「日本のIT産業の競争力が低下している」って、やばくないですか?



これは、重大問題!!(かも^^;)

明治の日本は、富国強兵政策のもとに、繊維・石炭産業を国の柱にしました。

昭和にはいると、これが鉄鋼・造船に変化。

そして戦後は、自動車・家電が日本経済の成長を支えたといわれています。

資源のない日本は、工業国家として、世界中から鉄やニッケルを買い集め、これを加工して、世界に輸出し、外貨を稼ぐ。

稼いだ外貨で、世界中から食料を買い集め、日本の食卓をうるおした。

そんなことをしなくても、自給自足すればいいじゃないかっていう人もいるけど、まじで自給自足していた江戸時代の日本の人口は、2600万人。

いま、日本の人口は1億2600万人。

1億人の口をうるおすためには、どうしても海外から食料を調達しなくちゃならない。

その食料は、現地の通貨で買い付けるから、買付のためには、その国にモノを売って、その国の通貨を得なきゃならない。

そうすることで、日本という国に住む人たちが、食べているんですよね。。。

ところが、ここにきて世界的な資源不足が深刻な問題となった。

輸入原料の価格が急騰。ただでさえ人件費の高い日本では、こうなるとかつての重厚長大型産業は、やってけなくなります。

そうした時代の変化を受けて、何年も前から、日本は、ITなど、知価をカネにする産業を育成すべし!という声が、あちこちからあがるようになりました。

実際、おとなりの中国などでは、IT産業を志す人に対しては、研究施設(オフィス)を無料で提供し、さらに5年間は無税にするなど、ものすごい優遇措置をとり、ITの振興を図りました。

もちろん、その中身は玉石混合ではありますが、急激な成長分野になったことも事実といえます。

これに対し、日本がやったことは、IT起業への融資枠の増強。六本木ヒルズなどの超破格高値施設の提供。。。。

才能があっても、カネはない。

マンガもそうだったけど、新しい文化の創造って、いがいと、そういうところから生まれてくるんですよね^^

つまり、カネを借りれるだけの信用力があって、家賃のばか高い六本木ヒルズなんぞにはいれるような会社への優遇も大事かもしれないけど、

新しい知価を創造するエネルギーってのは、ぜんぜんちがうところから生まれてる。

映画の宇宙戦艦ヤマトは、大ヒットしたけど、あれだって、最初は6畳一間からはじまった。

世界のSONYにしたって、バラック小屋からはじまった。

すくなくとも六本木ヒルズのような超高級ビルからじゃない。

才能があってもカネがない。
そんな人に、場所と機会を与え、あたらしい価値の創造を委ねる。

アメリカでは、そういう人たちに、比較的簡単にスポンサーがつくけれど、
これは、税制で、個人のお金持ちがお金持ちでいられることと、寄付金なんかが非課税扱いになるって制度があるから。

下の記事によると、IT分野で、日本の凋落が著しい。

これって、未来の日本にとって、すっごくやばくないですか??@@


<引用>-----------------------------------------------
日本のIT競争力、2位から12位へ後退--米BSAが調査

ソフトウェアの権利保護団体である米Business Software Alliance(BSA)がまとめた調査で、日本のIT産業競争力は2007年の2位から12位へと大きく後退したことが明らかになった。
調査によると、IT産業競争力のトップは米国。2年連続の1位となったが、スコアは2007年の77.4ポイントから74.6ポイントとわずかに低下している。
2位には台湾がランクイン。2007年の6位から大幅な躍進を見せた。以下、3位に英国(2007年4位)、4位にスウェーデン(2007年7位)、5位にデンマーク(2007年8位)と続いた。
一方、日本のほかにランクを大きく落としたのは韓国。8位とかろうじてトップ10圏内に留まったものの、2007年の3位からは大幅なランクダウンとなった。
(lovedoorニュース)
-----------------------------------------------------

人気ブログランキング ←気にいっていただいたらココをクリックよろぴく。ちょっぴりはげみになりますので^^v


東国原宮崎県知事に聞く 宮崎のIT産業振興策


にほんブログ村 ニュースブログ ニュース批評へ



この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

ねずきち

マンギスさん、moharizaさん、コメントありがとうございます。

官僚主導といいますが、実は官僚も決まった規則と縦割り行政のなかで、何もしてこなかった、というのも事実のような気がしてます。
知価革命は、堺屋太一さんの造語ですが、日本から世界に発信され普及拡大したポケモン、マリオ、ファイナルファンタジー、マンガ、カラオケ、オタク、ルーズファッション、どれも、庶民が発端の文化です。
一方、戦後の日本を作った自動車・家電も、官僚主導で作られたというより、官僚がいまだに造船や鉄鋼に目が向いているときに、必死に官僚と戦って会社を築き上げたというナガレがありました。
ようするに、いまのニッポンのオカミは、なにもしない。。。。o(´^`)o ウー

mohariza

統計数字は当てに出来ませんが、とは云っても…。
少し、数字に踊らされている気もしますが…。
(所詮、アメリカを1位にしたものなので…。3位に英国、4位にスウェーデン、5位にデンマークなども、よく分かりません。
何を基準に、数値化したのか、分からないので、私は、統計の数字は、あまり過信していませんが…。)

とは、云っても、これまでの企業の努力(気力)が、衰退化(弱体化)して来ているのかも知れません。
「成熟の後に衰退あり。」でしょうか?

しかし、資源が無い日本にとっては、IT産業等、知的産業でしか、世界で生き残る道は無いので、国、地方とも、「新しい知価を創造するエネルギー」に力を注ぐべきと思います。

manggis(マンギスアフィリエイトプロダクツ)

おはようございます♪

今日の記事、ホント考えさせられました~。
いろんな分野で日本のパワーダウンが感じられていましたが、
ITもそうなんですね。
日本のお寒い状況がわかりました。

日本ってなんていうか、最近頭悪いですよね。
政治も末期的な気がします。
ハッキリ言って不安。

けど、東国原知事すごいですね~!
北海道知事もがんばっていますが、この頼もしさは無いかもしれません。

すごく勉強になりました!
ありがとうございます(^-^)/

応援ぽち×2♪
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク