北朝鮮を擁護する政党は国賊だ



北朝鮮に駐在し、北朝鮮の核施設の稼働停止や無能力化作業を監視・検証するために駐在していた国際原子力機関(IAEA)の要員3人が、北朝鮮から退去勧告を受け、16日、同国を出国しました。

北朝鮮はこれに先立ち、国連安保理がミサイル発射を非難する議長声明を採択したことに反発し、IAEA監視団の国外退去と核関連施設の活動再開を宣言しています。

そしてIAEA要員は、北朝鮮を去る前に「核施設の封印をすべて解除した」と語ったそうです。
■関連記事:IAEA要員が核施設を退去―北朝鮮:時事通信社
http://news.livedoor.com/article/detail/4113619/

つまりこれによって北朝鮮は、堂々と核開発とその保有を国家として宣言した。

また、中距離ミサイル・ノドンに搭載する核弾頭は、すでに開発済み。配備されたノドンは200発(一説によると320発)。射程距離は1500kmで、日本本土のすべてを覆っている。
nodon

ノドンによって危険にさらされているのは、日本人です。(ちなみに北朝鮮にとって韓国・・・半島の南半分は他国ではなく自国領土。攻撃は短距離ミサイル)

危険が及ばないように、平和的な外交交渉をすることは大事です。

しかし、平和外交の名のもとに、北のいいなりに支援することは、金正日率いる北のごく僅かな一部の王族の贅沢な生活と権限強化をもたらすだけで、北の庶民にとってはなんの利益もない。
のみならず、その支援金は、北の長距離弾道ミサイルの開発を促進し、ついには長距離弾道ミサイルで米国本土までも巻き込む結果を招いてきてもいる。

つまり、北が世界に与える軍事的脅威は、日本の北朝鮮支援者がその一翼を担っていると言ってよい。

彼らは戦争反対を唱え、平和のために護憲を唱えながら、その実、日本のみならず世界を火炎地獄に導こうとしている。彼らの主張や行動は、まさに死の媒介員であり、日本のみならず、世界を戦乱と恐怖と混乱に導こうとする反社会的行動です。

銀時さんのブログ「銀色の侍魂」http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-103.htmlで、“民間防衛 スイス政府編”という本の文章が紹介されていました。

とても内容の深い文章と思ったので、ご紹介させていただきます。

--------------------------------------
親たちがわれわれのことを心配してくれたように、子供たちのことを考えよう。
自由と独立は、われわれの財産の中で最も尊いものである。
自由と独立は、断じて、与えられるものではない。
自由と独立は、絶えず守らねばならない権利であり、ことばや抗議だけでは決して守り得ないものである。
手に武器を持って要求して、初めて得られるものである。

--------------------------------------

たかじんのそこまで言って委員会北朝鮮は?
↓この田嶋陽子の他人の話を聞こうとしない不遜な態度は、やさしさのある日本人の態度ではないと思うのです。台湾出身の金美麗さんのほうが、よほどしっかりとしたおり、日本人らしく感じます。


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

>surniversさん
コメントありがとうございます。

≪もっと軍拡に金をつぎ込んで良い≫

これ、ねずきちはめっちゃ賛成です。

実際、短期的に見ても、それって、ものすごい景気刺激策になるのですよ。
それに莫大な雇用も生む。

長期的にみれば、日本の国際的地位を向上させ、世界の一般庶民を幸福にする石杖となる。

ものすごく良いことなのです。


>kaさん
コメントありがとうございます。

親として、子や孫の幸福を願うのはあたりまえのことです。

だからこそ、子や孫が、平和で穏やかに暮らせる時代にしていくための努力を、いまの世代がきちんと考え、築きあげていく。当然のことだと思います。

そして平和も、穏やかな生活も、毅然とした意思と行動がなければ保つことができない。

親がだらしなく、近所のいいなりになって隣近所に寄付金をあげるばかりで子供の教育もせず、結果破産でもしたら、結局は親は子に苦労しか残さなかったことになる。

サヨクやコミュニストたちがしていることは、そのだらしない親の行動そのものを擁護し、促進する働きなのではないでしょうか。。。。


>bbさん
コメントありがとうございます。

ボクも子供のころ、日本国憲法は恒久平和を願う素晴らしい憲法だと信じていました。
なにやらカタカナ文字で書いてある大日本帝国憲法は、いかがわしいもの、ひらがなで書かれ、英文もある日本国憲法は、進歩的で素晴らしいものと思っていました。
そう学校で教わった(笑)

体を鍛え、学び、そして自己を守り、愛する人を守る生き方を教えてくれたのは、むしろマンガだったかもしれません。

そして大人になって社会人としての経験を積むうちに、なにやら、子どものころ教わったことと違うなぁ・・と思うことが多々出てきました。

そのひとつが、
「企業は利益を上げることを目的とする」=企業はカネ儲けのためには、ありとあらゆる不正をしまくるものである・・・というものです。

実際に自分が会社員となり、現場職から管理職、そして経営者となっていく過程で、ものすごく感じたのが、
「企業が利益を上げることを目的としたら、その会社はつぶれてなくなる」ということです。

企業は社会に貢献し奉仕する。人々の生活を豊かにする。その貢献度に応じて、世間から利益という名の報酬をもらうことができる。それが企業である。。。。

いまのボクはそう考えています。

トヨタやソニー、松下電気が、世界に冠たる大企業になれたもの、より良いものを作り、多くの人々に貢献したからなのではないでしょうか。
逆に昔あった豊田商事のように、自分のところの利益しか考えないような反社会的会社は、やはり淘汰される。

一定の政治的野心を持った歪みから世間を見ると、正しいものまで斜めに見える。

正しいものを斜めに見る人をヤクザというなら、偏向メディアや、偏向政治家などは、日本の極道メディアであり、政界ヤクザそのものといえるのかもしれませんね。


>愛信さん
貴重な情報をありがとうございます。

日本の最先端技術が地球を救う!!

素晴らしいです。


>銀時さん
コメントありがとうございます。

いや、銀時さんの造詣の深さには、いつも感服しています。
すごいです!!

このスイスの民間防衛論、もっともっと広めていきたいものですね^^


>KMさん
コメントありがとうございます。

(⌒▽⌒)アハハ!
KMさんも思ったんだっ!(笑)

ひどいですよね~~
この田嶋女史の態度、およそ知性を売り物にする教育者のする態度ではないです。

日本人としての礼儀作法から、もういちど人生やり直し来い!と言いたくなります。

いくら頭が良くても、こういう人間には我が子をしたくありませんねぇ。

KM

何だ田嶋さんのこの不遜な態度。
金さんが話している間、ふて腐れて金さんの聞こうとしない、、、

銀時

ねずきちさんこんばんは。
いつもねずきちさんのブログは参考になるのでコメントはしていませんが拝見させて頂いています。
自分の拙いブログの一文が紹介されているのでなにやらこそばゆい感じですがこの「民間防衛 スイス政府編」は本当に今の日本、日本人に必用な一冊だと思います。
まだ持ってない、読んでいない方には是非ご一読してほしい一冊です。
北朝鮮の暴走がもう既に始まりこの先どうなるのか・・・。
今までのようにのほほんとした平和ボケ政権・平和ボケ日本人ではやっていけない時代に突入していると自分は考えています。
ねずきちさんが仰るようにノドンは射程1300キロで約320基(最大で)配備されています。
さらにノドンに搭載可能な核弾頭も研究中か完成しているとの情報もあります。
そのような状況で本当に今のままの日本でいいのか?
自称平和主義者や左翼の甘いスローガンや理想論で動いていいのか?

設問

北朝鮮のミサイルで
家族の命が奪われたら
日本政府に何を望む?
で金美齢さんの答え

「北朝鮮に対し宣戦布告」

にての発言

 私はね、日本自身がねやっぱり
  何らかの手段を講じる。
と言う事、
 そうじゃなかったらいったい
 日本人というのはいったい
  何なのよって言いたい」
 今、日本に求められているのは金さんの言う「日本自身の行動」なのではないでしょうか?

 日本国憲法

 前 文  一部を引用

 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間
相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚
するのであつて、平和を愛する諸国民の公正
と信義に信頼して、われらの安全と生存を
保持しようと決意した。われらは、平和を
維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から
永遠に除去しようと努めてゐる国際社会に
おいて、名誉ある地位を占めたいと思ふ。
われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖
と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する
権利を有することを確認する。

引用終わり。

もうこの憲法では今の時代を乗り切っていけないと感じる前文です。
以下に「民間防衛 スイス政府編」P233より一部引用した文があるのですがこれを
スイス → 日本
に変えてそのまま憲法前文に入れ替えたい位今の日本にあっていると思います。

引用開始。

 スイスは、征服の野心をいささかも抱いて
いない。何国をも攻撃しようとは思ってい
ない。望んでいるのは平和である。
 しかしながら、世界の現状では、平和を
守り続けるためには、また、他国に対する
奉仕をしながら現在の状態を維持するため
には、軍隊によって自国の安全を確保する
ほかないと、スイスは信ずる。
 近代兵器を備えた大国に立ち向かうこと
はわれわれにはできないという人々にたい
して、われわれは、こう答えよう。
-経験は、その逆を証明している、と。

引用終わり。

皆さんは日本の国防について
今も考えていますか?
 憲法改正?
 新憲法制定?
 大日本帝国憲法復活?
 自衛隊の増強(国軍化)?
 核兵器開発・所持?
 日米安保の将来?
 外交方針?
これらを今すぐ真剣に考えて
実行に移さないと時はそう待っては
くれないかも知れません!
 まだ早い!

 時期尚早!
 などと悠長に構えている暇は
 もうこの日本には
  無いのかも知れません!

ねずきちさん、皆様長文失礼しました。

愛信

日本郵船:エコシップ計画 燃料電池でCO2大幅削減
世界の水素革命を牽引する日本企業群、無尽蔵の海水から取り出した水素は燃料電池に使える。
日本の先端技術が地球を救う。

詳しくは、こちらに掲載した関連記事をお読み下さい。
【燃料電池の掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kfn/kfn0.cgi

bb

ねずきちさん、こんにちは。
金美麗さん相変わらず頑張っていますね。田嶋さんは度し難い。演技ですかね。そうだとしたら大したものだけど、そうも見えないし。
でも少し前ならこんな議論をすること自体タブーだった気がします。中学生のとき憲法全文をノートに写す宿題が出て、難しい表現にただ移しただけの、写経のようでした。あの頃は、いい憲法だと思い込んでいたのを思い出します。同じ平和国家なのにスイスの軍事力に驚いたのも思い出しました。おバカな中学生でした。
今回の北の行為は許せませんが、寝た子を起こす効果大でした。真剣な議論が起こるといいですね。

ka

ねずきちさん
私も一家庭の主婦なので孫の代まで子孫永遠に、この日本が平和で穏やかに暮らせる事を強く望んでいますが、今の世界や日本の現状を見るとそうも言ってられないですね
いつまでもアメリカに守ってもらえるわけもなく、東亜から野党からマスメディアから日教組から・・・もうため息しかでません
私は麻生総理大臣に続けてほしいのですが、次期総選挙では国益を考えてくれる愛国心ある議員の方に日本を託したいです。

surnivers

平和は勝ち取るべき
日本は通常戦力もそうですが、きちんと武装して法整備も整えるべきです。
最低でも北朝鮮を攻め落とせるだけの戦力は1セット持っていないといけません。
それ以上にシナに対して備えないといけません。
今の日本とシナの戦力差はかなりあります。
それを考えると、もっと軍拡に金をつぎ込んで良いと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク