書籍紹介



新作動画


1 数多久遠著『機巧のテロリスト』
2 頭山満著『幕末三舟伝』
3 伊勢雅臣著『学校が教えない本当の日本史』
4 早川裕著『絵本はもっと面白くなる』
5 市野道明著『いま、日本の危機に問う』
6 エリコ・ロウ著『太古から今に伝わる 不滅の教え108』

20201222 機功のテロリスト



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

12月の書籍案内です。
読んでみて、面白かった本などをご紹介しています。
今月は6冊です。

1 数多久遠著『機巧のテロリスト』
著者の数多久遠さんは、元・航空自衛隊で、小説は在職中から書いておられたのだそうです。
その後、国防をテーマにした小説を次々と出版されていて、どの本もたいへんおもしろく、個人的に大ファンです。
この『機巧のテロリスト』は、12月10日に発売されたばかりで、もし北朝鮮がSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を装備したなら・・・というテーマで書かれた、手に汗握るミステリー小説です。
ちなみにアマゾンで「機巧のテロリスト」と検索してもこの本が出てきません。
著者名から検索して、ようやく本にたどり着きますが、アマゾン的には都合が悪い本なのかもしれませんね。



2 頭山満著『幕末三舟伝』
前から読んでみたいと思っていたところ、偶々入手することができ、大喜びで読破しました。
書かれているのは勝海舟、山岡鉄舟、高橋泥舟の三人で、幕府側だった人たちです。
破れた側であったとはいえ、彼らの志と行動は、自分が生きる上での目標になります。
さすがは頭山翁です。



3 伊勢雅臣著『学校が教えない本当の日本史』
日本史を題材にした本は数ありますが、この本は戦後日本の歴史学会が行ってきた「辺境民族征服史観、キリシタン迫害史観、階級搾取史観、沖縄差別少数民族史観」にスポットライトを当てて、ほんとうにそれらの歴史認識が正しいものといえるものであったのかを検証するという、たいへん斬新な取り組みの本です。
ただし、この本の切り口は、これまでの歴史認識に対抗するとか対立する、あるいは闘争を仕掛けるというものではなくて、これまでの諸説にある歴史認識に、具体的な根拠を示して反証するという構成になっていて、とても好感の持てる内容になっています。



4 早川裕著『絵本はもっと面白くなる』
これは読んでよかった本です。
《以下抜粋》・・・私には一切違いの娘が2人おり、家内は毎晩寝る前に絵本の読み聞かせを2人に欠かしませんでした。すると次女は小さい頃からよく本を読むようになりましたが、長女の方は子どもの頃は本好きとは言えませんでした。しかし社会人になってから本をよく読んでいるのは長女の方です。私は何も子ども時代に本好きにならなくても良いと思っています。「本という物の中には素敵な世界や役に立つ情報が詰まっている」という事さえ知っていれば十分なのだと思います。《本文49ページ》



5 市野道明著『いま、日本の危機に問う』
現在の日本が持つ危機および、我々がたいせつにしなければならないことをコンパクトにまとめた本といえます。
シラス、ウシハクのことも書かれています。



6 エリコ・ロウ著『太古から今に伝わる 不滅の教え108』
世界中の民族や地域から集めた珠玉の言葉を108紹介した本です。
とてもあたたかな気持ちになります。
ちなみにこの本の中に「庭の日差しは移ろっても太陽が心から去ることはない」という言葉が紹介されていたのですが、これは古代シュメールの格言なのだそうです。
そういえばシュメールの最高神は「アヌ」で、その子で地上に降りた者たち(アヌの子たち)が「アヌンナキ」です。
「アヌンナキ」というのは、「アヌーの子」という意味で、ここでは「ナキ」が「アヌの子」を意味します。
なにやらイザナキと共通しているかのようでいて興味深いですね。


お読みいただき、ありがとうございました。
歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行でした。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

郷土の偉人
ねず先生

日本の郷土の偉人が全国津々浦々に記されて、手頃な価格の本はありますか?

昔は学校の図書館とかにあったような気がするのですが、公民館にもない。

いえ、たとえあったとしても自虐史観に汚されてるかもしれない、ねず先生の推薦が必要です。

中山久蔵のように、北海道で初めて稲作を成功させた方、
だいぶ前、ねず先生のお話で、自分の切腹と引き換えに神社の境内にどうしても仕方なく田畑の用水路を引いた、三重県の武士の方など、

郷土の偉人を知らずして、日本を知る事はできないだろうと思う今日この頃です。

よろしくお願い申し上げます。
以上
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク