中国の強制認証制度導入を許すな!!

日曜日の午前中ともなると政治討論番組が多いので、実は楽しみにしていたのですが、残念なことに、本日のお題は“議員世襲”の問題ばかり(笑)

中国の横暴ともいえるITソース開示については、まるでどこも触れません。

目下の喫緊の課題である景気対策の議論も、どこへ行ったのか・・・

まるでメディアは、不要不急の議員世襲問題によって、日本の経済と産業を破壊し、日本の主権まで侵しかねないITソース強制開示という重大事件から、あえて世間の耳目を逸らそうとしているかのようです。

てか、たぶんそうなのでしょう。

中国のITソースコード強制開示については、昨日の記事で書かせていただきましたので重複は避けますが、

いえるのは・・・

日本は、中国に、預金通帳(工場設備)と、キャッシュカード(人材)をとられ、今度は暗証番号(ソースコード)を教えろ!と迫られているわけです。

いいなりになったら、日本経済は崩壊してしまう。

個々の中国人がどうのというつもりはありません。

誰もが幸せを願って、人生を戦っている。それは人類共通のことです。

ただ、自己または自国の利益のために、他社をこきおろし、非難し、工作し、泥棒し、強要し、嘘をつく行為は、決して許されるべきことではない。そう思います。

なるほど日本企業は中国国内に年間約1兆円の市場を作っているかもしれない。
日本企業が中国から撤退することは、1兆円の市場を失うことでもある。

しかし、これもいえることですが、中国で儲けた会社は、ない、ということです。

中国に投資すると、一時的にはものすごく儲かる。しかし結果的にその儲けをすべて中国共産党に吸い取られてしまう。

そうやっていままで日経などにあおられて中国に進出した日本企業が、どれだけ痛い目にあってきたか。

中国進出である程度成功を収めているのは、ユニクロなどの一部の糸へん関連産業に限られます。

工場設備は日本製。販売市場は日本。そして軽作業の労働力だけを中国に頼る。
そうした一部の業種だけが利益を得ている。
他は、ほぼ全滅です。

いやいやそんなことはない。ウチはいま中国に進出して利益を得ている、とおっしゃる方がいるなら、それはよかったですねといいたい。
しかし、その状況がいつまで続くのか。

実際、日本企業がどうやって中国共産党に収奪されたかは、
■出ました! 中国 お家芸!
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-23.html
の記事で書かせていただきました。

よく、企業は利益を追求する集団、といわれますが、ボクはその概念は間違っていると思います。

企業が利益を追求するとどうなるか。豊田商事のように社会から糾弾され、結果的には滅んでしまう。

「企業は、多くの人々に満足と幸福をお届けすることで、利益という名の報酬を得ている法人」というのが、ボクの企業観です。

世のため人のためになるから、企業は社会性を持っている。

いまの日本のメディアのように、特定の政略集団におもねり、自国を売り渡し、民衆を愚民化し、日本に住む多くの人々を不幸に向かって誘導するような組織に社会性などないです。

TBSが主として経済的理由から番組の大改編を行ったところ、のきなみ視聴率が一桁に転落したそうです。
あたりまえです。売国報道ばかりして、いつまでも多くの日本人が騙されていると思ったら大きな間違いだ。

政府や議会も同じです。人々の生活を支え、人々の生活を守り、豊かな明日、みんなが幸せになれる明日を築く努力をしてくれると思うから、人々は信頼する。

中国共産党のように、一党独裁となり、他の思想を一切容れず、異を唱える者は容赦なく収容所に放り込み、周囲の国家に毒を撒き散らす。

ひとりひとりの中国人が、いかに清く、正しく、まじめに生きようと努力したとしても、そんなものは政府の都合で、いとも簡単に覆される。

そんな国家の在り方を理想とする、あるいはそのような国家とあえて仲良くしようとする。いかに酷い仕打ちを受けても、それでも中国万歳と唱える。

そういう人たちは、もはや頭がどうかしているとしかいいようがない。

中国は経済でも大国となった。中国で自動車の工場を作る。中国の高い購買力、大きな市場性に期待が集まっているというけれど、中国の一般庶民は、いまだに最貧国並みの生活状況です。

なるほど中国共産党員や、その関連企業にいれば、年収3~600万円くらいの収入がある。中国共産党幹部ともなれば、年収は3~6000万円、大幹部ともなれば、年収数億円となります。

しかし、中国人民の98%は、年収5万円程度しかない。

それでも買ってくれる人がいるから、中国に進出する。そんな考えは、日本のすべての企業は捨てるべきです。
なぜなら、日本が進出し、いくら努力しても、中国の民の暮らしは決してよくならない。

インドやマレーシア、タイ、ベトナムなど、日本に見習い、国家をあげて中産階級を育て上げようとしている国がある。

日本に学び、勤勉で素直で、労働を素晴らしいことと考える庶民がいる国がある。

インドなど、人口は11億人もいる。
安い労働力が必要なら、そうした国へ出るべきです。

それら諸国の共通の特徴は、日本を悪だと決めつけたりせず、ともに学び、ともに豊かになっていこうと、庶民のひとりひとりがまじめに努力してくれる。

そうした国で日本企業が行う経済活動は、普通に彼らの家族を養い、彼の国の中産層を厚くし、勤勉でまじめな国民を育て、その国全体を豊かにする。

なんだかダラダラとした文章になってしまって申し訳ありません。

いいたいのは、次の2つです。

日本は官民をあげて、日本の知的財産権を守れ!
 
中国の不当な圧力に断じて屈するな!

共感してくださる方、↓クリックおねがいします^^;

人気ブログランキング


中国、日本製品のITソースコード強制開示強行へ、影響

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんのひとりごとの最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

コメント

ねずきち

>愛信さん
いつも貴重な情報をありがとうございます。

おっしゃる通り、今回の中国の強制開示要求は、情報面での対日宣戦布告です。

そしてメディアは、あらかじめ大手14社の社長に、中国共産党ナンバー5が面談し、中国に不利益な報道は自粛するよう、根回しされている。

おっしゃる通り、これは戦争なのだとボクも思います。


>おれんじさん
いつもありがとうございます。


>椿さん
コメントありがとうございます。

≪金より『正義』と『勇気』と『名誉』を重んじた日本人≫

そうなんです!!

江戸時代、日本の国主であった天皇家も、貴族もきわめて貧しかった。
武家も同じです。ほんとうに貧しかった。

明治、大正、昭和も同じ。日本は本当に貧しかった。

しかし当時の日本人の心には、お金にかえられない崇高さと気高さがあった。

≪つい66年前の私達のご先祖様は、己の命も危険も顧みず、誠心誠意『世の為、人の為』に尽くされた方々が多かった≫

そうなんです!

民の幸せこそ、国家の幸せ。施政者の幸せ。
みんなを少しでも幸福にすることが、己の幸せ。

日本人のほとんどが、そう考え、そう生きた時代があった。

自分さえよければ、自分だけの利益、一部の人間の贅沢のために、他の多くの人が犠牲になるのは当然などという不埒な考え方は、日本人のものではありません。


>bbさん
いつも素晴らしいコメントありがとうございます。

じつは、ボクもバリ島は大好きで、よく行くんですよ~^^

おっしゃるように、≪アジアには中国以外に親日でまじめな民族がいる≫んです。

中国がその行為を改めようとしない以上、日本は中国から全面撤退すべきです。

ユニクロなど中国で生産し、巨利を得て成功している会社もあります。

しかし、そうした会社も、インドや、マレーシア、インドネシアに工場を移すべきです。

そのための補助金なら、政府は大盤振る舞いしてもよいとすら思います。


>基準点さん、
素晴らしいお話をありがとうございます。

そうですか。インド海軍の軍艦4隻が日本に。

中国の海軍閲兵式に対し、安倍さんが総理時代に実現した日米印濠4か国同盟がちゃんと機能したのですね。

素晴らしいことです。

おっしゃるように、ボクも≪中国からの勇気ある撤退≫には大賛成です。

そしておっしゃる通り、≪この撤退転進による需要の創出は現在の世界規模の不況を脱出するに必要な需要を創出し≫、≪新たな世界経済環境を構築し直すまたとない好機となる≫のだと思います。


>愛国13号さん
コメントありがとうございます。

おっしゃる通りなんです。

≪その国の政治のあり方でこうも違う≫のです。

≪無理に反日国家とつきあうより、こうした国々と関係を強化したほうが自国の利益になる≫
その通りです!!

≪アジアでは日本を必要とする国が沢山あります。中国と韓国だけがアジアではありません≫
まさにその通りですね!!


>おれんじさん
お返事コメントありがとうございます。

インドネシアは、いまだに宗教的対立が深刻な社会問題となっています。
ところが・・・・
日本が統治していた3年半の間、こうした宗教的対立による内乱は、まったく怒っていないのです。

それは、オランダという共通の敵がいたからという側面もあったでしょう。

しかしそれだけではないんです。

信教の自由を認め、互いに良いところを謙虚に学びあう、そうした思考を、教育として日本はインドネシアに施した。
「争うよりも、互いに学びあおうじゃないか」
そうした謙虚さを重んじる日本の姿勢は、当時のインドネシアの多くの庶民に受け入れられ、結果として当時のインドネシア社会から、宗教上の対立よる内乱を、皆無にしました。

ところが・・・・

戦後、インドネシア独立後、この国内宗教戦争という内乱が、現代に至るまで、極めて深刻な社会の混乱を、インドネシアに招いています。

なぜか。

原因は、中国だといわれています。

中国華僑が、インドネシア内で対立する宗教家たちに武器を売りあるく。

結果として、武力を用いた悲惨な内乱が勃発する。

殺された側が仕返しに、火力を用いる。内乱が拡大する。

要するに、中国という国は、隣接する各国に、混乱と破壊しかもたらしていない。

それによって苦しめられているのは、他の誰でもない。庶民なんです。

中国は政治大国が聞いてあきれます。



>かぐやひめさん
コメントありがとうございます。

かぐやひめさんのおじいさん、立派な方だったのですね^^

ちなみに「敵は幾万ありとても、すべて烏合の勢なるぞ、烏合の勢にあらずとも味方に正しき道理あり」は、山田 美妙斎の作詞で軍歌の歌詞です。

敵は幾万 ありとても
すべて烏合の 勢なるぞ
烏合の勢に あらずとも
味方に正しき 道理あり
邪はそれ正に 勝ちがた
直は曲にぞ勝ち栗の
堅き心の 一徹は
石に矢の立つ ためしあり

最後のところの石に矢の立つ・・・は、中国、楚の熊渠子が狩に行き、虎と見誤って石を射たところ、矢が石を射通したという故事によるもので、『韓詩外伝』、『史記』にも漢の李広の話として記述があります。

しかし、そこまでの歌詞は、山田 美妙斎のオリジナル♪です^^

≪現在の激しい危機は、むしろ日本再生へのバネになる≫
≪NHKの偏向放送も、かえって、何も知らなかった何人かの人々に真実を知らせる結果になった≫
≪憂国の人々を連帯させる起爆剤になり、ネットの中とはいえ世論は、まきおこっている≫

おそらく時代的には、いまは、江戸時代で言ったら、大塩平八郎の乱くらいの次期なのかもしれません。ボクは、田母神氏が、おそらく大塩平八郎にあたるのではないかなどと思ったりシテイマス^^;

次に登場するのが、吉田松陰。
現代の吉田松陰が登場し、多くの人の目を覚まし、黒船が起こり、安政の大獄が起こり、時代は一気に幕末維新へと突き進む。

そんな時期に日本社会は来ているのかもしれませんね。

かぐやひめ

ねずきち様
「企業は、多くの人々に満足と幸福をお届けすることで、利益という名の報酬を得ている法人」ー本当に、その通りだと思います。明治生まれの祖父は、苦労して1代で事業を興しましたが、常にこの精神にたっていました。倹約し勤勉で、お客様に喜んでいただけることが成功につながると骨身にしみているようでした。年取っては「浪速節」をラジオで聞いていましたが、若いころは歌舞伎が大好きだったそうです。この「浪曲」や「歌舞伎」のテーマに、本来の日本人の義理・人情、そして生き方が詰まっています。新渡戸稲造の「武士道」で、著者は「道徳を教える手段として」江戸時代全国をまわった「芝居」をあげ、なかでも「仮名手本忠臣蔵・勧進帳・寺子屋」の教育的価値を称賛しています。
漢学塾で育った祖父からは「わが信念にてらして間違いがなければ、敵は幾千ありとても我ゆかん」との言葉を受け継ぎました。(論語でしょうか?発祥は中国なのに・・・)しかし、信念に従おうとすると、周囲の人が100%長いものに巻かれることに気付きました。拝金主義と恥の概念の消失が、今日の日本を招いたと思います。日教組による教育の毒はあまりにも広汎にしみとおっています。一縷の望みは、文化として日本には、今も「決め細やかさ」や「まじめさ」など、麻生総理が誉めたたえる要素が自然に息づいていることです。また、現在の激しい危機は、むしろ日本再生へのバネになると思います。あのNHKの偏向放送も、かえって、何も知らなかった何人かの人々に真実を知らせる結果になったかもしれません。また、憂国の人々を連帯させる起爆剤になり、ネットの中とはいえ世論は、まきおこっています。悲観するのではなく、粘り強く祖父たちを顕彰していきたいと思います。

おれんじ

愛国13号さん、

インドネシアは350年オランダの植民地になっていました。その頃は教育も医療も人間としての対等な地位も与えられず、奴隷同然の扱いでした。

日本軍が7日間でオランダを駆逐し、3年半の間に独立軍の育成、未来の閣僚や官僚の育成、教育や医療の普及、インドネシア語の統一、イスラム教の承認、政治犯の釈放などを行い、日本の敗戦後もインドネシア独立軍を助けて再び支配しようとやってきたオランダ軍・イギリス軍と戦いました。

詳しくは阿羅健一著「ジャカルタ夜明け前」や桜の花出版の本をお読みいただきたいのですが、オランダの植民地支配がいかに非人道的であったか、わずか3年半にいかに日本がインドネシア独立の基礎を築いたのかを現地の方は覚えていてくださっているのだと思います。

愛国13号

自分もインドネシアに旅行に行き向こうの親日ぶりには驚きました。太平洋戦争で植民地だったと教えられていたけど気にしている人は全くいませんでした。
その国の政治のあり方でこうも違うのかと改めて感じました。
無理に反日国家とつきあうよりこうした国々と関係を強化したほうが自国の利益になると思います。
アジアでは日本を必要とする国が沢山あります。中国と韓国だけがアジアではありません。

基準点

世界経済環境を再構築する好機
 本日、佐世保にインド海軍の軍艦4隻が入港しました。
 午後、インド海軍軍楽隊が佐世保市内のアーケードを行進し、その後島の瀬公園において、海上自衛隊佐世保音楽隊、米海軍第7艦隊音楽隊及びインド海軍の音楽隊による演奏会が開かれました。
 私はこの合同演奏会を国際政治的に極めて意義のある演奏会だと見ました。
 始めは各音楽隊が単独で数曲演奏し、後半は合同の音楽隊として、3人の音楽隊長の順次指揮による演奏が披露されました。
 互いに初めて顔を合わせの演奏会でしたが、とても素晴らしい演奏を佐世保市民に披露して下さいました。
 中国には昨年海上自衛隊が訪問しましたが、市内での演奏会は急遽取りやめられました。安全を保障できないとの理由でした。
 ここで私が申し上げたいのは、日印米は互いに信頼し協力することができますが、中国とは残念ながら、信頼関係が築けないと言うことです、当然協力関係は言わぬが華です。
 私は、これを機会に中国からの勇気ある撤退、転進を図ることです、この撤退転進による需要の創出は現在の世界規模の不況を脱出するに必要な需要を創出します。
 それは日本にとって中国との関係を絶ち、新たな世界経済環境を構築し直すまたとない好機となることと思います。
 多くの企業経営者の皆様が御英断をされることを期待しております。

 

bb

ねずきちさん、こんばんは。
矜持。この言葉が好きです。戦わなければいけませんね。また経験からですが、娘の結婚式でバリ島にいきました、あの大地震があったときです。朝8時半ごろ、バリ島も少し揺れました。結婚式が終わり、帰国する日、時間があったのでウブド迄主人と二人でタクシーで出かけました。運転してくれた若者の人生は想像を絶するものでした。幼い時父親を亡くし、母親は再婚、彼は母と離れ離れ、孤児同然に育ちます。本当にたまたまホテルの前から乗ったのに、日本語が上手で好青年でした。コブクロとキロロが好きという青年は、四国の医師(別荘を持っていてバリに来ると彼がお抱え運転手)に可愛がられ、是非に日本に招待したいという申し出に、人生が狂ってしまうから断っているといいいます。日本に行くためには条件があり、貯金の額が足りない。医師は自分が助けるからと申し出ました。しかし彼は固辞します。タクシーは韓国産の車でした。本当は日本車が故障も無く、性能がいいので乗りたいが手が出ないとも。
何が言いたいかというと、アジアには中国以外に親日でまじめな民族がいるということ。運搬や売込みなど条件はあるでしょうが、企業も目先だけでは無く視野を広げて欲しいということです。政情など難しいこともあるでしょう。もう中国から手を引くべきだと思います。主人の経営する会社だって、原材料の価格下落でちょっと苦しくなってます。潰れはしませんが、正念場です。彼の国の思惑に振り回されるのは、御免です。

椿

金より『正義』と『勇気』と『名誉』を重んじた日本人。

ねずきちさんの意見に深く同意致します。

本当に「他人の不幸の上に、己の幸せがある」と思っているのでしょうか?戦前の日本人とは“雲泥の差”ではないでしょうか?

同盟国ドイツとの間に亀裂が生じようとも、かっての日本人は、『八紘一宇の精神』で、追い詰められた何千人というユダヤ人を救いました。『杉原千畝氏』『樋口季一郎氏』 『安江仙江大佐』などは、イスラエル建国の功労者として、『ゴールデン・ブック』に燦然とその名を刻まれています

また、ジャワ海の制海権をめぐって、日本軍と英国軍が衝突した折、駆逐艦『雷』の艦長“工藤俊作中佐”が、戦艦が撃沈され海に漂流していた500名の英国兵士達を命の危険も顧みず救出し、『命がけの武士道』を貫き、敵将兵達の“絶大な尊敬”を受けた日本人です。…。

そして、戦後六十六年たって、元英国海軍大尉(サムエル・フォル卿90歳)が、工藤中佐の墓前で、全力を尽くして立ち上がり合掌し謝意を表明しています。

つい66年前の私達のご先祖様は、己の命も危険も顧みず、誠心誠意『世の為、人の為』に尽くされた方々が多かったのに…

戦後GHQの占領下で育った日本人の“いじましさ”と比べると、言葉がありません。本当に同じ日本人なのかと首を傾げたくなるほどです。

もう一度、東京裁判史観を勉強し直し、白人たちによるアジア・アフリカの侵略史(世界史)を学びなおし、多くの日本人が、真の歴史に気づいてくれる事を切に願います。





おれんじ

共感!クリック!

愛信

中国、日本製品のITソースコード強制開示強行へ、影響1兆円
これは正に対日宣戦布告。

裸フルチン騒ぎはこれを隠すための演出かも知れない。

【動画ニュース掲示板】
http://www.aixin.jp/axbbs/kzsj/kzsj6.cgi

無料サプライズプレゼント

無料で限定人数がありますが

無料ダウンロードできます

多くの方に読んでもらえると嬉しいです

一切お金はかからないです

応援して帰りますね
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず

Author:小名木善行(おなぎぜんこう) HN:ねず
連絡先: nezu3344@gmail.com
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんのひとりごと」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「奇跡の将軍樋口季一郎」、「古事記から読み解く経営の真髄」などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。

日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
(著書)

『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』

『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』

『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦

『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
近日発売
『日本書紀』(タイトル未定)

スポンサードリンク

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

スポンサードリンク

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

ご寄付について

ねずブロはみなさまのご支援で成り立っています。よろしかったらカンパにご協力ください。
【ゆうちょ銀行】
記号番号 00220-4-83820
【他金融機関から】
銀行名 ゆうちょ銀行
支店名 〇二九(店番029)
種目  当座預金
口座番号 0083820
口座名義 小名木善行
【問い合わせ先】
お問い合わせはメールでお願いします。
nezu3344@gmail.com

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

講演テーマ
<ご参考>
古事記に学ぶ経営学
古事記に学ぶ日本の心
百人一首に学ぶ日本の心
女流歌人の素晴らしさ
日本人の誇り
その他ご相談に応じます。

スポンサードリンク

お薦め書籍1


日中戦争-戦争を望んだ中国 望まなかった日本


江戸の自治制


幻の黄金時代


ドキュメント自衛隊と東日本大震災

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク