あまりに情けない民主党「海族対処法修正案・骨子」



東アフリカ・ソマリア沖の自衛隊の活動を念頭に置いた海賊対処法案をめぐる与党と民主党の修正協議は22日、合意点を見いだせず決裂しました。

これを受け、与党は法案を修正せず、23日の衆院海賊・テロ対策特別委員会で可決後、衆院本会議でも与党の賛成多数で可決する方針を決めた。

民主党など野党各党は反対するが、民主党は今後の参院審議を引き延ばさない方針で、同法案は今国会で成立する見通しになったといいます。


同委の自民、民主両党の筆頭理事は22日も国会内で断続的に法案修正を協議。
民主党の主張は、政府案で「事後報告」にとどまっている国会の関与について、あくまで「国会の事前承認」を盛り込めというもの。

これに対し自民党は、「国会が議決した時は海賊対処活動を終える」などとする妥協案を示したけれど、民主党は拒否。法案修正論議は、不調に終わった。

与党は23日中に、法案を本会議に上程し、衆院を通過させる。

これに対し民主党は、
① 首相直轄の海賊対処本部の新設
② 国会の事前承認義務づけ
などを盛り込んだ修正案の骨子を23日に提出するが、与党の反対多数で否決される見通し。

■関連記事:[海賊対処法案]今国会で成立へ 与野党修正協議は決裂 毎日新聞
http://news.livedoor.com/article/detail/4122594/

------------------------------------------

そもそもソマリア沖の海賊問題について、日本の海賊対策の必要性を麻生首相に主張したのは、民主党です。

昨年10月、民主党の長島昭久衆院議員が国会質疑で、海賊対策の必要性を説いた。

ところがこの論議が本格化してきた1月には、なぜか民主党の主張は、「なぜ海上保安庁では対応できないのか」という、極めて初歩的かつ非常識なもの。

しかも今回の修正案協議に際しては、政府側が法案を提示(国会を通過すればそれがそのまま法律となる)したのに対し、民主党が行ったのはほんの数行の修正案の骨子を示しただけ。

そしてその内容は、海賊対策の主体を自衛隊ではなく首相の下に置いて「海賊対処本部」とし、その活動について国会の事前承認を義務づけるという。

派遣地域は遠く、海賊はロケット砲まで保有する軍事勢力です。

海賊がロケット砲を撃ち、これが自衛艦に命中もしくは、民間貨物船にいまにも着弾しようとするときに、民主党は、国会を参集して迎撃に関して事前承認を受けろという。しかもその国会には衆参両院があり、ねじれ国会となっている。

数秒で着弾するロケット弾に対抗するために、民主党は発射後何日かけて迎撃を決議するつもりか。

首相の直轄で「海賊対処本部」を設置するというけれど、派遣された2隻の護衛艦の運用は、防衛省・自衛隊の密接な連携の下で行われています。

現場は戦場です。自衛隊員は日本の国際的地位と名誉と往来する世界の民間貨物船を守るために、命がけで戦っている。

その指揮命令系統に、さらに海賊対処本部を加え、しかもそこでの警備行動については、事前に国会審議を経由せよという。
こうなってくると、もうめちゃくちゃです。

もう少し詳しく民主党の主張を見ると、さらに大きな矛盾が見えてきます。
民主党は先の本会議の質疑で、

「軍艦で海賊を追い払うだけの対症療法では海賊の根絶につながらないから、海上警察による取り締まりが必要である」
「取締りに際しては、自衛艦ではなく、海上保安庁による対応が適している」
「軍艦構造をもつ海保巡視船「しきしま」の派遣に加え、海自艦艇を一時的に海保に「所管替え」した上で派遣せよ」
などと提案しています。

ねずきちは「よく言うよ」としかコメントのしようがありません。

なぜなら、警察活動による取り締まりというのは、すべて“法に基づいて”行われる。アフリカのソマリア沖で、いったい海保がどこの国の法律に基づいて取締活動をするというのか。日本だけの派遣じゃないんです。

加えて、政府側がちゃんと法案を提出しているの対し、民主党は、いまだにメモ程度の骨子しかできていない。

そもそもソマリア問題の火付け役を買って出て政府を攻撃するだけしておいて、いざ、対応が始まると、途端に腰砕けになっている。

これが、責任政党を自称し、ネクスト・キャビネットまで組成して、次期政権を担おうとする政党かと思うと、まさにお寒い限りです。

Ghost City モガディシオ ソマリア 2008.10 (1)


人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリック。はげみになります^^v
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

hikaku

相互リンクのご依頼
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
hfgf93Wt

ka

こんにちは、ねずきちさん
皆さんのようなすばらしいコメントは書く事も出来ずまだまだ知らない事が多いのですが、いつも為になる記事を私でも分かり易く噛みくだいて教えてくださり感謝します。
昨日、チャンネル桜が台湾への突撃取材で、日本統治時代を知る台湾の方の動画があがっていたのを観させていただきましたが、NKHとのあまりの落差に涙が出てしまいました
そんな歴史があることすら最近まで知らず、日本人として恥かしい限りです。
そして昨夕7時からのNHKニュースは例のタレントさんの事を10分もの間、延々と放送していましたね(時間測ってました)
日本の利益を損なうような報道やどうでもいいニュースには心底腹が立っています。


基準点

 民主党の皆さんは多分議論の仕方といった政治技術には長けているのでしょうが、如何せん現実の世界を知らなさ過ぎではないでしょうか。

 政権交代どころの話ではありません、軍事、外交、経済について勉強しなおしてくるべきです。見識が不足しているから頓珍漢な修正案しか出せないのです。

 何らかの政治的理念を持って政治家になったのでしょうが、国政の場で軍事的見識が問われます、もっと軍事について勉強して頂きたいものです。

 民主党に軍事について十分な見識を持っている議員が一人も居ないことは、政権を担うにはあまりにも覚束ない体制といわざるを得ません。

bb

ねすきちさん、こんばんは。
海賊相手に、ごちゃごちゃ言ってる場合ではありません。緊急避難なのに何を考えているのでしょう。
麻生さん率いる自民党でよかったと思います。海賊対策は焦眉の急、そこをクリアしながら、ソマリアをめぐる問題解決をするのが、政治であり、外交だと思います。外交の背景に核が必須だと思うのですが、道は遠い・・・?

ひろむ

民主党=社会党
民主党なんて北朝鮮の工作員もどき旧社会党出身者が多数を占める政党。その他は部落解放同盟、日教組、自治労、マルチ、在日・・・。「民主党」なんてもともと話しになりません。
ベスト電器のDM事件では民主党マルチ商法推進支援議員連盟事務局の牧議員が口利き役を。

おれんじ

全くですね。日本の商船がソマリア沖で海賊に襲撃された時、ドイツ海軍に助けられた事実を何処も報道しないのも何か意図がありそうです。

一日も早い法案の通過を祈ります。

frederik

海賊法案、衆院通過
参院に送付されるようです。
1日も早い成立を期待していますが、参院での民主党の動きが気になります。
民主党にも現実的な対応を御願いしたいものです。

あきちゃ

民主党が売国政党なのはもう周知の事実ではあるのですが、問題は、どこまで周知されているか?ということなんですよね、、、
恐らく政治ブログを訪れるのは、日本の危機を認識している保守日本人か売国工作員くらいなのではないかと思ってます。
いかにテレビ層、新聞層に広めるか。
ここが難しいですよね、、、
テレビ・新聞が特アの出先機関になってるなんて普通は信じられませんものね、、、

会社で話しても、またあいつの韓中嫌いが始まった くらいにしかとられていませんから、、、、

ネットでアンケートをとっても、それはあくまでネット層なんですよね。

こんなに危険な政党なのに、投票しようとしている日本人がいることが何よりも恐ろしい。
GWに何年ぶりかで実家に帰るので(ォィ、
実家にはしっかり伝えたいと思います。

広めよう

民主党のメディア買収は本当だった。
一部に「メディアは権力の狗である」という言い方をしている人がいますが、民主党は本当に「カネ」でメディアを買収するつもりのようです。
現役の民主党員がそれを公言しているのだから、そうなのでしょう。

自民党も死んでいますが、民主党はダメダメです。
それは鳩山さんの頓珍漢なインタビューで明らかとなりました。
次元と言うか宇宙が違うと感じましたから、私の中では、民主党に投票という選択肢はもう消えました。

09.04.19 テレビ界の未来 1
http://www.youtube.com/watch?v=k-wqJ1lucJY
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク