知っておきたい大切な議論のルール



◆◆ニュース◆◆
新刊『日本建国史』ただいま先行予約受付中です。
https://amzn.to/2LuOGgX


「ねずラジ」は、筆者が12年にわたって書き綴ってきたブログの記事4000本の中から、選りすぐりの記事をベースに対談形式でお届けするラジオ番組です。もちろん、ただ過去記事を読み上げるだけでなく、その都度補足しながら、より理解が深まるように話しています。意外と人気で、リスナーが多いのでびっくりしています。
詳細はこちら→https://www.ishikikaikaku.jp/nezuraji/


人と議論をする機会は、常にあると思います。
そういうときには、議論に入る前に、ひとつのルールとして、
「論は本題に限り、相手への人格攻撃はしないこと」
ということを取り決めたら、いかがでしょう。

20201229 会議
画像出所=https://illust8.com/contents/9981
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

議論をすることは、本当に幅広く行われていることですし、人は互いの意見を述べて議論をすることによって、自身の知見を深め、またひとりでは考えつかなかったような高みに論を昇華させていくことができます。
ですから、議論するということはとても大切なことです。

日本人は議論が苦手とか、和を以て貴しとする民族だから、議論を拒否しがちだというのは、残念ながら、実は戦後に生まれた悪意ある妄想です。
我が国では十七条憲法の昔から、議論すること、互いに意見を出し合ってよく話し合うことをとても大切にしてきた国です。

議論のことを、古い言葉で「論」と書いて「あげつらふ」と言います。
顔(面・つら)を(あ)げて、互いの目を見て議論するから、「あげ・つら・ふ」です。

その議論の要諦として、十七条憲法が第一条で述べているのが、
 和を以(も)って貴(たつと)しとなし、
 忤(さから)うこと無きを宗(むね)とせよ。

という言葉です。
原文では「以和為貴、無忤為宗」です。

「忤(さから)う」にある「忤」という字は、呪術道具の「杵(きね)」にリッシンベンを付けたもので、人を恨むことを言います。
つまり、十七条憲法は、

 徹底的に議論しなさい。
 ただしその際、
 人を恨んだり呪ったりしてはいけません。

と、このように書いているわけです。

この事は別な言い方をすると、
「議論をする際、議題については
 徹底的に議論をして良いが、
 その際けっして、
 相手への『人格攻撃』をしてはならない」
と述べてることになります。

では「人格攻撃」とはどのようなことをいうのでしょうか。
その答えは、「相手の名誉を奪うこと」です。
どこぞの国の大棟梁潜居(伏せ字です)では、片方の候補者による相手候補への人格攻撃が目立ちました。
しかし、たとえ選挙に勝つためという目的を持った行動であるとしても、そのような人格攻撃は、本来、国のトップともなろう人が行うべきことではありません。

このことについて、ニーチェは「悪とはなにか」について、
「悪とは、人の名誉を奪うことをいう」
と述べています。

つまり「人格攻撃」そして、それによって「相手の名誉を奪う」行為は、議論ではなく、「悪」そのものなのです。
これに激しく同意します。
そして、だからこそ聖徳太子は、十七条憲法の第一条の冒頭で「和を以て貴しとなせ」と述べられたのだと思います。
そんな憲法を、いまから1400年もの昔にいただいた日本人は幸せです。

議論をする機会は、常にあると思います。
そういうときには、議論に入る前に、ひとつのルールとして、
「議論は本題に限り、
 相手への人格攻撃はしないこと」
ということを取り決めたら、いかがでしょう。

お読みいただき、ありがとうございました。
歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行でした。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com


 最新刊
 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

松さん

個人攻撃の常套手段
例えば『◯◯◯は怪しからん奴だ!』で始まるサイトがあったとします。
これは『怪しからん人物であってほしい』との願望でしょうね。
悪人だぞ~!と前提にすれば、話の本筋などそっちのけで、有ること無いこと、何でも言えますから。
個人攻撃継続の常套手段です。
本論の議論など成立する筈も無く、反論も無意味です。
人格形成の過程に異常があるとこうなるのでしょうけど、実に可哀想だと思います。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク