神様は、乗り越えられる苦難しか与えない



◆◆ニュース◆◆
新刊『日本建国史』発売中。
https://amzn.to/2LuOGgX


 令和3年は、辛丑(かのとうし)で六白の年です。六白というのは、天地四方(これで六つ)を白い光で灼き尽くす、という意味です。そして辛丑は、辛いことを手に握りしめている象形です。つまり、辛丑六白の年というのは、180年に一回、これまでのカルマをすべて灼き尽くす年として巡ってくる年です。
 だから、世間一般でもたいへんなことがおきるし、個人でも大きな変化が訪れる年です。
 けれどそんなときだからこそ、これまで人々を苦しめてきたヤマタノオロチを焼き尽くすことができる年でもあります。
乗り越えれば、その先に、大いなる成長と躍進が待っています。

20210216 ヤマタノオロチ
画像出所=https://ameblo.jp/yaoyorozu-ukiyoe/entry-12634246873.html
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

トップの絵は、ある画伯の描いたヤマタノオロチです。
画像をクリックすると、その方のブログに飛びます。
それにしても、すごい迫力のオロチですね。

古事記で古来人気の神様のなかのひとはしらが、ご存知スサノヲのミコトです。
そのスサノヲは、幼い頃は母に会いたいと泣いてばかりいて、父大神から与えられた海を護る仕事を放り出していました。
このため父によって海原を追い出されてしまいます。

仕方がないからと、姉を頼って高天原に行けば、そこで八百万の神々から処罰を受けて、ついには神としての霊力を奪われ、手足の爪を抜かれるという懲罰を与えられて地上に放逐されています。
まさに試練を与えられたのです。
けれどスサノヲは、降りた地上で困っている人たちを見て立ち上がり、ついにはヤマタノオロチを退治して、玉鋼(たまはがね)で造った名刀、草那芸之大刀(くさなぎのたち)を得て、これを高天原に献上しています。
この大刀が、いまも続く三種の神器の中のひとつです。
そしてスサノヲは、愛する妻とともに須佐に都を開いて幸せに暮らします。

それはまるで、痛快で破天荒な主人公が困難な試練に立ち向かい、最後にはすべてに打ち勝って美女を手に入れて祝福のハッピーエンドを迎えるといった、ハリウッドの英雄物語のフルカラーの映画を観ているかのような物語です。

まだ映像技術がなかった時代に、どれだけ多くの子達が、このスサノヲの物語に勇気づけられ、また大人になってからも苦難に打ち勝つ強い精神性を手に入れていたか。
そう考えますと、我が国におけるスサノヲ人気が、なるほどと納得できる気がします。

特に男性の場合、ある程度、歳を重ねて人生を振り返ると、世間で人生の成功者と言われる人であっても、本人自身の正直ベースでは恥ずかしこと、呪わしいこと、反省することばかりなものです。
イーロン・マスクのような世間的に大成功をおさめた超人であっても、自分では失敗の連続であったといいます。
意外と現実はそんなものなのだと思います。
人は誰もが、七転八倒しながら生きているのです。

上辺では「自分は過去からずっと立派だった」と胸を張っていても、それこそ閻魔様の前に出れば、裁かれるようなことばかりです。
なぜなら、人が生きて何事かを為すということは、常に問題の連続であるからです。
けれども、問題が起きるということは、物事が動いている証(あかし)です。


 最新刊
 
なぜなら、何も動いていない、つまり何もしていなければ、問題も起きないからです。
反対に、何かをすれば、必ず、次から次へと問題が起きます。
つまり、問題が次々に起こるということは、物事が激しく動いている証(あかし)です。

時折、問題が起きることを、「あいつは問題児だ」とか、「問題を起こすとんでもない奴だ」などという人がいます。
「わかってないなあ」と思います。
問題が次々に起きるということは、それだけ仕事をしている、物事が動いていることの証(あかし)なのです。
そういうときにこそ、上司も部下もなく、みんなが一体となって、勇気を持って問題に立ち向かうときなのです。
もっというなら、何も問題を起こさない人というのは、何も仕事をしていない人です。

問題がある、ということは、それはとても良いことです。
なぜなら、乗り越えるべき課題が明らかになっているからです。
何が問題なのかがわからないよりは、はるかにマシな状態です。

人は、魂が本体、肉体はその乗り物だというのが、日本古来の考え方です。
個人的には、これこそがこの世の真実だと思っています。

その魂は、この世に生まれてくるとき、あらかじめ自分の人生の設計図を描いて生まれてくるのだそうです。
それは今生の人生を通じて、何を為すか、という設計図です。

これを古い言葉で「願兼於業(がんけんおごう)」と言います。
魂だけの状態(肉体を持たない状態)では、何でもできるけれど、そこにあるのは過去の反省と現状維持だけです。
とりわけ前世での失敗は、強い反省となり、その魂にとっての後悔となります。
この後悔を伴う失敗の経験を「業(ごう)」というのだそうです。

輪廻転生を何度繰り返しても、同じ失敗をする。
同じ過ちをおかしてしまう。
そのたびに、つらく悲しい思いをするのだけれど、でもまたやってしまう。
それが「業(ごう)」です。

だからその「業(ごう)」を、こんどこそ断ち切って、より良い魂に成長しよう。
そのために、こんな苦労をしていこう・・・というのが、「願兼於業」です。
だから「業」は、本人が自分自身で願っていただく、試練です。

つまり、辛いことや、乗り越えられないと思えるような人生の試練は、実は起こるべくして起こっているのです。
そして、それは必ず乗り越えることができる試練です。
なぜなら、乗り越えるために与えられた試練なのだから。
乗り越えられないはずがないのです。

そんなことから、ときに、何らかの強い制限を持って生まれてくる人がいたりします。
特定の能力に、制限がかかっているのです。
それは身障者のような物理的な制限の場合もあれば(この場合は、次には高貴な神様になるひとつまえの段階のものすごく高貴な魂なのだそうです)、心や特定の能力に、強烈な制限がかかっている場合もあります。
それはちょうど、日本国内で販売される国産車が、最高速度180キロ/hに制限が課せられているようなものです。
人によっては、その制限が時速4キロ以下だったりもする。

特定の能力に、こうして制限がかかるということは、その制限のもとで、人生の勝利を飾ろうという願兼於業の結果であるといわれています。
これは、たとえばサッカーをするときには、「両手でボールを操作してはいけない」といった、制限です。
制限があるから、ゲームになるのです。
そして制限があるから、勝利の喜びがあるのです。
これが、魂が肉体を持ったときのよろこびであり、成長です。
魂のままでは制限がないので、これができない。

先日あるところで、
「最強の敵が自分をつくる。
 敵があるから成長できる」
というお話をさせていただきました。

そしてその最強の敵というのは、本当は自分自身の中にある、ということもお話させていただきました。
ヤマタノオロチは、スサノヲが強ければ、それだけ強くなります。
仮にスサノヲが弱ければ、ヤマタノオロチも、弱い怪物でしかなかったかもしれません。

つまり最強の敵は、常に自分自身が作り出しているのです。
そしてその敵と戦うときは、いよいよ人生の本番、これを乗り越えることが、人生を次のステップや次の次元に上昇させる、ビッグチャンスである、ということです。

令和3年は、辛丑(かのとうし)で六白の年です。
六白というのは、天地四方(これで六つ)を白い光で灼き尽くす、という意味です。
そして辛丑は、辛いことを手に握りしめている象形です。
つまり、辛丑六白の年というのは、180年に一回、これまでのカルマをすべて灼き尽くす年として巡ってくる年です。

だから、世間一般でもたいへんなことがおきるし、個人でも大きな変化が訪れる年です。
けれどそんなときだからこそ、これまで人々を苦しめてきたヤマタノオロチを焼き尽くすことができる年でもあります。
乗り越えれば、その先に、大いなる成長と躍進が待っています。


お読みいただき、ありがとうございました。
歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行でした。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、
メールでお申し出ください。

nezu3344@gmail.com

 最新刊
 

《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
第80回倭塾 2月21日(日)13時〜17時 富岡八幡宮婚儀殿2F
第81回倭塾 3月21日(日)13時〜17時 富岡八幡宮婚儀殿2F
第82回倭塾 4月17日(土)13時〜17時 富岡八幡宮婚儀殿2F



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
最新刊『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


             
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク