なぜ東南アジアに白人国がないのでしょうか

信長から秀吉の時代にかけての日本人は、この船に乗って、遠く越国(ベトナム)や、シャム(タイ)、ロッコン(マレーシア)、ルソン(フィリピン)、ジャワ(インドネシア)、天竺(インド)にまででかけ、そこで日本人町を作ったりもしていました。山田長政などが活躍した時代でもあります。
そしてこの時代、スペイン、ポルトガルやイギリスなどが、南米と同様、東亜諸国への進出と傍若無人を働こうとしたのですが、これに対して倭人たち(日本人)が、敢然と挑み、彼らの不法行為を許しませんでした。
そのおかげで私達はいまもなお、イエローのままでいるということを忘れてはいけません。日本人だけではありません。東南アジア諸国のほとんど全部がそうです。

アルゼンチン・ブエノスアイレス
20201109 ブエノスアイレス
画像出所=https://commons.wikimedia.org/wiki/File:2011.10.16.123350_Flea_market_Defensa_San_Telmo_Buenos_Aires.jpg
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

以下は、11月2日の「ねずさんの有料メルマガ」に掲載した内容からの引用です。

******

みなさんは、「なぜ東南アジアに白人国がないのか」と考えられたことはおありでしょうか。

欧米による植民地支配が、東南アジア諸国よりも早い段階で行われたのは南米です。
かつて南米には、スペイン、ポルトガルがやってきました。
そしてアルゼンチンやウルグアイは、完全に白人だけの国家になりました。
そこでは先住民の文明も、種も、痕跡さえなくなっています。
そこでは先住民族たちが、ほぼ完ぺきに抹殺されました。

同じ南米でも、エクアドルやペルー、ボリビアなどには、原住民系の顔立ちの人たちが数多くいます。
けれど彼らは、支配階級が白人の純血種、そして先住民系の人たちは貧困な被支配層となっています。
そして彼らは100%白人種との混血です。
そして先住民たちが、かつてもっていた文明は、言語習俗習慣さえ、完全に喪失しています。

では東南アジア諸国はどうでしょうか。
不思議なことにアルゼンチンやウルグアイのように完全に白人だけの国になったところはありません。
なぜでしょうか。

実は理由があるのです。

スペインやポルトガルが東亜地域にやってきたとき(そのときはイギリスなどもやってきていましたが)、日本は信長の時代の天正年間でした。
そして天正年間以降、日本は従来からの八幡船(ばはんせん)よりも、さらに船舶を大型化した末次船や荒木船を開発し、東亜の海へと乗り出して行っていました。

これら末次船や荒木船を用いた交易船舶のことを朱印船と言います。
朱印船は、船舶の長さがおよそ50メートルで、最大乗船員数が300人。
それまでの八幡船とは比較にならないほどの大型帆船でした。

信長から秀吉の時代にかけての日本人は、この船に乗って、遠く越国(ベトナム)や、シャム(タイ)、ロッコン(マレーシア)、ルソン(フィリピン)、ジャワ(インドネシア)、天竺(インド)にまででかけ、そこで日本人町を作ったりもしていました。
山田長政などが活躍した時代でもあります。

そしてこの時代、スペイン、ポルトガルやイギリスなどが、南米と同様、東亜諸国への進出と傍若無人を働こうとしたのですが、これに対して倭人たち(日本人)が、敢然と挑み、彼らの不法行為を許しませんでした。

結果、東亜諸国では、白人種によって完全に滅ぼされて、現地の人の血が絶える、あるいは完全に混血してしまうということが、あまり起こらず(あまりというのは、南洋の小さな島国では完全に混血してしまったケースもある)、一定規模以上の国は、すべて人種を維持することができたのです。

そしてその影響は、日本が鎖国を行った江戸時代に入っても、そのまま残りました。
あまり過度に現地を刺激して、日本を怒らせて日本が再び東南アジア諸国に出てくることがあれば、白人諸国はせっかく手に入れた東亜諸国を失うことになってしまうという危機意識が、彼らの中に残ったのです。

これは東亜の歴史を考える上で、とても重要なことです。
なぜなら、もし信長から秀吉の時代に、日本が東亜諸国との交易に進出していなければ、東亜諸国のなかのいずれかは、アルゼンチンのような白人国になっていた可能性があることは、否定できない事実だからです。

え?そんなこと聞いたことがないって?

いやいや、戦前戦中までの日本の国史の教科書に、そういうことがちゃんと書いてあったのです。
もちろん小学生向けですから混血のことまでは書かれていません。
けれど、天正年間に日本人が東亜諸国で公正な交易を行い、白人諸国の不正を許さず、不正があれば、日本人が敢然と彼らと戦い、これを打ち負かし、条理を貫いたという事実は、ちゃんと書かれていました。

ここで述べようとしていることは、今の教科書が劣っているとか、戦前戦中までの教科書の方が上だとか、そういった上下をつけることや、戦前戦中と現代とを対立させるとかいうことではありません。
戦前戦中の教科書には、それなりに良いところがあるし、いまの教科書の方が優れているところも、たくさんあるのです。
申し上げたいことは、そのような「対立的な思考」を、まず排除していただきたいということです。

そのうえで、この記事を通じて何を言おうとしているのかというと、タイトルにある「なぜ東南アジアに白人国がないのでしょうか」という単純かつ素朴な疑問です。
そうした素朴な疑問を持つこと、その素朴な疑問から目を離すことなく、そこから自分なりの考察を深めていくことが、とても大切だ、ということを申し上げたいのです。

繰り返しもうしあげていることですが、人が生きていれば、必ず問題が起こります。
これは会社などの組織でも同じです。
組織が動いていれば、必ず問題が起こるのです。
ですから「問題がある」、あるいは「問題が起こる」ということは、物事が動いているということの証(あかし)であって、実はとても良いことです。

この点、よく会社などで、「あいつは問題をよく引き起こすやつだ」みたいなことが言われて、問題児=否定的存在とされることは、とても残念なことに思います。
問題が起きるということは、それだけその社員(スタッフ等)が、一生懸命、たくさんの仕事をこなしているということの証(あかし)だからです。

そして問題というのは、かならず解決可能な問題しか神様は与えないのですから、問題解決のために智慧をしぼります。
そこから成長が生まれます。

手塚治虫といえば、押しも押されぬ「マンガの神様」と呼ばれる偉大な漫画家です。
「火の鳥」や「ブッダ」、「ブラックジャック」、「三つ目がとおる」など、数々の名作をのこした偉大な漫画家として知られています。
けれど、そんな手塚治虫だって、みずからが作った虫プロダクションが倒産して、多額の負債を抱え込んでにっちもさっちもいかなくなった時代があったのです。
しかもその頃、手塚マンガが市場から飽きられて、売れなくなる、連載も打ち切られるといったつらい時期を経験しています。

当時は劇画が流行した時代でした。
子供向けマンガに近い画法の手塚マンガは、そうした劇画派の人たちからずいぶんとこき下ろされましたし、手塚はもう終わったという人もいたし、実際、手塚マンガがまったく売れなくなったのです。

それでも手塚治虫は、決してあきらめませんでした。
なんとか頑張ってマンガを書き続けようとしていました。
そんな手塚治虫に当時『少年チャンピオン』の編集長が、かつての偉大な漫画家の最期を看取ってやろうという仏心で連載を開始したのが「ブラックジャック」でした。
これが大当たりし、手塚治虫は、まさに不死鳥のごとく復活を遂げたのです。

けれど振り返ってみれば、手塚治虫にとって、そんな冬の時代、つらい時代があったからこそ、まさに普及の名作と呼ばれる数々の作品を世に残すことができたのだと思います。
生きることは試練の連続です。
その試練に打ち勝つ、もう立ち上がれないと思うほどつらい経験をして、そこから這い上がるために何が必要なのかといえば、自分の原点に帰ること、現状の自分のあり方に素朴な疑問を持つこと、その素朴な疑問から目を離すことなく、そこから自分なりの考察を深めることが、結果として、新たな人生を切り開く鍵になるのではないかと思うのです。

歴史は、そういうことを学ぶためにある。
そんなふうに思います。


お読みいただき、ありがとうございました。
歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行でした。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

 最新刊

《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
 https://www.facebook.com/events/269322421064039/
2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/337364737249840/



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
最新刊『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


          
  
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

湘南童子

うぅむ・・
・・確かに、頷けます。



日本国を始め万国全地域の天命が完うされますように
地球を司る神々様 ありがとうございます

松さん

負げてはなりません
globalismなる言葉が流行り始めたのは、二十数年前頃だったと記憶しています。
自由貿易や市場主義経済などが大声で叫ばれましたが、国境の無い多国籍企業の目的は、所詮金儲けです。
当時の勤め先も同じで、海外に飛ばされ、散々コキ使われました。
以降、富裕層と民の経済格差は益々拡がり、現在に至っています。

ねずブロを読んで東南アジアを眺めて見れば、全く仰る通りです。
世界の腹黒さは少しも変わっていませんから、我国には今後も試練が連続すると思います。
しかし、何が起ころうと、負げてはいけませんね。
今朝も勉強になりました。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク