ブリコラージュとアブダクション



◆◆ニュース◆◆
新刊『日本建国史』発売中。
https://amzn.to/2LuOGgX

Amazonベストセラー1位(古代日本史)


瞬間瞬間の問題解決をブリコラージュしていくと同時に、いま抱えている問題と、神話や古典や歴史などをクロスオーバーさせながら、アブダクションする。
そうすることで、たいていの問題は、解決の糸口が見つかります。

20210419 未来の日本
画像出所=https://stage.st/articles/drmbA
(画像はクリックすると、お借りした当該画像の元ページに飛ぶようにしています。
画像は単なるイメージで本編とは関係のないものです。)



人気ブログランキング
応援クリックこちらから。いつもありがとうございます。

歴史を学ぶことでネガティブをポジティブに
小名木善行です。

ジャンボジェット機に限らず飛行機(たとえば羽田から沖縄に飛ぶ飛行機)には、一定の航路があるのだけれど、実は航路通りに飛ぶ飛行機はありません。
その日、その時間によって、上空の気流は毎日全部違う。
飛行機はその中を飛ぶから操縦士がいるのです。

自動車の運転も同じです。
高速道路を目的地に向かって走行しようにも、路面の微妙な変化によって、クルマは左右にぶれます。
だからドライバーは、ハンドルを微妙に操作して、走行車両が車線からはみ出さないようにクルマを操作します。
もっとも最近では、自動運転などが登場して、運転手が操作しなくても、ハンドル操作までクルマが勝手にやってくれるといったシステムも登場するようになりました。
そうしたシステムが必要なのは、クルマは、操縦しなければ、目的地までたどり着くことができないからです。

何かを成そうとするとき、一定の目標や目的地はあっても、物事が予定通りに進むことは、まず、ありません。
早い話、子供の頃に、誰もが「夏休みの計画帳」なるものを作った記憶があろうかと思いますが、明治の学制が敷かれて以来、その「夏休みの計画帳」の通りに夏休みを過ごせた子供は、おそらく皆無です。

かつてソ連が「経済五カ年計画」なるものを想定し、これによって大成功を治めたと宣伝した結果、主に左翼系の学者さんたちによって、企業においてもこうした「計画」が大事であり、長期五カ年計画、中期三年計画、当期経営計画なるものを作ることが、企業にとってあたりまえの常識であるかのように宣伝されたことがあります。

けれど、時間と能力と経費をかけて、そんな計画書を作っても、そのとおりに実現できた会社は、世の中におそらく皆無です。
もっとも、お金を貸す側の金融機関では、企業との力関係保持のために、なんだかんだと言って当該企業に経営計画書を作らせ、あとになって「計画通りになっていないではないか」といって、貸し渋りや貸し剥がしがいつでもできるようにしておく、という(ある意味、悪意での)意味で経営計画書なるものを要求するということは、よくありました。

しかし冷静に見て、世の中に計画通りにピッタリとうまく行った会社など、(繰り返し申し上げますが)皆無だと、これはおそらく断言して間違いないと思います。

とりわけ昨年以降は、コロナの影響によって、それ以前の経営計画書は、日本中の企業において、すべてゴハサンになりました。
あるいはもっと以前なら、震災の被災地における企業の経営計画は、すべてゴハサンです。

計画が不要だと申し上げているわけではありません。
ある程度の計画は、目的地にたどり着くために必要だし、計画達成という目標のもとに、さまざまな準備や、達成のための活動が必要になることは事実です。

申し上げたいのは、計画し、準備万端整えたうえで、実際の日々の活動は、常にブリコラージュ(Bricolage)による、ということです。
多くの企業が、あるいは国が組織が個人が、ここを間違えることで失敗を繰り返しているといえる、ということです。
計画に固執してしまうのです。

昔、『踊る大捜査線』で、アオシマ君が、
「事件は現場で起きているんだ!」
という有名な決め台詞を吐いたことがありますが、まさに、そのことです。
現場は、動いているのです。
だから、軍隊でも、最前線に戦場指揮官がいるのです。

碁でも将棋でも同じです。
相手の出方次第で、当意即妙に打ち手を変化させていかなければ、絶対に勝つことはできません。
特に、相手が強い場合なら、なおのことです。

スポーツでも同じです。
計画は必要です。
しかし、計画通りにはなかなかいかないものです。

そこでブリコラージュという考え方が出てきます。


 最新刊
 
ブリコラージュ(Bricolage)というのは、フランス語の動詞 「bricoler」に由来する言葉で、その場にあるものを寄せ集めて、試行錯誤しながら盛り付ける・・・つまり結果を出していくことを言います。

ゴッホの有名な絵に「ひまわり」がありますが、ゴッホは、あらかじめああいう絵を描こうとしてキャンパスに向かったわけではなくて、美しい花を描きたいと思って、キャンパスに向かって、絵の具を塗り重ねていったら、結果としてあの「ひまわり」ができあがった・・・・これがブリコラージュです。

計画が結果を作るのではなく、瞬間瞬間の最善手の積み重ねが、良い結果を招くのです。

渋沢栄一は、個人的にはまったく好きな人物ではありませんが、ただ、彼が大成功をおさめた背景には、農家だったお父さんが、我が子の栄一くんに、武士以上の教育を与えようと、忙しい農作業の合間を縫って、直接教育を施し、武芸は神道無念流を学ばせ、結果、優秀な若者となった栄一くんが、我が国では当時めずらしかったフランス語を習得することで、人生を開きました。

渋沢栄一という人物の好悪や善悪評価は別として、彼はその生涯を通じてたいへん勉強熱心であったと伝えられています。
その勉強の積み重ねが、結果として、日本経済の父と呼ばれ、現代に続く500社以上の企業や大学の創業に関わるという偉業を為したわけです。

それは決して「計画された人生」というものではなくて、瞬間瞬間の勤勉を積み重ねる、つまり学問のブリコラージュによって、彼の人生が成果を生んだ、といえるわけです。
そしてそこに、もうひとつの重要なファクターがあります。
それがアブダクション(abduction)です。

アブダクション(abduction)の単語の意味は「誘拐」とか「拉致」です。
ですから最近ではUFOに拉致されたことをアブダクションと呼んだりもされています。

なぜアブダクションが「誘拐」とか「拉致」になるかというと、その語彙が「別な側に転じる」というものだからです。
そこからアブダクションは、論理学において、「いくつかの事実に基づいて、それらに共通する仮説を得る」こと、すなわち「仮定的推論」の意味で用いられます。

論理学上の推論法としては、我が国では演繹法(デデュケーション・Deduction)と帰納法(インデュケーション・Induction)ばかりが強調され教えられています。
あたかもそれ以外の論理的手段は「ない」かのように教育されています。
しかし実は、世の中において、もっとも役に立つのはむしろアブダクション(Abduction)です。

演繹法というのは、簡単に言えば三段論法のことで、たとえば「人は考える。私は考える。ゆえに私は人である」みたいなものです。
しかし、猫だって考えます。そうであれば、私は猫であるのかもしれない。
そうなってくると、思考が混乱してきますから、どんどん思考が複雑化してきて、永遠に結論がでないということになってしまいます。
これでは、いかなる場合にも結論を求める実社会では、およそ役に立ちません。

帰納法は、一般化、法則化する手法で、A君は勉強家である、B君も勉強家である、A君もB君も日本人である。したがって日本人は勉強家である、と一般化するという論理手法です。
けれど、勉強が苦手な日本人だっているわけです。
つまり帰納法は、むしろ結論が誤誘導されやすいという欠陥を持つ論理手法です。

そういう次第ですから、演繹法も帰納法も、やや極端な言い方をするなら、実社会ではおよそ役に立ちません。
そして日本人に対して、その役に立たない論理手法しか世の中に存在していないことにしておけば、日本人を愚民化し、あるいは日本人を誤った方向に洗脳し、誘導することができます。
つまり日本人を、強制的にアホにするためには、日本人にとっての論理的思考方法を、演繹法または帰納法に縛り付けておけばよいのです。
まあ、戦後の日本人は、まさにこれに完全にハメられてしまったわけです。

早い話、「神話がなんの役に立つのか?」という問いに対して、演繹的、機能法的にそれを証明することはできません。
演繹法なら、「神話は役に立つ。なぜならば・・・」となりますが、そもそも役に立たないといっているわけですから、これでは頭から対立と闘争の世界、つまり共産主義の世界に誘導されてしまいます。ということは演繹法では証明できないわけです。

帰納法でも同じです。
帰納法的展開なら、神話が役に立つことを、具体的な事例を神話の中に探し求めることになります。
大国主神がウサギを助けたことが、いかにして今の世の中に役立つのか、という論理展開になれば、これを否定するのは、たやすいことです。
つまり、演繹法でも帰納法でも、「神話が役に立つ」ことを論理的に証明することは不可能なのです。

しかし、神話が役に立つのは事実であり、現実です。
ではどういうときに役立つのかといえば、神話に書かれていることと、いま自分たちが直面している現実とをクロスさせて、そこから新たな知見を得ようとするときにこそ、神話は価値判断の物差しとして機能します。
これがアブダクション(Abduction)です。

アブダクションでは、どのようにアプローチされるかというと、先程の例なら、
事象1「人は考える」
事象2「日本人は勤勉な人が多い」
という2点から、
「日本人に考えることを中心に置いた、新たな勉強を提案してみたらどうか」
といった、新たな仮定的推論を導くのです。
仮定的推論ですから、他にも別な推論が成り立つかもしれない。

大国主神は、困っているウサギを助けた。
これはやさしさが大切であることを伝える神話だ。
いまコロナで大勢の人たちが困っている。
その困っている人たちを助けるには、正しい情報が必要であるに違いない。
そしてそこには、ウサギを助けた大国主神のようなやさしさが必要であるに違いない・・・などと、神話と現代の問題をクロスさせながら、論理的に新たな視点を得る。
それがアブダクションです。

歴史、古典も、ただ記憶力を試すテストで良い点をとるためだけの勉強なら、社会人にとっては不要なものです。
では、昔の人が、どうしてそんな歴史や古典にこだわったのか。あるいは社会人になってからも、そうした学問を重ねていこうとしたのか。
その答えが、歴史や神話や古典だからこそ可能な、アブダクションが可能だからです。

現代の問題のことを時事問題と言いますが、問題というのは、その問題が発生したときと同じレベルの思考で解決できることは、絶対にありません。
そうであれば、時事問題を現代の問題として思考している限り、そこに解決の糸口は見つからない、ということです。
歴史や神話や古典を学び、それらと現代の問題をクロスさせて、そこから解決の糸口を得る。つまり仮定的推論を得る。
そこに問題解決の緒口があります。
だから昔の人は、古典を、神話を學んだのです。

つまり、瞬間瞬間の問題解決をブリコラージュしていくと同時に、いま抱えている問題と、神話や古典や歴史などをクロスオーバーさせながら、アブダクションする。
そうすることで、たいていの問題は、解決の糸口が見つかります。



お読みいただき、ありがとうございました。
日本をかっこよく!! むすび大学。


人気ブログランキング
↑ ↑
応援クリックありがとうございます。

講演や動画、記事などで有償で活用される場合は、メールでお申し出ください。
nezu3344@gmail.com

 最新刊
 

《塾・講演等の日程》
どなたでもご参加いただけます。
第82回倭塾 4月17日(土)13時〜 富岡八幡宮婚儀殿
第83回倭塾 5月23日(日)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
第84回倭塾 6月26日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
第85回倭塾 7月17日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿
靖国神社昇殿参拝 8月14日(土)14:00 靖国神社参集殿
第86回倭塾 9月18日(土)13:30〜 富岡八幡宮婚儀殿



20200401 日本書紀
◆ニュース◆
最新刊『ねずさんの知っておきたい日本のすごい秘密』2020/9/19発売。
『[復刻版]初等科国語 [高学年版]』絶賛発売中!!
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』絶賛発売中!!
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』絶賛発売中。


『ねずさんのひとりごとメールマガジン』
登録会員募集中 ¥864(税込)/月  初月無料!


             
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
\  SNSでみんなに教えよう! /
\  ねずさんの学ぼう日本の最新記事が届くよ! /

あわせて読みたい

こちらもオススメ

コメント

豊岳正彦

【国会議員及び厚労省医政局官僚及び医者の神聖な責務は「国防」なり】
皆さま。
豊岳正彦文責のこの投稿を世界中に拡散してください。
【国会議員及び厚労省医政局官僚及び医者の神聖な責務は「国防」なり】
ameblo.jp/hougaku-masahiko/entry-12669585155.html
( masa-ho.blogspot.com/2021/04/nhk_50.html
コメント欄より引用)
【青山繁晴チャンネル・ぼくらの国会2021/04/19
#副反応 #古川俊治 #青山繁晴
【ぼくらの国会・第144回】青山繁晴×古川俊治「ワクチンはどうする?糖尿病などを含め病のある人は打て!」】
youtube.com/watch?v=lrA9WprqHNA
豊岳正彦6 時間前(編集済み)
このニセ医者は頭がおかしいねw
世界中でジェノサイドを実行しているのはほかならぬ西洋医学の医者だからな。
頭がおかしい嘘つきジェノサイダーの言うことは聞かないほうが安全だ。
君子危うきに近寄らずだよ、昔の人は西洋医学ニセ医者と違って嘘つかないからなw

豊岳正彦6 時間前(編集済み)
このばかいしゃは花粉症と
アレルギー性鼻炎結膜炎や黄砂やPM2.5や光化学スモッグなどの大気汚染原因発症病態が、
白血球免疫システム発動で同じものだということを知らないんだな。
このあほがしゃべってることがすべて高崎山のサルでもわかる低能の嘘八百万1000%なのにハゲワロタw

豊岳正彦34 分前(編集済み)
古川俊治氏よ。
私に反論あれば岩国の豊岳(ほうがく)小児科まで電話しなさい。
青山繁晴チャンネルで対面して公開討論しよう。
いつでも君次第で私はこのチャンネルに出てあげるよ。

豊岳正彦27 分前(編集済み)
衆院参院問わず国会議員の神聖な責務は国防である。
古川俊治参院議員が宣伝している死者が頻発するコロナワクチンは、
国民を厚労省医政局不正医療行政の虐殺で亡ぼし、
かつ中国と米英独仏諸国の虐殺侵略軍を日本国内へ引き込む外患を誘致する、
憲法9条違反外患誘致罪の現行犯NHKプロパガンダであるが、
参議院議員として自ら国境防衛を破るワクチン接種プロパガンダは、
国会議員の神聖な責務「国防」に真っ向から違反している。
福沢諭吉慶応大医学部教授古川俊治くんは、
生まれた時から外国スパイのジョン万次郎東大卒NHKと、
全身全霊売国の一味同心であるが、これを如何。
_______

広島県呉市「自然共生党チャンネル」動画集より。
令和3年4月19日コロナワクチン接種中止要求記者会見1~3
youtube.com/watch?v=JfaYU4cNRuw&t=39s
youtube.com/watch?v=1IOtbiZccEA&t=34s
youtube.com/watch?v=QYhhxeKachE&t=50s
第10回 PCR検査の欺瞞(2021.3.18)
youtube.com/watch?v=Rh2weiJvIH0&t=43s
第9回 新型コロナワクチン接種への疑問(2021.3.8)
youtube.com/watch?v=oQawAQ4NdgI&t=40s
第7回 新型コロナワクチンの危険性(2021.3.9)
youtube.com/watch?v=tfkBJNT9z6Q&t=10s
第6回 PCR検査の実効性(2021.3.2)
youtube.com/watch?v=uzEpFI_td4M&t=111s
______
非公開コメント

検索フォーム

ねずさんのプロフィール

小名木善行(おなぎぜんこう)

Author:小名木善行(おなぎぜんこう)
連絡先: nezu3344@gmail.com
電話:080-4358-3739
出身:静岡県浜松市
住所:千葉県野田市
執筆活動を中心に、私塾である「倭塾」、「百人一首塾」を運営。
またインターネット上でブログ「ねずさんの学ぼう日本」を毎日配信。他に「ねずさんのメールマガジン」を発行している。
動画では、CGSで「ねずさんのふたりごと」や「Hirameki.TV」に出演して「明治150年真の日本の姿」、「日本と台湾の絆」、「奇跡の将軍樋口季一郎」、「南京事件は4度あった」、などを発表し、またDVDでは「ねずさんの目からウロコの日本の歴史」、「正しい歴史に学ぶすばらしい国日本」などが発売配布されている。
小名木善行事務所 所長
倭塾 塾長。
日本の心を伝える会代表
日本史検定講座講師&教務。
《著書》
『ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!和と結いの心と対等意識』
『ねずさんの 昔も今もすごいぞ日本人!日本はなぜ戦ったのか』
『ねずさんの日本の心で読み解く百人一首』日本図書館協会推薦
『ねずさんと語る古事記 壱〜序文、創生の神々、伊耶那岐と伊耶那美』
『ねずさんと語る古事記・弐〜天照大御神と須佐之男命、八俣遠呂智、大国主神』
『誰も言わない ねずさんの世界一誇れる国 日本』
最新刊
『ねずさんの奇跡の国 日本がわかる万葉集』
『ねずさんの世界に誇る覚醒と繁栄を解く日本書紀』

スポンサードリンク

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

*引用・転載・コメントについて

ブログ、SNS、ツイッター、動画や印刷物作成など、多数に公開するに際しては、必ず、当ブログからの転載であること、および記事のURLを付してくださいますようお願いします。
またいただきましたコメントはすべて読ませていただいていますが、個別のご回答は一切しておりません。あしからずご了承ください。

スポンサードリンク

月別アーカイブ

ねずさん(小名木善行)著書

ねずさんメルマガ

ご購読は↓コチラ↓から
ねずブロメルマガ

講演のご依頼について

最低3週間程度の余裕をもって、以下のアドレスからメールでお申し込みください。
テーマは、ご自由に設定いただいて結構です。
講演時間は90分が基準ですが、会場のご都合に合わせます。
E-mail nezu3344@gmail.com

電話  080-4358-3739

スポンサードリンク

コメントをくださる皆様へ

基本的にご意見は尊重し、削除も最低限にとどめますが、コメントは互いに尊敬と互譲の心をもってお願いします。汚い言葉遣いや他の人を揶揄するようなコメント、並びに他人への誹謗中傷にあたるコメント、および名無しコメントは、削除しますのであしからず。

スポンサードリンク