権力を抑える正義の力とは



4月17日(土)13時半から第82回 倭塾を開催します。
詳細は↓から。
https://nezu3344.com/blog-entry-4847.html


我々日本人が、霊(ひ)の存在をたいせつなものとしてきたという歴史伝統文化を思い出すとき、それは他人の命も人生も公然と蹂躙する悪の権力を抑える、唯一の正義の力を手に入れることになるのです。これが、これからの世界を変える究極唯一かつ最大の力です。そしてその正義は、縄文以来の日本の歴史の中にあります。

20210329 壇ノ浦の戦い1
画像出所=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%87%E3%83%8E%E6%B5%A6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

昨日のお話「源平桃と日本の護り」を、すこし掘り下げたいと思います。

平家というのは、皇室を尊崇し、また水軍を伴ったということから海の神様である宗像三神をとても尊崇した一門です。
そのために瀬戸内の小島で、かつ神聖な神様の島とされて小さな祠(ほこら)があった宮島に、いまも残るあの厳島神社を建造したりしています。

厳島神社が建造された年は、不思議な符丁でパリのノートルダム大聖堂の工事が行われたのと、同じ時期にあたります。
ノートルダム寺院も石造りですが、厳島神社もまた石造りの土台で、この土台は満潮時には海に沈みます。
建物は、その上に載っている形になっていて、満潮時には社殿自体が海に浮かぶという構造になっています。
しかも、海ですから波をかぶる。
その波のエネルギーを、床板の隙間で巧妙に逃して建物を護るという、実に巧妙な仕掛けの建造物になっています。

御祭神は海神の宗像三女神で、平家一門が行ったのが、有名な平家納経。
この納経がまたすさまじくて、絵巻物にお経を書写するのですが、筆字ですから、一文字でも間違えれば取り返しが付きません。
それを一文字の間違いもなく、きれいに写経し、しかもそれを平家一門の主だった公達全員が、それぞれ一巻を担当するという、前代未聞の納経であったわけです。

つまりそれだけ平家の一門は宗像三神を尊崇したのであって、それだけ真剣に、しっかりと宗像三神を尊崇した平家が、その宗像三神が護る海で、全員が没して亡くなるという結果に至っているわけです。

しかもこの壇ノ浦の戦いが、どうにも腑に落ちない。
平家はもともと水軍であり、海での戦のプロ集団です。
一方、源氏は、もともと陸軍であって、海での戦いは不利な集団です。

この二つが流れの早い海峡である壇ノ浦で激突したわけですが、午前中は潮が平家側から源氏側へと流れていたために、戦いは完全に平家有利の戦いとなりました。
ところが昼過ぎから、潮の流れが逆転し、源氏が潮の流れに乗って平家に襲いかかるという形になりました。
さて、こうなったとき、みなさまが平家側の指揮官だったら、どのように平家方の船や兵を動かすでしょうか。

あたりまのことですが、海流が逆転して戦いが不利になったのなら、船舶の機動力を活かして、そこはいったん退散する・・・というのが水軍のセオリーです。
だいたい、潮の流れというのは、川の流れと同じで、これは人力ではどうにも抗しがたい。
不利な戦いであれば、海は広いな大きいな、なのですから、さっさとその場を後にして、逃げてしまえばよいのです。
それが機動力を活かした水軍の戦い方です。

まして平家の側には、安徳天皇も船中においでになられるのです。
みかどの安泰のためにも、潮目が代わったのなら、さっさとその場を離れて移動し、体制を整えて、海戦に不慣れな源氏を、あとで殲滅すればよいのです。


 最新刊
 
20210329 壇ノ浦の戦い2
画像出所=https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A3%87%E3%83%8E%E6%B5%A6%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)


このことは、壇ノ浦の地形を考えても、やはり不思議なことであることがわかります。
ラッパのような形に開いた壇ノ浦の海峡で、はじめから平家は、ラッパの口が閉じるあたりを背中にして源氏と戦っています。
これは、狭いところから広いところへと向かう戦いですから、この時点における平家の戦法は、源氏を殲滅させるということを目的としたものではなく、単に源氏を追い払うことを目的としていたことが明らかです。

そのまま源氏が去ればよし。
もし、潮目が変わるときまでに源氏が去らず、執拗に戦いを挑んでくるようであれば、平家側は門司岬にまで後退し、海峡の隘路(あいろ)を、海流の急流を使って、素早く通過して日本海方面に逃れればよいのです。

ところが不思議なことに、平家は潮目が代わっても壇ノ浦にとどまり、ついには安徳天皇をお乗せした母船まで、海に沈めてしまっています。
これは、海に馴れた水軍の戦いとして、ありえない行動であり結果です。

この、「潮目が変わったのに、どうして平家は壇ノ浦に踏みとどまって源氏と戦い続けたのか」という疑問に対しては、古来、さまざまな先生方がいろいろな説を述べておいでになるのですが、どれも決め手になるものはありません。

義経が「平家の水夫を射よ」と命じて、船の船頭さんたちが殺られてしまったために、平家側の小舟の軍船が大混乱に陥ったからだという説もありますが、小舟たちが混乱状態になったのなら、なおさら安徳天皇をお乗せした母船は、早急に潮の流れに乗って、その場を離れるべきなのです。

結局、海峡内にとどまった平家は、壇ノ浦の海の藻屑と沈んでしまいました。
宗像三神を尊崇した平家一門は、まさにその宗像三神のお膝元ともいうべき海峡で、全員、命を失ってしまったのです。
まるでこれでは、「神も仏もあるものか」といった感じになってしまうのですが、ところがそこに「人は死なない」、「人の本体は霊(ひ)であって、肉体はその乗り物に過ぎないのだ」という日本古来の思想を加味して考えてみると、すごいことがわかります。

それが、元寇です。
元寇は、「神々とともに、みんなが協力しあって生きる」という我々日本人とはまったく異なる、「権力が利を得るためには他人の命も人生も公然と蹂躙する」という外国勢力による日本侵攻です。(いまも昔も変わりませんね)。

そしてここからが昨日のお話になるのですが、元の大軍は、日本を攻め滅ぼそうとしてやってきたわけです。
それならばなぜ、上陸目標地点が博多湾なのでしょうか。
むしろ京の都に近い若狭湾に的を絞っていれば、それこそ日本は風前の灯火であったかもしれません。

ところが不思議なことに、元の軍船は、九州側の宗像神社から、沖合の宗像大社を結ぶラインから東へは、ただの一艘も侵入していないのです。
それはあたかも、壇ノ浦で沈んだ平家の将兵たちが、宗像三女神の御霊衛士の大軍となって、断固として元の軍船の侵入を海で抑えたものであるかのようです。

それだけではありません。
時代を大きく超えて、先の大戦のとき、長崎に原爆を落とした米軍のB-29は、本来の原爆投下目標地点が北九州市でした。
ところがにわかに起こった気象状況の異変と、陸と空からの猛烈な日本陸軍の反撃でB-29はからくも北九州市上空を脱し、結果、長崎に原爆が落とされました。

しかしここでも米軍のB-29は、強引に原爆を北九州市上空で炸裂させることは、できないわけではなかったわけです。
にも関わらず、不思議なことにB-29は、そこからあえて「逃げる」という選択をしています。
もしかするとこのときも、壇ノ浦から宗像大社のあたり一帯で日本を護る、あの平家の一門が、見えない世界で大活躍をしてくださっていたのかもしれません。

見えない世界のことはわかりません。
そうだともいえるし、そうでないかもしれない。
ただ、たいせつなことは、我々日本人は、霊(ひ)の存在をたいせつなものとしてきたという歴史伝統文化を持っている、ということです。

さきほど、「権力が利を得るためには他人の命も人生も公然と蹂躙する」国や人たちがいるということを申し上げました。
そうした権力者は、あらゆる権力を持ちます。
そして権力の三要素は「情報、金、武力」です。

その権力を抑えることができるもの。
それが「正義」であり、何が正しいかという「価値観」です。
そして価値観とは、歴史伝統文化によって構成されます。
より古いものが価値を持つのです。
より古いものが、正義です。
そして正義のみが、権力を抑えることができます。

我々日本人が、霊(ひ)の存在をたいせつなものとしてきたという歴史伝統文化を思い出すとき、それは他人の命も人生も公然と蹂躙する悪の権力を抑える、唯一の正義の力を手に入れることになるのです。
これが、これからの世界を変える究極唯一かつ最大の力です。
そしてその正義は、縄文以来の日本の歴史の中にあります。


お読みいただき、ありがとうございました。
日本をかっこよく!! むすび大学。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
nezu3344@gmail.com

 最新刊
 

《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
第82回倭塾 4月17日(土)13時〜 富岡八幡宮婚儀殿
第83回倭塾 5月23日(日)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
第84回倭塾 6月26日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
第85回倭塾 7月17日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
靖国神社昇殿参拝 8月14日(土)14:00 靖国神社参集殿
第86回倭塾 9月18日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
最新刊『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


             
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

-

檀ノ浦の戦いで平家軍が劣勢になっても撤退しなかった理由はわかりません。しかし第二の原爆が北九州ではなく長崎に投下された理由は、北九州上空が曇っていて、長崎上空が晴れていたという偶然にすぎません。
たとえ意図的ではないとしても、平家の亡霊が北九州を守ったなどという記述は、長崎の人々は守られる価値はなかったと言っているような印象を受けます。そのあたり気を付けてください。
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: info@musubi-ac.com
昭和31年生まれ。浜松市出身。上場信販会社を経て執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」を運営。またインターネット・ブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。「歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに」という理念を掲げ活動する。古事記・日本書紀・万葉集などの原文を丁寧に読み解き、誰にでも納得できる日本論を発信。

《著書》日本図書館協会推薦『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』、『ねずさんと語る古事記1~3巻』、『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』、『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』、『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』、『日本建国史』、その他執筆多数。

《動画》「むすび大学シリーズ」、「ゆにわ塾シリーズ」「CGS目からウロコの日本の歴史シリーズ」、「明治150年 真の日本の姿シリーズ」、「優しい子を育てる小名木塾シリーズ」など多数。

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
むすび大学事務局
E-mail info@musubi-ac.com
電話 072-807-7567
○受付時間 
9:00~12:00
15:00~19:00
定休日  木曜日

スポンサードリンク

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク