比較ではなく自分らしくの大切さ



◆◆ニュース◆◆
新刊『日本建国史』ただいま先行予約受付中です。
https://amzn.to/2LuOGgX

次元上昇というのは、別に三次元の世の中が四次元になるとかそういうことではなく、人間の持つ精神性が、「競争」から「らしく生きる」ということに昇華していくことなのではないかと思います。
そしてそのことこそ、上古の昔から日本人社会の根幹に通底した日本人の生き方であったのではないかと思います。

20210101 ハート
画像出所=https://illust8.com/contents/1282
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

あるメルマガの本文をご紹介します。
まずはご一読してみてください。

*****

あなたはどんな花が
好きですか。

バラですか。

ユリですか。

ヒマワリですか。

花にはみな個性があり
まったく形状がちがいます。

しかし花はお互いを比較して
「自分のほうが美しい」
と思ったりはしません。

ただ自分らしく
咲いているだけです。

他の花と競って
咲いたりはしません。

ところが人間は
他と比較し
競って生きています。

自分が他と比較して
優秀なほど
「幸せになれる」
と信じているからです。

だから他と競うことに
必死です。

しかし時代は進化しています。

もう人と競う時代では
なくなってきています。

これからは
自分らしく生きることが
幸せの基準になるのです。

人は誰も他人になれません。

自分は自分です。

もう人と比較して
落ち込むことなどありません。

自分らしく生きること。

それがあなたの
幸せの道なのですから・・・

*****

いかかですか?
非常にシンプルでわかりやすい指摘だと思いました。
世の中には「対抗国家」などといって、日本と対抗することが愛国だと履き違えている国があります。
あるいは金があるということを鼻にかけて、金と暴力で人を支配しようとする日本に住み日本語を話す日本人のような顔をした日本人でない人たちもいます。
人の上に立ちたい、人を支配したいということを、まるで人生の目的であるかのように思い行動している人たちもいます。
しかし競った先にあるものは、暴力による支配と孤独です。

一昔前までは、四十を過ぎたら自分の顔に責任を持てと言われました。
最近は、年齢が一昔前の6掛けといわれていますので、67歳をすぎると、その人の生き様や人生が明確に顔に出るようです。
テレビなどを見ていると、昔イケメンだった俳優さんが、その年令を過ぎて、まるでヤクザ者のような顔立ちになっていて、驚くこともしばしばです。
心の歪みが、見事に顔の歪みになってあらわれてしまうのでしょう。

「比較や競い」ばかりの、明日をもしれないヤクザのような人生を送っていれば、顔立ちもヤクザまがいになるのです。
逆に若い頃は、性格俳優さんやお笑い系だった俳優さんが、年輪を重ねて、とても人間味あふれる良いお顔をされているケースもあります。
やはり、これらは「日頃の心掛けが顔に出る」ということなのだろうと思います。

同じ生きるなら、愛と慈しみの世界に生きたいものです。
そういえば近年のハリウッド映画でも、かつては愛といえば若い男女の愛ばかりだったものが、最近では愛という言葉の使い方の中に、映画『ワンダーウーマン』などのように、愛をもっと広義な人類愛的なものとして理解し主張するものが増えてきたように思います。

愛は決して欲望を満たすだけのものではない。普遍的な思いやりの心を根本にするから、パートナーに対しても、他の人々にも、祖国にも、地球にも愛が生まれる。
そのような方向に明らかに変化しています。

上の文は「アダム徳永のモーニング・メッセージ」という、毎日配信されるメルマガにあったものです。
二年ほど前に、ご了解を得て転載させていただいたものです。
「競うより自分らしく生きる」
これはとても大切なことだと共感したからです。

まさに世界中の集合知が、そういう世界へといま上昇を迎えつつあるのかもしれません。
次元上昇というのは、別に三次元の世の中が四次元になるとかそういうことではなく、人間の持つ精神性が、「競争」から「らしく生きる」ということに昇華していくことなのではないかと思います。
そしてそのことこそ、上古の昔から日本人社会の根幹に通底した日本人の生き方であったのではないかと思います。

この記事は2018年1月の記事のリニューアルです。
お読みいただき、ありがとうございました。
歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行でした。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

 最新刊


《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
第79回倭塾 1月16日(土)13時〜17時 富岡八幡宮婚儀殿2F
第80回倭塾 2月21日(日)13時〜17時 富岡八幡宮婚儀殿2F
第81回倭塾 3月21日(日)13時〜17時 富岡八幡宮婚儀殿2F
第82回倭塾 4月17日(土)13時〜17時 富岡八幡宮婚儀殿2F



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
最新刊『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


          
  
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

松さん

自問自答が終わりません
今日と明日は「大学入学共通テスト」が全国で実施され、凡そ53万5千人が試験に挑んでいるとか。

学生は、この様な受験戦争と呼ばれる生存競争の中で育ちます。
(感染症禍も宣言も関係無し!)

こうして生まれた競争社会の申し子達は、大人になっても、同世代や仲間との連帯や共同活動に馴染まない傾向が見えます。

我地元でも、町内会加入を拒否する若い住民が増えています。
地域の連帯感?
最早死語です!

大人も子供もスマホを握りしめ、自分だけの内向きの世界に閉じ籠り、自ら孤立化を深めている気がしてなりません。

みんなバラバラで結構だ?
頼りになるのは自分だけ?
自分の利益だけを考える?

考えてみれば、自分もそんな競争の世界に身を置き、長い歳月を生きてきました。
並大抵のことではありませんでしたが、人も世も移り変わりました。

しかし、変わった様で変わらないものもあると思います。
若い頃を振り返ると、当時は想像だにしなかった今の自分が、何処かに潜んでいた様な気もします。

さて、今朝の「ねずブロ」のテーマはとても重たかったです。
自分が思う自分らしさは何?
自分らしく生きてきたのか?
自問自答が終わりません。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク