トランプかバイデンか。アメリカ大統領選の行方

日本にとって、世界にとって、米国にとって、今回の大統領選挙は時代を左右する大きな変化を生むことになる選挙です。
もしバイデンが勝てば、神々は世界を変えるためにハードランディングの道を選んだことになります。
もしトランプが勝てば、神々はソフトランディングの道を選んだことになります。
願わくば、トランプ勝利の結果となってもらいたいものです。

米大統領選挙速報(日本時間5日午前5時)
提供元: The Associated Press
20201105 大統領選
画像出所=https://www.google.com/search?q=%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E9%81%B8%E6%8C%99&rlz=1C5CHFA_enJP567JP567&oq=%E3%81%82%E3%82%81%E3%82%8A%E3%81%8B&aqs=chrome.1.69i57j0i4i131i433l3j0i4i433j0i4j0i4i131i433j0i4.3563j0j4&sourceid=chrome&ie=UTF-8
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

いまこれを書いているのが、日本時間の午前5時で、米国大統領選挙の結果はまだ出ていません。
The Associated Pressによれば、現時点における選挙人獲得数は、
 トランプ 214人
 バイデン 248人
スイングステートと呼ばれる激戦区では、ジョージア(16)、ノースカロライナ(15)、ペンシルベニア(20)をトランプ氏が制しそうな模様で、選挙人51を獲得して268票。
一方、バイデン氏はネバタ(6)とミシガン(16)で優勢で、この2州で勝利すると270票を獲得してバイデンが大統領になります。
もっともネバダとミシガンは、双方等もその差は僅差で、このあと数時間のうちにひっくり返ってもおかしくない情勢です。

またウィスコンシン州は、開票率99%で、
 トランプ 1,609,879票
 バイデン 1,630,396票
わずか20,517票の差でバイデン勝利となっていますが、これは票の集計がおかしいのではないかと、トランプ陣営からクレームがついて、再集計が行われる方向です。
もしウィスコンシン州がトランプ勝利となれば、バイデン側から10票が移行しますので、トランプ氏の完全勝利となります。

ネバダ州の集計も問題になりそうです。
開票率75%で
 トランプ 580,605票
 バイデン 588,252票
と、わずか7600票の差です。

ですから、仮に今日の昼に、結果が出ても、両陣営とも納得できない州について、再集計を求めたりすることになりますので、選挙結果はすぐには決まらない。
政府や行政が信頼されていない、選管事務所が信頼されないという社会では、いたしかたないことといえるかもしれませんが、信頼されない選管のようなことが何故起こるのかといえば、気に入らない結果に暴力で答える、おかしな人たちがいて、そういう人たちに裏からカネを回している不埒な連中がいるからです。
結果が気に入らないからと暴動、つまり暴力に訴えるというのは、民主主義の本筋に外れる、つまり外道な振る舞いですが、そういうことを平気で行うことができる組織こそ、現代版マフィアというべき存在です。

このことは、どちらが勝利すると、誰がその受益者となるかを考えると一目瞭然となります。
謎を知りたければ、カネの流れを追え!です。

バイデン氏が大統領になれば、世界中の先進諸国の最先端技術が中共に奪われ、国内製造業も中共に奪われて産業が空洞化していきます。
儲けるのは中共と、これと結託した一部の企業等のオーナーと投資家、ならびにバイデン親子だけです。
国内の産業が壊滅していくなかで、一部の人たちだけが大金持ちになるわけですから、世の中の貧富の差は増大します。

また、トランプ氏が勝利すれば、全米で一斉に暴動が起きると予測されています。
一斉に暴動が起きるということは、それは自然発生的もしくは自発的な暴動ではなく、裏で誰かが資金援助を与えて、仕掛けている暴動であるということになります。
誰かとは、中共と、これと組んで一儲けしようとする米国の一部の資本家です。

中共は米国の石油利権も奪おうとしており、今回の選挙では、ギリギリまでバイデンが石油資本を潰す側に立っていることが明らかにされませんでした。
選挙終盤になって、トランプとの対決となったときに、はじめて石油離れをバイデンが口走ったのですが、これは長く民主党と結びついてきた石油資本に、本当の敵が誰なのかを思い知らさせる結果となりました。

バイデンが勝てば、全米をカネと暴力で自在に支配しようとするのでしょうが、このとき国の内部にひそむ悪魔たちとの戦いの先頭に立つのは、おそらく石油資本にならざるをえないのではないかと思います。

東亜情勢では、次の4年間の間に、台湾も香港も、中共の横暴の前に陥落、日米ともに経済は極端に貧困化し、貧富の差が極端にひらく冬の時代が到来することになります。

一方、トランプ氏が再選されれば、中共の横暴が抑え込まれ、日本も米国も欧州諸国もコロナ後の経済の再生を果たすことが可能になり、国内産業が盛り返して、一般の庶民にとって暮らしやすい時代になっていくことになると予測されています。

そもそも民主党のバイデン候補がここまで健闘できたのは、メディアのあまりにもあからさまな偏向報道によります。
もしトランプ氏が勝てば、ここまでトランプを敵対視して偏向報道を繰り返したメディアは、今後、上院の査察の対象となるものと思われます。

今回の選挙を通じて明らかになったことのひとつは、いまのアメリカは、清王朝の末期に似ているということです。
票が少なくても済む各都市から選出されるのが下院議員ですが、その下院で民主党が勝利しているというのは、都市ごとの選挙なら、中共の工作によって民主党側の候補を勝たせるのは容易なことです。

こうして地域から崩していき、また中央においては皇帝の周囲にある者たちを次々に籠絡していく。
実際、オバマ時代にバイデンは副大統領でありながら、中共に取り込まれています。

米国が、こうして内部から腐食されていくことが、何を意味するのかといえば、そのぶん、中共の力が増すということを意味します。
米国の横暴も決して褒めたものではありませんが、それ以上に歯止めの効かない犯罪集団である中共が世界を制することになったら、世界から正義の二文字が消えてなくなります。

いずれにしても、日本にとって、世界にとって、米国にとって、今回の大統領選挙は時代を左右する大きな変化を生むことになる選挙です。
もしバイデンが勝てば、神々は世界を変えるためにハードランディングの道を選んだことになります。
もしトランプが勝てば、神々はソフトランディングの道を選んだことになります。
願わくば、トランプ勝利の結果となってもらいたいものです。

というより、バイデンの不正が次々と暴かれている中、この期に及んでバイデンに投票する人の気が知れません。
都市部やカリフォルニアなどにバイデン支持が集まっているということは、それだけ都市部やカリフォルニアなどでの中共の工作が成功しているということで、中共マネーにぶら下がる人がそれだけ多いということなのでしょうが、国が崩壊したら、そうした人たちの利益も全部吹っ飛んでしまうのです。
なぜそういうことがわからないのか。
アメリカをならず者国家にしたいのか。
私には理解不能です。


お読みいただき、ありがとうございました。
歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行でした。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

 最新刊

《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
2020/11/15(日)13:00〜15:30 日本書紀出版記念(於:靖国会館)
 https://www.facebook.com/events/269322421064039/
2020/12/19(土)13:30-16:30 第76回倭塾(於:富岡八幡宮婚儀殿)
 https://www.facebook.com/events/337364737249840/



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
最新刊『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!">
『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


          
  
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

kinshisho

神々は、双方をツブすことを選んだのか?
 こんにちは。
 米大統領選は近年稀に見る大混戦となってますが、バイデン、というか民主党の不正行為は明らかで、実は民主党による不正選挙は前科があり、それはあのジョン・F・ケネディの時であり、実際対立候補だったニクソンはそれを白日の下に曝そうとするも、当時は冷戦時代。アイゼンハワーにソ連を利することになるだけだと諭されニクソンは泣く泣く身を退きケネディ大統領誕生を認めざるをえませんでした。
 そして二年後、ケネディは不本意な形で大統領職と同時に自らの人生を終えることになりますが、もしかしたらこの時の不正選挙が伏線だったのかもしれません。現に人生終焉の地は保守色が極めて強く伝統的に共和党の支持が厚いテキサス州ダラスでしたし。
 
 それはさておき、本来ならトランプの圧勝だったはずの今回の選挙。コロナが奇貨となって民主党はそれを口実に郵便投票実施をごり押しした訳ですが、やり方が杜撰というか投票率が100%を超えていたり、或いは有権者数を上回る投票用紙が配られていたりとトランプが危惧した通りとなりましたけど、コロナは仮に偶然であったとしても、民主党はもしかしたらトランプが当選した辺りから次の大統領選での巻き返しに向けて様々な準備を周到に重ねていた可能性もないとは言えません。
 しかし、あまりにも露骨というか杜撰というか、やってることがチャイナ的と申しますか、本来アメリカならもっと巧妙に進めているところでしょうが、チャイナと深く関わるとこういった面もチャイナ的になるのでしょうかねえ。
 恐らくは大統領選は20年前のブッシュ・ジュニア対ゴアのように決着は長引く可能性が高く、どちらになるかは五分五分といったところでしょうか。
 
 それと、ねず先生が仰るように、民主党は基本的に沿岸の都市部で支持が強いですが、いずれも富裕層が多い地域であり、彼らにとっては民主党が主導権を握った方が好都合なのでしょう。
 で、恐らくはチャイナマネーの恩恵にどっぷり浸かっているのは間違いなく、もしもバイデンを神が選んだとすれば、最早矯正不可能とも思えるチャイナマネーに浸かりきったアメリカを中国と共倒れにしようとしているのかもしれません。
 
 考えられるシナリオとして、仮にトランプが再選となればソフトランディングにはなるけど中共が滅亡すれば再び敵のいなくなったアメリカは覇権への欲求が頭を擡げ、そして日本に牙を剥いて来ないとも限らない。日本に敵意などカケラもないと分かっていたとしても、日本が再び強くなれば自国の発言力は相対的に低下しますから、それはやはり面白くない。トランプ後も共和党から大統領が選出されればいいですが、その保障はないし、また共和党であっても国内世論の突き上げを受けてジャパンバッシングを始めないとも限らない。
 ソフトランディングだとこの先世界の庶民層の暮らし向きは再び良くなっていく一方で悪の勢力を温存することにもなる。
 それは日月神示で言うところの膏薬塗りでしかなく単なる対症療法であって根治療法ではない。だとすれば、恐らくはあと二年乃至三年、世界は極限まで落ちることになるが、大手術を敢行して基本的にならず者国家であるアメリカと中国を共に滅亡に追いやるつもりなのでは?今回のバイデンの驚異的な追い上げも御神意だとすれば妙に説明がつくのですよね。
 ついでに、御神意と思っていた点ではねず先生と考えが同じだったのでつい苦笑いしてしまいました。
 
 因みに現在は日月神示で言うところの大峠を越してタメシの五年と五年の内、後半の五年。前半の五年は2018年に終わったと考えられるため、現在は後半の五年の二年目が間もなく終わろうとしている時期にあたっており、残る三年で両国に何らかのカタストロフィが起きるということかもしれません。
 
 しかし、その三年間、世界はこれまでにない苦しみに曝されることになります。それでも神々は根治療法を選んだということになります。それだったらさっさとツブせと思ってしまいますが、物事は何でも急激に進めると世の中が耐え切れずにツブれてしまうそうなので、どうしても三年掛けてということなのだろうと思います。
 
 で、今後中国の横暴は猖獗を極める一方、内情は更に悪化していくでしょう。今年のコロナに始まり数々の天変地異や異常気象は中共滅亡へのプロローグに過ぎないのかもしれません。それは神々による中国を滅亡させるという合図に他ならないのです。

 その上、歴史上中国は真の意味での野望を達成したことはついぞなく、達成目前で決まって内訌を引き起こし瓦解していくのが伝統である以上、習近平の権力基盤は今尚不安定であり、コロナ事情についても実態は不明のまま、三峡ダムにしても不気味な沈黙が続いており、内情は来年以降も予断を許さないでしょう。少なくともコロナ事情が良化しているとは思えず、漏れ伝わる情報では経済事情も悪化しているのは間違いありません。
 
 そうなると習近平の足元が危うくなるのは確実で、内部では権力闘争が絶えないとも言われてる他、人民解放軍から支持されていないため水面下でクーデターが何度も計画されているとも聞きますし、そうした不満を自身に向けさせないためにも来年以降、より一層外部への攻撃性を増すのは確実でしょう。
 しかし、それも所詮は膏薬塗りでしかなく、その上中国内部の根治療法は最早不可能に近く、中国の軍事的挑発は線香花火が消えゆく瞬間に見せる最後の輝きとなるのではないでしょうか。
 
 日月神示では終わりは辰年と言っており、次の辰年は2024年ですから、少なくとも中国の国としての寿命は持ってあと3年。
 その間仮にバイデンが大統領となればもしかしたらチャイナマネーにズブズブの富裕層は道連れになるかもしれません。
 
 そして、この先三年間がまさに日月神示で言うところの始まって以来二度とない苦労の最後にして最大の試練となるのは間違いないでしょう。
 やはり、神々はより良い未来のために、そして未来に於いてその支障となる悪魔を取り除くためにハードランディングを選んだとしか言いようがありません。
 日本の皆様へ、この三年間をどうにか乗り切って行きましょう。何故なら日月神示は預言ではなく神々の行動予定表であり、それを人間の力で止めることなど不可能である以上、この流れに身を任せて中今を生きていく以外に選択肢はないのですから。
 

どうなったとしても

本当に不思議ですが、バイデンさんが優勢なようです。妙な投票結果(200%とか…)もありますが。

トランプさんが選ばれた場合、日本・日本人ますます、トランプ・そのアメリカに甘えてしまうのではと懸念しております。
しかし、バイデンさんの場合は危機が直面する為日本はいち早く目覚め無ければ、、、

要するに、結局の所我々は目覚めなければならない。どのような事が世界的に起きようとも、乗り越えて行くだけの力が必要なのだと、深く心に思いました。

彼の国は、大統領が誰になろうともその後の国内が分断されて行く事を目的としていたんだと改めて感じました。本当に恐ろしい。

-

ねず先生

アメリカ人は戦前戦後、英霊様を皇軍様を三国人と一緒に殺しまくった、呪われた国民どもなんだよ。

ねず先生、先生の出番はこれこらドンドン増えますよ、弟子たちと辻説法のように、門下生を増やさないと、…私は八百万の神々全員が怨霊になって人類を滅ぼすまで、中共を利用しまいか、不安でなりません。

ねず先生は一刻も早く、『日本を主語とした』まともな経世済民と外交と内政を行う、政党、政治家を導き、改心させ、生み出し、アメ白人にも三国系にも売国しない政党、政治家を導き、改心させ、生み出さねばなりません。

でないと、英霊様、八百万の神々に顔向けできない、もちろん私たちもです!もう時間がない!
以上

湘南童子

コチラから失礼します

「TENET」
二回ほど観ております

タイムライン マンデラ・エフェクト
シークレット・スペース・プログラムなどの話があります

真っ最中のアメリカ合衆国大統領選にも関わっているとの事
人類の大いなる道中であります

日本国を始め万国全地域の天命が完うされますように
地球を司る神々様 ありがとうございます

松さん

我国を取り巻く緊張は?
不正が横行しているようですが、どちらが大統領になっても、それは彼の国の民の選挙結果です。
世界情勢への影響はあるでしょう。
しかし、それで我国近隣の不穏当な国が消滅することはありません。

某国11月の全人代。
海警局海警法草案。
海上警備に際して、武器を使用すると公表しました。
我国の領土である沖縄や尖閣の領有権を主張する理不尽な国です。
命令に従わなければ、当方が民間でも、容赦無く武力攻撃します。
武力侵略!
人口侵略!
現状では、我国を取り巻く緊張が和らぐことは無いと思います。

我国は、国防費を増やし、力量を圧倒的に高めねばなりません。
國防は最大の福祉なり!
これしかありません。

昆布

素晴らしい記事を書いていただきありがとうございます。
バイデンが勝てば大東亜戦争の二の舞になり、日本への浸食がすすむことになると思います。これは今の日本人の欲に目がくらんだ現状に災難が降りかかるのか?
日蓮ではないですが、三災七難が降りかかるのでしょう。

koukenz

新日英同盟
いつもありがとうございます。
英国議会では与野党が新日英同盟を推進しているそうです。
これは8月10日林原チャンネル「いわんがな」#38-1で放映され、番組ゲストの産経・岡部伸さんは「新・日英同盟:100年後の武士道と騎士道」を出版されています。来年1月にはクィーン・エリザベス空母打撃軍が太平洋に登場します。FTAに続きTPP参加が予定されていますが、QUAD加入か日英安保に進むのかわかりませんが、英国はシンガポールとマレーシアとは同盟関係にありますしインドとの関係も米国ほど悪くありません。例え米国が最悪の選択をしたとしても、ここは我が国主導で邪悪の権化に立ち向かい勝利を勝ち取ってもらいたいと考えています。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク