動揺する民主党



秋田県知事選挙で、県連支持候補が敗れたこと、毎日新聞世論調査で72%が小沢氏辞任を求めたことなどから、民主党内部に動揺が広がっているのだそうです。

<記事引用>-----------------------------

<秋田県知事選>民主に動揺広がる 毎日新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090413-00000140-mai-pol


秋田県知事選で県連支持候補が敗れた翌13日、民主党内では鳩山由紀夫幹事長が小沢一郎代表に進退の決断を迫る可能性に言及するなど、次期衆院選への影響を懸念する発言が相次いだ。毎日新聞が10、11日実施した全国世論調査で代表辞任を求める声が7割を超えたことも併せ、党内に動揺が広がっている。
■毎日新聞世論調査→http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090412k0000m010057000c.html?inb=yt

秋田県知事選は連合秋田や社民党県連が当選した自民党県連の支持候補を支援する「ねじれ」もあったため「県連レベルの話だ。党本部には推薦も応援依頼も一切なく、代表の責任はない」(鳩山氏)というのが民主党執行部の公式見解だ。

しかし、同党にとって小沢氏の公設秘書が政治資金規正法違反で起訴されて以降、推薦候補が落選した3月末の千葉県に続く知事選2連敗。13日に東京都内で講演した近藤洋介衆院議員は「小沢代表への国民の信頼は大きく傷付いた」と事件の影響を指摘した。

鳩山氏は13日に出演した民放ラジオ番組で、毎日新聞の世論調査結果について「民主党に勝ってほしいと思う人ほど事件はショック。(小沢代表に)早く辞めてほしいと思っている」と分析。有権者に説明する機会を設けるよう小沢氏に提案する考えを示したうえで「国民が納得すれば応援することになるし、そういかなければ『ご自身として判断してください』と申し上げるしかない」と述べた。

小沢氏は7日の記者会見で「次期衆院選で必ず政権を取れる」と強気を崩さない一方、「選挙も確定していないので先のことは分からない」とも述べており、進退の決断に注目が集まる。

小川敏夫参院議員は13日、BS11デジタルの番組で「国民に説明して理解を得られないなら、政権交代の大義のために身を引く決断を早くしてもらいたい」と要求。

野田佳彦広報委員長はBS11の別の番組で「代表自身が冷静に判断するのを待つ以外にない」と党内の空気を代弁してみせた。【白戸圭一、小山由宇】
-------------------------------------

こういう署名入りの記事は、どういうわけかわりとちゃんとした報道になっているようです。
逆に署名のない記事(匿名記事)は、偏向が著しい(笑)

記事を読んでねずきちが思うのは、

「民主党はこの期に及んでまだ選挙かよっ!」(爆)

これだけ国内の景気後退が深刻化している中で、国会図書館法改正法案を含む各種売国法案を提出したのみならず、本来実現を約束すべきマニフェストを破っても「野党だから当然!」とありえない豪語、場当たり的な景気対策代案を出し、いたずらに景気対策の審議を引き延ばし、国内景気の回復を遅らせる。
それが「国民の生活第一」を標榜する野党第一党というから恐れ入ります。

世論は小沢辞任を迫るが、さわさりながら選挙資金は小沢頼み。

世間体と選挙資金の軍用金を秤にかけたら、軍用金を優先しなきゃならならい党内事情。小沢大明神という打出の小鎚を降ろしたら、地元選挙区の選挙事務所の経費はいったい誰が面倒みるんだ?!という、これは候補者にとって切実な問題です。

だから降ろせない。
代表自らが「代表職を辞するけれど、選挙費用はちゃんと出します」と言ってくれなければ、夜もおちおち寝れられない。

その選挙費用は、オ○ワ氏が民主党が政権を盗るという約束のもとに中韓在日から集めているというのがもっぱらのウワサ。
窓口となっている人物が降りたら、資金は集まらない。
資金がなければ、選挙区の維持もできない。
企業献金の全面禁止とか、政治とカネの癒着を断つとか、口では綺麗ごとを並べながら、結局は党内事情はカネで転んでいる、この実情。

そもそも国政を預かる政治家というのは、日本のいまと、将来の国民生活の安定と発展のために働く職業であるはずです。

党内事情や個人の都合よりも、国民の生活のために、いま最大限なすべきことは景気対策。

にもかかわらず、景気対策の足をひっぱることしかできないで、いたずらに選挙選挙と迫るのは、どこか他の国の都合で日本の政治を占拠でもしようと企んでいるようにしか見えないのです。

対する麻生氏は、漢字が読めないの、ホテルで酒を飲んでるのと、どうでもいい難癖でさんざん叩かれながらも、就任以来粛々と景気対策を進め、国際的にも世界の景気対策のために、各国を歴訪して日本としてできる最大の貢献を果たし、北方領土も「この世代で解決する」との見通しを示し、北のミサイルに対しても戦後初めての防衛対策をひき、かつ、中露の抵抗にあいながらも北に対する制裁の議長声明を全会一致で採択させている。

その麻生さん。そもそも個人として依って立つ経済基盤がしっかりしているから、メディアが叩きたくても、せいぜい漢字の読み違いくらいでしか叩けない。

ねずきちは、おかまじゃないから別に麻生のとっつぁんが好きでもなんでもないけれど、就任以来やってきた実績は、実に立派なものだと思っています。歴代総理の中でも花丸ものの実績といえるのではないか?

いくらマスコミが扇動しても、実際に各種景気対策法案が実現しはじめてみると、国民の多くはまだまだ感謝の心を持った日本人。麻生さん、やるねぇ、と世間の風向きは大きく変わってきた。

うちの選挙区の自民党議員は、選挙用ポスターを麻生氏から女性議員に変えちゃったけど、ボクのまわりの多くの自民党応援者は、その自民党議員を、メディアに騙され、世論におもねるだけなのか? 情けないねぇというのがもっぱらの声。この時期麻生氏をポスターから外すのは、根性無しの変節政治家であることを自ら暴露しているようなものです。

誰がなんと言おうが、国民生活にとって必要なことを具体化し実行する。

議員や政府に求められているのは、まさにそれだと思います。
間違っても、いまは選挙など誰も求めていない。

ねずきちはそう思います。

売国奴を名指し


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

>基準点さん
コメントありがとうございます。

虚報に惑わされず、事実をありのままにみたら、基準点さんのおっしゃる通りの展開になると思います^^b

サヨクの得意技といえば、嘘でもなんでも、とにかくひたすら繰り返し語ることで「真実を創っていく」こと。

「嘘も百回言ったら本当になる」は、まさに戦後サヨクの基本手法といえます。

どちらかというと、右系というか、日本的発想は、
・ぐたぐた言わない
・男は黙って
・言い訳するな
・人の言うことをよく聞け
・嘘をつくな
・黙っていても本当のことはいずれわかる

要するに、わかる奴にはわかるから黙ってろっ!(笑)

多くの日本人がそうやって沈黙している間に、サヨクは嘘八百を並べ立てていいように真実を「創作」してきた。

しかしね、真実が露呈したとき、国民の軍配は嘘つきをしりぞける。


>めがねさん
コメントありがとうございます。

パール判事の
「その時こそ、正義の女神はその秤を平衡に保ちながら、過去の賞罰の多くに、そのところを変えることを要求することだろう」との予言。

この数年のうちに、これを現実化したいですね。


>愛信さん
貴重な情報をいつもありがとうございます。

それにしてもハゲタカってのは怖いですねぇ。
アメリカには正義の鉄鎚を下してもらいたいものです。


>bbさん
コメントありがとうございます。

(⌒▽⌒)アハハ!

仏から大明神(笑)

小沢明神様の打出の小槌に群がるハイエナ教団のお題目は、南無解散総選挙経、なぁんてね^^b


>surniversさん
コメントありがとうございます。

ボクも、この期に及んで解散も選挙もないと思います。
野党も、いい加減、日本の危機を認識してもらいたいものです。


>qqqさん
情報をありがとうございます。

東京裁判賛否国民投票ですね。
(*'-')ゞリョウカイ♪です^^

愛信

「グアンタナモで何が起きてきたのか」
【最新ニュース】米、キューバ制裁を緩和 民主化の促進狙うはこちらをクリックして下さい。
米ホワイトハウスは13日、オバマ米大統領がキューバへの制裁措置を大幅に緩和することを決定
したと発表した。キューバ系米国人を対象に渡航と送金の制限を撤廃。
米通信会社に事業参入を許可するほか、民間航空機の定期便の運航も検討する。民主化の促進を狙う。
米国が「敵対国」と位置付けてきた国への制裁を緩める動きの第1弾となる。

【就任時のニュース】テロ容疑者収容所、1年内に閉鎖 オバマ大統領が命令へはこちらをクリックして下さい。
9.11世界貿易センタービルは米国政府により爆破解体された、
グアンタナモの施設に収容された、消えた乗客が「千の風」に乗って帰ってくる

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi

qqq

http://www.youtube.com/watch?v=Dh8nDj9FV2w

4.28 マスコミが最も恐れるイベント!

日本を思う日本人なら必ず参加しましょう!!


スレ違いすみません。もう時間がありませんのでご協力お願いします。

surnivers

確かに麻生の方がはるかにまし
ねずきちさんの仰る通り、今は本来選挙などやっている暇など無い筈で、どんどん景気対策を打っていくべき筈です。
唯、唯一思ったのは、G7とG20に解散総選挙をぶつけても良いかも?と思いました。
どうせ金たかられるんだから、選挙だからいけねーよ、と言う事で。

まぁ、ジョークは置いておいて、この期に及んで選挙はもう無いでしょう。
好い加減自分と言う者を弁えて欲しいし、日本の危機的状況を認識して欲しいと思います。

bb

ねずきちさん、こんばんは。
動画削除されていますね。
小沢仏から小沢大明神に出世ですか。
金の切れ目が縁の切れ目、嫌な言葉ですが、まだ縁が切れないのですね。情けない政党。それに比べ麻生さんの素晴らしいこと(私は主人一筋なので愛してはいませんが・・・)、このまま行けば普通の日本人は彼を認めざるを得ないでしょう。
今日のニュースで話し合い解散を申し入れた由、さすが南無解散総選挙政党。

めがね

マスコミが最も恐れるイベント 4月28日決行

【 東京裁判 賛否 国民投票 】
投票日:平成21年4月28 ~ 5月28日
1952年4月28日、日本が主権を回復したその日に出版された『パール判事の日本無罪論』(小学館文庫・田中正明著・560円)を、東京裁判否定の意思表示の「錦の御旗」にして、4月28日からインターネットは「アマゾン」、書店は「紀伊国屋」をメインに予約注文(一冊を一票として)を開始しましょう。
インターネットユーザーと保守系団体が、一致団結できれば、パール判事の「その時こそ、正義の女神はその秤を平衡に保ちながら、過去の賞罰の多くに、そのところを変えることを要求することだろう」との予言を現実することが出来るでしょう。

平成21年4月28日から1ヶ月間、「アマゾン」と「紀伊国屋書店」のランキング1位を継続できれば、広く国民が認知することになります。
http://www.freejapan.info/?Word%2F2009-04-28
ぜひご参加ください

基準点

>そもそも国政を預かる政治家というのは、日本のいまと、将来の国民生活の安定と発展のために働く職業であるはずです。

党内事情や個人の都合よりも、国民の生活のために、いま最大限なすべきことは景気対策。<

まさに、ねずきちさんが指摘されているとおり、活動資金を小沢の集金力に依存しているため、この期に及んでも小沢を辞めさせることができない。全民主党員が辞めろと言えば流石の小沢も辞めざるを得ないでしょうに、、、、

実にお寒い政党であり、政党と呼ぶことすら躊躇われる現状ですね。いまだにこのような政党もどきに夢を託している有権者(日本国民)が居ることが信じられません。無権者(日本国民でない者)が小沢に期待を寄せるのは理解できるが、だからといって許せるものでは有りませんね。

彼のように、外国人におもねり資金提供を受けた政治家は排除されなければなりません。企業献金であれ個人献金であれ、国民が献金するのであれば正しく処理されている限りにおいて問題視するに当たりませんが、外国勢力からの献金を受けることは、結局のところ国家・国民の利益を外国に切り売りすることにほかなりません。

私もあらゆる機会を捉えて、民主党の危険性を親戚・友人・知人に知らしめていく所存です。
ちなみに最近田舎の父母に現在の政治情勢を話す機会があり、ねずきちさんのブログから仕入れた論点をもって説明したところ、「新聞・TVの報道で麻生さんでどうなるかと思っていたが、安心した。」とのことでした。

田舎への往復も高速代金が1000円/3割引のお陰で帰りやすくなりました。

第2時補正予算の内容が国民に知れ渡れば、なぜマスコミが報道しなかったのか、なぜ民主党の問題点を指摘しなかったのか、国民のマスコミ及び民主党への疑問と不信感が高まるものと思います、その時には民主党への最後の鉄槌が下され、断末魔の叫びを聞けるものと期待しています。


非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク