マスコミや野党から無能とされ続けた人が行ったこと



漢字の読み間違いを叩かれたり、ウソつき、二枚舌と罵られたり、なかなか解散総選挙をしないことを無能呼ばわりされたりしていた麻生総理。

しかし時が経ってみれば、昨年後半に解散総選挙などをやっていれば、おそらくいまだに景気対策のための個人支援もなく、中小企業支援対策も実現せず、日本経済の底割は、いまよりもっと酷く、酷いことになっていたであろうことは、いまなら多くの国民が気づき出しているのではないかと思います。

麻生総理は、ほんとうによくやっているといえます。

安倍・福田と2回続いた自公連立短命政権は、3人目の麻生氏にも同じ手口を用いて、総理の座から引きずり降ろそうとしました。

事前にその手口を承知していた麻生氏は、叩かれても叩かれても、笑顔で粛々と施政を実施。

ようやく多くの国民が「逆にメディアや野党に対して首をかしげるようになってきました。

そこで今日は、まさに麻生氏と同じく、メディアや野党にまさに無能呼ばわりされ、叩かれ、異例の短命政権となった安倍晋三元総理について書いてみようかと思います。

短期退陣に追い込まれた安倍晋三元総理が実施したこと、そしてそれに対して民主党やメディアが反対したことは何だったのかを、再考してみようというわけです。

(1) 北朝鮮経済制裁の実施。朝鮮総連への圧力
現在なお進行形の施策です。もちろん民主党は反対。
安倍氏のときは、拉致問題が制裁第一の要素として報道されていました。
ここへきてテポドン2号の発射問題から、北にノドン・ミサイル200発(一節によると320発)があり、核や生物兵器を搭載して、日本に向けて配備されているという事実がクローズアップされるようになってきた。そしてそうしたミサイル開発資金は、朝鮮総連を経由して北に送金されていた。

(2) 国家安全保障会議並びに、防衛庁の防衛省昇格(実施済み)
今年3月27日、テポドンの発射に備えて我が国の安全を図るに際し、麻生総理が、この“国家安全保障会議”を経て、浜田防衛大臣に破壊措置命令を発令しました。
閣議決定ではなく、安全保障会議を経由するのは、閣議決定だと迎撃対策のすべてが事前に明らかになるのに対し、安保会議であれば内容が非公開となるからです。
さらに、もし、防衛庁が防衛省に昇格していなかったら、上部省の一部の役人から公開されていない迎撃体制の詳細についてリークされる惧れもあった。
安倍元総理が実現した内容が、ここでも明らかに生きています。

(3) 海洋基本法成立
この法律は安倍総理のときに成立した法律で、政府内に総合海洋制作本部を設置し、海洋資源の開発及び利用の推進、海洋環境の保全、排他的経済水域等の開発、海上輸送の確保、海洋の安全の確保、海洋調査の推進などを図るとともに、
国際的な連携の確保し、離島を保全することを目的としています。
日本固有の領土である竹島への韓国の侵攻。
サウジなみの大油田が期待されている東シナ海尖閣領海での中国の盗掘。
この法案ができるまでは、日本にはこうした他国の侵略行為に対して機動的に対応する行政組織も法律もなかった。

(4) 日本国憲法の改正手続きに関する法律(成立)
「現行の憲法は、日本が占領されている時代に制定され、60年近くを経て現実にそぐわないものとなっている。21世紀にふさわしい日本の未来の姿、あるいは理想を、憲法として書きあげていくことが必要と考えている」(安倍晋三)
これに対して、メディアと民主党は一斉に反発。
しかし、憲法を60年間も改正せずに放置している国って言うのは、実は歴史上、日本が初めてのケースでしかない。
世界は変化します。その変化に合わせて、国民の生活を守るために、国の基本となる憲法についても、どんどん手直しをする。
しごくあたりまえのことだろうと思います。

(5) 少年法改正・厳罰化(成立)
当然でしょう。
社会全体が貧困にあえいでいた時代に、少年の未来を少しでも守ろうとした少年法施行当時と、飽食の時代といわれる世相の中で、在日○国人少年を中心に、悪質な強姦致傷殺害事件が相次いでいるこのご時世に、少年法を昔のままに維持しておこうという方が、どうかしている。
これにも民主党やメディアは、おおいに反発していました。

(6) 教育基本法改定(済み)
実は、改正前の教育基本法の前文には、こう書いてありました。
「われらは、さきに、日本国憲法を確定し、民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和と人類の福祉に貢献しようとする決意を示した。
われらは、個人の尊厳を重んじ、真理と平和を希求する人間の育成を期するとともに、普遍的にしてしかも個性ゆたかな文化の創造をめざす教育を普及徹底しなければならない。」
まず「護憲」が謳われ、「平和」を説き、「個性化教育」が説かれている。

この序文が、次のように変化しました。
「我々日本国民は、たゆまぬ努力によって築いてきた民主的で文化的な国家を更に発展させるとともに、世界の平和と人類の福祉の向上に貢献することを願うものである。我々は、この理想を実現するため、個人の尊厳を重んじ、真理と正義を希求し、公共の精神を尊び、豊かな人間性と創造性を備えた人間の育成を期するとともに、伝統を継承し、新しい文化の創造を目指す教育を推進する。」
まず祖先が築いた日本の民主的文化的国家を尊ぶことが宣言され、
次いで平和と福祉への貢献を願い、
個性ゆたかな人間を育てるのではなく、個人の尊厳を重んじる人間、真理と正義を希求する人間、公共の精神を尊ぶ人間、豊かな人間性と創造性を備えた人間を育成しようと述べています。

戦後、個性化教育の名のもとに、人に迷惑をかけさえしなければ自分は何をやってもいい→バレさえしなければ、陰に隠れて何をやってもOKという、弊害教育といってもよいくらいの極めて非人道的な精神教育が施されてきました。
単に個人としての個性ではなく、個人の尊厳・・・つまり周囲の人たちひとりひとりの尊厳を重んじるという、改正教育基本法の趣旨ののほうが、はるかに日本にふさわしい。
結果は成立しましたが、これにも民主党・社民党は猛反発していました。

(7) 犯罪収益移転防止法(成立)
要するにマネーロンダリングの防止なのですが、これにも民主党は反対。
って、どうして反対なのかわからない・・・・
犯罪に加担したいの??@@

(8) 日米豪印4カ国同盟(成立)
米国以外に、オーストラリア、インドとも軍事同盟を締結するということは、わが国の安全を図る上で、非常に望ましい。(韓国は除外)。
とりわけ中国の軍拡路線の脅威に対して、オーストラリアやインドを交えた同盟は、東亜の平和を守り抜く上で、絶対不可欠の行動であると思います。
これにも民主党は反対した。

(9) 年金事項撤廃法(成立)
「時効で、年金がもらえない!」
そんなバカな!と思う実態がこの日本にあった。
これを解消したこの法案。民主党はなぜか猛反対していた・・・

(10) 国家公務員法改正(成立)
官僚主導の政治体制、公務員の給与制度、天下り、業界の談合体質など、官僚にまつわる諸悪を摘出し、健全化しようとするこの法律。
なぜか民主党はこれに反対・・・

(11) 社会保険庁解体(成立)
官庁としての社会保険庁は解体され、新たに半官の日本年金機構が発足することになりました。
現在年金の回収率は63%。
先日、クレジット会社に勤める友人から聞いたのですが、クレジット会社でも、なにも回収努力をしなければ、月賦金の回収率は63%なのだそうです。
これを、毎月請求書を送ったり、口座振替したりすることで、回収率は80%。
さらに期日に支払がなかったお客様に手紙や振込用紙を送ったり、電話したりすることで、回収率は99%以上になる。
要するにこれまでの社会保険庁は、なにも回収努力をしてこなかったわけで、これが民営化されることにより、公務員としての甘えが排除され、年金基金の健全化が促進される。
これはとっても良いことだと思います。
しかし、なぜかこれにも民主党は反対していた・・・
年金問題100年の体系について、回収率が試算より低く、自公がまるでウソを言ったかのごとく先日来、民主党の議員が喧伝しているけれど、実はこの情報源は社保庁の役人。
社保庁の解体に反対する官僚が、民主党と結託して実際の回収率が低いとリークした。
しかし、回収率が低いのは、そもそも現在の社保庁が怠けていることが大きな原因です。
そうした怠け癖がついた省庁を、そのまま存続させることの方が、国民にとって悲劇といえるのではないでしょうか。

----------------------------------

これだけの改革を在任中の短期間に行った安倍元総理が、中韓の意向を汲む民主党やメディアから盛大なバッシングを浴びることになったのは、いわば当然といえば当然のことです。

しかし、安倍総理が実現した数々の改革・改正は、誰がどうみても、日本と日本人、そして世界の人類への大きな貢献となる。

「すごい!、よくやってくれた」

と、感謝の思いでいっぱいなのです。

私たち日本人は、メディアの偏向に踊らされることなく、事実を事実としてきちんと知り、それぞれの人がそれぞれの立場で、何がたいせつで、何がまちがっているのか、きちんと判断していくことが大切だと思います。

安倍政権崩壊の真実


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

>おれんじさん
コメントありがとうございます。

たしかに自民の中に、(-ω-;)ウーンって思う議員さんもたくさんいますよね~^^;

うちの選挙区の議員さんも、早々と選挙ポスターから麻生さんを降ろして、橋本聖子さんに変えちゃったし(笑)

その議員さんの直系の子分といわれる市長さんは、これから高齢化社会になるってのに、市民病院を潰そうとしているし(涙)

それでも、ただひとつ言えることは、たとえどういう主張や利権があるとしても、それぞれの議員さんの根本に、日本を愛すること、守ること、そして多様な意見の存在を認めること、法治国家であることに誇りと自信をもっていること、この4つは、保守政党の議員としてちゃんと持っているのではないか。

ボクはそこに最大の期待をしています。

・・・ただ、麻生さんをポスターから降ろした点に関しては、近所のオヤジさん達と話してても、みなさん首をかしげてますね^^;
ボクのまわりでは、マスコミにおもねり、やるべきことをやる、ということよりも、自己の保身を前に出してしまっている。これは政党人として恥ずべき所業ではないのか? という声が多いです。

また市民病院を亡くすという現市長は、やはりお年寄りたちに評判が悪いですね^^;


>surniversさん
コメントありがとうございます。

政権を途中で投げた・・・たしかにこのことは、大きな汚点となりますね。
しかし、歴代保守内閣がなしえなかったこれだけの改革をやってのけた手腕は、安倍さん、後世に残る偉業を成し遂げた。

ただ、これだけのことを短期間に実行したら、特ア国からにらまれ、国会に強烈な政敵を作り、メディアを通じ、ありとあらゆる方法で引きづり降ろされる。
安倍さんが、そのことでどれだけ心を悩ませたか、そのことは容易に想像がつきます。

本当は、放り出すべきじゃなかった。
議会を解散してでも、国民に信を問うべきだったのでしょう。

しかしあの時点で、それで果たして自民が勝つことができたか。
そう考えると、首を挿げ替えることで、信条を通すという選択も、ありだったのではないか、そんな気もします。

ともあれ、最近、安倍さん、また元気を復活させているご様子。

これからも応援してきたいと思います^^


>あきちゃさん
コメントありがとうございます。

民主党、ほんとうに、どこの国の政党なんだと、疑いたくなりますね。

小泉さん以降、安倍、福田、麻生と続く保守内閣に対して、兎にも角にもこれをひっくり返そうという動きがメディアにおいていよいよ顕著になってきている気がします。

いつも思うのですけど、たとえばテレビなどで、政府の方針等について報道するとき、メインキャスターなどは、はじめからすべてにわたって懐疑的。
コメンテーターも、みんなして、毎回、政府のしていることは、アホにしか思えないと繰り返している。

しかし思うんですけれど、本来報道の中立性を考えれば、出演者のみんながみんな首をかしげるというのは、ありえない。
それって、はじめから意図的に内閣を貶めようとしている姿でしかありません。

この国のメディアは、国民のためのものです。
国民に、もっと正確な偏らない報道をしてもらいたいものだと思います。


>bbさん、
いつもコメントありがとうございます。

そうなんですよね~。
マスコミや野党が、必死になって引きずり降ろそうとしたのは、あらためてみると、こういう理由だったんですね。

しかし安倍さんの在任当時、安倍内閣が、日本のためにこれだけの手当をしていることを報道している番組があったでしょうか。

批判はおおいに結構だと思います。

しかし、事実をきちんと国民に報道しないで、お坊ちゃんじゃ総理はつとまんねぇんだという印象操作ばかりに明け暮れたメディア。

そしてそれを面白がって容認していた日本国民に、最大の問題点があったようにも思います。

ともあれ安倍さん、最近、とってもお元気なご様子。
ボクも、これからのますますのご活躍を期待しています^^

bb

ねずきちさん、こんにちは。
安倍元総理は日本の根幹に関わる大切な法律を沢山通してくれました。あらためてみるとヤッパリすごい。マスコミや野党が必死に引き摺り下そうとしたのもわかる気がします。本当に必死だったのでしょう。小泉さんが良いか悪いかは議論の分かれるところですが、郵政選挙の大勝利は今の日本を救っていますね。松岡さんが亡くなり、赤木さんが絆創膏と300円の事務所費で辞めたのでしたね。思い出すと悔しくてウルウル・・・でもこの頃少しお元気そうで、またのご活躍を、期待してます。

あきちゃ

↑ 何様?
安倍さんも麻生さんも非常によくやってくれてると思います。
こうやって改めて見直してみても、どれも日本のためになること。
民主党がことごとく反対しておりますが、、、、
本当にどこの国の政党かと目を疑いますね。

麻生さん、安倍さん、中川さん(秀直ではない)
力を合わせてがんばってほしいです。

surnivers

安倍の功績も中々ですね・・・
安倍は最大の過ちとして、政権を途中で放り投げると言う事をしました。
これだけは断じて許せるものではありません。
しかし、やった事に関しては評価出来ますね。
何で投げ出しちゃったのかなぁ・・・?
個人的には保守の切り札と期待していたんです。

麻生はワシは無能だとは思っていますが、逆に職務を投げ出す事をせずに取り合えず彼なりにやろうとしている態度は評価しています。
うん、今の所評価は-13点なんですがね、でもブルドーザーみたいに働いてくれる所は非常に評価します。
優秀なブレーンがつけば、迷総理ではなくて名総理になる可能性は充分にあると思います。

おれんじ

こうして改めて見ると安倍さんの功績はやはり凄いですね。私も感謝の気持ちで一杯です。

最近も日本に留学していた東トルキスタンの学生が中国で拘束されている件について中国政府側に適切な対応を求めていましたね。こういう事を何故マスコミは報道しないんでしょう。ネットがあってホントに良かった。

麻生さんも非常に良い仕事をしていると思います。総選挙では是非勝って欲しい。自民には落ちて欲しい議員も沢山いますが(笑)、中川さん等日本のために頑張る議員を応援しましょう。

愛信

【重要緊急報告】「女性差別撤廃条約議定書批准審議」
反日売国派のあの奇襲攻撃、先般の国籍法改悪の手口が再び登場。
4月21日は「臓器移植関係部会」が開かれ、国会対策委員長から出席指令が出ており、多くの議員の方がそちらに参加しなければならないと。
このために「女性差別撤廃条約議定書批准審議」は少数の議員により強行突破作戦が進行している。

【国政に対する要請書】
みんなの声【国政に対する要請書】コメント一覧はこちらをクリックして下さい。
http://www.aixin.jp/ysksh.cgi
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク