねだりは、必ずしも間違ったものではありません。
ないから、実現しようとして努力するし、努力は悪いことではありません。
ただ、分をわきまえるといいますが、社会の中における自分の役割をしっかりと認識して生きること、妙な何々主義に惑わされずに、自分の人生をしっかりと生きることが大事だということに異論はないと思います。

人には誰しも思想信条があります。
こうなりたい、という夢や希望もあります。
だからといって、夢ばかりを見て、現実を忘れてはいけないということなのだろうと思います。

松は、どんなに土の栄養のとぼしい、岩場や断崖絶壁、あるいは砂地でも風雪に耐えて雄々しく茂ることから、古来、源氏の象徴としされてきた木です。
それこそが、どんな難事にあっても、不退転の武士の心だということで、武士の象徴ともされ、ですからお城といえば、庭に松が定番となりました。
またお能は源氏の棟梁の足利氏が引き立てた芸能ですから、全国どこの能楽堂でも、壁に必ず松の木が描かれています。

その松の木が、金やガラスや草をうらやましがって、実際に枝をそのようにしたら、結果は残念なことになったというのが、この物語です。

戦後の日本人の多くは、日本人であることを嫌がり、欧米人のようになることが称賛されてきました。
住宅行政も、社会制度も、服装も、生活スタイルも欧米式になることがかっこいいことであるように宣伝されました。
このため、多くの日本人が理想の生活を求めて欧米に渡りました。
けれどその多くが、わずか数年で日本に帰ってきてしまいました。

あるいは住宅用の木材は、国産の木材を使うことが行政によって拒否され、外国からの木材の使用が奨励されました。
ところがそんな外材の多くは、年間の平均湿度が20%に満たないような乾燥した土地で生えた木材でした。
日本は高温多湿の国です。
そのような木材を住宅用に使えば、木材は大喜びで空気中の湿気を吸います。
結果、壁紙の裏側はカビだらけとなり、住む人にアレルギーを引き起こしました。

一方、およそ30年で伐採されて住宅建築用木材とされていた杉は、外材の使用の普及によって森に植えられたままになりました。
日本の杉は、それまで30年で伐採されていましたから、30年経つと生き残りのために猛烈に花粉を飛ばします。
こうして日本では花粉症に罹患する人の割合が、なんと50%を越えるようになりました。
いまや花粉症は国民病や風土病ともいうべき病気ですが、これだけ困っている人がいながら、政府はいまだに花粉症を国家的対策対象症例としていません。
なぜなら花粉対策と杉の伐採と新たな林業分野の育成が実は一体のものであり、これを行うと外材の輸入が大幅に減少するからだともいわれています。

個人の生活もまた同じです。
欧米の生活をうらやみ、それに近けることが国是とされてきたわけです。
それは自らの生活を充実させることではなく、他人の生活をうらやむことです。
まさに上の文にある松の木のおねだりと同じです。

分をわきまえて生きる。
松の木は、松の木であることに意義があるし、松の木としてしっかりと生きるところに未来がある。
何々主義と気取ってみたところで、それは多くの場合、ただのないものねだりでしかない。

そうであれば、松の木は松の木らしく、雄々しく生きることが大事です。
それが日本人の日本人的生き方というものなのだと私は思っています。

昭和天皇が終戦の翌年に詠まれた御製です。

 降り積もる
 深雪に耐えて
 色変えぬ
 松そ雄々しき
 人もかくあれ



※この記事は2019年10月の記事のリニューアルです。
お読みいただき、ありがとうございました。
歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行でした。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

          
  
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

松さん

天守台の松
明るさや暗さや湿気や乾燥。
どんな環境に置かれても、樹木は逃げ出すことが出来ません。
その地に慣れても、水分補給が絶えれば枯れてしまいます。
背の高い広葉樹と低い針葉樹。
各々に懸命な生き方があります。

無い物強請(ねだ)りは悪いことでは無いかも知れません。
しかし、何もしないで欲しがり、待っているだけでは強請りですよね。
努力すれば手に入りそうなもの。
それは最早、無い物では無く、強請りでも無いと思うのです。
だから必死に努力してます。

日本人であることが嫌になったら、全ての恩恵を返納して止めればいいだけです。
(人はどこにでも行けますから)

妻と一緒に東京に出掛けると、必ず皇居に寄ります。
天守台の松を眺めると、何となく元気を貰える気がしますから。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク